東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

香味野菜でサッパリ度アップの冷やし系そば

 お腹が空いているんだけど、何が食べたいのか自分でもハッキリせず、フラフラと歩き回ってしまうことってないですか? 先日の私がそうだったんですよね。
 フラフラ歩きながら、「今日は中華じゃないよなぁ」「ラーメンもなぁ…」「洋食系の定食はちょっと思いなぁ」……なんて思いながら来たのは、東村山郵便局の裏手にあるそば屋「そば季彩 はや川」の前。
「そばねぇ……」と思いつつ、表に出ているメニューを見ると、「ぶっかけそば」(1100円)という文字を発見。
「ぶっかけ」と言えば、うどんだと思っていたけど、そばでもあるんだね。何となく気になったので、本日は「ぶっかけそば」に決定! 私はお店に入り、注文した。

 冷たいそば茶を飲みながら、待つことしばし。

ぶっかけそば

 へぇ、これが「ぶっかけそば」なんだ。添えられているつゆをかけて食べるワケだ。

香味野菜をはじめ、いろいろと具材が乗っている

 よく見ると、真ん中に乗せられた花ガツオの周りに白髪ネギ、大葉、ミョウガ、大根おろしと香味野菜が散らされ、さらに天かすと茹で玉子が乗っている。
 さて、それではつゆをドバッと上からぶっかけて、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 そばは細いくせにシッカリとコシというか歯応えがあるし、何よりもそばを口に入れるたびに飛び込んでくるいろんな香味野菜が、香り、食感、味に変化を加えてくれて旨い。
 茹で玉子は外側が茶色になっているから味付け玉子かと思ったら、口に入れた瞬間、スモークの香りがフワーッ。どうやら燻製玉子のようだ。いやあ、旨いよ。

 夢中になって食べまくり、アッという間に完食。いやいや、これは旨かった。食欲のない人には超オススメだね。


 食べ終えて、ホッとしていると、店員さんが「そば湯、お願いしま~す」と厨房に声をかけている。お客さんは私以外に1人いるんだけど、すでにその人は食べ終えて、そば湯を飲んでいる。
 ということは……エッ、私に?

食べ終えると、ナントそば湯が出て来た

 予想通り、そば湯が私のもとに運ばれて来た。確かに器にはつゆがが残っているが、まさかこれをそば湯で割るワケじゃないよね?
 店員さんに聞くと、さすがに残ったつゆは使わないらしい。そば湯と一緒に、つゆの入った器が添えられており、それにそば湯と薬味を入れて飲むようだ。

 まさか最後にそば湯が飲めるとは思っていなかったから、これはうれしいサプライズ。正直に言うと、「ランチに1100円もかけるのは高いかな」と思っていたんだけど、思っていた以上に旨いモノが食べられて、食後も落ち着いたひと時を過ごせて、すっかりリフレッシュ。これなら納得。午後の仕事もはかどったし、いいランチだったと思う。


【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第3水曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR