東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ Bresson(久米川町) ]

頑張る大人のための隠れ家カフェ

 3~4カ月前だったかな、フェイスブックで久米川町にカフェがオープンしたという情報を見かけ、「行かなきゃ」と思っていたんだけど、なかなか時間がうまく取れなくて行けなかったんだよね。
 で、先日、天気も良かったので、散歩がてら行ってみることにした。
 場所は府中街道沿いということなので、自宅からテクテクと歩き、東村山駅を通り過ぎてさらに所沢方向へと歩いて行く。

「じゃがいも」のある建物が見えてくる

 お弁当&定食屋の「じゃがいも」が入っている建物が見えてきたが、それらしい建物や看板はまだ見えてこない。

その2軒先に何やら看板が

「じゃがいも」を通り過ぎ、少し歩くと、ちょっとした作業場っぽい建物の前に置き看板が出ているのを発見。ひょっとして、コレか? 近づいてみると……。

ここがそうみたいだ

 どうやら、ココみたいだ。建物がお店っぽくないから、この置き看板を見逃すと、きっと見つけられないね。

店名は「ブレッソン」

 店名は「Bresson(ブレッソン)」と言うんだ。

入り口近くには店内や料理の写真が飾られている

 ドアの横の壁には店内や料理の写真が貼られている。

メニューはこんな感じ

 メニューはこんな感じ。オープンサンドがいろいろ種類があっていいね。
 それでは入ってみますかね。ドアを開けると……ナント、お店ではなく、階段が目の前に現れた。お店は2階らしい。
 2階に上がると、またドアがあり、そのドアを開けると……今度はちゃんとお店だった(笑)。
 お客さんはいなくて、マスターが大きな花瓶に生けた桜の花にカメラを向けていた。私に気づいたマスターは、「いらっしゃませ」と言うと、カメラを持って厨房へ。
 店内は入り口に近い場所に2人掛けのテーブルがあり、真ん中に大きな6人掛けのテーブル、そして一番奥の窓際に4人掛けのテーブルが置いてある。割と広い空間に、3つしかテーブルが置かれていないので、ゆったりとした感じ。天井が高く、しかも壁が白くて、店内全体が明るいので、凄く広々と感じる。置かれているテーブルとイスは、店内の雰囲気に合った、ちょっと古めかしい木製のモノ。私は入り口に近い2人掛けのテーブルに座ったのだけど、何だか凄く落ち着く。いい感じだ。

 マスターに話を聞くと、カフェをオープンしたのは2018年11月なのだという。それまではこの場所を撮影スタジオにしていたのだとか。

「レンタルスタジオとしてやっていたのですが、空いている時に何かやりたいなと思い、それで始めたんです」

 今も撮影スタジオの営業は継続していて、そちらの予約が入ったら、カフェは休みとなるらしい。

 店名の由来を聞くと、マスターは1冊の雑誌を見せてくれた。

店名の由来は写真家

 フランスの写真家であるアンリ・カルティエ=ブレッソンにちなんで付けたのだという。


 さて、それでは注文をしますかね。私はオープンサンドの「エビ」をコーヒーのセット(700円)でお願いした。

オープンサンドの「エビ」セット

 しばらくして運ばれて来たオープンサンドの「エビ」セットを見て、私はちょっと驚いた。サラダも付くし、チョコも付くんだね。旨そうだし、ボリュームあるなぁ。

旨そうだ

 オープンサンドの「エビ」は、海老が5つも乗ってるよ。その下には野菜もたっぷり。旨そうだ。

サラダも付いている

 サラダもさり気ないけど、旨そうなんだよなぁ。

いただきま~す

 では、オープンサンドをガッと挟んでいただきますか。海老がはみ出してこぼれ落ちる前にガブッとな……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 具材も旨いんだけど、パンが旨いんだよね。マスターに聞くと、パンは天然酵母と国産小麦にこだわった東久留米市にあるパン屋「プチ・フール」のモノを使っているのだという。

 オープンサンドは食べ応えがあり、サラダも食べると、結構お腹いっぱいに。デザート代わりのチョコをいただきつつ、コーヒーを飲む。改めてこの空間、ホッとするし、落ち着くねぇ。
 マスターの許可を得て、店内を撮らせてもらった。

店内はこんな感じ

 ねっ、いい雰囲気でしょ。

写真に関連した雑誌や本が置いてある

 お店の一角には写真などに関連した雑誌や書籍が置いてある。そしてなぜかワインやウイスキーの瓶も。
 メニューにはなかったけど、ひょっとしてお酒も出すのかな?

「私が飲むのが好きなので、ワイン、日本酒、ウイスキーは出せます。ビールはビールサーバーを入れたいなぁと思っているところなんです」

 いいなぁ。コーヒーもいいけど、この場所でお酒を飲むとさらに落ち着くだろうし、気持ちいいだろうなぁ。
 最寄りの駅から離れた場所にあるし、割と急な階段を上がらないといけないから、子どもやお年寄りにはちょっと不向きなお店かもしれない。日ごろ仕事などで頑張っている人が、日常を忘れてちょっとひと息するのにピッタリのお店かもしれない。実直なマスターとの会話も癒されますよ。

 次にこの隠れ家カフェに来たら、軽くお酒をいただいちゃおうかな。




【DATA】
住所:東村山市久米川町4-34-15-2階
電話:090-8314-6157
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:水曜
お店について詳しくはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR