東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

【極める!】2019冷やし麺 7杯目

【これまでの制覇リスト】
2019年06月08日「味六」
2019年06月12日「富士そば秋津店」
2019年07月11日「揚子江」
2019年07月16日「東京餃子食堂 久米川店」
2019年08月14日「故郷(ゴウヒャン)」
2019年08月22日「すぱいす」



 久しぶりに秋津地域にやってきた私。「せっかくだから冷やし麺を食べようかな」と散策。「ひょっとしてこのお店、限定の冷やし麺を出しているかも」と思って行ってみたのは……。

麺場 二寅

 商業モール「クロスコート秋津」にあるラーメン店「麺場 二寅(ふとら)秋津本店」
「おっ、あの貼り紙、ひょっとしたら……」とお店に近づいてみると……。

2種類の煮干夏麺

 ビンゴでした(笑)。「煮干夏麺」と題した数量限定のメニューが2種類あるようだ。

*冷やしラーメン(800円)
*冷やしつけ麺(850円)


 どちらも丸鶏スープに煮干しと昆布で取った出汁を合わせた「鶏魚介スープ」なのだとか。
 どっちにしようか迷ったけど、「冷やしラーメン」のボタンをポチッとな。

冷やしラーメン

 カウンターに座って、待つことしばし。これが「冷やしラーメン」。丼からしてひんやりと冷たい。

スープはキーンと冷えている

 まずはスープをレンゲですくってひと口。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

「煮干夏麺」と煮干を全面に打ち出しているから、ニボニボしているのかなと思ったら、煮干の主張は全然控えめ。それよりも丸鶏スープの味わいがジワッと染みる。これはシッカリとスープを冷やしているせいなのかもしれない。

麺のアップ

 麺は平打ちの太麺。このお店では初めて見たかも。このラーメンのための麺なんだね。では、いただきますか……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 麺も冷水でシッカリ〆ているから、スープの冷たさと相まってノド越しが気持ちよく、ツルツル&モチモチした麺の食感もいい。

途中で酢をひと回し

「こちらゆず昆布酢です」と出してくれたのだが、容器に水滴が付いているのを見てわかるように、コレもちゃんと冷やしてある。徹底してるねぇ。
 途中でひと回し入れてみたら……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 ジワッと染みる味わいのスープが、スッキリとシャープになり、サッパリとした味わいになる。これもいいねぇ。

スープを飲み干して完食

 スープは最後まで冷たく、美味しくいただくことができた。いやあ、旨かったなぁ。もう1つの「冷やしつけ麺」も食べてみたいな。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-5 クロスコート秋津1階
営業時間:正午~午後2時30分/午後5時30分~9時30分
定休日:月曜
禁煙
ツイッターはこちら
インスタグラムはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




安定した旨さのパスタ風ラーメン

 予想通りの味と、予想を裏切る味、どちらがいいかって言うのは、一概には言えないと思う。「予想を裏切る味」の方がいいという人もいるかもしれないけど、「今日はこの味が食べたいな」と思って頼んだ料理が、違った味だと「旨いけど、コレじゃないんだよなぁ」となる時もある。

「あのお店の、あのラーメンはどうなんだろう?」
 そう思いつつ秋津駅の南口に降り立った私。向かったのは……。

麺場 二寅

 商業モール「クロスコート秋津」にあるラーメン店「麺場 二寅(ふとら)秋津本店」だ。鶏そば専門店のこのお店で気になっていたのが、「鶏ボナーラ」(800円)という混ぜそばだ。メニュー名から、カルボナーラ風のラーメンであることは想像できる。 予想通りの味なのか、予想を裏切る味なのか? 待っていると、来ました、来ました。

鶏ボナーラ

 ビジュアルは予想通り……でもないか。温泉玉子から黄身が流れ出ているのは、そういう演出なのか、割るのを失敗したのか、どっちなんだろう? まあ、どうせ混ぜるから同じなんだけどね(笑)。

黒胡椒がたっぷり

 よく見ると、粉チーズと黒胡椒がたっぷりだ。旨そうだね。

まずはそのまま引き上げて

 では、まずは混ぜずにそのまま食べてみますかね……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 丼の底に濃厚な鶏白湯のスープがあるのか、混ぜなくても十分旨い。ただ、このままだと味はカルボナーラ風じゃないよね。

続いて混ぜてから

 ということで、しっかりと全体を混ぜ混ぜしてからいただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 うんうん、予想のど真ん中の味。カルボナーラって誰もが知ってる味だから、味の予想はあまり外れない方がいいよね。カルボナーラが好きな人なら、きっと好きになる味だ。

完食

 ということで、しっかり完食。旨かったなぁ。
 メニューを見ると、新たに「煮干濃厚白湯らーめん」(830円)というのが加わったみたいだから、次はこれを食べてみるとするかな。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-5 クロスコート秋津1階
営業時間:正午~午後2時30分/午後5時30分~9時30分
定休日:月曜
禁煙
ツイッターはこちら
インスタグラムはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




期待通りの濃厚さで激旨の鶏そば

 2018年2月に秋津の商業モール「クロスコート秋津」にオープンした鶏そば専門店「麺場 二寅(ふとら)」

麺場 二寅

 前回、「鶏白湯そば」を食べて、その旨さに衝撃を受けた私。「鶏白湯そば」でも十分に鶏の旨さが味わえるのに、メニューには「濃厚鶏白湯そば」(850円)というモノがあり、ずーっと気になっていた。
 ということで、秋津に来た私は真っすぐにお店に向かい、券売機の「濃厚鶏白湯そば」のボタンをポチッと……と思ったのだが、「今日はちょっと贅沢をしてみよう」と「特製濃厚鶏白湯そば」(1050円)のボタンをポチッと押した。

特製濃厚鶏白湯そば

 しばらくしてカウンター越しに出てきたのが、こちら。おおっ、凄いね。「特製」というのは「全部乗せ」みたいなモノなんだね。
「鶏白湯そば」の時は1枚だったローストポークが2枚。鶏ローストも2つ、手仕込みの鶏だんごも2つ、そして「鶏白湯そば」には乗ってなかった黄金半熟たまごが入っている。
 見るからに豪華で旨そうだ。

濃厚なスープ

 でも一番のごちそうは、このスープなんだよね。色は前回食べた「鶏白湯そば」と変わらない感じだけと、レンゲですくってひと口飲むと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 メニューに「スープは大量の国産丸鶏、ガラ、モミジを強炊きした一切臭みの無いクリーミーで後味の良い無添加スープです」と解説してあったけど、まさにその解説通りの味わい。臭みがなくて少しトロみがあり、濃厚な豚骨スープを飲んだあと、唇がくっつく感じがあるでしょ。あの感触がこのスープでもあるんだよね。

麺のアップ

 では、麺をいただきますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 前回食べて、この麺が旨いのはわかっていたけど、スープが濃厚だから、前回以上に麺に絡みついて旨いこと、旨いこと。
 乗っている具材もどれも旨い。

黄金半熟たまご

 今回初めて食べた黄金半熟たまごは、かじるとこんな感じ。味の染みた半熟の黄身がたまらない!

完食

 もう夢中になって食べて一気に完食。
 このお店、残ったスープに粉チーズをかけたライスを入れてリゾット風に食べることもできるようだ。今回は濃厚スープを味わいたいから、そのまま飲んじゃったけど、次回はライスを入れてみようかな。でも「淡麗鶏そば塩」(780円)も「鶏ボナーラ」(850円)も気になるんだよなぁ。また行かなきゃ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-5 クロスコート秋津1階
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後5時~10時
定休日:木曜
インスタグラムはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




秋津に鶏そば専門店がオープン

 秋津駅と新秋津駅の乗り換えルート上にある商業モール「クロスコート秋津」。この1階の一番目立つ場所に、オープン当初はラーメン店の「太陽のトマト麺」が入っていた。しかし2017年3月に閉店。その後すぐ、2017年5月に同じくラーメン店の「来良哲」がオープンしたのだが、2017年末に閉店してしまった。
「次はどうなるんだろう」と思っていたら、2018年2月13日、また新たにラーメン店がオープンした。それが今回紹介する鶏そば専門店「麺場 二寅」だ。

麺場 二寅 秋津本店

「二寅」と書いて「ふとら」と読む。過去の2店はチェーン系のラーメン店だったが、今回はチェーン系ではないようだ。とは言っても、お店はこの1店だけではない。
 実は2017年11月7日に所沢駅西口のプロペ通りに昼限定でオープンしており、秋津のお店は2店目となる。しかし、所沢の1店目は居酒屋の営業時間外を利用しての営業であり、完全独立のお店は秋津が初めて。ということで、このお店、正式名称は「麺場 二寅 秋津本店」となっている。

 メニューは次の通り。

*鶏白湯そば(830円)
*特製鶏白湯そば(1030円)
*濃厚鶏白湯そば(850円)
*特製濃厚鶏白湯そば(1050円)
*濃厚鶏白湯つけそば(880円)
*特製濃厚鶏白湯つけそば(1080円)
*淡麗鶏そば塩(780円)
*特製淡麗鶏そば塩(980円)
*鶏ボナーラ(850円)
*ローストポーク丼(300円)


「美味しくなければ、ちょっと許さないぞ」と構えてしまう、なかなかの値段設定だと思う。逆に言えば、それだけのこだわりと自信があるのだろう。
 私は券売機の「鶏白湯そば」のボタンをポチッと押した。

鶏白湯そば

 そしてこれが「鶏白湯そば」。ちょっと量が少なく見えるかもしれないが、この丼、ちょっと深めなので、ボリュームは結構ある。

スープが旨い!

「濃厚鶏白湯そば」ではないのだが、スープは色からして濃厚そうだ。鶏の香りもする。レンゲですくって飲んでみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、これは旨いなぁ。十分濃厚な味わいなんだけど、「濃厚鶏白湯そば」はさらに濃厚ってことなんだよね。凄いなぁ。

麺のアップ

 麺は少し縮れているのかもしれないけど、ほぼストレートっぽい中太麺。ではいただきますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 スープが濃いから、十分に麺にまとわりついて旨いこと、旨いこと!

鶏ロースト

 ローストポークと一緒に具材のメインを張っているのが、この鶏ロースト。最後にバーナーで皮を炙っているからなのか、香ばしさがあって旨い。

手仕込み鶏だんご

 こちらは手仕込みの鶏だんご。生姜が効いていてこれも旨いなぁ。

スープを飲み干して完食

 当然の如く。スープを飲み干して完食。いやあ、満足感がハンパないねぇ。スープ、麺、具材の1つ1つに至るまで、随所にこだわりを感じるし、食べるたびに伝わってくる。
 もう早くも「濃厚鶏白湯そば」を食べたい気分。これより濃厚って、どういうことなんだろう? 
 いやあ、この「鶏白湯そば」、本当に凄いですよ。超オススメです。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-5 クロスコート秋津1階
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後5時~10時
定休日:木曜
インスタグラムはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告