東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


ちょい飲みでちょいラッキー

 もう1カ月以上も前の話なのだが、この日は児童クラブの父母会の役員会があった。で、「この後、ちょっと飲みませんか?」という話になった。とはいえ、役員の多くはお母さんなので、「一度家に戻って夕食の支度をしてから集まりましょう」ということに。

 だけど、私は夕食の支度をする必要がないから、集合時間までの2時間がポッカリ空いてしまったんだよね。さて、どうしたモノか……よし、1人で0次会をやるか(笑)。
 ということで向かったのは、久米川駅北口の居酒屋「一本槍」。なぜかと言うと……。

ドリンクがオール100円!

 以前にも紹介したけど、このお店、午後5時から7時までの2時間は、ドリンクがオール100円なんだよね。まさに“ちょい飲み”にピッタリ。

「人気メニューベスト10」なんてモノがある

 おっ、こんな貼り紙が出てる。「人気メニューベスト10」か。こういうモノがあると、頼みたくなっちゃうんだよね。

この日のオススメ

 お店に入り、カウンターに座ると、店員さんが本日のオススメを書いたミニ黒板を持ってきてくれた。どれも旨そうだなぁ。しかも値段がお手頃。ありがたいねぇ。

ハイボールとお通し

 飲み物はハイボールを注文。普通のお店だと1杯大体300円~400円かな。それがこのお店に午後5時~7時までにくれば、同じ値段で3~4杯飲めちゃう。うれしいよね。
 とはいえ、さすがに0次会でヘロヘロになるワケにはいかないので、「2杯でやめよう」と心に決めましたけどね(笑)。

北海道真ホッケ焼

 ツマミはまず黒板メニューから「北海道真ホッケ焼」(580円)を注文。もう少し肉厚かなと思ったら、意外と普通だった。

一番人気の自家製つくね

 続いては、一番人気メニューの「自家製つくね」(280円)。割り箸に刺さっていて大きい。色からしてタレが濃い感じがするけど、食べるとそんなことなく、甘さを抑えた程よい味付けだ。お皿に添えられているガリが、つくねによく合って旨い。

 ハイボール2杯とお通し、ツマミ2品で計1360円。ほろ酔いという感じで、気持ちよく飲み会に向かうことができる。
「ごちそうさま」と言って席を立ち、レジへ向かおうとすると、片付けに向かった店員さんが「お客さま」と声をかけた。

「つくねの割り箸に当たりが出ていますので、サワーかシャーベットをサービスしますが、いかがしますか?」

 あれ? このシチュエーション、前にもあったような……そうなんです。後から調べてわかったんだけど、実は9年前の2005年に初めてこのお店に来た時も私は「自家製つくね」を食べて、「当たり」が出ていることに気づかず、そのまま帰ろうとしたんだよね。

「自家製つくね」は当たり付きで、ナント当たってしまった

 どこが「当たり」かというと、コレ。割り箸に付いている3本の焼き跡が、「当たり」の印らしい。

ゆずシャーベットをいただいた

 ということで、私はまた席に戻り、「当たり」サービスとして、ゆずシャーベットをもらった。後で調べたら9年前も私はシャーベットを食べたようだ。人の嗜好って、変わらないモノなんだね(笑)。
“ちょいラッキー”に気分を良くして、私は飲み会へと向かった。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-9-1-2階
電話:042-396-1010
営業時間:午後5時~深夜0時30分(ラストオーダーは午後11時45分)
定休日:第3月曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/10/28 13:03 ] 【閉店したお店】 一本槍(栄町) | TB(-) | CM(0)

お得な夕飲み

 最近は大抵、どこの居酒屋も夕方5時くらいから1~2時間をハッピーアワーということで、飲み物を少し安くしている。夕方に「軽く一杯やって家に帰りたいな」という時に、とってもありがたいサービスだ。
 で、今回、私が向かったのは……。

一本槍

 久米川駅北口の居酒屋「一本槍」。このお店も夕方のドリンク割引サービスをしているんだけど、それが半端じゃない。
 半額? いやいや、さらにその上を行ってるんですよ。

ナント、ドリンクが100円とな!

 100円ですよ、100円! 
 生中も日本酒もハイボールも全部100円。
 ポスターの下にさりげなく「お一人様一品以上の料理をご注文ください」とあるけど、まあ当然だよね。100円の生中だけ飲んで帰られたら、商売あがったりだよ。

 早速、お店に入り、カウンターに座った私。

黒板メニュー

 店員さんが黒板メニューを持ってきてくれたので、ここから「白身の三点盛」(580円)と「特製味噌ダレ豚バラ串」(2本280円)を注文。飲み物は生中をお願いした。

生ビールとお通しの肉じゃが

 まず運ばれてきたのは、生中とお通し。なるほど、「生ビール」ではなく「生中」と書いてあるのは、第3のビールであるサッポロの「麦とホップ」だからか。でもさ、100円は安いよね。普通にこの量の「麦とホップ」を買おうと思っても100円じゃ買えないもんね。
 お通しは肉じゃが。温かくて旨い。

白身の三点盛

 と、そこへ「白身の三点盛」が運ばれて来た。左からカンパチ、アジ、ヒラメ。ヒラメには少しだけどエンガワが添えられている。いいじゃないの。

特製味噌ダレ豚バラ串

 これは「特製味噌ダレ豚バラ串」。食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これ、味噌ダレなんだろうけど、食べると生姜焼きのような味がして旨い。これは生中に合うわ。

日本酒の冷

 刺身にはやっぱり日本酒だよね、ということで冷酒を頼むことに。銘柄は大手酒造メーカーの「白鶴」なんだけど、100円で飲めるなら文句はない。1合徳利に入った中身はキンと冷えていて、もうそれだけで十分。でも飲んで思ったのは、このお酒は冷よりも燗の方がいいかもね。

 これだけで締めて1310円ナリ。お通しが付くのだから、ツマミをもう少し押さえれば“せんべろ”できたかもね。だけど夕方5時~7時までの2時間、飲み物が100円というのは、うれしいなぁ。2000円もあればベロベロになる自信あるよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-9-1
電話:042-396-1010
営業時間:午後5時~深夜0時30分
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2013/06/29 14:26 ] 【閉店したお店】 一本槍(栄町) | TB(-) | CM(0)

ユニーク料理で盛り上がれる居酒屋

 友人たちと軽く飲もうということになり、向かったのは久米川駅北口の居酒屋「一本槍」前回行った時、ほかにも食べてみたいユニークな料理がいっぱいあったからね。

生ビールで乾杯!

 まずは生ビールで乾杯! お通しはレンコンのツナマヨ和え。これがなかなか旨かった。

中華風トーフサラダ 枝豆

「最初は軽いツマミを」ということで、「中華風トーフサラダ」(504円)と「枝豆」(300円)を注文。「枝豆」がビールに合うのは当然として、この「中華風トーフサラダ」もちょいビリ辛で、意外とビールに合った。

カリカリたこ焼 アスパラ明太マヨネーズ

 続いて頼んだのは「カリカリたこ焼」(480円)と、前回食べて旨かった「アスパラ明太マヨネーズ」(504円)。「カリカリたこ焼」は揚げてあるのかなぁ? 確かに表面がカリッとしていて旨かった。

みょうがの肉巻串

 これは「みょうがの肉巻串」(2本360円)。ミョウガを肉巻きにするってどうなんだろう?と思ったんだけど、食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやいや、これはアイデアの勝利だね。かけられているバーベキューソースみたいなタレもよく合っている。肉とタレはコッテリしているんだけど、ミョウガはサッパリ感を主張。このアンバランスさがたまらない。

フランスパンの明太マヨオーブン焼

 こちらは「フランスパンの明太マヨオーブン焼」(550円)。よくパン屋にある「明太フランス」なんだけど、食べてみるとこれが……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ホイル焼きにしているから熱々で、しかも明太マヨネーズがジュワッとパンに染み込んでいるから、噛み締めるたびに旨さが口の中に広がる。これはパンだけど、十分ツマミになるね。

和牛100%メンチカツ

 と、ここで「"和牛100%メンチカツ」(714円)が登場。本当は特製のデミグラソースがたっぷりとメンチカツにかけられて出てくるのだが、「それだとちょっと濃すぎるのよね」という友人が、「ソースを別にして」と注文したのだ。
 箸でメンチカツを割ると、確かに中身は肉、肉、肉。塩を少し振って、そのまま食べても旨い。これは確かにコロモに少しソースをかける程度にして、肉の旨さを味わった方がいいかも。

タイ風パリパリワンタン チーズ盛合せ

 話が楽しく盛り上がり、ツマミもドンドン追加。これは前回食べて好評だった「タイ風パリパリワンタン」(472円)と、初めて頼んだ「チーズ盛合せ」(680円)。
「チーズ盛合せ」はミモレットとカマンベール、ゴルゴンゾーラの3種類で、ゴルゴンゾーラにはママレードが添えられている。青カビ系のチーズと蜂蜜などの甘いモノって合うんだよね。

塩ゆで落花生 ナンコツ揚

 〆に頼んだのは「塩ゆで落花生」(315円)と「ナンコツ揚」(399円)。いやあ、飲んだのが日曜だったから翌日を考えて「2時間1本勝負」ということにしたんだけど、2時間で結構食べたねぇ。食べ物が旨いと話も盛り上がって時間が過ぎるのもアッと言う間だ。
 まだまだ食べたいメニューがあるから、また行きたいなぁ。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-9-1
電話:042-396-1010(問い合わせなど)/0066-9678-8861(予約専用、通話無料)
営業時間:午後5時~深夜0時30分
定休日:第3月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/07/10 10:06 ] 【閉店したお店】 一本槍(栄町) | TB(-) | CM(0)

勢いそのまんまの2次会

 久米川駅南口の大衆割烹「丸藤」で飲んだあと、「次はどうする?」ということになった。いやいや、次をどうするもこうするも、もともと「サクッと2時間で終わろう」と言っていたのに、3時間も飲みまくり、話しまくっていたじゃないか(笑)。これ以上、さらに飲もうって言うワケ?……と心の中では思っていたが、多数派に押し切られ、久米川駅北口の居酒屋「一本槍」へ。

私は瓶ビールを注文

 それぞれ思い思いの飲み物を注文。私は瓶ビールをお願いした。
 おっ、サッポロの黒ラベルとはうれしいね。

キューリの一本漬 アスパラ明太マヨネーズ

 最初に出て来たツマミは「キューリの一本漬」(367円)と「アスパラ明太マヨネーズ」(504円)。やっぱり散々飲んでるからね、こういう軽いサッパリしたツマミになるよね……と思っていたら大間違いだった。

ポテトフライ ハムとチーズの盛合せ

「ポテトフライ」(315円)に「ハムとチーズの盛合せ」(900円)。

チーズフリッター タイ風パリパリワンタン

「チーズフリッター」(441円)に「タイ風パリパリワンタン」(472円)と、来るわ来るわ、茶色系メニュー。そして極めつけは……。

豚角煮の竜田揚

「豚角煮の竜田揚」(630円)。豚の角煮だけでも高カロリーなのに、されをさらに竜田揚げにするなんて、どんだけメタボな料理なの! でも、これがねぇ、食べてみると、悔しいけど……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 この期に及んで、まだこんな料理が食べられてしまう自分が悲しい(笑)。だから痩せないんだよなぁ。

海老のマヨネーズ和え 自家製つくね

 このあと、さらに「海老のマヨネーズ和え」(630円)と「自家製つくね」(1本263円)が登場。
 1次会の勢いそのまんま、お店が閉店するまで飲みまくり、食べまくり、そしてしゃべりまくりましたとさ(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-9-1
電話:042-396-1010(問い合わせなど)/0066-9678-8861(予約専用、通話無料)
営業時間:午後5時~深夜0時30分
定休日:第3月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/05/13 22:12 ] 【閉店したお店】 一本槍(栄町) | TB(-) | CM(0)

ネットで人気の地元系居酒屋

 私は以前から地元を食べ歩く際、いろんなサイトを参考にしている。中でも「BIT St.(ビットストリート)」はブックマークしてよく見ている。これはJR・私鉄に関わらず全国の駅のページをつくり、その街の地域情報をユーザーに書き込んでもらうという、一般参加型のサイトだ。簡単に言えば“口コミのネット版”だ。
  やはりよく見るのは私の地元である「久米川のページ」。このページの「みんなのおすすめ」という欄の「おさけ」の項目でトップになっているのが、今回紹介する居酒屋「一本槍」だ。
 場所は久米川駅北口を出て右に進み、60メートルほど歩くと右側に大きな看板が見えてくる。すぐにわかるハズだ。



 以前は同じ久米川北口でも違う場所にあったのだが、1年ほど前に北口ロータリーの建設に伴って現在の場所に移転した。私は以前のお店にも入ったことがあるが、その時はオヤジ向きのいい意味で小汚い、落ち着ける店内だった。現在の場所に移ってから行くのは初めての私は、入ってみてちょっとビックリした。すごくキレイなのだ。居酒屋と言われれば居酒屋と思うけど、和風ダイニングと言っても違和感はない。
 私はカウンターに座り、メニューを眺めた。すると女性店員が「本日のオススメはこちらです」と小さな黒板を持ってきた。私はそこから「ブリ刺身」(650円)と「かきの唐揚げおろしポン酢」(600円)を、それから通常メニューの中から「自家製つくね」(250円)と「和牛100%メンチカツ」(650円)を注文した。
 まず出てきたのは「ブリ刺身」。



 久々に食べるせいか、脂が乗っていて美味しい。まあ、私が行きつけにしていて今年1月に閉店した「小料理みき」で食べたブリの味には及ばないが、魚専門じゃない普通の居酒屋にしては十分過ぎるほど美味しい。オススメにするだけはある。
 続いて「本日のオススメ」から選んだ「かきの唐揚げおろしポン酢」が登場。



 唐揚げというより、小麦粉をつけてソテーしたような感じ。その上におろしポン酢が乗っている。見た目はすごく美味しそう。しかもカキが10個も乗っている。カキ好きの私にはたまらないボリュームだ。
 1つ食べてみて「これは好き嫌いが分かれるだろうな」と思った。というのもカキフライのようにシッカリ中まで火を通さず、レアっぽい仕上がりになっているからだ。私は生ガキを食べているような感じがして美味しいと思ったが、生っぽさが逆に苦手な人もいるだろうな。カキ好きの人にはちょっとオススメです。と言っても、もうすぐカキのシーズンは終わるから、行った時にあるかどうかはわかりませんが。
 次に出てきたのは「自家製つくね」。



 割り箸を串代わりにしたジャンボつくねは、軟骨がたっぷり入っていてコリコリとした食感がいい。タレはややアッサリめ。
 最後に出てきたのは、いかにもメインディッシュという感じの「和牛100%メンチカツ」だ。



 ココが居酒屋なのを忘れてしまいそうなほど、料理としてよくできている。写真は上からの撮影だからわかりにくいかもしれないが、このメンチカツ、すごく分厚いんです。厚さは2センチはあると思う。箸でメンチカツを割ると、ギッシリと肉が詰まっていて美味しそう。デミグラスソースをたっぷり断面につけてパックン。うーん、旨い! 酒のつまみとしてもいいけど、やっぱりご飯が欲しくなる。でも、これは1人で食べるモノじゃないね。食べたらすごくお腹いっぱいになっちゃったよ。
 というワケで帰ろうとしたら、女性店員がつくねの割り箸を指差して「お客さん、割り箸に3本線の焼き跡がついているので、当たりです。サワーか、シャーベットをサービスいたします」と言うではないか。つくねの割り箸に当たりハズレをつけるなんて、面白い企画だねぇ。シャーベットはオレンジ、ゆず、ライチの3つから選べるというので、私はライチをもらった。



 味はともかくとして、「当たった」ということがうれしい。この勢いでロト6も当たらないかなぁ。
 料理はそこそこ美味しいし、何よりも居心地がいい。「確かに人気になるワケだ」と納得しながら私はお店を後にした。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-9-1  野崎ビル2階
電話:042-396-1010
営業時間:午後5時~深夜0時半
定休日:第3月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2005/03/26 20:21 ] 【閉店したお店】 一本槍(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR