東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

持ち帰りが当たり前のカレー店

 友人のマサトと青葉商店会にある焼き鳥店「とり慎」をあとにした私。時計を見ると、まだ午後7時30分だ。結構食べたけど、まだ少し入る余地はある(笑)。ここまで来たから、というワケではないが、もう1軒、マサトを連れて行きたいお店を思いついた私。


「お前、カレー、食べられるか?」

「カレーは飲み物ですよ」

「ナンがかなりデカいけど、大丈夫か?」

「ナンも飲み物みたいなもんですよ」



 ほぉ~、言ってくれるじゃないの。「じゃあ、行ってみようか」と向かったのは……。

ピアーズ

 むさしのiタウン近くの朝日商店会の中にあるインド料理店「Piaaz(ピアーズ)東村山店」だ。「ひの食堂」の近くと言えば、「ああ、あの辺か」とわかる人もいるのではないだろうか。
「朝日商店会」とは言うものの、ここも青葉商店会と同じく、櫛の歯が抜けるようにお店が減り、今は商店街というより住宅街と言った方がシックリくる。そんな場所にお店があることに、マサトはすでに驚いている。

 だけど、ここのカレーは旨いんだよなぁ。だからこそ新秋津にもお店をオープンさせることができるんだよね。いつの間にか増えていてビックリしたよ。

 お店に入ると、「いらっしゃいませ」と明らかにインド・ネパール系の店員さんが流暢な日本語で出迎えてくれる。このお店は店員さんの接客が丁寧で、「辛くないですか」「大丈夫ですか」といろいろと気遣ってくれるんだよね。カレーも旨いけど、こういう丁寧な接客もこのお店の人気の秘密なんだと思う。

 ディナータイムには「ディナーセット」がある。


A.日替わりカレーセット(1180円)
B.1種類のカレーセット(1280円)
C.2種類のカレーセット(1480円)
D.3種類のカレーセット(1580円)



 私もマサトも「1種類のカレーセット」を頼むことにして、私は「ガーリックチキンカレー」を辛さ4で、マサトは「キーマカレー」を辛さ3で注文。さらに、チーズ好きのマサトのために、私は「チーズナン」(580円)を頼んだ。

まず運ばれて来たのはサラダとスープ

 まず運ばれて来たのは、サラダとスープ。久しぶりに食べたけど、サラダもスープもこのお店は、ほかのインド・ネパール料理店とはひと味違って旨いねぇ。

相変わらずビッグサイズのナン

 そしてナンの登場だ。「これはデカいですね」と驚くマサト。私はちゃんと「デカいけど、大丈夫か」と聞いたぞ(笑)。
 まあ、確かにこのお店のナンはビッグサイズだよね。しかも生地が薄くなく、分厚い。量的にはかなりのモノだ。でも、普通に食べたら、これじゃ足りないんだよね。

ガーリックチキンカレー

 だってカレーの量がコレだもんね。コレは私が頼んだ「ガーリックチキンカレー」なんだけど、お皿いっぱいにカレーが入っている。カレーで見えないけど、チキンもゴロッとした塊が3つも入っている。この量はナン1枚では食べ切れないよ。もしナン1枚で食べようと思ったら、途中、スプーンでカレーだけをすくって飲まないと無理だと思う。

 だから、私とマサトのテーブルの横を通ってレジに向かっていったグループは、それぞれ手にビニール袋を持っていた。中には残ったナンを包んだアルミホイルと、残ったカレーを入れた容器が入っている。ナンを残すということは、必然的にカレーも残すということ。
 でも、このお店ではお客がカレーを持ち帰ることが、もう当たり前になっているみたい。もう1卓のお客が「持ち帰りたいんですけど」と言ったら、サッとアルミホイルと容器、ビニール袋を店員さんが持ってきて、手際よくまとめていた。


 まあ、そんな様子を眺めつつ、それではカレーをいただきますか。ナンをちぎってカレーに付けて、パクッ……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 このお店のカレーは本当に久々だけど、ナンもカレーも旨い! マサトも「ここは違いますねぇ」と感激していた。またしても、自分がつくった料理じゃないのに、「そうだろ」と何となく誇らしくなってしまう私(笑)。

チーズナン

 そこへ「チーズナン」が運ばれて来た。
「写真撮るなら、こうするといいんじゃないですか」と、マサトが「チーズナン」の1切れを持ち上げた。

マサトにリフトをやってもらったが、うまくチーズが伸びなかった

 予想ではチーズがビヨ~ンと伸びるハズだったんだけど、残念ながらうまくいかなかった。でも、決してチーズが少ないワケではなく、食べるとピザみたいで旨い。そのまんまでも旨いんだけど、これにカレーを付けて食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、たまんないねぇ。
「旨い、旨い」と私は食べていたのだが、ふと見ると、マサトの手が止まっている。

「マサさん、コレ、持ち帰っていいですかね?」

 おいおい、カレーもナンも「飲み物」じゃなかったのかよ(笑)。でも無理して食べても仕方ない。店員さんにお願いして、ナンと「チーズナン」2切れ、そして「キーマカレー」を持ち帰りようにまとめてもらった。

ラッシーがよく合うんだよね

 途中で飲んでもいいんだけど、最後にこのラッシーを飲むと、「ああ、食べたなぁ」という気持ちになるんだよね(笑)。
 しかし、さすがにお腹いっぱい。翌朝、体重を量ったら2キロも増えていた。ちょっと……いや、かなり食べ過ぎたね(笑)。




【東村山店DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
駐車場あり
ホームページはこちら


【新秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町5-21-1
電話:042-306-3724
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





スポンサーサイト
[ 2015/03/29 07:30 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(2)

カブトガニに進化してさらに食べ応えアップ!

 インド料理店が増えたので、今ではカレーをナンで食べるのは珍しいことではなくなってしまった。そのナンだけど、どこのお店も同じだと思うでしょ? 私もそう思っていたんだけど、食べ比べてみると、お店ごとに微妙に違うんだよね。
 いろいろと好みがあると思うけど、私が個人的に好きなのは、本町の住宅街にあるインド料理店「piaaz(ピアーズ)」のナン。モチッとしていて、噛むとほのかに甘みを感じるあのナンは、たまに無性に食べたくなるんだよね。

 ということで、先日、友人を誘ってランチタイムに行ってきた。友人は「日替りカレーセット」(850円)を、私は「マトンカレーセット」(880円)を注文。辛さは2人とも「4」でお願いした。

サラダとスープ

 まず最初に運ばれて来たのは、サラダとスープ。このスープが何気に旨いんだよね。

マトンカレーとナン

 しばらくして来た、来たッ! マトンカレーとナンだ。
 ナンはお皿からはみ出ないようにシッポの部分が折り曲げられている。それでもお皿からはみ出ているんだから、相変わらずデカいなぁ。

ラッシー

 続いてラッシーも到着。これでセットの料理は全部出たワケだ。

折り曲げていたシッポを伸ばすと、まるでカブトガニ

 ナンのシッポを伸ばすと……あれ? これって何かに似ている気がする。何だっけ……そうだ! カブトガニだよ。
 それにしても改めてみるとデカいなぁ。というか、以前より大きくなってないか?

マトンカレー

 マトンカレーは表面上はわからないけど、中にはマトンがゴロゴロ入っている。
 ナンをちぎってマトンカレーに付け、パクリとな……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、カレーも旨いけど、このお店はやっぱりナンが旨いよ。

オクラとチキンのカレー

 友人の日替りカレーは「オクラとチキンのカレー」。前回食べたモノだけど、少しいただいてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ナンを大きくちぎりながら、2種類のカレーを味わっていると、アッと言う間にナンがなくなってしまった。となれば……。

カブトガニ2匹目

 おかわりナン(200円)だよね(笑)。このお店のナンをお昼に2枚食べたら、確実に夕食はいらなくなるパターンなんだよね。それくらいお腹いっぱいになっちゃう。
 周りの女性客が1枚目のナンを半分近く残して、持ち帰り用の袋をもらっているのを尻目に、私は2枚目も完食! ナンが旨いから食べられたんだけど、それでも今回は「やっと食べ切った」という感じ。
 家に帰って前回の写真を見ると、やっぱりナンは少し大きくなっている。そうだよなぁ。前回までは「カブトガニに似てる」なんてこと、全く思いつかなかったもんね。
 この不景気にまさかナンを大きくしてくるとは……これはうれしい進化だね。



【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時30分(ランチは午後3時まで。ラストオーダーは午後10時)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/06/10 17:53 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

ナンをお代わりせずに食ったどー!

 何だかカレーを食べたい気分になりまして、「それじゃあ、久しぶりにあのお店に行ってみるか」と向かったのは、本町の住宅街にあるインド料理店「piaaz(ピアーズ)」
 このお店に行くと、ナンが旨いものだから、ついついナンをお代わりしちゃうんだよね。でも今年は今まで以上にメタボに気をつけなきゃと考えている私。「今日はナン1枚で済ますぞ」と心に決めてお店に行った。

読みにくいけど「オクラとチキンのカレー」と書いてある

 ちょっと木の影で見にくいが、本日のカレーは「オクラとチキンのカレー」のようだ。旨そうじゃないの。食べるのは「日替りカレーセット」(850円)で決まりだな。
 お店に入ると、私は「日替りカレーセット」を辛さ4でお願いした。

スープとサラダ

 まず最初に運ばれて来たのはスープとサラダ。この日のスープは、いつもの野菜スープではなく、タマネギのスープ。もともと店名の「piaaz」は「タマネギ」の意味だから、こっちの方がいいかもね。味も良かったし。

巨大ナンと、オクラとチキンのカレー

 スープとサラダを食べ終えて待っていると、来ました、来ました。巨大なナンと「オクラとチキンのカレー」が。

これが「オクラとチキンのカレー」

 これが「オクラとチキンのカレー」。表面にはオクラの緑色は少ししか見えないけど、中にはゴロゴロとオクラが入っている。
 早速、ナンをちぎってカレーをつけてパックンチョ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 辛さ4なら余裕だろうと思っていたのだが、結構辛い。でもチキンの旨味が感じられて、ナンをちぎる手が止まらない。

 とりつかれたかのように、ナンをちぎってはカレーに付けて食べていたのだが、ナンが半分くらいになった時に、ハタと気づいた。ナンは半分しか残っていないのに、カレーはほとんど減っていない。このままだとお代わりしなくてはならなくなる。
 ということで、スプーンでオクラやチキンを食べつつ、ナンを食べていくことに方針変更。カレーそのまんまでも旨いので、まるでスープの如くパクパクとスプーンで食べていき、気がつけばナンの方が余ってしまうような状態に。
 だから……。

お皿のカレーをキレイに拭き取って完食

 こんな感じで、お皿のカレーをキレイに拭き取って完食。いやあ、何とかナン1枚で済ますことができたよ。

〆はラッシー

 最後にラッシーを一気飲みして、ごちそうさま。

 余談ではあるが、このお店、東所沢にもお店を出したらしい。頑張ってるねぇ。



【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時半(ランチは午後3時まで。ラストオーダーは午後10時)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/01/07 23:19 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

インド料理を満喫した夜

「カレーが食べたいなぁ」という気分の時に真っ先に思い浮かぶくらい、個人的にお気に入りのインド料理店「piaaz(ピアーズ)」。先日、仕事関係でとてもうれしいことがあり、友人とともにどこかで祝杯を挙げようということになった。普段なら居酒屋を選択するのだが、何となくカレーが食べたい気分だったので、ワガママを言わせてもらい、このお店で食事をすることにした。

 せっかくインド料理店に来たのだから、インドのビールを飲もう……ということで、初めて飲むインドビールで乾杯することに。

キングフィッシャー マハラジャ

 友人が頼んだのは「キングフィッシャー」(600円)、私は「マハラジャ」(600円)というビール。どちらも味としては薄めで、水みたいにクイクイ飲める感じ。

チャナ

 軽いツマミとして最初に頼んだのは、「チャナ」(380円)という豆料理。これが枝豆感覚で、やめられない止まらない旨さ。ほっこりした食感で、ちょっとカレー風味のスパイシーな味付けが施されている。

シークカバブ

 次に運ばれて来たのが、「シークカバブ」(680円)。羊肉のミンチを棒状のモノに巻きつけてタンドールで焼いたモノだ。色がどぎつくて辛そうなんだけど、食べるとそれほど辛くない。ビールのツマミにいいねぇ。

チキンサスリク

 これは「チキンサスリク」(580円)という料理。味はというと、「酢豚の鶏肉バージョン」という感じ。
 ここでビールがなくなったので、今度はワインを頼むことにした。もちろん、インドワインだ。

シラーズ 赤ワインなのになぜかクーラー付き

 頼んだのは「シラーズ(赤)」(2500円)。赤ワインなんだけど、なぜかよく冷えていて、クーラーまで出て来た。
 冷えているせいか、樽の香りは控えめになり、ブドウのフルーティーさが前面に出て旨い。

 では、ワインを飲みながら、メインのカレーをいただきますか。

特製ピアーズ・マトンカレー

 私が選んだのは「特製ピアーズ・マトンカレー」(980円)。

特製ピアーズ・シーフードカレー

 友人が選んだのは「特製ピアーズ・シーフードカレー」(1180円)。2つとも辛さは「4」でお願いした。
 で、カレーを何で食べるかというと、このお店の場合、やっぱりナンでしょう。夜のメニューには普通の「ナン」(300円)以外に、

*「ガーリックナン」(480円)
*「チーズナン」(580円)
*「ごまナン」(380円)
*「キーマナン」(580円)

と、4種類もナンがある。せっかく夜に来たのだから、いつもと違うナンを頼まなきゃね。

ガーリックナン

 ということで頼んだのが、この「ガーリックナン」。相変わらず、まず大きさに圧倒されるけど、今回は香りにもやられたね。
 だってコレだよ。

このガーリックの量!

 表面に付いている粒々は全部ガーリック。この量、凄いと思いませんか。ガーリックの香ばしい香りがもう、たまんないですよ。
 ちぎって、そのまま何もつけずに食べてみると……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 ヤバいねぇ。これだけでツマミになっちゃうよ。でもまあ、そうもいかないんで、今度は「特製ピアーズ・マトンカレー」に付けてパクッ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやいや、これはいいねぇ。じゃあ、次は友人の頼んだ「特製ピアーズ・シーフードカレー」で食べてみるかな……。

これも旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 カレーも旨いんだけど、ナンが最高! こりゃいいわ。

 実は、頼んだナンは1種類じゃないワケで……。

チーズナン

 ジャジャーン! 「チーズナン」が到着! これは形にまず意表を突かれたね。「そう来たか」って感じ。
「こりゃ、まるでピザだな」と思いつつ、そのままひと口食べると……。

ピザより旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ナンの生地にチーズが挟んであるだけなんだけど、どうしてこんなに旨いの? これにカレー付けたら、どうなっちゃうの?……ということで、友人とともに2種類のカレーを試してみましたよ。結果は……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 いやあ、すっごい幸せ。さすがにお腹いっぱいになったから、追加注文はしなかったけど、「ごまナン」と「キーマナン」も食べてみたいなぁ。というか、次にこのお店に来たら、絶対にナンをツマミにしてワインを飲もうと思う。ホントこのお店のナンは旨いわ。

 いやいやこのお店を選んでよかったよ。大正解。仕事でいいことあったし、インド料理を満喫できたし、この日は私にとって最高の1日だったよ。



【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時半(ラストオーダーは午後10時)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/12/13 19:17 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

普通はおかわりしますよね!ね?ね…

 カミさんが「また行きたい」と何度も言うので、娘と一緒にインド料理店「piaaz(ピアーズ)」に行って来た。
 娘はもうすぐ3歳になるのだが、いつもおとなしいとは限らない。小さい子どもを連れて外食するのはむずかしいのだが、このお店は温かく迎えてくれるし、そんな店員さんの気持ちがお客さんにも伝わるのか、子どもが多少騒いでも嫌な顔をするお客さんはいない。こういうお店って、すごくありがたいよ。

 お店の前に行くと、まずは本日のカレーをチェック。

本日のカレーは…

 ほぉ、今日は「キーマカレー」ですか。旨そうだなぁ。
 お店に入ると、私は「日替りカレーセット」(850円)、カミさんは「ベジタブルカレーセット」を注文。辛さは、私は「3」で、カミさんは娘と一緒に食べるので「甘甘」でお願いした。

サラダとスープ

 まずはいつものようにスープとサラダが運ばれて来る。

キーマカレーとナン

そして、来ました、来ました。どデカいナンと、本日のカレーである「キーマカレー」。

これがキーマカレー

 これが「キーマカレー」。挽き肉たっぷりで、なかなか辛そうな色じゃないの。

ナンにカレーを付けてパクッ

 では、ナンをちぎって「キーマカレー」をたっぷりと付けてパクッ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 カレーが旨いのはもちろんだけど、このお店はナンが旨いんだよね。

ラッシー

 ドリンクのラッシーが運ばれ、これで「日替りカレーセット」が揃ったワケだけど、これで850円はすごくお得だと思う。

 でもねぇ、ナンが旨いモノだから、いつもペース配分を誤って、カレーが余っちゃうんだよね。それはカミさんも同じ。
 ということで、夫婦2人して……。

おかわり追加ナン

「おかわり追加ナン」(200円)を注文。これでキレイにカレーがなくなり、お腹もいっぱいになるんだよね。
 カミさんもペロッと2枚目のナンを食べたし、これが「普通」だと私は思っていたんだけど……。

 この日、私たち親子3人は6人がけのテーブルに案内されたのだが、ランチタイムはメチャ混みで、3人のOLさんと相席となった。
 で、この3人、ナンを「食べきれない」と残しているんですよね。
 おかしいなぁ、1枚ぐらいならペロリと食べられると思うんだけどなぁ……ひょっとして私たち夫婦が「普通」じゃないのか? カミさんに聞くと、「エッ、普通はおかわりするんじゃないの」という答え。
 果たして、どっちが「普通」なのだろうか?(と言いつつも、まあ、答えはわかっているんですけどね……)



【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時半(ランチは午後3時まで。ラストオーダーは午後10時)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/06/15 19:07 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

繁盛しているのが納得の味と接客

 先日のこと。「近くで用事があったから」とカミさんが娘をベビーカーに乗せ、仕事場にやって来た。ちょうどランチタイムだったので、「どこかで昼ごはんを食べようか」ということになり、「じゃあ私、あそこに行きたい!」というカミさんのリクエストで、インド料理店「piaaz(ピアーズ)」へ行くことになった。

 お店の前に行くと、「本日のカレー」を告知する黒板が置いてある。

表に出ている黒板

 なるほど、今日は「カボチャとチキンのカレー」ですか。相変わらずこの文字、味があっていいなぁ。
 お店に入ると、ほぼ満席。カミさんが「こんな所にお店があるの!」と驚くような場所にあるにもかかわらず、この繁盛ぶり。凄いなぁ。たまたまテープルが1卓空いていたので、私たちはそこに座った。
 子ども連れということで、店員さんがサッと駆け寄り、「(子ども用の)イスを持ってきましょうか?」など、いろいろと気を使ってくれたり、娘に笑顔で話しかけてくれたりしてくれた。何気ないけど、こういうことってうれしいよね。

 メニューを見て、2人とも「日替りカレーセット」(850円)を注文。辛さをどうしようかということで、メニューを改めて見てみると……。

ナント「甘甘」ができている

 おおっ、「甘口」よりさらに甘い「甘甘」が設定されているではないか。たぶん、これは要望があったんだろうな。
 カミさんは「子どもと一緒に食べるから」ということで「甘甘」、私は「超大辛」の1つ手前の「4辛」で頼んだ。

いつものサラダとスープ

 最初に運ばれてきたのは、サラダとスープ。スープは独特の味なんだけど、カミさんは気に入ったようだ。

マンゴーアイス

 これは娘のために頼んだ「マンゴーアイス」。店内で騒がないように、これで気を引こうという作戦だ。
 娘にアイスを食べさせながら待っていると、「カボチャとチキンのカレー」が運ばれてきた。

カボチャトチキンのカレー。左が4辛、右が甘甘

 これ、右がカミさんの頼んだ「甘甘」で、左が私の頼んだ「4辛」。こんなに色が違うんだね。

私が頼んだ4辛のカレーとナン

 ナンも運ばれてきて、早速、いただきま~す。「甘甘」はカボチャも入っているから、相当甘い。でもベタッとした甘さではなく、ほのかにスパイシーさが残る甘さだ。カミさんは「私、これでいいかも。凄く美味しい」と大喜び。

ナンはデカくて旨い!

 でも、このお店の旨さはカレーだけじゃないんだよね。このナンが旨いんだ。
 熱々焼き立てのナンをちぎって、カレーを付けてパクッ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 カボチャが入っているとはいえ、さすが「4辛」。辛さが結構くる。でも旨い。
 カミさんもこのお店のナンが気に入ったようで、「今まで食べた中で一番美味しいかも」とまで絶賛。娘もナンとカレーが気に入ったのか、アイスそっちのけで食べ始めた。

追加で頼んだナン

 ナンが足りなくなったので、追加。これもペロリと食べ、セットのドリンクとして頼んだラッシーを飲んで、ごちそうさま。

 食べている間も、店員さんは娘に話しかけ、風船を持ってきてくれるなど、いろいろと気遣ってくれた。店内を見回すと、意外と子ども連れが多いのにビックリ。でもわかるなぁ。このお店なら店員さんも優しいし、子連れでも安心して行けるからね。
 繁盛しているのは当然だね……そう思っていると、食べ終わったばかりのカミさんが、こう言うではないか。

「パパちゃん、すごく美味しかった。お店の雰囲気もいいし、このお店、また来ようね」

 小さい子どもを連れて行ける飲食店って、なかなかないからこういう子どもに優しい接客をしてくれるお店はありがたいんだよね。しかも料理が旨いとなれば、そりゃ、リピーターが増えるのは当然の話。こういうお店がもっと増えるとうれしいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時半(ラストオーダーは午後10時)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/01/18 19:13 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

汗だくになったけど旨かった超大辛カレー

 ここ最近オープンしたお店の中で、個人的に気に入っているのが、インド料理店「piaaz(ピアーズ)」。このお店はカレーも旨いけど、ナンが妙に旨くて後を引くんだよね。

 ということで、先日またしても行ってしまった。まあ、お店側で「おすすめできません」という超大辛を試してみるという“宿題”もあるしね。
 表の黒板には本日のカレーが書いてある。どれどれ、今日は何かな……。

本日のカレーは「ほれんそとチキンのカレー」

 エッ? 「ほれんそとチキンのカレー」? 子どもが書いたような文字だけど、このお店はスタッフ全員がインドの人だから、そのスタッフが書いたとすれば、大したモノだよ。
 うんうん、ちゃんとわかるよ。「ほうれんそうとチキンのカレー」でしょ。

 私はお店に入ると、「日替わりカレーセット」(850円)と、ちょっとリッチに「ランチタンドリーチキン」(480円)を頼んだ。本当は夜に食べに来たいのだが、なかなか機会がないので、ランチでタンドリーチキンを食べてみることにしたのだ。
 カレーはもちろん、超大辛にしましたよ。

サラダとスープ

 まずは定番のサラダと野菜スープ。この温かい野菜スープ、好きな味なんだよなぁ。

ナンと「ほうれんそうとチキンのカレー」

 サラダを食べ終わるころ、ナンと「ほうれんそうとチキンのカレー」が運ばれて来た。

これが超大辛の「ほうれんそうとチキンのカレー」

 これが超大辛の「ほうれんそうとチキンのカレー」。あれ? 今までは細切りの生姜と刻みネギがカレーの上に散らされていたんだけど、今回はそれがない。やめちゃったのかな?
 まずはスプーンでそのまま食べてみる……。

か、辛━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ ッ!!!!!

でも、

う(◎o◎)ま~~~!!!

 辛いだけじゃなく、シッカリ旨味を感じるんですよ。いやあ、これはいいねぇ。

ナンの巨大さは相変わらず

 相変わらずの巨大なナン。これを引きちぎり、カレーに付けてパクッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 だけど、食べ進むにつれ、頭の毛穴がカッと開き、汗がダラダラと流れ始めた。店員さんが入れ替わり立ち代り、「辛さ、大丈夫ですか?」と心配そうに声をかけてくれる。見た目、汗だくで辛そうだからねぇ。
 でも汗だくなんだけど、旨いんですよ。何度も「大丈夫」と言っているんだけど、店員さんが心配しておしぼりをもう1本持ってきてくれた。こういう心配り、うれしいなぁ。

ランチタンドリーチキン

 タンドリーチキンは程よくスパイシーで、食べているとビールが欲しくなってくる。これも旨いねぇ。

 で、カレーの方に戻ると、さすがは超大辛。自分ではナンにたっぷりカレーを付けているつもりなんだけど、やっぱり辛さを中和させようと、知らぬ間にナンを大きく引きちぎっていたんだね。カレーを半分弱残して、ナンがなくなってしまった。
 ということは……。

ラッシーと追加で頼んだナン

 ナンを追加でしょう(笑)。このお店のナンは本当に個人的にツボだね。大好き。
 汗だくになりながら、カレーもナンも完食し、最後にラッシーをストローで静かに飲んでいく。口の中の辛さが中和されていくこの瞬間が好きだなぁ。

 だけど、ナン2枚にタンドリーチキンはさすがに食べすぎだよね。この日は満腹状態が持続し、夜、全く食べる気がしなかった。やっぱり年を考えないとダメだね……とは言いつつも、たぶん次に行った時もナンをお代わりしちゃうんだろうなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時半(ラストオーダーは午後10時)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/09/25 19:24 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

カレー三昧!ナンを追加で超満腹!

“キング・オブ定食屋”である「ひの食堂」のすぐ近くにオープンしたインド料理店「piaaz(ピアーズ)」。カレーも旨かったけど、ナンがとにかくバカ旨だったから、ランチタイムについついまた来てしまった。
 今回は最初から「3種類カレーセット」(1280円)にしようと思っていたんだよね。これなら一気に3つのカレーが堪能できるからね。
 私が選んだのは、日替りカレー(この日は舞茸のカレーだった)とチキンカレー、そしてシーフードカレーの3種類。ドリンクはラッシーをチョイスした。
 辛さは前回「3」であまり辛くなかったので、今回は「4」にしてみた。

サラダとスープ

 まず出て来たのはサラダとスープ。このスープを飲むのは2回目だけど、何だか妙にクセになる味だ。「旨い!」っていうほどじゃないんだけどね。

3種類のカレーと巨大なナン

 おおっと、来た、来た、来ましたね。3種類のカレーと巨大なナン。カレーの器は当然のことながら、1つ1つは小さいが、量的には3つ合わせるとかなのりあるのではないだろうか?

左下がチキンカレー、真ん中上が舞茸のカレー、右下がシーフードカレー

 これが3種類のカレー。左下がチキンカレーで、真ん中上が舞茸のカレー、そして右下がシーフードカレー。

この大きなナンが旨いんだよなぁ

 ナンは焼き立てで熱々。「アチチチッ」と思わず声を出しながら、手でちぎって、まずは舞茸のカレーにつけてパクリ……おおっ、前回食べたマトンカレーと違ってスパイシーで辛さがまずガツンと来る。いいじゃないの。インド料理に舞茸を使うかどうかは疑問だけど、結構合っていると思う。

 お次はチキンカレーにつけてパクリ……舞茸のカレーより色は薄めなのだが、辛さはこっちの方が上かも。でも辛さの中にシッカリとカレーの旨味を感じる。チキンもゴロゴロ入っていていいなぁ。旨い、旨い。

 さてそれでは最後に残ったシーフードカレーをいただいてみますか……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 ココナッツミルクが入っているから、最初にまろやかな甘味が来るのだが、すぐに辛さが追いかけてくる。辛さも私にはいい感じ。中にはアサリとイカとエビが入っている。

 それにしても3種類のカレーをひと通り食べただけで、もう汗が噴き出してきた。「4」はかなりスパイシーだね。でもカレーはやっぱりこれくらい辛くなくちゃね。


 困ったことにカレーがまだ残っているのに、途中でナンがなくなってしまった。ということで……。

ついついナンをお代わり。奥に見えるのはラッシー

 ナンをお代わり! 賢い中高年はマネしちゃダメだよ(笑)。まあ、そんなことはないけど、お代わりのナンが200円なら、お代わりしちゃうよね。

 今回もキレイに器のカレーをナンで拭き取って、完食。最後にラッシーを一気飲みして「ふぅ~、食った、食った」。いやあ、ナン2枚はお腹に堪えるね。超満腹だよ。
 今度はまだ食べていないカレーを、辛さ「5」で食べてみようかな。


【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時半(ラストオーダーは午後10時)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/08/16 19:29 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

ナンの旨い本格インド料理店

 読者の方から7月28日にインド料理店がオープンしたという情報が寄せられたので早速、行ってきました。
 そのお店とは、こちらの「piaaz(ピアーズ)」。「ピアーズ」とは、インドの言葉で「タマネギ」を意味する。

piaaz

 場所は東村山駅から説明すると、東口を出て府中街道を右折。そのまま八坂方面に進み、郵便局のある交差点を左折して鷹の道に入る。しばらく進むと左側に中華料理店「どんどん」が見える交差点があり、そこを右折。そして左側に中華料理店「中華洋食 一番」が見えたら左折。そのまま真っ直ぐ進むと左側に見えてくる。
 以前に「Dining みうら」というイタリア料理店があった場所といえば、わかるだろうか。

 お店の前でランチメニューを見ていたら、インド人の店員さんが出てきて、「いらっしゃいませ、どうぞ」と言ってきたので、ちょっとビックリ。でも裏通りのわかりにくい場所だけに、これくらい押しの強い営業をした方がいいのかもしれない。

 お店に入り、私はランチメニューを見た。セットはAからGまで7種類。

A.日替りカレーセット(850円)
B.ダルパラクセット(850円)
C.ベジタブルカレーセット(850円)
D.チキンカレーセット(880円)
E.マトンカレーセット(880円)
F.シーフードカレーセット(980円)
G.3種類カレーセット(1280円)


 メニューをよく見ると、どうやら辛さが選べるらしい。

辛さは5段階まで選べる

 面白いのは辛さ5の「超大辛」の下の注意書きだ。

「おすすめできません」

 ひょっとしたら辛いのが好きなのは日本人だけで、インドではそれほど辛いのは好まれていないのかなぁ。それとも「超大辛」は本場インド仕様で、日本人の舌には合わないということなのか? いずれにせよ、お店が「おすすめできません」と言うのだから、無理して頼むことはないだろう。

 ということで、私は「マトンカレーセット」を頼み、辛さは3の「大辛」にしてみた。

スープとサラダ

 まず運ばれて来たのは、スープとサラダ。スープは野菜スープだと思うんだけど、ちょっと変わった香りがして面白い。味はニンジンがメインの野菜ジュースみたいな感じ。

マトンカレーとナン

 続いて運ばれて来たのは、マトンカレーとナン。いやあ、ナンの大きさにビックリしちゃったよ。厨房はレジの奥にあるから、タンドール釜があるかどうかは確認できなかったけど、こんな大きなナンを出すのだから、当然あるんじゃないかなぁ。

マトンカレー

 ナンが大きいから、マトンカレーの器が小さく見えるが、決して量は少なくない。上に見える黄色い細切りのモノは生姜だ。
 いい香りがするけど、香りから判断する限り、それほど辛そうではない。

大きなナン

 しかし、何と言ってもこのナンだよなぁ。こんなデカいのは久々に見たよ。ちょっとちぎって、何も付けずに食べてみる。パリッと焼けた部分とモチッとした部分があって旨い。

 ではでは、カレーを付けて食べてみますか……あれ? 全然辛くないや。スパイシーさはなく、いろんな香辛料による複雑な旨味みたいなモノも感じられない。その分、とっても食べやすい。
 マトンもゴロゴロ入っているし、店名でもあるタマネギもたっぷり。ナンが大きいから、カレーの方が足りなくなってしまった。最後はカレーの入ったお皿をナンでピカピカに磨くくらい、キレイにカレーを“拭き取って”完食。

アイスチャイ

 最後にセットのドリンクとして頼んだアイスチャイを飲んで、ホッとひと息。
 旨いナンが食べられるお店はこれまでなかったから、このお店は私としては凄くうれしい。いろんなカレーを食べてみたいから、今度来る時は「3種類カレーセット」かな。


【DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後10時半(ラストオーダーは午後10時)



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/08/02 19:31 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。