東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

隠れ家カフェでのんびりモーニング

 平日の朝、フラリと秋津地域の散策に来たのだが、西武池袋線の秋津駅からJR武蔵野線の新秋津駅までの乗り換えルートは、多くの人が足早に歩いていて、何となく忙しない。
 時刻は午前9時を回っていて、通勤時間帯を過ぎたからのんびり歩けるだろうと思っていたのに、この忙しなさ。どこかで、のんびりと朝食でもと思っていたのだけど、乗り換えルートに面しているお店はどこも忙しない雰囲気が漂っている。
 うーん、困ったなぁ。もっとのんびり、まったりできる普通の喫茶店みたいなところはないのかなぁ……そう思いつつ歩いていると、こんな置き看板に出くわした。

置き看板を発見

 そうだ、忘れてたよ。「NOBU Cafe」があったよ。
 早速、路地に入り、お店へ向かう。

NOBU Cafe

 通りの喧騒が消え、ひっそりと佇んでいるお店。いいねぇ。ちょっと路地に入っただけなのに、このひっそり感。大げさではなく、まさに「隠れ家カフェ」だね。
 お店に入り、カウンター席に座ると、まずはメニューをチェック。

メニュー

 確か「モーニングセット」があったハズなんだよね。

モーニングセットがあるんだよね

 あった、あった。トーストとウインナー、目玉焼きとサラダがついて540円ね。飲み物は別なのか。プラス100円でコーヒーか紅茶を付けられるんだね。
 ということで、私は「モーニングセット」とコーヒーをお願いした。

まずコーヒーが運ばれて来た

 まずはコーヒーが運ばれて来た。のんびりした店内で飲むコーヒーは格別だね。秋津駅近くの「ドトールコーヒー」だとこうはいかないだろうなぁ(笑)。

これが「モーニングセット」

 と、そこへ「モーニングセット」が運ばれて来た。ゴージャス感はないけど、朝食なんだからコレでいいと思う。どれもシッカリ、これから夕方までのエネルギーになってくれそうだ。

トースト

 トーストは「Boulangerie NOBU(ブーランジェリー・ノブ)」の無添加食パン。初めて食べるけど、普通に旨いんじゃないかなぁ。ごめんなさい。食パンの味の違いがわかるほど、鋭い味覚の持ち主じゃないんです。

目玉焼きの黄身の部分を乗せて…

 そんな味覚オンチの私だから、目玉焼きの半熟の黄身の部分をトーストに乗せて食べる……なんてことをやっちゃうんですよね(笑)。だけどコレ、旨かったなぁ。


 店内のテレビで久しぶりにワイドショーを見たりなんかして、のんびりまったり。いやあ、いい時間が過ごせたなぁ。こういうお店はありがたいね。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-2
電話:042-306-3273
営業時間:午前8時~午後8時
定休日:不定休
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
ブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




路地裏のパン屋が隠れ家カフェに変身

 料理が旨いのに、なかなか繁盛しないお店って、ありますよね。そういうお店を微力ながらブログで応援したいと思っているんだけど、最近はほとんど記事を更新していないから、「微力」どころか、ほとんど「無力」と化している。
 でも記事にはしなくても、気にかけてはいるんだよね。そういうお店の1つが秋津にあるパン屋「Boulangerie NOBU(ブーランジェリー・ノブ)」だ。
 秋津駅と新秋津駅を結ぶ乗り換えルートからちょっと外れた路地裏にお店があるので、お店の存在自体を知らない人も、未だにいると思う。お店が通りに面していないから、いつも店員さんが通りに出て、焼き立てパンの情報を声を張り上げて伝えている。

 秋津に来て、「とみん銀行」の前で声を張り上げている店員さんを見ると、「美味しいんだから繁盛して欲しいなぁ」といつも思っていた。

 で、先日のこと。久しぶりに秋津に来て、いつものようにお店チェックを兼ねて乗り換えルートを散策していると……あれ? 今日は店員さんがいないぞ。

 ま、まさか閉店?

 路地に入り、速足でお店に向かうと……。

NOBU Cafe 秋津本店

 営業しているみたいだけど、何か違う。よく見ると……。

「NOBU Cafe」と書いてある。

 エッ、どういうこと? さらに近づくと、どうやら「Boulangerie NOBU」が経営するカフェのようだ。
 あとでホームページを調べてみると、「Boulangerie NOBU」がカフェを手掛けるのは秋津が初めてではないようだ。店名は正式には、「NOBU Cafe 秋津本店」というらしい。カフェとしては一番新しいお店なんだけど、会社が東村山市内にあるということで「秋津本店」となっているようだ。こういうブログを書いているせいなのか、妙に東村山びいきになってしまっている私は、東村山市が本店と聞くと、凄くうれしくなっちゃうんだよね(笑)。

 早速、店内に入ると……へぇ、ガラッと変えたねぇ。入ってすぐのところにカウンター席があり、奥にテーブル席がある。さらにその奥にはちょっとした小上がりのようなスペースがあり、赤ちゃんや小さな子どもと一緒でも大丈夫なようになっている。

 私はカウンター席に座り、メニューを手に取った。

モーニングがあるんだね

 メニューはこんな感じ。朝8時からモーニングセットがあるんだね。
 おっ、午前11時からはパンケーキもあるんだ。パンづくりについて「イーストフードや乳化剤、酸化防止剤、増粘剤、香料、保存料を含む食品添加物は一切使わない」というこだわりを持つこのお店が出すパンケーキってどんなモノなんだろう? 食べてみたいなぁ。

 でも私は、パンケーキは次回の楽しみにして、今回は「ホットコーヒー」(350円)と「窯出し焼き立てパン」を頼むことにした。
 すると、店員さんが数種類のパンが入ったバスケットを持って来た。「窯出し焼き立てパン」はこの中から選べということらしい。私は細長い小豆フランスをお願いした。

小豆フランスとホットコーヒー

 しばらくして、「ホットコーヒー」と小豆フランスが運ばれて来た。小豆フランス、大きなバスケットにほかのパンと一緒に入っている時は「細長いなぁ」くらいにしか思わなかったけど、こうして1つだけポンと出されるとデカいなぁ。パン用のバスケットに入り切らないじゃん(笑)。

パンは温かい

 それではパンをいただいてみますかね……おっ、温かい。注文を受けてから、温めてくれたのかな? うれしいなぁ。

粒あんのほかにくるみも入っている

 ひとかじりすると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これはいいねぇ。パンがモチッとしていて、生地にはゴマだけが乗ってるのかなと思ったら、クルミも入っているんだね。あんことクルミって、相性がいいから、旨いこと。
 会計の時に支払ったのは550円。ということは、小豆フランスは200円か。あのボリュームであの旨さなら安いと言えるかも。

 コーヒーも旨いし、こういうくつろぎのスペースって、秋津にはありそうでなかったからうれしいなぁ。以前は秋津にもあったんだけどねぇ。昭和の雰囲気が残っていて、くつろげる喫茶店だった「ちさき」「ボン」は閉店してしまったからね。
 単にコーヒーが飲める場所なら、「ドトールコーヒー」「マクドナルド」「モスバーガー」「フレッシュネスバーガー」「サイゼリア」などがあるけど、ちょっとザワザワして落ち着けないんだよね。そういう意味では、この場所にカフェができてよかったかも。


 だけど、気になるのはもともとあったパン屋「Boulangerie NOBU」だ。
 店員さんに聞くと、ナント、秋津駅と新秋津駅を結ぶ乗り換えルート、つまり表通りに移転したのだという。確認してみると……。

表通りにオープンした「Boulangerie NOBU」

 あった、あった! 中華チェーンの「日高屋」の隣にオープンしている。以前より少し狭くなった感じだけど、表から美味しそうなパンがよく見えるし、何より入りやすい。
 お店の人に話を聞くと、このパン屋で買ったパンを「NOBU Cafe 秋津本店」に持ち込んで食べることもできるのだとか。それはいいアイデアかも。「NOBU Cafe 秋津本店」でもパンを焼いてるけど、やはりそんなにいろいろ焼けないからね。
 ちなみに移転した「Boulangerie NOBU 秋津本店」(こちらも正式には「秋津本店」が入るらしい)のデータは次の通り。

【DATA】
住所:東村山市秋津町5-8-27
電話:042-306-0144
営業時間:平日は午前9時~午後9時/土・日・祝日は午前8時~午後8時
定休日:不定休



 パン屋は表通りに出て、カフェは路地裏。このパターンって絶妙でいいんじゃないかなぁ。どちらも「本店」だし、パンは間違いなく旨いんだから、繁盛して欲しいな。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-2
電話:042-306-3273
営業時間:午前8時~午後8時
定休日:不定休
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
ブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR