東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

朝から飲めるユニークな隠れ家的ダイニングバー

 ちょっとユニークなダイニングバーが今からちょうど1年前の、2017年4月14日にオープンした。それが今回紹介する「Share(シェア)」というお店だ。

Share

 まずユニークなのが、お店の場所だ。久米川駅北口から交番横の市役所通りをを進み、「亀八鮨」の看板が見えたら右に曲がる。そして「亀八鮨」のちょっと先の建物の地下に目指すお店がある。
「建物の地下」にあるというだけで、ちょっと怪しげな感じだけど、実はそんなことはない。

ランチメニュー

 ちゃんとランチ営業をしているのだ。
 地下に降りて、お店に入ると、いかにもバーという感じの雰囲気なのだが、ランチ営業をしているから店内の照明はとても明るい。
 そしてこのお店のユニークな点、その2がコレ……。

店内は禁煙

 ナント、「店内終日禁煙」なのだ。ランチタイムだけ禁煙というのはよくあるのだが、終日というのが凄い。しかもダイニングバーで「終日禁煙」というのは、ちょっとないんじゃないかなぁ。
 もっとも、タバコが全く吸えないワケではない。店内では吸えないけど、屋外に喫煙スペースを設けているのだ。吸いたい人は席を外して、そちらのスペースで吸ってくださいというワケ。

 このお店のユニークな点はまだまだあるよ。

料理にこだわりがあるようだ

 3つ目はコレ。食材の9割が国産で、化学調味料や添加物も使わないようにしているのだという。ダイニングバーって、基本的にはお酒が好きな人が集まるところで、どちらかというと不健康な場なんだけど、このお店は健康志向のダイニングバーのようだ。

 そんな随所に健康志向が垣間見られるお店なんだけど、「エエッ?」と思ってしまうのが、営業時間。ナント、オープンが午前10時30分なのだ。もちろん、ダイニングバーだから……そう、その時間からお酒が飲めるワケ。健全なのか不健全なのか、よくわからないお店なんだけど(笑)、凄く隠れ家的な雰囲気で、落ち着ける場所であるのは確かだ。


 私はゆったり座れるテーブル席を選び、ランチの「グアンチャーレとキノコのパスタ」(1100円)をお願いした。プラス100円でスープを付けられるというので、それも頼んでみた。

サラダとスープ

 まず最初に運ばれて来たのは、サラダとスープ。スープはカップが大きくてたっぷり入っている。

グアンチャーレとキノコのパスタ

 そしてコレが「グアンチャーレとキノコのパスタ」。
「グアンチャーレ」とは、豚の頬肉、つまり豚トロを塩漬けしたモノだ。豚バラ肉の塩漬けである「パンチェッタ」より脂身が多く、スパイスを刷り込んであるのが特徴。
 写真を見ると、キノコばかり目立っているけど、グアンチャーレも結構入っている。だから食べると、脂のほのかな甘さと、刷り込まれたスパイスの香りが口に広がる。

食後のコーヒー

 食後のコーヒーをのんびりといただき、ごちそうさま。
 この店内の明るさなら十分に本や雑誌が読めるから、今度は本でも持ち込んで、のんびりと朝から一杯やりながら過ごしてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市本町4-3-42 ベルハイム地下1階
電話:042-313-3154
営業時間:午前10時30分~午後3時(ランチは午前11時~午後2時)/午後5時30分~深夜0時
定休日:水・日曜
店内禁煙(屋外に喫煙スペースあり)
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR