東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ bistro らぐ~(栄町) ]

酸味の効いたハンバーグ

 久米川駅南口の、バス通りと桜通りの交差点の一角で頑張っていたフランス料理店「ビストロ・ラ・プロヴァンス」が惜しまれつつ閉店したのは、2016年の夏のこと。その後、2016年10月に洋食店の「Kitchen くら」がオープンしたのだが、2018年にいつの間にか閉店してしまった。
 しばらく「テナント募集」の貼り紙が出ている状態が続き、「この場所、どうなるんだろう?」と思っていたら、2019年3月1日に新しい飲食店がオープンした。
 それが今回紹介する「bistro らぐ~」だ。

bistro らぐ~

 店名に「bistro(ビストロ)」という言葉が入っているし、テント屋根や入り口横の大きな垂れ幕にワイングラスのマークが入っていることから、カジュアルフレンチとお酒が楽しめるお店みたい。
 でも、入り口前に出ているランチメニューの置き看板を見ると……。

ランチメニュー

 ちょっと洋食店っぽい感じがする。「らぐ~」という、ひらがなで書かれた緩いイメージの店名からして、目指しているのはバルとかダイニングバーではなく、「お酒も飲める、気軽な洋食店」という感じがする。

 お店に入ると、テーブルの配置などは以前と少し変わったものの、奥に厨房がある基本構造に変わりはない。
 この日の「ハンバーグ」(980円)は「和風ハンバーグ」ということだったので、私はそれをいただくことにした。

スープとサラダ

 まず最初にサラダとスープが運ばれて来た。それを食べ終わるころに……。

ライスと和風ハンバーグ

 ライスと和風ハンバーグが到着。へぇ、和風ハンバーグはミニフライパンに乗って出てくるんだ。

これが和風ハンバーグ

 ハンバーグは見た目、小さく感じるけど、よくよく見るとかなり厚みがある。大根おろしがたっぷり乗っているのもうれしいね。

ハンバーグが分厚い

 では、ハンバーグをナイフで切って……おおっ、やっぱり分厚い!
 ソースをたっぷり絡め、大根おろしを少し乗せて、いただきま~す……。

ん? (゚д゚lll) んんん!!

 これまで食べて来た「和風ハンバーグ」からイメージする味と違って、戸惑ってしまった。
 和風ハンバーグにはポン酢が使われることがあり、多少の酸味はあるものの、基本的には甘辛い味わいのモノが多いと思う。でもこのソースは、まるで酢豚のように酸味がガツンと効いているのだ。
 最初は想像と違う味で、ちょっと戸惑ったけど、二口、三口と食べていくと……。

コレ、旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 たぶん、人によって好みは分かれると思うけど、私はこの味、気に入ったなぁ。

食後にコーヒーが付く

 食後にはコーヒーか紅茶が付く。私はコーヒーをお願いした。
 いやあ、今回の「和風ハンバーグ」にはビックリしたなぁ。何だかほかの料理もこんな感じで、ひと工夫もふた工夫も凝らされている気がするなぁ。今度はランチメニューの「本日のカレー」(880円)を頼んでみようかな。また意外なモノが出てきたりして。
 最近、増殖しているインド・ネパール料理店とはひと味違うカレーが出てくるとうれしいな。楽しみ、楽しみ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-32-6
電話:042-202-1008
営業時間:午前11時30分~午後2時30分/午後6時~深夜0時(祝日は午後11時まで)
定休日:日曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR