東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

最初から〆という感じのうどん

 2008―2009年の冬シーズン、食に関して個人的に印象に残ったのは、カレー鍋だね。最初は「エーッ、カレー味の鍋? 何だそりゃ」と思っていたけど、食べてみると、体が温まるし、何より旨い。で、大抵は〆にうどんを入れるんだけど、これがまたバカ旨。カレー鍋がブームになったのもうなずける話だ。

 考えてみれば、このカレー鍋の発想は今までもなかったワケじゃない。特に最後、〆に食べるうどんはまさにそば屋の「カレーうどん」そのものだ。私が大好きな特撮ヒーローに「仮面ライダー電王」というモノがあり、その中に「オレは最初からクライマックスだぜ!」という台詞があるんだけど、これを使わせてもらえば、

「カレーうどんは最初から〆だぜ!」

という感じかな……なんてことをぼんやりと考えながらある日の夕方、東村山駅東口を歩いていたら、そば屋「ますも庵」の入り口横にある張り紙が目に入った。普段は気にせず通り過ぎていたのに、やっぱり意識していると見えちゃうんだよね。その張り紙には、「角煮カレーうどん」の文字が書いてあったのだ。

 私は吸い込まれるようにフラッと入り、「角煮カレーうどん」(850円)を注文した。

角煮カレーうどん

 これが「角煮カレーうどん」。結構ボリュームがありそうだ。

角煮がプクッと浮かんでいる

 角煮がプクッと浮かんでいて旨そうじゃないの。では、いただきますか。
 まずはカレーつゆをひと口……カレーの味もするけど、そばつゆの味もシッカリ感じられる。まさに和風カレー。カレー鍋の〆状態という感じだ。

うどんのアップ

 カレーつゆが飛び散らないようにズズッ、ズズッと慎重にうどんをすする。個人的にはもう少しスパイシーな方が好きだけど、これはこれで旨い。

角煮のアップ

 角煮はよく煮込まれていて柔らかい。角煮を食べてはうどんをズズッ。いつもなら最後にご飯を入れるんだけど、今回のカレーうどんは「最初から〆」というイメージが強かったので、ご飯を入れず、そのまま飲み干した。
 いやあ、完食するとお腹いっぱい。ご飯を入れなくて正解だったかも。この日は家に帰ったら軽くお酒を飲もうと思っていたのだが、これを食べた後はそんな気が全く起きなかった。本当にこの日の〆の食事になっちゃったよ。



【DATA】
住所:東村山市本町2-16-30
電話:042-397-7771
営業時間:午前10時半~午後8時
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




関連記事
[ 2009/03/06 20:39 ] 【そば】 ますも庵(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR