東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


うれしい復活!第2弾!

 2016年3月19日に閉店した久米川駅南口の居酒屋「も暖亭」が、2017年5月6日、久米川駅北口に復活したことを先日、このブログに書いた(記事はこちら)。一度閉店したお店が、店名を変えて復活するのは割とよくあるケースだ。だけど、1年以上のブランクを経て同じ店名で復活するのは珍しいと思う。
 そんなレアケースが、立て続けにまた起きたのだからビックリ。久米川駅南口にあったお店が、久米川駅北口で復活というパターンも「も暖亭」にそっくり。
 その復活したお店とは……。

復活した「ナンバガン」

「ナンバガン」だ。2015年末にいつの間にか閉店し、その後、東村山駅西口にインド・ネパール料理店「ロティー屋」をオープンさせていたのだが、2017年7月14日、久米川駅北口のパン屋「ローラル」があった場所で復活した。
 以前は「インドカレー&ナンハウス」と銘打っていたし、東村山駅西口にオープンさせたお店も「インド・ネパール料理店」としているのだが、今回復活した「ナンバガン」は「ネパール料理」と銘打っている。もともとネパールの人が経営しているのだが、日本で「カレーの本場」と言えば、やっぱりインド。だからどこのお店も、実際はネパールの人が経営しているにも関わらず、「インド」の文字をなかなか外せないのが実情だ。それを今回は「インド」を外して「ネパール料理」としているところに、復活したこのお店に賭ける意気込みみたいなモノを感じてしまうなぁ。

 お店に入ると、内装を全面的に変えたのか、以前あったパン屋「ローラル」の面影は全くなかった。店内は4人掛けのテーブルが4卓、カウンター席が7つあり、私は1人だったのでカウンター席に座った。

ランチメニュー

 これがランチメニュー。ランチにはサラダとドリンクが付き、ナンまたはライスが食べ放題となっている。
「なんちゃって菜食生活」をしている私は、「ベジタブルカレー」(895円)をチョイス。ドリンクはマンゴージュースにし、辛さは一番辛い「大辛」の1つ手前の「辛口」にしてみた。

「ベジタブルカレー」のランチセット

 これが「ベジタブルカレー」のランチセット。以前は確かスープが付いてたと思うけど、今回はなくしたみたいだ。でもこの方が1プレートにすべて乗せて出すことができるから、いいかもね。

ベジタブルカレー

「ベジタブルカレー」は結構、野菜が入っている。見えるのは短冊切りの生姜と刻みネギだけなのだが、中にはブロッコリー、インゲン、グリーンピース、ニンジン、ジャガイモ、マッシュルーム、コーンなど野菜がいっぱい。

サラダ

 こちらはサラダ。かかっているドレッシングの中に、粉砕したナッツが入っているのか、甘味があってなかなかうまい。

そしてデカいナン

 そして焼きたてのデカいナン。外側のパリッとしている部分が多く、モチッとした部分とのバランスがいい。

では、いただきま~す

 ではでは、ナンをちぎり、カレーを付けて、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ナンのパリッとした部分がカレーをよく吸い込んでくれるし、焦げた香ばしさも合わさって何とも言えず旨い。気のせいか、以前より旨く感じるよ。

ナンを食べ終えたけど、まだカレーが残ってるので…

 旨い、旨いと食べていると、アッと言う間にナンがなくなってしまった。でも「べしタプルカレー」はまだこんなにある。ということは……。

おかわりしちゃいました

おかわりだよねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 焼きたてで熱いナンを「アチチ…」とつぶやきながら、ちぎってきカレーに付け、ちぎってきカレーに付け、黙々と食べ続ける。

カレーをキレイに拭き取って完食

 最後はカレーをナンで拭き取るようにして食べ、お皿をピカピカにして完食!
 いやあ、旨かった。今までは「肉の入ってないカレーなんて…」と「ベジタブルカレー」を食べたことなかったけど、旨いもんだね。肉やシーフードの入ってないカレーはほかにもまだあるから、また来てチャレンジしてみよう。




【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-207-8444
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~11時
定休日:なし




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/08/16 10:33 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(2)

カレーに豆腐は……アリですな

 2カ月くらい前だろうか、久米川駅南口にあるインド料理店「ナンバガン」の前を通ったら、看板にたどたどしい文字で「本日の日替り トントンカレー」と書いてあった。たぶん、豚肉を使ったカレーだろう。
 日本では、カレーに豚肉を入れるのは別に変でも何でもないけど、インドカレーで豚肉の入ったカレーって、考えてみるとあまりないかも。大抵、肉はチキンかマトンだ。
「ちょっと面白そうだな」とは思ったものの、今ひとつグッと来るモノがなくて食べなかったんだよね。

 で、先日、カミさんと一緒に「ランチをどこで食べようか」と話しつつ、お店の前を通ったら……。

本日の日替りは、ナント…

 エエッ、今度は「豆腐カシューナッツ」だって! たどたどしい文字だが、間違いなくそう書いてある。
「カシューナッツはアリとして、豆腐はどうなんだろうなぁ?」と2人して立ち止まってしまった。

 牛丼チェーンの「松屋」が「麻婆豆腐カレー」を期間限定で出したことがあり、食べてみたけど、「麻婆豆腐カレー」は意外とイケたんだよね。だけど普通に豆腐を具材として使うのはどうなんだろう?
 私もカミさんも気になったので、入ってみることにした。

 もちろん、頼んだのは「日替りカレーセット」(800円)。辛さが選べるということなので、カミさんは辛さ0の甘口、私は辛さ3の超辛口でお願いした。

まず運ばれて来たのはスープ

 まず運ばれて来たのはスープ。トマト風味のちょっと不思議な味。でも旨いんだよね。

サラダと豆腐カシューナッツの日替りカレー、そしてナン

 そして、来ました、来ました。豆腐カシューナッツのカレーとサラダ、そして大きなナン。

ところどころ顔を出している四角い物体が豆腐

 カレーには確かに四角い豆腐がゴロゴロッと入っている。肉ならわかるけど、豆腐だからねぇ。何だか不思議なビジュアルだ。

食べてみると…

 では、食べてみますか。ナンをちぎって、カレーを付け、パックンチョ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 おっ、イケるじゃないの。カシューナッツが入っているせいか、超辛口を頼んだにもかかわらず、甘さが先にきて、辛さはあとからピリッとくるぐらい。だけどこれ、濃厚な味わいで旨い。

マンゴーラッシー

 と、ここでドリンクのマンゴーラッシーが運ばれて来た。
 スープにサラダ、カレーにナン、そしてドリンクまで付いて800円は安いよね。しかもナンはお代わり自由だからね。

1枚では足りなくてナンをお代わり

 ということで、1枚では当然足りなくて、2枚目のナン。カレーも旨いんだけど、ナン自体も旨いから、つい食べちゃうんだよね。

 で、食べながら私はあることに気づいた。ナンにカレー付けてはいるけど、豆腐はちょっと大きいからなかなかナンではすくえず、一緒に食べられないんだよね。じゃあ、豆腐を潰してみると、どうなんだろう?

豆腐を潰して食べてみると…

 ということで、豆腐を潰してから、ナンですくいとるようにして、食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いや、これは旨いんじゃないの。豆腐の味でカレーそのものはさらにマイルドになっちゃうんだけど、ナンと一緒に食べると、悪くないというか、旨いんだよね。早速、カミさんにも勧めてみると、やっぱり「美味しい」という反応。これはいいことに気付いたかもね(笑)。
 で、2枚目のナンがすぐになくなってしまい……。

やっちまったぜ、3枚目!

 やっちまったよ、3枚目(笑)。でもねぇ、食べられちゃうんだよね。

キレイに拭き取って完食

 カレーをナンでキレイに拭き取って、完食。いやあ、食べた、食べた。
 カレーに豆腐って、意外な組み合わせだけど、これはアリだね。だけど、カミさんからの「ウチでもカレーに豆腐を入れてみようか?」という提案には、ちょっと難色を示した私であった(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-14
電話:042-397-8302
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(土曜・日曜は午後4時まで)/ディナータイムは午後5時~深夜3時(ラストオーダーは深夜2時30分)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2013/07/08 18:26 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(4)

またナンを3枚食べちゃいました

 子どもたちを学校と幼稚園に送り出したあと、たまたま仕事休みだったカミさんと「ランチを食べよう」ということになった。「カレーが食べたい」というカミさんの要望で、向かったのは久米川駅南口のインド料理店「ナンバガン」。単に家から近いから、このお店にしただけで、別に深い理由はない……と思ったけど、1つだけ理由があったかな。
 私もカミさんも、ナンが好きなんですよね。このお店ならナンが食べ放題だから、存分に堪能できるかなと思ったのは確かだ。


 お店に入ると、カミさんは「アップルカレーセット」を私は「チキンほうれん草カレーセット」(990円)を注文した。

スープ マンゴラッシー

 まず運ばれて来たのは、スープとマンゴラッシー。メニューを見ると、いつの間にかこのお店、ナン食べ放題だけでなくスープもお代わり自由になっていた。頑張ってるなぁ。

チキンほうれん草カレーセット

 これが「チキンほうれん草カレーセット」。スープにドリンク、サラダ、カレー、ナンが付いて、しかもナンは食べ放題、スープはお代わり自由。私の場合、これで990円だけど、一番安い「ダルカレーセット」「キーマカレーセット」「チキンカレーセット」だと690円だからね。メッチャ凄いコストパフォーマンスだと思うなぁ。

これがチキンほうれん草カレー

 これが「チキンほうれん草カレー」。辛くしてもらったのだが、やはりホウレンソウが辛さを緩和するのか、スパイシーだけど食べやすいマイルドな味に仕上がっている。
 ナンを付けて食べると、カレーを半分も消費しないうちに、ナンを食べ切ってしまった。
 カミさんも半分ほどカレーが残ったので、一緒にナンをお代わり。カミさんは2枚目のナンでカレーを食べ切ったが、私はまだ3分の1弱残っていたので、もう一度お代わり。
 さすがにナンを3枚食べたら、ちょっとすぐには動けないほどお腹いっぱい。
 以前の経験で、そうなることはわかっていたのだが、またやっちまったぜ(笑)。
 カミさんもお腹いっぱいになったみたいで、2人してこの日は夕食抜きで済ませましたとさ(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-14
電話:042-397-8302
営業時間:月曜から金曜は午前11時~午後3時、午後5時~深夜0時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/06/13 17:50 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(0)

インドカレーにリンゴは合うのか?

 先日、久米川駅南口のインド料理店「ナンバガン」の前を通ったら、こんな看板が置いてあることに気づいた。

こんな看板を発見

 ♪リンゴとハチミツ、とろ~り溶けてる……という「バーモントカレー」のCMソングをこれまでに何万回と聞いている私としては、カレーにリンゴが入ることには何の違和感もない。だけど、リンゴの入ったインドカレーって、考えてみたら食べたことないし、私の記憶では聞いたこともない。
 果たして「ヒデキ、感激!」(古ッ!)の味なのだろうか? 気になった私は早速お店に入ってみた。
 ドリンクをラッシーにして「アップルカレーセット」(890円)を注文。

まずスープが運ばれて来た

 まず運ばれて来たのはトマトのスープ。前回は書かなかったけど、プラスチック製のレンゲが何ともチープで、ちょっと嫌だなぁ。普通にスプーンでいいんじゃないのかなぁ。せっかく旨いものを出しているんだから、料理と関係ない部分でイメージを悪くするのはもったいないと思う。

 スープを飲み終えて待っていると、来ました、来ました。

アップルカレーセット

 これが「アップルカレーセット」。メインのアップルカレーにサラダ、そしてデカいナンに、ライスまで付いている。

これがアップルカレー

 アップルカレーには豚肉と豆苗(?)が乗っている。表面が滑らかじゃないのは、すりおろしたリンゴが入っているからだろうか。
 まずはそのままスプーンですくって、ひと口パクリ……辛めでお願いしたんだけど、すりおろしリンゴが効いていて、やや甘さが口に残る。でもサラッとした甘さで悪くない。

 豚肉とともにライスにかけて食べてみると、豚肉も旨味が加わってさらに旨くなった。
 ナンとの相性もいいんだけど、個人的にはもう少し辛い方がよかったかも。一番辛いレベルにすれば良かったなぁ。でも、逆に言えば、辛くしなかったら子どもでも食べられる優しいカレーだ。

ナンをおかわりしちゃいました

 ライスとナンを食べたあとも、少しカレーが残ったので、ナンをおかわりしちゃいました(笑)。
 ナンでお皿を拭くようにして食べ、最後はお皿をピカピカにしてごちそうさま。

ラッシーを飲んでごちそうさま

 最後にラッシーを飲んで、ホッとひと息。
 さて、インドカレーにリンゴは合うのか?という疑問だが、私の出した結論は「結構イケるかも」という感じですかね。興味のある方はぜひお試しあれ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-14
電話:042-397-8302
営業時間:月曜から金曜は午前11時30分~午後3時、午後5時~深夜3時
     土曜・日曜・祝日は午前11時30分~午後4時、午後5時~深夜3時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/08/20 19:03 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(0)

食べ放題といことでつい…やっちゃいました

 2009年の元日にオープンした久米川駅南口のインド料理店「ナンバガン」。いろいろと試行錯誤をしつつも1周年を迎えた。頑張って欲しいと思いつつも、正直に言ってしまえば、ほかのインド料理店と比べてカレーもナンも今ひとつインパクトが足りない感じがしていた。

 でもつい最近、「このお店のシーフードカレーが旨い」という情報が寄せられたので、私はランチタイムに行ってみることにした。

ランチタイムはナン食べ放題

 そうなんですよ。このお店、かなり前からランチタイムに限り、「ナン食べ放題」にしているんです。これも取材したかったから、ランチタイムに行くことにしたんだよね。

 お店に入ると、私は「ミックスシーフードカレー」(990円)を注文。辛さは一番辛い「超辛口」を選んだ。

野菜スープ

 まず運ばれて来たのはスープ。これが面白い味なんだよね。トマトがベースだと思うんだけど、少しスパイシーで妙に後を引く旨さなんですよ。

ミックスシーフードカレーセット

 スープを飲み終わり、しばらくすると、やってきました、「ミックスシーフードカレー」のセット。銀色の丸いプレートにサラダとシーフードカレー、そして焼き立てのナンが乗っている。

これがミックスシーフードカレー

 これがミックスシーフードカレー。見た感じ、何の具材も入ってないように見えるけど……。

中にはアサリやイカがゴロゴロ入っている

 スプーンで中を探ると、アサリやイカ、エビ、貝柱などがゴロゴロと出てくる。ひと口、スプーンで食べると……か、辛ぇ! 旨いけど、辛い。うーん、「ピアーズ」とか他のインド料理店でシーフードカレーを頼むと、大抵はココナッツミルクが入っているから、かなり辛くしても甘さが残るモノなのだが、これはどうやらココナッツミルクが入っていない感じ。その分、辛さがガツンと来る。
 ナンをちぎってカレーにつけていただくと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 このお店のナンを食べるのは実に1年ぶりなんだけど、その時より数段旨くなっている。カレーも旨いけど、ナン自体も旨い。すごいなぁ、このお店。営業スタイルだけじゃなくて、味の方もより良いものを求めて試行錯誤を繰り返していたんだ。
 いやあ、旨いけど、カレーが辛いものだから、ナンばかりが進んじゃうよ。
 ということで……。

予定通りナンをおかわり

 ナンをおかわり。まあ、食べ放題だしね、2枚は予定通り。ナン2枚は食べすぎだけど、取材のためには仕方がない。

 しかし、非常事態が発生! 2枚目のナンを食べ終えてもまだ……。

辛いからこれだけ残っちゃった

 カレーがこれだけ残っちゃってるんですよね。さてさて、どうしたモノか。
 思案の末、私の出した結論は……。

ということでナンをまたおかわり!

ナンおかわり (゚д゚lll) 3枚目!!

 やっちゃったよ。「今年は体を労わる」とあれほど誓ったのに(笑)。
 おそらくカレーは足りなくなると思うけど、ナン自体が旨いから、そのままでも食べられるだろうということで頼んだんだよね。

 予想通り、カレーがなくなり、お皿やスプーンについたカレーまでナンで拭き取ったから……。

お皿もスプーンもピッカピカ

ピッカピカ!!

ラッシーを飲んでごちそうさま

 最後にラッシーを飲んで、ごちそうさま。
 いやあ、食った、食った。ランチで一番安いカレーセットは690円だから、それでナン3枚食ったら、超お得なんじゃないかなぁ。カレーもナンも旨いし、ガッツリ君は要チェックですぞ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-14
電話:042-397-8302
営業時間:午前11時~深夜0時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/01/12 23:02 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(0)

朝からインドカレー…あると思います

 毎朝、5歳の長男を着替えさせて幼稚園のバスに乗せるのが私の日課なのだが、先日、見送った後、どうにもお腹が空いて仕方なくなった。時刻は午前9時ちょっと前。
 近くのコンビニでおにぎりを買って食べるか、それとも朝マックしちゃうか……と考えていると、1つのお店が私の頭に浮かんだ。それは久米川駅南口にオープンしたばかりのインド料理店「ナンバガン」だ。

「確かあのお店、朝9時からの営業だったよなぁ。家から近いし、ちょっと行ってみるか」

 ということで、長男を見送った後、そのままお店に向かった私。
 お店の前にはいろいろと看板が出ている。どうやらもう営業しているらしい。入り口の横には営業時間が書いてあるのだが、ふと見ると、閉店時間のところに白い修正の張り紙がしてある。
 私が最初に来た時に見た営業時間は「AM9時~AM3時」、つまり翌朝3時までの営業だったのだが、さすがにこれはやり過ぎだと思ったのだろう。「どれどれ何時閉店にしたのかなぁ」と近づいて見てみると……。

AM9時~AM5時



マジ (゚д゚lll) っすか!!

 営業時間を短くするどころか、逆に長くするなんて、ちょっとビックリだよ。
 後から友人が教えてくれたのだが、このお店、1月10日の時点ですでに翌朝5時までの営業に修正していたのだとか。まあ、元日をオープン日とする気合の入ったお店だから、これくらいは当然なのかもしれないね。

 私がお店に入ったのは、オープン直後の午前9時ちょっと過ぎ。さすがに「朝からインドカレー」という人は少ないようで、私がその日のお客さん第1号のようだ。
 テーブルに着いてメニューを見ると、もうランチメニューだった。私は一番安い「サスタセット」(590円)を頼むことに。これは5種類の本日のカレーの中から1つ選び、それをご飯にかけて出すというモノだ。私はキーマカレーをチョイスした。

キーマカレー

 注文から程なくして運ばれて来たのが、コレ。うーん、何ともシンプルだねぇ。この金属製のお皿が、新宿駅西口あたりの立ち食いカレーショップを彷彿させる。いや、悪い意味じゃないんですよ。私も実は「朝からインドカレーって、どうだろう?」と思っていたんだけど、考えてみれば「朝からカレー」ってのは学生のころからよく食べてたんだよね。このお皿を見て、そんなことを思い出したよ。

挽き肉たっぷり

 キーマカレーは挽き肉たっぷり。では早速いただいてみますか。スプーンを突き入れて、お口にIN!
 旨いけど、もう少し辛さが欲しいかなぁ。ということで……。

チリパウダーで辛さを調節

 卓上にあるチリパウダーを手にした私。これを表面が真っ赤になるまでかけて、再びいただきま~す……うん、辛さはいい感じになってきた。時折、お皿に添えられているインドの漬け物を口にしながら、アッと言う間に完食。「もう少し食べたいかな」と思ったけど、朝ご飯なんだから、こんなモノでしょう。
 チリパウダーのお陰で、体も温まったし、いやあ、朝からインドカレー……これはアリだと思うね。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-14
電話:042-397-8302
営業時間:午前9時~深夜5時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/01/26 19:11 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(0)

新年早々、インド料理店がまたオープン

 昨年、東村山駅東口に「piaaz(ピアーズ)」、久米川駅南口に「ノアの箱舟」と立て続けにインド料理のお店がオープンし、「東村山にはそんなにインドカレーの需要があるのか?」と驚いた私だったが、驚くのはまだ早かったようだ。
 ナント、もう1軒、インド料理店がオープンしたのだ。それが今回紹介するインドカレー&ナンハウス「ナンバガン」だ。

ナンバガン

 場所は久米川駅南口を出て右に進み、久米川通りを渡って最初の路地に入って真っ直ぐ進むと、右側にある。昨年10月に閉店したイタリア料理店「Nonna」のあった場所と言った方がわかりやすいかもしれない。

 まずビックリしたのは、このお店、


ナント、オープンは元日から

ナント、お店のオープンは1月1日、つまり元日だったんですよね。しかも朝9時からって、気合入り過ぎでしょう。いやね、情報としては読者の方から教えてもらっていたし、わかってはいたけど、さすがに元日からは行けなかった私。じゃあ、いつ行ったのかって?……3日です。大して変わらないか(笑)。

 店内レイアウトは「Nonna」とほぼ同じだけど、客席が見渡せるように厨房を少し改装したようだ。

 メニューを見ると、セットは590円からいろいろとあるのだが、私は「お店の一押しです!!」とわざわざ書いてある「ナンバガンセット」(870円)を頼んでもることにした。
 これは5種類の「本日のカレー」の中から2種類を選ぶことができるという。私はナスチキンとシーフードを選択した。
 注文してから気付いたのだが、メニューには辛さに関する表示が全くなかった。辛くして欲しい時は、直接店員さんに言わなければいけないってことなのかな? まあ、何も言わずに注文したのだから、標準の辛さで出てくるハズ。初めて来たんだし、それでいいかもね。

ナンバガンセット

 しばらくして運ばれて来たのが、コレ。このお皿の盛り方って、インド料理店ではよく見かけるスタイルだよね。
 器に入っているのは、左からインドの漬け物、シーフードカレー、ナスチキンカレー。そして真ん中にターメリックライス、その上にナン。「エッ?」と思ったのは、ナンのシッポ近くに目玉焼きがあること。目玉焼きでマイルドにしなければならないほど、カレーが辛いってことなのかな?

 とりあえずは、ナンをちぎって何も付けずにひと口、パクリ……大きさの割に厚みはないかな。味はやや甘い感じ。

ナスチキン シーフード

 ではでは、ナンをカレーに付けて食べてみますか。まずはナスチキンカレーから……あれっ? 全然辛くないや。味の方はまずまずかな。
 続いてシーフードカレーを……うーん、こっちも全然辛くない。むしろちょい甘めかも。エビ、イカ、アサリがゴロッと入っていて食べ応えはある
 カレーの量は割とあるので、ナンはアッと言う間に食べ終えてしまい、今度はターメリックライスでいただきま~す。
 ナンもいいけど、このカレーはライスの方が合うかもね。一番安い590円のカレーセットは、5種類の「本日のカレー」から1つ選び、それをターメリックライスにかけたモノだというから、今度はそのパターンで辛くしてもらって頼んでみようかなぁ。

 あっ、そうそう。目玉焼きなんだけど、結局どうやって食べるべきか思い浮かばなくて、単にそれだけを食べちゃったよ。あの目玉焼き、本当はどうやって食べるべきだったんだろうか? もし知っている人がいたら、ぜひ教えてください。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-14
電話:042-397-8302
営業時間:午前9時~深夜3時



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/01/05 19:15 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR