東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


初心を忘れない日替り居酒屋

 友人であり、「秋津の帝王」でもある(私が勝手に呼んでいるだけなのだが 笑)ラットマンと、新秋津駅近くにある「秋津餃子専門店チャコ」で一杯やった後、2軒目として向かったのは……。

秋津ナンバーワン

 居酒屋の「秋津ナンバーワン」。朝はおにぎりなどの販売をしているが、本業はもちろん夜。このお店の存在は、以前の屋台営業の時から知っていたんだけど、実は夜に来るのは初めてなんだよね。何だか緊張するなぁ。

「大丈夫ですよ、マサさん。写真撮ってないで、早く入りましょうよ。あっ、撮るならボクも(笑)」

 と、写真に入って来たラットマン。いい笑顔、するねぇ、キミは。だけど、そのお腹は何とかした方がいいぞ(笑)。
 お店に入ると、ズラーッと奥まで長いカウンター席がある。お店として構えているけど、何だか屋台に入り込んだ感じだ。
 ラットマンと一番入り口に近いカウンター席に座り、ひょいと上を見ると……。

曜日ごとに出すメニューが違うのだという

 へぇ、曜日ごとに出すメニューが違うんだ。面白いねぇ。

瓶ビールで乾杯

 私は瓶ビールを注文。するとコップはグラスではなく紙コップが出て来た。洗い物を出さないようにという屋台時代の名残りで、お店を構えた今もこのスタイルでやっているのだという。

「屋台のころの気持ちを忘れないようにって、いつも思っているんですよ。だから今座っているその席、実はリヤカー屋台なんですよ」

 マスターに言われ、「エッ!」と驚いて、思わず立ち上がって下を見ると……。

ナント一番手前のカウンターはリヤカー屋台だった

ホントに (゚д゚lll) リヤカー屋台だ!!

 これにはビックリ。凄いと思うと同時に、このお店が唐揚げ専門の屋台から、ほんの数年でラーメンや焼き鳥を出すようになり、お店を構え、2号店を出すようになった原動力がわかった気がした。初心を忘れないようにしているから、ブレずに自信を持ってやっていけるんだね。大したもんだ。

女性店員がつくったキーマカレー

「これ、この子がつくったんです」とマスターが出してくれたのは、キーマカレー。アルバイトの女の子がつくったというそのカレーは、見た目と香りはスパイシーな感じだけど、食べるとそれほど辛くはなく、優しい味。いいねぇ。旨いよ。

 さて、それではツマミを頼むとしますか。
 この日は水曜だったので、唐揚げの日。
 普通の唐揚げのほか、手羽唐揚げや唐揚げ串というモノもある。いろいろあって迷ったけど、ラットマンのオススメで「赤丸旨辛唐揚げ」(330円)を頼むことにした。

一番人気の「赤丸旨辛唐揚げ」

 これが「赤丸旨辛唐揚げ」。何だかゴツゴツと固そうな感じだなぁ。

唐揚げは1つがデカい

 1つがデカいねぇ。では、いただいてみますか。ガブッとな……。

ジューシーで柔らかく、旨い

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 コロモは決して固くなく、カリッ、サクッとしていて、中はジューシーで柔らかい。味が付いているから、そのままで十分旨い。これはビールが進むね。

とり天

 続いて頼んだのは「とり天」(500円)。旨いけど、揚げたてだともっと旨かったんだろうなぁ。

「鶏はつ串」の唐揚げと素揚げ

「唐揚げ串」が気になったので、「鶏はつ串」(1本140円)を注文。唐揚げにしたモノと素揚げにしたモノの2種類を出してくれた。これはどっちも旨かったなぁ。
 ほかにもいろいろと食べたいモノがあったけど、お腹がいっぱいになって来つつあったので、ここらで退散することに。


「マサさん、次はどこに行こうか?」

 ラットマンは元気いっぱいだ。わかった、今日はキミに付き合うよ……ということで“秋津飲み”はまだまだ続くのであった(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-10
電話:042-941-5976
営業時間:午前5時~午後2時/午後5時~深夜0時(日曜は午後9時まで)
定休日:なし
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




奇抜なお店の奇抜な朝営業

 2011年ごろだったと思う。秋津―新秋津駅の通勤ルート上にある駐車場に移動販売車を置いて、曜日限定で唐揚げ専門店「唐揚げナンバーワン」が営業を始めた。そのうち唐揚げ販売以外の曜日に串焼きやラーメンの販売を始め、「奇抜なお店だなぁ」と思いつつ、取材しないままでいた。
 2016年に、それまであった駐車場から移動販売車が消え、「どうしたんだろう?」と思っていたら、ちょうど向かいのサンドイッチ専門店「ルミエール」のあった場所に「秋津ナンバーワン」としてオープンしていた。調べると、2016年3月29日に移転オープンしたらしい。

 移転してからも曜日によって、唐揚げを販売したり、お酒も出す串焼き店になったり、ラーメンの販売をしたりと、何のお店なのかよくわからない奇抜な営業をしていたこのお店。先日、午前中に秋津周辺を散策し、お店の前を通ったら……。

秋津ナンバーワン

 ナント、お店が開いてるじゃないの! 「どういうことなんだ?」と思いつつ、近づいてみると……。

おにぎり1個60円

 エエーッ! おにぎりを売ってるの? しかも、どれも1個60円って、メチャ安じゃないの。

お弁当もある

「国産鶏そぼろお弁当」(300円)や「国産豚塩カルビ弁当」(350円)なんてモノも売ってるんだ。

とり皮ぽん酢なんてモノもあるよ

 なぜかツマミ系の「とり皮ぽん酢」(300円)なんてのも売っている。
 凄いなぁ。夜だけの営業だと思ったら、朝もやっているんだ。
 お店の人に聞くと、朝5時から昼の2時くらいまでおにぎりとお弁当の販売をしているのだとか。朝、忙しくて家で朝食を食べる時間がない人には、こういうお店はありがたいよね。200円あれば、おにぎりが3個も買えて、しかもお釣りが来るって、凄いよね。

 私は「博多めんたいこ」と「あさりバジル」のおにぎりと、ちょっと気になった「とり皮ぽん酢」を買ってみた。
 新秋津駅前のロータリーにあるベンチに座り、早速、食べてみることに。

博多めんたいこ

 まずは「博多めんたいこ」から。おにぎりは、コンビニのおにぎりよりちょっと小さめなんだね。

中には昆布が入っている

 へぇ、中には昆布が入っているんだ。意外だなぁ。でも旨いよ。

とり皮ぽん酢

 では「とり皮ぽん酢」をいただいてみますかね。添えられていたポン酢を全体にかけて……。

意外と旨い

 では、いただきま~す……いやあ、揚げたてだったら、もっと旨かったんだろうけど、冷めてもパリッとした食感があって旨い。ちょっとしたおかずのつもりで買ったんだけど、これ、ビールが欲しくなるなぁ(笑)。

あさりバジル

「とり皮ぽん酢」をポリポリと食べつつ、「あさりバジル」をいただくことに。

中はこんな感じ

 ガブッと食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 アサリの場合、つくだ煮や浅炊きがおにぎりの具材で使われることがあり、私も食べたことがあるけど、バジルで和えたモノは初めてかも。コレ、旨いよ。

 それにしても、まさか朝から営業しているとは思わなかったなぁ。ホント、このお店は奇抜でつかみどころがないなぁ。
 今度は夜営業の時に行ってみることにしよう。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-10
電話:090-8769-2881
営業時間:午前5時~午後2時/午後5時~深夜0時
定休日:日曜
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR