東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 秋津餃子専門店チャコ(秋津町) ]

秋津に餃子専門店がオープン

 私が勝手に「秋津の帝王」と呼んでいる友人のラットマンと「久しぶりに飲もうか」ということになり、先日、新秋津駅前で待ち合わせた。最近、彼はラットマンというハンドルネームではなく、本名でSNSなどをやっているんだけど、このブログでは便宜上、ラットマンで通させてもらう。

 現在、彼はもう秋津には住んでいないのだが、「時々飲みに来る」ということで、相変わらず秋津界隈の情報をよく知っている。
 以前に彼がアルバイトしていたこともある沖縄料理店の「茶香(ちゃこ)」が閉店したことを話すと……

「6月23日で閉店したんですよね。前々から閉店する話は出ていて、お店のママさんも常連さんたちも『知り合いに後を引き継いで欲しい』と話していたから、『秋津ナンバーワン』のしげちゃん(筆者注:『秋津ナンバーワン』のマスター)が手を挙げたんですよ。お店は餃子メインの居酒屋になる予定ですよ。もうオープンしているかもしれないから、行ってみますか」

 エエッと、ラットマン、キミはもう秋津に住んでいないんだよね? 何、その情報。キミ、何者?(笑)とツッコミたくなるほど、ホント、秋津のことをよく知ってる。
 じゃあ、今日も“秋津飲み”の案内をよろしくね。


 さて、2人して沖縄料理店「茶香」のあった場所に行ってみると……。

秋津餃子専門店チャコ

 おっ、オープンしてるよ。看板は変わってないけど、青い暖簾には「秋津餃子専門店チャコ」と書いてある。
 お店に入ると、右側にカウンター席と厨房、左側と奥にテーブル席という店内レイアウト。以前の「茶香」の時とほとんど変わっていない感じだ。

生ビールで乾杯

 まずは生ビールで乾杯。それでは、お店のウリである餃子を注文しますかねと、メニューを探してみたが……ない。店長さんに聞くと、「餃子は3種類です」とのこと。

*水餃子(450円)
*焼き餃子(350円)
*チーズ餃子(450円)


「ほかにメニューは?」と聞くと、簡単に出せるモノを用意しているとのこと。店長さん1人でやっているから、餃子を焼いて、飲み物を出して……という作業で手一杯になるだろうから、そりゃほかに凝ったメニューは出せないよね。

卓上にある調味料は酢とタバスコだけ

 とりあえず3種類の餃子を頼んで、何気なく卓上を見ると……あれ? 醤油がないよ。ラー油もない。あるのはニンニクと昆布と唐辛子が入っている酢と、タバスコだけ。餃子にタバスコ?
 店長さんに「醤油はないんですか?」と聞くと、「餃子に味が付いているから、そのまま食べてください。もし味が足りないようでしたら、酢を付けて食べてみてください」とのこと。へぇ、面白いねぇ。こりゃ楽しみだなぁ。

水餃子

 まず最初に出て来たのは「水餃子」。

焼き餃子

 続いて「焼き餃子」が出て来た。どちらも餃子は5つ。

水餃子からいただきま~す

 まずは「水餃子」からいただくことに。上に散らされているのは黒胡椒とゴマかな。

中はジューシー

 食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 中はジューシーで、確かにちゃんと味が付いていて、そのままでも旨い。酢を付けると、サッパリ感が出て、これも旨い。

続いて焼き餃子

 続いて「焼き餃子」をいただくことに。キツネ色の焼き色が旨そうだ。

しっかり味が付いていて旨い

 醤油を付けたいところだが、そのままをパクッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 なるほど、醤油を付けなくても十分旨い。酢を付けて食べてみると、これも旨い。だけど、これはそのまま食べる方が私は好きかも。何も付けないで食べる餃子って、面白いねぇ。

塩辛

 ここで「塩辛」が登場。ラットマンが頼んだようだ。さすがだね。こういうちょっとしたツマミがあると、お酒が進んでいいんだよね。

チーズ餃子

 と、そこへ「チーズ餃子」が出て来た。

まずはそのままいただきま~す

 見た目は「焼き餃子」と全く変わらない。
「よかったらタバスコを使ってみてください」と店長さん。なるほど、コレにタバスコを使うのか。

チーズがトロッ

 ではでは、いただきま~す……。

これも旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 チーズがトロ~ッと出てきて、中の味の付いたあんと一緒に食べると、旨いこと! これこそ何も付けなくていい感じなんだけど、せっかく店長さんが言うので、トロッとしたチーズの部分にタパスコをかけて、残りの半分をパクッと食べると……。

さらに旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 おおっ! コレ最高! ビールが進む味だね。こりゃいいや。

鶏ハツのしぐれ煮

 これは「鶏ハツのしぐれ煮」。これもいいねぇ。
 このお店で腰を据えて飲んでもいいんだけど、せっかくラットマンと一緒に飲むんだから、ほかのお店もいろいろと行かなきゃね。

夜のお店

 ということでお店を出た2人。ラットマンの話では、店長さんは「秋津ナンバーワン」で、餃子を担当している人なのだとか。
 店長さんから「さっきまで表に手ぬぐいを干していたので、お店の写真を撮るなら、今撮ってください」と言われて撮ったけど、ごめん、手ぬぐいを干してある写真も使っちゃった(笑)。
 だけど、夜になると「水餃子」と書かれた大きな提灯が目立っていいねぇ。店長さん1人で切り盛りするから大変だろうけど、繁盛して欲しいなぁ。

 店長さん、餃子はどれも本当に旨かったから、また行きますね。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-21
営業時間:午後6時~10時ごろ
定休日:とりあえずなし(休むとすれば木曜)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR