東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ちょっと変わった肉汁うどん

 2007年12月にオープンしたばかりの、ウイング通りにあるそば屋「手繰りや 玄治」。先日、お店の前を通った際、何気なく入り口を見たら、「肉汁うどん」の文字を発見! そろそろメニューを増やすころだろうと思ってはいたが、まさか「肉汁うどん」をやるとはねぇ……。

 そんなにお腹が空いていたワケではないのだが、気になったので私はお店に入ってみた。
 テーブルの上には新しいメニューがあり……。

「肉汁うどん」の文字が

 おおっ、「肉汁うどん」以外にもいろいろとうどんがあるじゃないの。
 へぇ、うどんは「埼玉・川本町、小久保さんの有機栽培小麦・農林61号使用」なんだ。こだわっているねぇ。メニューを何気なく眺めていると、「肉汁うどん」のところにこんな一文が……。

「自家製ラー油をお好みで…。くせになる味!?」

 エエッ、「肉汁うどん」にラー油? ちょっと考えたことのない組み合わせだったので、驚いてしまった。これはますます興味津々だね。
 私は「肉汁うどん」(1000円)を注文した。

これが「肉汁うどん」

 しばらくして運ばれて来たのが、コレだ。
 うどんは真っ白ではなく、薄く褐色がかっている。真ん中手前にある小さな容器の中にどうやら自家製ラー油が入っているらしい。

うどんはちょっと細い

 改めてうどんを見ると、細いねぇ。稲庭うどんくらいの細さだろうか。まずは1本、何も付けずに食べてみると……食感は柔らかいけど、どんなに伸ばしても切れないコシがあって、何よりノド越しがいい。細さだけが気になるけど、旨いなぁ、コレ。

これが肉汁

 肉汁はこんな感じ。肉もそうだが、長ネギがたっぷり入っているのがうれしい。

うどんのアップ

 早速、うどんをザブンと肉汁に浸して、ズッ、ズズズッ……へぇ、この肉汁、いわゆる武蔵野うどんの肉汁と違って、甘さがない。武蔵野うどんの肉汁をイメージして食べると、きっと違和感を感じるだろうなぁ。でも慣れると、これも悪くない。

ラー油を落としてみた

 半分ほど普通に肉汁で食べた後、いよいよ自家製ラー油を投入。どんな味になるんだろうなぁ?
 ん、そんなに辛くないなぁ。でも風味が変わっていいかも。

最後はそば湯(?)で〆

 うどんは一見、量的に少ない感じがしたけど、食べ終えると結構お腹いっぱい。
「ふぅ~っ」とひと息ついていると、そば湯(いやひょっとして「うどん湯」?)が運ばれてきた。ラー油の浮かんだ肉汁に注いで飲むと、これがまた結構イケるじゃないの。ガブガフ飲んじゃったモノだから、もうお腹パンパン、タプンタプン。
 このうどん、なかなかいいかも。今度はたぶんもうすぐ終わるであろう、冬季限定の「鍋焼きうどん」(1400円)にチャレンジしてみるかな。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-38-2
電話:042-398-5833
営業時間:午前11時~午後9時半





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




関連記事
[ 2008/02/28 20:05 ] 【そば】 手繰りや 玄治(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告