東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 川島酒店(萩山町) ]

日本酒好きを育ててきた老舗の酒屋

 萩山駅北口から歩いて2分もかからない、萩山小学校のすぐ近くにある酒屋「川島酒店」

川島酒店

 このお店は東村山市内の日本酒好きにも、市外の日本酒好きにも、昔からよく知られている酒屋さんだ。
 どういうことかというと、他ではなかなか手に入らない日本酒を取り扱っているんだよね。そのことは、入り口横に置いてあるボードを見るだけでわかる。

ここでしか買えないお酒がズラリ

「冬のおすすめ限定酒」と書かれたボードの商品ラインナップ、凄いねぇ。「地酒東村山」は東村山市内の酒屋なら大抵置いてあるけど、「樽酒はかり売り」は初めて見たよ。同じ「豊島屋酒造」が出している「金婚 たる酒」なら飲んだことがあるけど、それとは値段が全然違うんだよね。私は「樽酒」が好きだから、これは気になるなぁ。気になるけど、次の機会だなぁ。

 というのもこの日、「川島酒店」に来たのは別の欲しい日本酒があったから。しかも2本も。

「久保田 生原酒」

 その1つが、「久保田」や「越州」の銘柄でお馴染みの新潟県長岡市の「朝日酒造」が醸した「久保田 生原酒」(720ml 1512円)。

「吟醸あらばしり」

 そしてもう1つが、石川県白山市の酒造メーカー「菊姫」が醸した「菊姫 吟醸あらばしり」(720ml 2052円)。


 どちらもなかなか手に入らない限定酒だ。どうしてこのお酒のことを知ったかと言うと、「川島酒店」はフェイスブックにお店のページを持っていて、新しく入荷した日本酒の情報を発信しているからだ。しかもその紹介文が上手いんだよね。
「久保田 生原酒」はこんな感じ。

「久保田・生原酒」は、1年に一度の限定出荷で、しぼりたての生酒ならではの若々しさとスッキリ感。そして、原酒ならではのしっかりとした味わいが特徴です♪
アルコール度は19度の吟醸生原酒で、このお酒に加水し熱処理したのが久保田の千寿です!
久保田・千寿と飲み比べがおすすめです♪


 で、「菊姫 吟醸あらばしり」はこんな感じ。

菊姫さんの「吟醸あらばしり」は、霊峰白山の芳醇な伏流水と、特Aの酒造好適米・兵庫県吉川産の山田錦を使用し、小仕込みで丁寧に醸された新酒吟醸です♪
しぼりたての吟醸を、風味を保ったままビン詰めした新酒ならではの荒々しさ・力強さと、豊かな風味の中に感じられる瑞々しさが特徴の男酒です。


 飲みたくなるでしょ? 「川島酒店」が凄いのは、こういう情報発信もそうなんだけど、もっと日本酒を好きになってもらおうと積極的にイベントを仕掛けてきたことだ。
 今でこそ、八坂小学校近くの酒屋「本多屋酒店」が仕掛け人の1人として関わっている「呑みにおいでよ!東村山!」というイベントがあったり、久米川駅南口の住宅街にある酒屋「水新酒店」が定期的に角打ちをやったりしているけど、それ以前から「川島酒店」は「地酒を楽しむ会」というイベントをずっと手掛けてきた。
 この「地酒を楽しむ会」というイベントは、「川島酒店」と取り引きのある東村山市内の飲食店を会場にして、テーマを決め、蔵元の人を呼んで、話を伺いながら日本酒を楽しむというモノ。すでに43回も開催しており、前回は2018年2月5日に久米川駅南口のフランス料理店「La fleur de sel(ラ・フルール・ド・セル)」で行ったのだとか。テーマは、

「銘酒・八海山vs本格フランス料理」

 事前に提供する「八海山」のお酒をシェフにテイスティングしてもらい、それぞれのお酒に合う料理をフルコースで構想してもらったのだとか。いやあ、行きたかったなぁ。
 私、まだこの「地酒を楽しむ会」に行ったことがないんだよね。
 こういうイベントを地道に続けて、日本酒好きを育ててきたから、今の日本酒ブームがあると思うなぁ。
 日本酒が好きという人、日本酒が最近気になるという人は、ぜひ「川島酒店」に行ってみて欲しいな。きっと、ほかのお店では見つからなかった、自分好みのお酒が見つかると思いますよ。




【DATA】
住所:東村山市萩山町4-16-2
電話:042-391-0087
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:水・木曜
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR