東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

安全にこだわるパン屋さん

 美味しさとともに、安全にもとことんこだわったパン屋さんが今回紹介する「グレイン」だ。場所は久米川駅南口を出てロータリーを左側から回り、マツモトキヨシとりそな銀行の間にあるモザーク通りを直進。さらに交差点を越えてウイング通りに入り、以前に紹介した「おせんべえやさん」の手前で左に曲がってすぐのところにある。



 この店のこだわりは、まず粉はライ麦を含めすべて国内産のものを使用。アレルギーのある人でも安心して食べられるよう、三大アレルゲンといわれる卵、牛乳、油脂の入っていないパンを多く焼いているのだという。さらに調理パンに使う食材にもこだわり、出来合いのモノは一切使ってないのだとか。これって凄いことだと思う。

 店は毎朝10時半から営業している。パン屋さんとしてはかなり遅いと思う。私は長男を保育所に届けた後、午前中の早い時間に店の前を通っていたのだが、いつも開いていないから、(怠け者のパン屋さんだなぁ)とずっと思っていた。でも店内に張ってある、こだわりについてのコメントを読んで納得した。すべて手作りならば、オープンが10時半になるのも当然だ。
 調理パン好きの私はハンバーガー(下の写真右、263円)と照り焼きチキン(263円)を買ってみた。



 ハンバーガーは山形県の平田牧場から取り寄せた豚(有機飼料で育ってるらしい)の挽肉を使って毎朝作っているのだという。早速、食べてみる。パンはややモサッとしているが、噛むほどに甘みが増して美味しい。ハンバーグは手作りの家庭の味。評価が分かれるところだと思うが、私は好きな味だ。
 照り焼きチキンは埼玉県の鹿川グリーンファームから届く鶏肉を使っているのだという。照り焼きソースも自家製。これも家庭料理の味わい。個人的にはもう少し濃い目の味付けの方がマヨネーズも生きておいしくなると思うのだが、安全や健康を考えるとこれでいいのかもしれない。

 私みたいなジャンクフードに慣れた舌を持つ人間が相手では、美味しさと安全を両立させるのはむずかしいと思うが、頑張って欲しいパン屋さんだ。今度は普通の食パンにチャレンジしてみよう。



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房





関連記事
[ 2004/12/14 18:13 ] 【パン】 グレイン(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告