東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.32

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



閉店を確認してきました その1

 ブログの読者から東村山市唯一の「山田うどん」が閉店したという情報が寄せられたので、先日、確認のため行ってみた。 久米川駅北口からバスに乗って「全生園前」で降り、所沢街道をテクテクと東久留米方向に歩いていくと……。

すでに看板はなくなっていた

 ああ、お店の看板がすでになくなっている。

回る看板もなくなっていた

「山田うどん」全店の中でも珍しい存在になっていたクルクル回る看板も、すでになくなっていた。

入り口にはまだ貼り紙があった

 入り口にはまだ貼り紙が残っていた。見ると、9月13日をもって閉店したようだ。繁盛していたと思うし、まさか閉店するとは思わなかったなぁ。
 ココは今後、どうなるんだろうか? 建売住宅になっちゃうのかなぁ。



閉店を確認してきました その2

 久米川駅南口はウイング通りにある喫茶店「あぷれん堂」が閉店したと友人が教えてくれたので、確認のため行ってみた。

シャッターが降りていた

 友人の情報通り、お店はシャッターが降り、貼り紙が……。

閉店の貼り紙

 やはり閉店したようだ。
 悲しく残念だけど、飄々としたマスターらしさが文面から感じられて、不謹慎だけど思わずクスッとしてしまう。例えば「店主・店員一同」の文字。
 確かこのお店って、マスター1人で切り盛りしていたんじゃなかったっけ?

 それから2枚目の貼り紙が、またマスターらしくて味があるんだな。

マスターらしい貼り紙

「なぜだ!」と言いつつ、赤文字で「坊やだからさ」と書いてある。最初は貼り紙を見たほかの人がいたずら書きをしたのかなと思ったけど、よく見ると、文字が同じなんだよね。「さ」とかね。

「コメダ珈琲店」など大手の喫茶店は人気だから、「喫茶店復活!」という気がしていたけど、個人経営の喫茶店はやっぱり厳しいんだね。
「冷しナポリタン」、去年も今年も気になっていたけど、結局食べられなかったなぁ。閉店するなんて思いもしなかったから、本当に残念でならない。



ユニークなお店がユニークに転身?

 これも友人からの情報。
 久米川駅南口はモザーク通りある花屋「J.Flowershop」

閉店した「J.Flowershop」

 今年の6月末からは花屋の傍ら、タピオカドリンクを販売するなどユニークな営業をしていたんだけど、どうやら閉店したようだ。

閉店の貼り紙

 貼り紙によると、今度は韓国料理店をやるらしい。このお店の人は元々、府中街道沿いにある韓国料理店「故郷(ゴウヒャン)」のオーナーだったというから、「韓国料理店をやる」というのは突飛な話ではないようだ。とは言っても、ユニークだなぁ。



本当に残念過ぎる閉店情報

 ツイッターのフォロワーさんから教えてもらった悲しい情報を確認するため、夜勤明けのまだ暗い中、私は久米川駅南口の居酒屋「サラリーマン久米川店」へ向かった。

サラリーマン久米川店

 寄せられた情報によると、このお店が年内で閉店してしまうというのだ。お店を見ると、3カ所に貼り紙が……。

閉店の告知が!

 わかっていたことだけど、貼り紙を目の前にして脱力してしまった。
 そうですか……。12月29日を持って閉店ですか。
 45年間、ご苦労様でした。

 でもさぁ、残念過ぎるよ! 本当に残念。



1カ月限定のカキ小屋がオープン

 今回は閉店情報ばかりなので、最後に「東村山グルメ日記」らしい美味しい情報をご紹介。

 友人がフェイスブックで面白い情報を紹介していたので確認のため行ってみた。
 行ったのは、東村山駅東口はさくら通りにあるソース会社「ポールスタア」が最近オープンさせた「さくら茶屋」の隣。

牡蠣奉行

 そこは本来、「さくら茶屋」を利用する人のための駐車場なのだが、ナント、「牡蠣奉行」のテントが!
 これは「東北復興支援」のために各地で行っている出張店舗らしい。この場所では11月29日~12月22日までの営業予定。営業時間は正午~午後9時。

チラシの表

チラシの裏

 内容はこんな感じ。
 この「牡蠣奉行」、もちろん「ポールスタア」のイベント「いちょうまつり」が行われる12月8日(日)も営業する。
 「牡蠣奉行」の営業開始に合わせて、隣にある「さくら茶屋」も土日に営業するとのこと。「ポールスタア」もなかなか商売上手だね(笑)。どうせなら、工場直売所も土日オープンすればいいのにね。



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.31

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



地ソース会社がカフェをオープン

 東村山市に2つあるソース会社のうちの1つ、「ポールスタア」が11月11日に「さくら茶屋」というカフェをオープンさせた。
 場所は以前「ファクトリーショップ」として商品を販売していたところで、さくら通りに面していてとても目立つ。

さくら茶屋

さくら茶屋

「ファクトリーショップ」は「ポールスタア」の新たな直売所として、2018年1月15日にオープンしたのだが、それを1年半足らずで閉店させ、今年の5月8日、直売所を工場敷地奥にある土蔵に移転させた。その時から「ファクトリーショップは、カフェとしてリニューアルオープンする」という話が出ていたんだよね。
 で、あれから半年。ようやくオープンしたというワケだ。

メニューはこんな感じ

 メニューはこんな感じ。始めたばかりなので、当座のメニューというところらしい。オペレーションが落ち着いてきたら、ランチを出すことも考えているらしい。
 営業時間は平日の午前11時から午後5時。商品が売り切れたらその時点で終了とのこと。
「ポールスタア」の商品を使ったヒットメニューが生まれれば、商品の売り上げも伸びるんじゃないかな。「東村山黒焼そば」に続くヒットメニューの開発、期待してますよ。



どうしたんだろう?

 鷹の道は「ローソンストア100」がある交差点から少し住宅街に入ると、「これぞ昭和!」という感じのレトロな飲食店が見えてくる。

ひの食堂

 私が「キング・オブ定食屋」と敬愛する「ひの食堂」だ。久しぶりにお店の前を通ったら、いっぱい貼り紙がしてあるので、近づいてみたら、こんな貼り紙があった。。

こんな貼り紙があった

 今は昼だけの営業なんだ。どうしたんだろう? 気になるなぁ。いろいろ事情があってのことだと思う。閉店じゃないだけ、うれしいというモノだ。昼だけでもいいから、無理せず、息長く続けて欲しいなぁ。



いつの間にか閉店…残念

「いなげや市役所前店」の近くを散策していて、「おや?」と足を止めた。確かココは「ミネラルランチ」なるものをウリにしていた「まみぃず」という定食&お弁当屋さんがあったハズなんだけど……。

閉店してしまった「まみぃず」

 見た感じ、どうやら閉店したようだ。いつ閉店したんだろう。オープンしたのは6月だったから、半年もたなかったんだね。コンセプトはいいと思ったんだけどなぁ、残念だなぁ。



うれしい復活と残念なお知らせ

 久米川駅北口は「もんじゃ焼 め組」跡に建設中の3階建てのビル。

完成間近のビル

 1階は交差点の斜向かいにある「セブンイレブン栄町1丁目店」が11月29日に移転してオープンすることがわかっているけど、2階と3階については「テナント募集」が出ている状態だった。
 で、先日通りかかると……。

復活告知のポスター

 ナント「もんじゃ焼 め組 久米川本店」が11月末にオープンするというポスターが貼り出してあった。
 以前のお店の規模を考えると、2階にしろ3階にしろ、1フロアすべてを店舗とすることが予想される。となると、残るはもう1フロア。
「テナント募集」が出ているということは、居酒屋「一本鎗」の復活はないということなのかなぁ。それとも規模を縮小して復活させるのかな?
 気になるので、「もんじゃ焼 め組」のツイッターアカウントに聞いてみた。すると、こんな返事が返ってきた。


め組は3階の半分を使っての復活で他はテナントさんになります

一本槍の方は残念ながら今のところ復活の予定はありません。



 うーん、「一本鎗」の復活はないのか。残念だなぁ。

「もんじゃ焼 め組」も29日にオープン

 数日後、ビルの前を通ると別のポスターが貼り出してあった。「もんじゃ焼 め組 久米川本店」のオープン日は11月29日と決まったようだ。「もんじゃ焼 め組」の復活はうれしいけど、居酒屋「一本鎗」が復活しないのは本当に残念だなぁ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.30

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



あのアニメに引っかけてる?

 久米川駅南口はウイング通りの1本裏手にあるビル。以前は2階に「居酒屋一休」、3階に肉バル「Bistro Sol」が入っていたけど、「居酒屋一休」は駅前に移転、「Bistro Sol」「NIKUYA」と店名を変えて2階に移転。3階は空いたままだったのだが、先日通りかかったら……。

「じじの鉄板焼」という看板が

 どうやら鉄板焼きのお店がオープンしたようだ。店名は「じじの鉄板焼」。へぇと思いつつ、近くに行くと、こんな貼り紙が……。

休業の告知

 10月25日にオープンしたものの、現在は休業しているのだとか。「じじ様1人が入院の為」というのがよくわからない。「じじ」って「おじいさん」という意味だよね、たぶん。何人か「じじ」がいて、そのうちの1人が入院したために休業となっているワケだ。何人かいるなら、残っている「じじ」だけで営業はできないのかな?
 それにしても「じじ」って何だろう? ひょっとすると「おじいさん」じゃなかったりして。まさかアニメ映画「魔女の宅急便」に出てくる猫の「ジジ」じゃないよね(笑)。

 あっ、でもロゴのイラストは明らかに「魔女の宅急便」を意識してるよね。
 よく見ると、

「魔女の宅急便」
「じじの鉄板焼」


店名も文字数を合わせている(笑)。

メニューはこんな感じ

 メニューはこんな感じ。
「ジジ」と「爺」を引っかけて、店員すべてが高齢者だと面白いけど、どういうコンセプトのお店なのか、 このメニューから今ひとつよくわからないなぁ。「11月21日頃再オープンの予定」というから、行って確認しなきゃね。



ウイング通りに焼き肉店がオープン

 2019年4月末に閉店した久米川駅はウイング通りにあったダイニングバー「毘沙門堂」。その場所の前を通ったら……。

ホルモン焼肉 ぽぽ

 ナント、新しいお店がオープンしていた。今度は焼き肉店のようだ。店名は「ホルモン焼肉 ぽぽ」

10月21日にオープンしたようだ

 この貼り紙から判断すると、10月21日にオープンしたみたいだ。

メニューはこんな感じ

 メニューはこんな感じ。「ホルモン」をウリにしているハズなのに、なぜか「レバー」がない。
 そしてメニューの飲み物に「ロマネコンティ」があり、冗談みたいな値段がついていてビックリ。思わず二度見して笑ってしまったよ。コレ、頼む人、いるのかな?



寿司を食べながらJAZZはいかが?

 東村山駅東口の居酒屋「義 東村山店」で、こんなチラシをもらった。

「義 東村山店」でもらったチラシ

 11月14日にお店でジャズライブを行うらしい。最近はいろんなお店が独自に音楽ライブを開催していて、いいよね。
「台風19号被災者支援」というのも、いいよね。

 料金は8000円と。ちょい高い感じがするけど、よく考えると、寿司会席付きでドリンク飲み放題だから、これはリーズナブルじゃないかなぁ。生演奏を聴きながら寿司を食べつつ一杯、いかがですか?



大好きなお店がまた1つ、閉店してしまいました

 一時期は毎年春先に季節の味を求めてよく行っていた、久米川駅南口の居酒屋「磯しん」

磯しん

 パッ見たところ、何の貼り紙もないし、普段と変わらない感じなのだが、どうやら閉店したとのこと。私の友人が直接、女将さんから聞いた話だから間違いはないだろう。
 このお店、2005年に最初に入った時から気に入ったんだよね。
「レバ刺」に「馬刺し」、「うど酢味噌セット」、「イカゴロー焼き」……どの料理も美味しかったけど、個人的に一番強く印象に残っているのは「ばっけ味噌」だなぁ(その時の記事はこちら)。茹でたフキノトウを刻んで味噌と和えたモノなんだけど、これは本当に美味しかった。
 でも、もう食べられないんだなぁ……本当に残念でならない。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.29

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



ひょっとして完全閉店?

 先日、東村山駅を利用した際、立ち食いそば店「秩父そば東村山駅店」の前を通った時のこと。

秩父そば 東村山駅店

「やっぱりまだたい焼きは再開していないのか」と思いつつ、通り過ぎようとしたら、貼り紙があることに気づいた。近づいてみると……。

閉店の告知

 どうやら東村山駅の高架工事に伴い、10月31日に閉店するのだという。「まあ、仕方ないかな」と思いつつも、引っかかったのはは「昭和の時代から長きにわたり…」という文面。これってひょっとして新しく完成した駅には入らないということなのかなぁ? 完全閉店? だとしたら寂しいなぁ。



突然の閉店情報

 10月に入ってから、複数の友人情報で耳にしていたのだけど、久米川駅北口の居酒屋「小千谷」が10月末をもって閉店するとのこと。

小千谷

 長きに渡って東村山市で営業を続け、現在のお店も2006年9月にリニューアルしたから、建物はまだ13年しか経っていない。だから最初に「閉店」と聞いた時、「まさか」という思いしかなかった。
 とりあえず閉めて、現在の「大衆割烹」から、神田に出したお店のように「和風バル」に改装するのかなと思ったりもしたんだけど、いろいろと聞いて回ると、「完全閉店」ということらしい。
 あまりに突然過ぎて、ただただ、「残念」という言葉しか出てこない。何とか今月中に一度お店で一杯やりたいなぁ。



37周年記念の大感謝祭

 東村山駅東口の、チェーン系なのにオリジナルメニューが多い不思議な居酒屋「村さ来 東村山店」

村さ来 東村山店

 先日、お店の前を通ったら、何やらポスターがいっぱい貼りだされていた。近づいてみると……。

37周年大感謝祭のポスター

 毎年やっている周年記念の大感謝祭の告知だった。今年で37周年なんだ。凄いなぁ。

東村山駅にもポスターが貼り出されている

 凄いと言えば、このお店、周年記念の大感謝祭は必ず東村山駅構内にもポスターを貼るんだよね。ここまで気合を入れてイベント告知をするお店ってあんまりないよね。10月28日からジャンケン大会、11月1日から三角くじ。どちらもお得な企画だぞ。



あとは何が入るのかな?

 久米川駅北口は、交番の向かいにあった立体の駐車場&駐輪場跡地に建設していた建物、どうやら完成したらしい。

久米川駅北口は交番の向かいにある建物

 1階には「ドコモショップ」が入るようだ。

ドコモショップがオープンするようだ

 ポスターを見ると、10月29日にオープンするという。だけど、ほかのフロアには「テナント募集」の貼り紙が出ているんだよね。飲食店が入らないかなぁ。



ガラス張りがブームなの?

 久米川駅北口の「もんじゃ焼 め組」の跡地に建設中の建物も完成間近という感じだ。

「もんじゃ焼き め組」跡にできた建物

 そしてこちらにも「テナント募集」の文字が……。うーん、久米川駅から近くて商売をやるには便利だと思うんだけど、どうしてすぐに決まらないんだろうか?
「もんじゃ焼 め組」は入るとして、あとは何が入るんだろう? 「一本鎗」は本当に復活するのかな? 個人的にはほかにも飲食店が入って欲しいな。

 それにしても交番近くの建物もコレも、どうしてガラス張りなんだろうね? ちょっと不思議。

1階には「セブンイレブン栄町1丁目店」が移転して入るらしい

 その後の情報で、この建物の1階には「セブンイレブン栄町1丁目店」が移転して入ることがわかった。店員さんの話だと、11月28日まで今の場所で営業し、11月29日に移転先でオープンするのだという。

 そうなると、今「セブンイレブン栄町1丁目店」がある場所は今後、何になるんだろうか? ここにも「テナント募集」の貼り紙が出たりして(笑)。まあ冗談はさておき、この辺はコンビニだらけだから、コンビニ以外のお店や飲食店が入るとうれしいなぁ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.28

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



インド・ネパール料理店が再び増殖

 2019年2月24日をもって閉店した秋津の「NOBU Cafe」。その後、なかなか次のお店が決まらなかったけど、今回行ってみたら……。

ナマステ

 ナント、インド・ネパール料理店「ナマステ」になっていた。

メニューはこんな感じ

 メニューはほかのインド・ネパール料理店とあまり変わらないかな。
 これで東村山市内で何店目だろう。数えてみたら、このお店を入れて14店もあった。2018年4月に「【コラム】東村山市におけるインド(ネパール)カレーの系譜」という記事を書いた時は10店だったことを考えると、またインド・ネパール料理店が増殖し始めたみたいだ。



「エコス」ではなく「TAIRAYA」になるようだ

 2019年7月13日に閉店した八坂商店会のスーパー「丸正 久米川八坂店」のあとに、「エコスTAIRAYA八坂店(仮称)」ができるという情報は、「2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.26」でお伝えした。

閉店した「丸正 久米川八坂店」

 で、先日のこと。閉店した「丸正 久米川八坂店」の前を通ると、こんな貼り紙が……。

「TAIRAYA」になるようだ

 どうやら、新しくできるスーパーは、「TAIRAYA八坂店」となるようだ。オープンがいつになるかはまだハッキリしていないが、楽しみだ。



ガッツリ君御用達店がオープン

 8月5日に閉店した久米川駅南口のラーメン店「ゆうや」。その後、なかなか次のお店が決まらなかったけど、先日通ったら……。

オープンした「鍋香居」

 ナント、すでに新しいお店がオープンしていた。今度は中華料理店のようだ。調べると、10月7日にオープンしたらしく、店名は「鍋香居(なべかい)」

メニューはこんな感じ

 看板メニューは「陳麻婆豆腐」と「陳麻婆カレー麺」とのようだ。わざわざ「大盛り無料」と看板を出しているところが、いいねぇ。これはガッツリ君御用達店だね(笑)。



秋津にまた焼き鳥店がオープン

 新秋津駅から秋津駅に向かって歩いていたら……。

串カツ「田中」の上に焼き鳥店がオープン

 おおっ、チェーン系串カツ店「名物串カツ 田中」の2階に、同じくチェーン系の焼き鳥店「やきとり家すみれ秋津店」がオープンしたようだ

やきとり家すみれ秋津店」

 調べると、7月29日オープンとのこと。秋津って焼き鳥店がもともと多いんだけど、また増えてきている感じがするよ。

メニューはこんな感じ

 看板のメニューを見る限り、そんなに安くはないんだけど、このチェーン店、人気らしい。となれば、行かなきゃね。宿題店がドンドン増えていくなぁ。



「肉刺し」が気になる!

 新秋津駅からほど近い場所に9月20日にオープンした串焼き店「秋津アカマル屋」

秋津アカマル屋

 へぇ、午後3時からオープンなんだ。昼飲みにうってつけじゃないの(笑)。

気になるメニューが

 気になったのは「肉刺し三種盛り」の文字。肉刺しってことは、生肉だよね。いやあ、これは食べたいなぁ。



来年に向けての新メニュー?

 久米川駅南口通りにある「東京餃子食堂 久米川店」

東京餃子食堂 久米川店

 店名に「餃子」が入っているから、餃子専門店かというと、そうではない。中華料理店というほど、中華メニューも豊富ではない。不思議なお店なんだけど、メニュー開発は頑張っていて、新作メニューがよく出ている。今回もお店の前を通ると……。

新メニュー

 こんな新メニューが出ていた。気になったのは「黒まぜそば」。確かこのお店、黒焼そばのキャンペーン中は「お好み焼き風揚げ餃子」というメニューを出していたハズ。キャンペーンが終わってからこんなメニューを出すなんて、来年のキャンペーンに向けてヤル気マンマンということ?



秋津にタピオカ専門店がオープン

 秋津駅近くを歩いていたら、こんなお店を発見。

タピオカ専門店がオープン

 台湾タピオカ専門店「萃茶(スイチャ)秋津店」だって。でも確かココって、違うお店があったような……そうだ、「海港丼丸」があったんだ。閉店しちゃったのか。これで海鮮丼専門店の「丼丸」は東村山市からすべて消えてしまったワケだ。寂しいなぁ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.27

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



八坂小近くにパン屋がオープンするぞ!

 超ビッグニュース! 
 いやあ、友人からメールでもらった情報なんだけど、ちょっとワクワクしながら私は久米川駅南口から府中街道に向かった。

「アンアンサエラ」などが入っていたテナントスペース

 八坂小学校近くの、その昔「アンアンサエラ」という喫茶店が入っていたマンション。ずーっとシャッターが降りたままでテナント募集の看板が出ていたんだけど、この一角にお店ができると聞いたんだよね。この日もシャッターが降りていたけど、よく見ると……。

その左端のスペースに何やら貼り紙が

 1階左端のテナントスペースに何やら貼り紙があるぞ。近づいてみると……。

パン屋さんがオープンするらしい

 おおっ! ナント、パン屋さんがオープンするとな! オープン日は9月28日(土)。店名は「MAUPAN」。貼り紙の下に、名刺が置いてあったので持ち帰ってみた。

一緒にあった名刺の表

 これが名刺の表。

名刺の裏

 そしてこちらが名刺の裏。
 お店のロゴマークが面白いよね。馬が逆立ちしているでしょ。あれで「MAU」と読ませるみたい(笑)。何だかユニークでいいね。

 名刺にあるお店のインスタをチェックすると、オープンまでのことがいろいろ書いてあって、読んでいくだけでお店の人のワクワク、ドキドキ感が伝わってくる。これは期待大だね。



お得な飲み情報 その1

 久米川駅南口のチェーン系居酒屋「焼鳥一休 久米川店」

焼鳥一休 久米川店

 奥にビールジョッキの絵が描かれたポスターがあったから「何だろう?」と見てみると……。

期間限定のドリンクサービス

 へぇ、9月24日(火)~26日(木)までザ・プレミアム・モルツの生ビールと、ジンビーム・ハイボール、レモンサワーの3つを何杯飲んでも1杯100円(税別)にするサービスを始めるんだ。平日企画だけど、フラッと寄って、ちょっとだけ酔っ払っちゃいますか(笑)。



お得な飲み情報 その2

 久米川駅南口のチェーン系居酒屋「魚鮮水産 久米川南口店」もお得なドリンクサービスをやっているんだよね。

魚鮮水産 久米川南口店

 今まで気づかなかったけど、よく見ると、こんな貼り紙が出ていた。

夕方2時間のドリンクサービス

 午後4時~6時までの2時間、塩レモンサワーとブラックニッカ・ハイボールを1杯99円(税別)で出しているんだって。早く仕事が終わった時や休日は、ここで軽く一杯やると、安上りでいいかもよ。



お得な飲み情報 その3

 久米川駅南口の住宅街にある酒屋「水新酒店」が9月27日(金)~29日(日)の午後3時~8時まで、恒例の角打ちを行うぞ。

「水新酒店」の角打ち告知

 10月1日からの消費税のアップは酒飲みの懐を直撃するから、店主オススメの日本酒をお手ごろ価格で飲めるこの企画を逃す手はないですよ。でも行くなら、注意事項をちゃんとよく読んで行くように。
 ちょうどこの3日間は同じく久米川駅南口にあるタイ料理店「メースィールアン」の「タイ料理ランチバイキング」があるから、ハシゴすると楽しいかもね。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.26

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



タイ料理が満喫できるランチバイキング

 先日行われた「どんこい祭」の会場で、久米川駅南口にあるタイ料理店「メースィールアン」のお母さんから教えてもらった情報を確認しに、フラリとお店へ。

メースィールアン

 まだオープン前だったけど、入り口に貼ってある。

「タイ料理ランチバイキング」の告知

 9月27日(金)~29日(日)までの3日間、また「タイ料理ランチバイキング」をやるようだ。うれしいなぁ。
 それにしてもこのお店、オープンからもう10年も経つんだ。路地裏のこの場所でよく頑張ってるよね。10周年のお祝いを兼ねて、今度こそ行かなきゃ。



またスーパーがオープンするようだ

 2019年7月13日に閉店した八坂商店会のスーパー「丸正 久米川八坂店」

閉店した「丸正 久米川八坂店

 その後、建物そのものに関しては何の動きも見られないのだが、どうやら同じくスーパーの「エコス」が入るようだ。正確には「エコス」「TAIRAYA」。というのも、9月17日にホームページに掲載された求人情報には、「エコスTAIRAYA八坂店(仮称)」となっていたからだ。
 またその求人情報によると、オープンは「来冬」とのこと。来年1月か2月ということかな? 「エコス」がオープンするのか、「TAIRAYA」がオープンするのか、ちょっと楽しみだ。



あのお店がいつの間にか閉店

久米川駅南口は大衆割烹「丸藤」の2軒くらい隣のビルの2階をふと見ると……。

あれ?ココって確か…

「BARまこちゃん」という看板が出ているけど……あれぇ? 確かここは、鼠先輩のお店「飲鼠(のみーまうす)」だったんじゃないかなぁ。
 家に帰って、ネットで調べたんだけど、確実な情報が出てこなかった。しかし、「飲鼠(のみーまうす)」の住所を見ると、確かに「BARまこちゃん」の看板が出ていた場所だ。いつの間にか閉店しちゃったんだね。残念。



市役所裏に洋食店がオープン

 東村山市役所裏の市役所通り、以前、居酒屋「しょうりん」があった場所に新しく洋食店がオープンしたようだ。

新しくオープンした「Kitchen blue grove」

 店名は「Kitchen blue grove」。営業時間が午前11時30分~午後2時30分、午後4時30分~8時となっているから、飲みよりも食事メインなのだろう。早く行ってみたいな。日曜・祝日が定休日。
「野口製麺所」の店長さんの情報によると、「マスターは西武関係のレストランで30年も腕を振るった方」とのこと。これは行くのが楽しみだなぁ。

 ここがオープンしたことで、「野口製麺所 本町店」「とり幸 市役所前店」と、市役所裏に3つの飲食店が並ぶことになった。市役所地階の食堂やいきいきプラザの喫茶室を入れれば、ちょっとした飲食街という感じだ。これをキッカケに、昔のように市役所通りが活気づいてくれるといいなぁ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.25

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



秋津にまた串焼き店がオープンするぞ!

 久しぶりに秋津地域を歩いていたら、ラーメン店「竹屋」の斜向かいのビルの1階で工事が行われていた。

「鳥しん」のあった場所で何やら工事していた

 以前、ココは焼き鳥店の「鳥しん」だったのだが、どうやら閉店してしまったようだ。
 壁に貼り紙があったので、近づいてみると……。

串焼き店がオープンするらしい

 へぇ今度は9月20日に「秋津アカマル屋」という串焼き店がオープンするんだ。「黒もつ煮込み」が気になるなぁ。

 それにしてもさすが、乗降客数が東村山市内で2トップの秋津駅と新秋津駅を擁する秋津地域。お店の新陳代謝がいいよね。閉店してもすぐに次が入る。そのうち、「東村山市で飲むなら秋津で」となるかもね。



閉店、そしてすぐに新店が

 9月3日に久米川駅南口を歩いていたら、8月に閉店したラーメン店「ゆうや」の向かいにある居酒屋「鉄板29号」の看板が外されて、内装工事が行われていた。

閉店した「鉄板28号」

 閉店してしまったのだろうか? オープンしたのは、確か2016年8月13日のこと。3年も頑張ってきたのになぁ。残念。「次は何になるんだろうか? また飲食店だといいなぁ」と思いつつ、その場を立ち去った私。
 そして翌日……

新しく「豚珍館」というお店がオープンするらしい

 ナント、もう新しい看板が出ていた。「豚珍館」というお店で、炭火焼きホルモンがウリの居酒屋のようだ。店名からすると、牛より豚がメインなのかな。楽しみだ。



もう「とんかつラーメン」は食べられない

 久米川駅南口にある、とんかつとラーメンがウリという珍しい居酒屋「和」。実は3週間ほど前から置き看板が通りに出てなくて気になっていたのだが、先日通ったら……。

閉店した「和」

 ナント、看板がなくなっていた。どうやら閉店したようだ。

この看板にあるお店はすべてなくなってしまった

「和」が入っているビルの1階にはズラリと飲食店が入っていて、ちょっとした飲食街となっていた。通りにはこのビルに入っていた飲食店の看板が出ているのだが、「和」の閉店により、看板に表示されているお店はすべてなくなったことになる。寂しいなぁ。

 ちなみに「和」には、ウリであるとんかつとラーメンが合体した「とんかつラーメン」なるモノがあった。

とんかつラーメン

 これがその「とんかつラーメン」。とんかつは出来合いのモノではなく、その場で肉を切り出してコロモを付け、揚げたモノ。出来立てのとんかつが乗った「とんかつラーメン」は、思っていた以上に美味しかった。これももう食べられないんだな。残念だよ。(「とんかつラーメン」の記事はこちら



今年も楽しそう&美味しそうですよ!

 2007年から「東村山市産業まつり」と一緒に開催するスタイルでスタートし、2016年から単独開催となった「どんこい祭」
 今年は9月15日(日)と16日(月・祝)に開催する。

どんこい祭のパンフ
(写真をクリックすると、「どんこい祭」のパンフレットが開きます)

 ホームページでは完成したパンフレットが公開されている。
 今年も楽しそうで、なおかつ美味しそうだ(笑)。
 場所は市役所近くの天王森公園。地元の飲食店が数多く参加しているこのイベント、ぜひ多くの人に足を運んで楽しんでもらいたいな。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.24

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



50年間、ご苦労さまでした

 ブログ読者から、青葉町商店会にある焼き鳥店「大ちゃん」が8月いっぱいで閉店するという情報をいただいた私。「確認しなきゃ」と思い、8月24日に行ってみた。

大ちゃん

 見た感じはいつも通り。表には閉店の告知は出ていない。「久しぶりだし、入ってみようかな」と中に入ると……。

店内に閉店の告知が

 入ると、突き当りの壁に大きく閉店の告知が貼ってあった。8月31日をもって閉店するという。この地で50年も頑張ってきたお店。駅から近いワケじゃないから、本当に地元の人に愛されて来たお店だ。
 残念だけど、心から「ご苦労さまでした」と言いたい。


※もうすでに閉店モードに入っており、手のかかる煮込みはつくっていませんでした。売り切れ状態のメニューも多数出ているから、「もう一度、あのメニューが食べたい」と思っている人は早めにお店に行った方がいいですよ。



オープンは秋かな?

 先日、夜に鷹の道を東久留米方向に歩いていた時のこと。

何やら建設中

 久米川駅から全生園に延びるバス通りとの交差点の手前に、スーパーマーケット規模の建物が建設中だった。工期の看板を見ると……。

「スギ薬局」ができるようだ

 どうやら「スギ薬局」ができるらしい。工期終了は9月末日だから、オープンは10月以降かな。
 結構、建物は大きいから、販売するのは薬や日用雑貨だけじゃないだろうなぁ。それとも何かほかの店舗も入るのかな?
 どっちでもいいけど、利用敷地をちょっとだけ狭めて、できれば歩道部分を広くして欲しいなぁ。鷹の道の歩道は狭いからね。



この場所、ずっとラーメン店ではあるんだけど…

 ちょっと古い情報なのですが……。
 8月4日に久米川駅南口を散策していた時のこと。

ゆうや

 ラーメン店「ゆうや」の前を通ったら、こんな貼り紙が出ていた。

閉店の告知

 8月5日をもって閉店するという。
 この場所、ずーっとラーメン店なんだけど、なかなか定着しないなぁ。場所は悪くないと思うんだけど、どうしてなんだろうか?




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





2019ほぼ週刊東村山グルメニュース vol.23

★この記事は、この1週間に私がツイッターやフェイスブックに書き込んだ情報をまとめたモノです。読者の人によってはすでにご存知の情報もあるかと思いますが、ご容赦ください。



お得なパーティーコース

 先日、わが家にこんなチラシが入っていた。

「サンガム」のチラシ

その裏

 久米川駅南口はモザーク通りにあるインド料理店「サンガム」のチラシだ。同じ南口のネパール料理店「カマナ」や、久米川駅北口のネパール料理店「ナンバガン」のチラシは見たことあったけど、「サンガム」は初めてだ。やっぱり、ここ1~2年で急速にインド・ネパール料理店が増えたから、厳しいんだろうなぁ……そう思いながらチラシを眺めて、まず驚いたのが、店名の上に「インディアン キッチン&バー」と銘打っていることだ。
 どうやらディナータイムの集客のため、お酒が飲めることを前面に押し出してきたようだ。

 次に驚いたのは「パーティーコース」の価格設定。
 2時間の料理食べ放題&ソフトドリンク飲み放題が1500円で、これにお酒飲み放題を加えても2900円。
「料理食べ放題」だけの値段じゃないよ。ソフトドリンクやお酒の飲み放題が付いてこの値段なんだから、激安と言っていいんじゃないだろうか。
 さらに3時間の料理食べ放題&ソフトドリンク・お酒飲み放題が3900円だという。

 懐に優しいこのパーティーコース、暑気払いに利用するといいんじゃないかな?



うどん店がモーニング?

 東村山市役所の裏手にある讃岐うどん店「野口製麺所 本町店」が8月20日から「朝うどん」を始めると、フェイスブックで告知していたので、もう「朝うどん」の終わっている時間だけど、ちょっとお店の前まで行ってみた。

野口製麺所 本町店

 おおっ、「かき氷」の幟に負けないくらい、大きな告知を出してるねぇ。

「朝うどん」の告知

 時間は午前8時から9時30分まで。まあ、モーニングセットみたいなモノだ。
 どうやらターゲットは市役所の職員みたいだけど、うどん好きの人は朝の散歩がてら食べに行くのもいいかもね。



焼き鳥店の素晴らしい取り組み

 家でお腹いっぱい食べられない子どもたちのために、全国で「子ども食堂」という取り組みが行われている。東村山市ではナント……。

とり幸 市役所前店

 東村山市役所の裏手にある焼き鳥店の「とり幸 市役所前店」が「こどもやきとり」という活動を行っている。

5月から3カ月間は毎月第3水曜に行っていた

 この活動、5月からスタートし、毎月1回、第3水曜だけ、0歳から高校生の子どもに限り、焼き鳥1本10円(1人2本まで)で販売していたのだが、8月からは……。

8月からは毎週水曜に行っている

 毎週水曜に拡大した。つまり月4回だ。
 と言っても、毎回1本10円はさすがに厳しいので、第3水曜だけ1本10円にし、それ以外の水曜は1本30円としている。それでも安いよね。素晴らしい活動だと思うよ。
 こういう活動が広がっていくといいな。



驚きの1周年記念サービス

 久米川駅南口にある焼き鳥店「にのみ屋」の前を通ったら……。

にのみ屋

 何やらベタベタと「10円」と書かれたチラシが貼られている。「何が10円なんだ?」と
思いつつ近づいてみると……。

開店1周年サービスの告知

 ナ、ナ、ナント! 開店1周年を記念して、8月21日から27日まで 焼き鳥を1本10円にしちゃうのだという。「10円」って、焼き鳥かよ! 太っ腹だなぁ。
 日ごろ、スーパーの焼き鳥パックを買って晩酌しているお父さん! この機会に「焼き鳥をお腹いっぱい食べる」という豪遊をしてみてはいかがですか!




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告