東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2019冷やし麺 4杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」
2019年06月12日「富士そば秋津店」
2019年07月11日「揚子江」



「西友」「丸山書房」の間の通り、通称「久米川駅南口通り」をブラブラと歩いていると、餃子をウリにしている定食屋「東京餃子食堂 久米川店」が見えてくる。

東京餃子食堂 久米川店

 反対向きになっていて最初は気づかなかったけど、よく見ると「冷し担々麺」という幟が出ている。へぇ、こんなところにも冷やし麺があったのか。
 ということで、早速、入ってみることにした。

目当てはコレ

 テーブルにはドーンと「冷し担々麺」(780円+税)のメニューが置いてある。イチ押しなんだね。ビジュアルもなかなかいいじゃない。
 私は「冷し担々麺」と、平日のランチタイム限定で一緒に頼むと100円+税になる「焼き餃子」をお願いした。

冷し担々麺

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。何となく写真のビジュアルと違う感じ。特にラー油の色が鮮やかな朱色じゃないことに少しガッカリ。

スープはこってり

 だけどスープを飲んでみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 ゴマの風味とラー油の辛さがバランスよく味わえて、しかもこってりと濃厚。そしてひんやりと冷たいのど越し。いいねぇ。この濃厚さは麺によく絡んでいいかも。

麺のアップ

 麺は太くてやや平たい縮れ麺。思った通り、スープがよく絡む。では、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 冷水で〆ているから、やや固めなんだけど、それが歯応えとのど越しになっている。具材もひき肉は旨いし、メンマが特に味が濃くて旨いんだよね。

焼き餃子

「焼き餃子」を食べるのは3回目なんだけど、この味にだんだん慣れてきたのかな、今までは物足りない感じがしていたのに、今回は妙に旨く感じられた。思わず「おかわり」しそうになったくらいだ。

 麺を食べ終えると、スープが残ったけど、アイランドをすると確実にお腹がはちきれてしまうので、そのまま飲み干した。もっと辛さが欲しい人は卓上にあるラー油を追加投入するといいかもね。
 このお店、麺類も意外とイケるんだね。ほかにも食べたい定食メニューがあるから、また近いうちに行ってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-8-6
電話:042-306-1222
営業時間:平日は午前11時~午後3時、午後5時~深夜0時/土・日曜・祝日は午前11時~深夜0時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




ガッツリ君向きの定食

 久米川駅南口に2018年8月にオープンした、餃子をウリにしたお店「東京餃子食堂 久米川店」。でも、行ってみると「餃子専門店」というほど餃子の種類があるワケでもなく、ラーメンや定食もある。一応、お酒もあるけど、居酒屋ほどツマミが充実しているワケでもない。
 ということで、私は1度行ったきりだったのだが、愛読しているブログ「人間のクズ!」ぽ子さんは、もう6回も行って、いろいろなメニューを紹介してくれている。

*2018年09月11日……「焼き餃子」「葉わさび醤油漬け」「とろとろ煮玉子」
*2018年09月12日……「石鍋辛味噌つけ麺」
*2018年11月14日……「辛ネギ味噌ラーメン」
*2019年01月03日……「台湾ラーメン」
*2019年01月10日……「おつまみチャーシュー」「トマトチーズ餃子」「信州味噌もつ煮込み」「ピリ辛ザーサイ冷奴」
*2019年01月24日……「信州ソースかつ丼」


 私が気になっていメニューはほとんど食べてくれている。「このお店に関しては、ぽ子さんの記事を読んで参考にしてください」って言ってもいいレベルなんだけど、私が気になっているメニューのうち、1つだけ、まだぽ子さんが記事にしてないんだよね。
 ぽ子さんが記事にしてくれるのを地道に待ってもいいんだけど、「東村山グルメ日記」を書いている人間がそういう姿勢じゃダメだよね(笑)。

東京餃子食堂 久米川店

 そんなワケでやって来ました、「東京餃子食堂 久米川店」

平日の昼限定でサービスがあるようだ

 へぇ、平日のお昼限定でサービスをやってるんだ。
 店内に入って席に座ると、店員さんがメニューと一緒に平日限定の昼のサービスの説明書きを持ってきてくれた。

こういうサービス

 なるほどね。ラーメンか定食、丼ものを頼むと、

*焼き餃子6ケ(1人1皿まで)
*ライス(おかわり自由)
*グラスビール
*グラス氷彩(プレーンサワー


これらが100円+税で追加できるというサービスのようだ。「ライス」というのはおそらくラーメン類を頼んだ人に対するサービスであって、定食を頼んだ人は無条件でおかわり自由のようだ。

 私は気になっていたメニューである「山賊焼き定食」(800円+税)と一緒にお昼限定のサービスを追加することにした。
「グラスビール」が100円+税で飲めるってことにちょっと心が揺れたけど、お腹が空いていたから「焼き餃子」を頼むことにした。

山賊焼き定食

 しばらくして「山賊焼き定食」が運ばれて来た。へぇ、マヨネーズが添えてあるんだ。
 なぜ「山賊焼き定食」が気になったかというと、山賊焼きの本場である長野県松本市で修行した、美住町の居酒屋「川島屋」の山賊焼きと比べてどうなのかな?と思ったからなんだよね。

山賊焼き

 凄くボリューム感のあるビジュアルでいいねぇ。

カットしてあるけどデカい

 では、いただきますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 カリッとしたコロモと皮の部分が旨いねぇ。ただ、肉のジューシーさでは「川島屋」の方に軍配が上がるかな。だけど、800円+税の定食でこれだけのボリュームの山賊焼きが出るならお得なんじやないかな。

焼き餃子

 と、そこに「焼き餃子」が運ばれて来た。ニンニク入りをお願いしたんだけど、食べると何となく“昭和の味”というか、懐かしい感じがするんだよね。どうせならもう少しニンニクをガッツリと効かせた方がいいんじゃないかな。

ご飯はおかわり自由だ

 ご飯はおかわり自由なんだけど、私は出された1杯だけで済ますことにした。やはりメタボには気を付けないといけないからね。
 若くてガッツリ食べたい人なら、山賊焼きで2杯、餃子で1杯、計3杯はご飯を食べられるんじゃないかな。「山賊焼き定食」と平日昼限定のサービス餃子を付けて、税込みで972円。1000円以内でお腹いっぱい食べられるのだから、ガッツリ君にはちょうどいい定食なんじゃないかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-8-6
電話:042-306-1222
営業時間:平日は午前11時~午後2時、午後4時~深夜0時/土・日曜・祝日は午前11時~深夜0時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




懐かしさを感じさせる餃子

 久米川駅南口に2018年8月22日、餃子をウリにしたお店がオープンした。それが今回紹介する「東京餃子食堂 久米川店」だ。

東京餃子食堂

 場所は「西友」「丸山書房」の間の通り沿い。以前、喫茶店の「Fikafe」があっとところだ。
 店名に「久米川店」とあるから、ほかにもお店があるチェーン店かなと思い、いろいろ調べてみたけど、「東京餃子食堂」というお店は出てこなかった。どういうことなんだろう? 「久米川店」が1号店ということなのかな?

 餃子をウリにした飲み屋だろうと思い、夜に1人で行ってみたのだが、入った瞬間、「あれ?」と思った。というのも、居酒屋っぽいレイアウトじゃないからだ。どちらかと言うと、定食屋っぽい。
 席に座り、メニューを見ると、一品料理もあるけど、メインは定食という感じだ。よく見ると、ラーメンまである。餃子をウリにした中華料理店ということか。なるほど、だからこういう店内レイアウトなんだね。

瓶ビールでお疲れちゃん

 でもまあ、私は飲む気マンマンで来たから、瓶ビールを注文。サッポロの黒ラベルとは、うれしいね。

玉ねぎスライス

 軽いツマミとして、「玉ねぎスライス」(250円+税)を注文。もちろん、「焼き餃子」(6個290円+税)も頼んである。

卓上の調味料

「焼き餃子」が来るまで、「玉ねぎスライス」を食べつつ、卓上を観察すると……おっ、味噌だれがあるよ。
 このお店は「餃子を味噌だれで食べる」のがウリなんだけど、味噌だれ以外にもちゃんと醤油や酢、ラー油が置いてある。
 表に大きく「味噌だれ」と書いてあるから、食べ方は味噌だれ1択だけなのかなと思ったら、そうじゃないんだね。まあ、いろいろな食べ方があった方が「味噌だれ」の旨さも比較できるし、いいと思うな。

焼き餃子

 と、そこへ「焼き餃子」が到着。餃子だれを入れる小皿は真ん中に仕切りがある。これはいいね。片方に味噌だれを入れ、もう片方にはいつもの食べ方の、醤油+酢+ラー油の餃子だれをつくる。2つの食べ方を楽しめるっていいかも。

味噌だれでいただきま~す

 では早速、味噌だれに付けて、いただきま~す……。

何だか懐かしいねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 味噌だれがどうこうというより、この餃子そのものが、何と言うか「久しぶりの味」という感じ。野菜が凄く細かく刻まれていて、とっても柔らかい食感で、ニンニクがかなり効いている。最近の餃子はニンニクより生姜が効いているタイプが多いんだけど、昔はこんな感じのニンニクがガツンと効いたタイプが主流だったよね。うん、懐かしいなぁ。

味噌ラーメン

 メニューにラーメンがあったので、〆に「味噌ラーメン」(650円+税)を頼んでみた。
 チャーシューはなく、野菜がたっぷり。信州味噌を使っているというので、もっと色が濃くてしょっぱめかなと思ったけど、意外と色も味もマイルドでちょっとビックリ。

麺のアップ

 麺は太い縮れ麺。モチッとしていてなかなかうまい。食べやすい「味噌ラーメン」でスープも飲み干してしまった。

 今回は飲み屋と思って来たけど、次回はちゃんと中華料理店と思って、定食を食べてみようかな。ご飯おかわり自由だって言うしね(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-8-6
電話:042-306-1222
営業時間:平日は午前11時~午後2時、午後4時~深夜0時/土・日曜・祝日は午前11時~深夜0時
定休日:月曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR