東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ やへい東口店(本町) ]

誰もが頼むスタートセット

 肉・魚・玉子・乳製品をできるだけ食べないようにする「なんちゃって菜食生活」をしている私だけど、だからこそ時々、「肉が食べたいなぁ」と思うことがある。がんになりにくい体にしていくためには、なるべく菜食生活をした方がいいとは思うけど、我慢してストレスをためるのも逆に良くないので、こういう時は素直に食べるようにしている(笑)。
 この日は焼き鳥を食べたい気分だったので、以前から行きたいと思っていたお店に行ってみた。

やへい東口店

 そのお店とは、東村山駅東口にある焼き鳥店「やへい東口店」。赤提灯の感じがいいねぇ。
 お店には「やへい」としか書いてないけど、実は東村山駅西口にも「やへい」という焼き鳥店があるんだよね。どうやら同じお店らしいのだけど、このブログではわかりやすくするために東村山駅東口のお店を「やへい東口店」、東村山駅西口にあるお店を「やへい西口店」と表記することにしますね。

 ガラッと入り口を開けると、カウンターが手前から奥に伸び、左側が厨房、右側にテーブル席がある。1人だったのでカウンター席に座った私。メニューらしきモノはなく、壁にズラッとメニューが貼られている。後ろを振り返りながら「何にしようかな」と見ていると、「セットもありますよ」と女将さん。
 見ると、「おまかせセット」という貼り紙が。そう言えば、「やへい西口店」にも同じようなセットがあったような気がするなぁ。
 ミニサラダと焼き鳥5本と飲み物1杯がセットで998円。わずか2円とは言え、1000円を切っていると、凄くお得に見える。実際、この内容でこの値段なら安いんじゃないかなぁ。
 私は「おまかせセット」をお願いすることにした。

熱燗とサラダ

 飲み物は熱燗を頼んだ私。ごま醤油のドレッシングがかかったミニサラダをつまみつつグビリ。ああ、寒い時の熱燗は染みるねぇ。

もも肉とネギ間

 と、そこへ大将がカウンター越しに、焼き鳥5本のうちの「ネギ間」(左)と「もも肉」を出してくれた。どちらも塩。そう言えば、タレか塩か、聞かれなかったなぁ。
 思い出した。「やへい西口店」の時もそうだった。セットの場合は、無条件に塩なんだ。焼き分ける必要がないからね。

 どっちもジワッと焼かれていて、食べると中がジューシーで旨い。

ハツとレバー

 続いて「ハツ」(左)と「レバー」。これもいい塩加減で、お酒が旨いよ。

さび焼

 最後に出てきたのは「さび焼」。ササミをレアで焼き、ワサビを乗せている。レアだから中が柔らかく、たたきを食べている感じ。


 私が食べている間も続々とお客さんが入って来るんだけど、みんな、セットを注文。セットで飲み始めて、それから料理を追加していくというパターンが、このお店で飲むスタイルみたいだ。常連さんだと、飲み物だけ聞いて、あとは黙っていてもセットの焼き鳥とミニサラダが出てくる。何だかいいなぁ。

 私はサクッとセットだけでお店を出たけど、今度は友人と一緒に来て、いろいろ頼んでみたいな。もちろん最初に注文するのは「おまかセット」だけどね(笑)。




【DATA】
住所:東村山市本町2-5-17
電話:042-308-1128
営業時間:午後5時~11時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告