東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

看板犬に誘われて一杯

 2019年の新年早々、まだ松が取れる前の話。まだ年末年始のお休み中のお店が多く、「軽く一杯やれるお店はないかな」と友人と久米川駅南口のモザーク通りを歩いていた。
 居酒屋「青空」の暖簾が出ていたのは気づいていたけど、もう少し先にあるお店が開いていたらそっちに行きたいなぁと思い、通り過ぎようとすると、ササッと動く影が……。

看板犬のダニエル君がこっちを見ている

 振り返ると……。

ねぇねぇ(´ ▽`).。o♪♪

という感じで、看板犬のダニエル君がこっちをジッと見ている。
「ごめんね。また今度ね」と言うと、聞こえるワケはないのに……。

つまらなそうな顔をするダニエル君

え~、来ないのぉ…

と急にショゲてしまっている。これには、私も友人も参ってしまい、「ココにしようか」と入ることにした。

焼酎のお湯割りで乾杯

 凄く寒かったので、焼酎のお湯割りで乾杯。ふぅ~、染みるねぇ。

オニオンスライス

 軽く飲むつもりだったので、ツマミも軽めに「オニオンスライス」(280円)を注文。寒いと血管が収縮しがちで、ドロドロだと詰まりやすくなってしまうから、少しでもサラサラにしておかないとね(笑)。

マグロアボカドのわさび醤油

 友人が頼んだのは、「マグロアボカドのわさび醤油」(680円)。アボカドをワサビ醤油で食べると、マグロみたいな味がするんだけど、そんなワサビ醤油の付いたアボカドとマグロを一緒に食べると、何となくトロを食べてるような感じ。不思議だねぇ。

 それにしてもダニエル君を見ていると、ホント癒される。かわいいなぁ。この日はお客さんが私たち以外にいなかったこともあって、あまりツマミも食べずに、ついつい長居をしてしまった。
 ご主人、ごちそうさまでした。ダニエル君、また来るね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-22-17
電話:050-3313-1335
営業時間:午後6時~深夜0時
定休日:不定休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





久米川 居酒屋 青空‐Aozora‐
久米川 居酒屋 青空‐Aozora‐
ジャンル:和食と銘酒が揃う居酒屋
アクセス:西武新宿線久米川駅?徒歩3分
住所:〒189-0013 東京都東村山市栄町2-22-17 1F(地図
周辺のお店のネット予約:
魚民 中村橋南口駅前店のコース一覧
海人(うみんちゅ) 別館のコース一覧
グリルダイニングヒルトップ 練馬のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 東村山×居酒屋
情報掲載日:2019年1月26日





侮れない居酒屋の手打ちそば

 友人と「会おうか」ということで、久米川駅南口で待ち合わせた私。大抵は「軽く一杯やろうか」という話になるのだが、この日は私も友人も「お酒はちょっと……」という状態で「軽くメシでも」ということになった。
「軽くメシ」となると、ご飯モノよりはやっぱりそばかな……そう思いつつ、お店を思い浮かべていくと、ポンッとあるお店が脳内に浮かび上がって来た。

青空

 久米川駅南口はモザーク通りにある居酒屋「青空」だ。確かこのお店、メニューにそば屋並みに、そば・うどんがあり、「次回はこれを食べてみよう」って思っていたんだよね。

看板犬のダニエル君

 看板犬のダニエル君。相変わらずかわいいねぇ。
 お店に入ってカウンター席に座り、メニューを見ると……あった、あった。あれ? 昨年末に来た時と比べて、ひょっとして少し値上がりした? まあ、チェーン系の立ち食いそば屋をはじめ、世間のそば屋は軒並み値上げしているから、当然と言えば当然か。
 ということで、改めてそばメニューを書き出すと……。


《冷たいそば》
*せいろ(540円)
*たぬき(640円)
*なめこおろし(840円)
*とろろ(720円)
*かき揚げ(780円)
*豚汁せいろ(860円)
*鴨せいろ(860円)
*カレーせいろ(880円)
*野菜天せいろ(880円)
*天せいろ(1080円)

《温かいそば》
*かけ(580円)
*月見(640円)
*たぬき(680円)
*梅卵とじ(720円)
*力(720円)
*肉南蛮(720円)
*鳥南蛮(720円)
*やまかけ(760円)
*なめこ(800円)
*山菜(800円)
*かき揚げ(860円)
*カレー南蛮(880円)
*鴨南蛮(880円)
*けんちん(920円)
*天ぷら(1080円)



 何気にメニューが少し増えているようだ。一応、このお店は居酒屋なので、店長さんに「そばだけ頼むって大丈夫ですか?」と聞いてみた。すると、店長さんはニッコリしてこう答えてくれた。

「大丈夫ですよ。結構、飲まずにご飯だけ食べて帰るお客さん、いますから」

 ちょっと安心した私と友人。私は「とろろそば」を、友人は冷たい「かき揚げそば」を注文した。

とろろそば

 しばらくして、まずは私の「ととろそば」が運ばれて来た。おーっ、お盆に乗って出てくるんだ。本当にそば屋さんみたいだなぁ。

旨そう!

 そばは白っぽくて艶やか。旨そうだ。

かき揚げそば

 こちらは友人の「かき揚げそば」。かき揚げはというと……。

かき揚げがデカい!

 こちら。
 デカいねぇ。もちろん、揚げたて。

かき揚げの中はこんな感じ

 早速、かき揚げを横に倒して、箸で割ってみた友人、途端に立ち上る湯気。いいねぇ、旨そうだよ。細かく切ったいろんな野菜が入っている感じ。

とろろを付けていただきま~す

 ではでは、私はとろろの中に入っている、うずらの玉子を溶いてから、そばをザブンとたっぷり浸して、ズッ、ズズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 これこれ。前日にお酒を飲み過ぎてグロッキー気味だった私の体が求めていたのは、この優しい味なんだよね。

そば湯割りで〆

 アッと言う間に、そばを食べ終わり、そば湯割りを飲んで、ごちそうさま。
 この日はそばだけを頼んだけど、飲んだ後の〆にいいと思うなぁ。今度来たら、そうしてみよう。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-22-17
電話:042-306-3564
営業時間:午後6時~深夜0時
定休日:不定休




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




看板犬のいる居酒屋

 久米川駅南口のモザーク通りに“鬼門スポット”化しつつある場所がある。
 もともとは牛乳販売店があったのだが閉店し、2014年1月にラーメン店「麺屋 夢」がオープン。しかし9カ月ほどで閉店。その後、2015年3月に持ち帰り寿司チェーン「小僧寿し」が手掛けるラーメン店「麺や小僧 久米川店」がオープンしたのだが、半年も経たないうちに「麺屋黒琥(めんやくろこ)」にリニューアル。だけど、これも長続きせず、2016年に閉店した。

 ラーメン店が立て続けに3店、1年も持たずに閉店すれば、“鬼門スポット”と言われても仕方ないだろう。この場所、「次は何ができるんだろう?」と思っていたのだが、そういう経過もあってか、なかなか次が決まらなかったようだ。
 ようやく2017年8月28日に新しいお店がオープンした。今回はラーメン店ではなく、居酒屋。これがちょっとユニークで面白いんだな。

青空

 まずユニークなのが、店名。夜の営業がメインの居酒屋なのに「青空」という店名なのが何ともユニーク。近ごろ流行りの昼飲みをやるのかなと思ったら、昼営業はやっていないようだ。
 次にユニークなのが、写真をよく見るとわかるのだが、ナントこのお店、“看板犬”がいるのだ。

看板犬のダニエル君

 犬種はコーギーなのかな。名前はダニエル君。おとなしくて、かわいいんだなぁ。入ってくるお客さんは、ほとんど例外なくダニエル君を撫でていく。まさに“看板犬”の面目躍如だ。

日本酒で乾杯

 かわいいダニエル君を友人とともにチラチラと愛でながら、日本酒で乾杯。こういう器で飲むと、何だかいつもより旨く感じるなぁ。

お通しは菜の花の辛し和え

 お通しは菜の花の辛し和え。さっぱりしていて旨い。

ホタルイカの沖漬け

 すでに夕食を食べてお腹いっぱいの私は、軽いツマミとして「ホタルイカの沖漬け」(350円)をチョイス。これが日本酒によく合うんだなぁ。

オニオンスライス

 そして体のことを考えて「オニオンスライス」(280円)を注文。添えられているポン酢には少しオリーブオイルが垂らしてあるのだとか。かけて食べると……うんうん、旨いね。

おでん

 これは少し小腹の空いている友人が頼んだ「おでん」。種が5つも入っていて480円は安いんじゃないかな。ちゃんと牛スジと大根が入ってるしね。

 このお店が面白いのは、実はメニューなんだよね。「居酒屋」と言いつつも、いわゆる酒のツマミはそんな多くなく、それよりも丼モノやそばが充実しているんですよ。

《丼モノ》
*親子丼(550円)
*コロッケ丼(550円)
*かき揚げ丼(680円)
*天丼(730円)


「天丼」を出す居酒屋はあるけど、「かき揚げ丼」を出す居酒屋って、なかなかないよね。ちょっと気になるんだなぁ。
 そばメニューがまた凄いのよ。

《冷たいそば》
*せいろ(400円)
*たぬき(550円)
*なめこおろし(650円)
*山かけ(650円)
*かき揚げ(680円)
*野菜天せいろ(550円)
*鶏せいろ(700円)
*天せいろ(750円)

《温かいそば》
*かけ(400円)
*月見(450円)
*たぬき(550円)
*なめこ(550円)
*梅卵とじ(550円)
*やまかけ(650円)
*肉南蛮(650円)
*かき揚げ(680円)
*カレー南蛮(700円)
*鳥南蛮(700円)
*鴨南蛮(700円)
*天ぷら(750円)
*けんちん(800円)


 こんなにあるのに、さらに「本日のメニュー」に「キノコそば」(860円)と「からみ大根そば」(680円)があるんだから、そばに対する力の入れ具合はハンパじゃない。
 だからカウンター越しに店長さんに聞いてみた。

「このお店は何屋さんなんですか? そば屋ですか?」

 すると店長さんは「居酒屋です」とキッパリ。
 そうなのか。居酒屋なのか。これだけの種類のそばを揃えた居酒屋って珍しいよね。最近はツマミを豊富にした“飲めるそば屋”が増えてきているけど、このお店はその逆バージョンで“いろいろなそばが食べられる居酒屋”なんだね。

 8月にオープンしたから、もうネット上にお店の情報が出ているだろうと思って、営業時間や定休日を聞かなかったけど、調べたら全然情報がなくてビックリ。こんなにユニークな居酒屋なのにね。
 ということで、お店情報の収集のためにも早めに再訪して、今度はダニエル君を愛でながら、そばをいただくとしますかね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-22-17
電話:042-306-3564




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR