東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ボリュームたっぷりのうどん

「あーあ、『ジーンズメイト』はやっぱり閉店したのか。告知も何もないから、リニューアルなのかなと思ったんだけど、『テナント募集』の貼り紙が出たってことは、閉店したんだなぁ」などと、「ほぼ週刊東村山グルメニュース」のネタを探しながら、久米川駅北口周辺を散策していた私。
 北口商店会を歩きつつ、路地をひょいとのぞくと見えるのが……。

餃子工房

「餃子工房」。「餃子」と付いているから中華料理だと思うかもかもしれないけど、このお店はどちらかというと韓国系なんだよね。
 そんなことを思いつつ、入り口前の置き看板を見ると……。

メニューが増えてるよ

 おや、メニューが増えている。「キムチうどん」(600円)に「野菜うどん」(600円)か。あとは「韓国式鍋」(700円)。要するに「チゲ」ということだね。種類はキムチチゲ、味噌チゲ、豆腐チゲの3つか。「豆腐チゲ」ということは、「スンドゥブチゲ」ということなのかな? だとすると、魅力だなぁ。
 それにしてもこのお店、かなり韓国料理にシフトしてきてるなぁ。


 ちょっと小腹も空いていたので、ここでひと休みすることにした私。「豆腐チゲ」がかなり気になったけど、韓国料理でうどんというのも珍しいと思い、「キムチうどん」を頼んでみた。

キムチうどん

 すぐに出てくるだろうと思ったら、10分以上待ったんじゃないかな。ようやく出てきたのが、こちら。
 スープの色はキムチ色なんだけど、キムチの姿はあまり見えない。底に沈んでいるのかな?

稲庭うどんのように細い

 うどんは稲庭うどんのように細くてビックリ。これはおそらく乾麺なんじゃないかな。だから時間もかかったんだと思う。
 細いけど、ブチブチと切れたりすることなく、コシがあって旨い。
 スープは最初は甘く感じたけど、結構あとから辛さがくる。
 で、食べ始めてから気づいたんだけど……。

よく見ると、丼はかなりデカい

 この器、かなりデカくないかい?(笑) こんなに深い器になみなみとスープが入り、うどんも野菜もキムチもたっぷり。これは食べ切ると、かなり満腹になると思うなぁ。

パンチャンが1皿出てきた

 と、そこへ「これもよかったらどうぞ」とパンチャンを1皿持ってきてくれた。
 ちょっと凄いボリュームになっちゃったよ。「小腹を満たす」レベルじゃないよ(笑)。
 しっかりと腰を据えて食べ切りましたとも(笑)。
 ふぅ~、お腹いっぱい。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-8-22
電話:042-313-3224
営業時間:正午~午後2時30分/午後4時~8時
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/03/10 05:00 ] 【韓国料理】 餃子工房(栄町) | TB(-) | CM(0)

韓国風の餃子専門店

 2017年4月ごろだろうか、「久米川駅北口に餃子の専門店がオープンしたみたいだよ」という情報をゲットした私。餃子は大好きなので、すぐにでも行きたかったのだが、なかなか機会がなく、ようやく先日、行くことができた。

 久米川駅北口を出て右側に進み、スーパー「あまいけ久米川店」がある通りをそのまま進むと右手に寿司屋の「魚がし寿司」が見えてくる。その十字路を左に曲がると……。

餃子工房

 ありました、ありました。「餃子工房」という店名なんだね。ちょうど居酒屋「びーどろ亭」の向かいぐらいの場所かな。

 基本は持ち帰りなんだと思うけど、店内にはちょっとした飲食スペースもある。中に入ると、すぐ左側にカウンター席が4つあり、その奥に4人掛けのテーブルが4卓ある。
 私は1人だったけど、空いていたので奥のテーブル席に座った。

メニューはこんな感じ

 メニューはこんな感じ。餃子は4種類。

*キムチ餃子
*野菜餃子(木耳入り)
*カルビ餃子
*辛口肉餃子


 いずれも1皿6個で370円。「ミックス餃子」とは、4種類のうちの2種類を選んで3個ずつ焼いてもらうというモノ。「キムチ餃子」があるし、メニューの「おつまみ」を見ると、「チャプチェ」や「韓国のり」があるから、どうやらこのお店は韓国風の餃子を出すみたいだ。

裏はドリンクメニュー

 料理メニューの裏側はドリンクメニューになっている。
 おっ、生ビールが400円というのはちょっとうれしいかも。おおっ、「生ハーフ&ハーフ」なんてあるじゃないの。「ハーフ&ハーフ」を出すお店は珍しいよね。

生ハーフ&ハーフとおつまみ

 ということで、頼んじゃいました(笑)。餃子は、なんちゃって菜食生活をしているから、「野菜餃子」と「キムチ餃子」を注文。

「餃子が焼けるまで、これをどうぞ」と木耳(キクラゲ)の和え物を出してくれた。こういうサービス、うれしいよね。

卓上の調味料

 ビールを飲みつつ、卓上をチェック。醤油、酢、ラー油のほかにオリジナルの餃子たれもある。

野菜餃子

 と、そこへ注文していた餃子が運ばれてきた。こちらは「野菜餃子」。

キムチ餃子

 そしてこちらは「キムチ餃子」。どちらもパリッと焼かれている感じではなく、しっとりと蒸し焼きされているという感じ。
 それではいただいてみますか。

「野菜餃子」は野菜たっぷり

 まずは「野菜餃子」から……へぇ、薄皮なんだね。木耳が食感といい、味といい、すごくいいアクセントになって旨い。これはいいね。

「キムチ餃子」は意外にも肉たっぷり

 続いて「キムチ餃子」をパクッ……キムチがたっぷり入っているのを想像していたんだけど、意外にも肉がたっぷり。キムチの味はあまりしなくて、ちょっとピリ辛になっているかなってぐらいの役割しか果たしていないみたい。旨いんだけど、もう少しキムチっぽさが欲しかったかな。


 それにしてもこの「キムチ餃子」、肉が本当にたっぷり。こんなに肉が入っているとは思わなかったなぁ。これじゃあ、なんちゃって菜食生活に反するから、今日は「肉を食べる日」にしちゃおうかな。

「カルビ餃子」と「辛口肉餃子」のハーフ

 ということで、残っている「カルビ餃子」と「辛口肉餃子」の2種類を「ミックス餃子」として頼んじゃいました(笑)。左3個が「カルビ餃子」で、右3個が「辛口肉餃子」。

カルビ餃子

「カルビ餃子」からパックンチョ……おおっ、ひき肉とは違う食感と味だね。これは旨い、旨い。

辛口肉餃子

 次に「辛口肉餃子」をパクリ……こちらは「キムチ餃子」以上に肉がたっぷり。「辛口」と言うほど辛くはないけど、旨い。

 昼間っから餃子とビールを堪能して満足、満足。個人的には薄皮より、モチッとした厚めの皮でパリッと焼き上げた餃子が好きなんだけど、たまにこういう餃子もいいかも。1個が割と大きいから、値段もリーズナブルだと思う。
 今度はチヂミやチャプチェをいただいてみるかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-8-22
電話:042-313-3224
営業時間:正午~午後2時30分/午後4時~8時
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/11/13 12:56 ] 【韓国料理】 餃子工房(栄町) | TB(-) | CM(2)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR