東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 小樽食堂(秋津町) ]


サラダにラーメン?…大アリです!

 以前、冷やし中華にマヨネーズを入れる「名古屋式」の食べ方を実践したことがあるのだが(詳しくはこちらを参照)、実は北海道出身の人からこんな話を聞いた。

「北海道の居酒屋には必ず『ラーメンサラダ』というメニューがあるんです。ラーメンの麺をゴママヨドレッシングで和えたモノで、美味しいですよ」

 何度か札幌に行ったことのある私だが、「ラーメンサラダ」というメニューには気付かなかった。本当なんだろうか?……と思っていたら、「秘密のケンミンSHOW」というテレビ番組で「ラーメンサラダ」が紹介され、道内のほとんどの居酒屋メニューにあり、「ラーサラ」の愛称で親しまれているのだとか。

 こうなると食べてみたくなるのが人情ってモノだが、「ラーメンサラダ」を出している居酒屋は、私の知る限りではない。可能性として考えられるのは、「北海道」をウリにしているお店だ。ないだろうか?……と考えているうちに、「そうだ! あのお店なら…」と、ふと1つのお店が思い浮かんだ。そのお店とは……。

小樽食堂

 そう、「北海道ダイニング」がウリのチェーン系居酒屋「小樽食堂 東京東村山店」だ。場所は秋津と所沢市の境近くの旧所沢街道沿い。「ちゃんこ江戸沢 東村山秋津店」があった場所と言った方がわかりやすいかもしれない。

 店内は「ちゃんこ江戸沢 東村山秋津店」の時と同じく、すべて個室になっていて、しかも掘りごたつ式。私はこの日、1人で行ったのだが、4人掛けのテーブルの個室に案内されて恐縮してしまった。店員さんは嫌な顔ひとつせず、私が個室に入ると、「本日は『小樽食堂』にご来店いただき……」と丁寧に挨拶。
 オープン当初、このブログでもいろいろ書き込まれていて、少し不安だったのだが、丁寧な接客にひと安心。

 このお店、注文方法がちょっと変わっている。それぞれの料理メニューに付いている番号を指定の紙に書きこんで店員さんに渡すのだ。
 私は「北海道ラーメンサラダ」(661円)を食べるために来たのだが、そうは言っても飲み屋なのだから、お酒を頼まないと失礼かなと思い、瓶ビールを注文。
 まあ、単純に「飲みたかった」ということもあるけど、「ラーメンサラダ」が居酒屋メニューとしてあるということは、「お酒に合う」ということだから、そのこともちょっと確かめたかったんだよね。

瓶ビールとお通し

 それほど待つことなく、瓶ビールとお通しが運ばれて来た。

お通しがシャレているのだ

 へぇ、このお通し、シャレてるじゃないの。お通しがいいお店って、料理が期待できるんだよね。

 本当はツマミは「北海道ラーメンサラダ」だけにしようと思ったんだけど、メニューを見ていると、これがなかなか旨そうなんだよね。でも1人だから、軽いツマミを2つ注文した。

サーモンのユッケ

 1つは「サーモンのユッケ」(609円)。すでにダシが入っていて、玉子の黄身をかき混ぜて食べるのだが、ちょっと味が薄めかな。でも、こういう食べ方も悪くないね。

北あかりと塩辛

 もう1つは「北あかりと塩辛」(399円)。「北あかり」は男爵イモの改良品種で、ホコホコして甘味が強く、色も黄色っぽいので「栗じゃが」とも呼ばれているジャガイモ。これをホイル焼きしてバターを乗せたモノに、塩辛が添えられている。別々に食べてもいいし、北あかりに塩辛をぶっかけてもいい。
 私はもちろん、ぶっかけました。いやあ、旨いねぇ。ジャガイモに塩辛なんて、誰が考えたんだろう? ミスマッチっぽいけど、旨いんだよなぁ。

北海道ラーメンサラダ

 で、最後に運ばれて来たのが本日のメインである「北海道ラーメンサラダ」。たっぷりの野菜の上に鶏の唐揚げと温泉玉子が乗っている。ラーメンの麺は見えないし、木製のトングが添えられているから、パッと見た感じ、これは間違いなくサラダだよ。

 でも野菜を箸でかき分けると……。

麺のアップ

 麺があるんですよね。ゴママヨドレッシングにまみれた中太麺。これは明らかにラーメンの麺だ。さてさて、一体どんな味がするのだろうか? 早速いただいてみますか。ズッ、ズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ドレッシングはマヨネーズの味が強いんだけど、サッパリしていてビールにも合う。いやあ、ビックリした。これはいいよ。名古屋式の冷やし中華より、私はラーメンサラダの方が好きかも。もともと冷やし中華もゴマだれの方が好きだからね。このゴママヨドレッシングはいいよ。これをラーメンの麺に和えるとはねぇ。誰が考えたんだろう?
 野菜もたっぷりだし、ヘルシーでいいかも。私としては麺の量が少ないのが不満だけど、この料理がメニユーの中ではサラダに分類されていることを考えれば、これくらいでいいのかもね。あとね、タマラーとしては、玉子は半熟であって欲しかったなぁ。ゴママヨドレッシングにまみれた麺にトロッとした黄身が絡むと、また旨いと思うんだよなぁ。

 でもこのラーメンサラダ、どうしてラーメン専門店は出さないのだろうか? 夏季限定でもいいから出せば、結構ウケると思うんだけどなぁ。


 この「小樽食堂 東京東村山店」、まだまだ食べたいメニューがいっぱいあるから、今度は友人を誘って行ってみよう。


【DATA】
住所:東村山市秋津町3-30-6
電話:042-397-6777
営業時間:月~土曜は午後5時~深夜2時(ラストオーダーは深夜1時)、日曜・祝日は午後5時~深夜1時(ラストオーダーは深夜0時)
駐車場あり
ホームページはこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR