東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 来良哲(秋津町) ]


いろんな種類が食べられるラーメン店

 西武池袋線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅を結ぶ乗り換えルート上にある飲食店中心の商業モール「クロスコート」。この1階にラーメン店「太陽のトマト麺 クロスコート秋津支店」があったのだが、2017年3月末に閉店。その後、同じ場所に5月3日オープンしたのが、今回紹介する「来良哲 秋津店」だ。
 8月下旬のある暑い日に、私はフラリとお店に行ってみた。

来良哲 秋津店

「秋津店」とはどこにも書いてないんだけど、このお店「ジョイフル本田 瑞穂店」のフードコート内にもあるし、チェーン店であることは間違いない。「まるよしファミリー」というところが経営しているようなのだが、ネットで検索しても全く情報がない。そのまま「来良哲」という店名だけでもいいかなと思ったけど、ほかにもお店があるので、区別するためにこのブログでは「来良哲 秋津店」と表記する。

ラーメンの種類はいろいろある

 お店の前にメニューが書かれた看板がドーンとあるんだけど、いやいや、いろいろあるねぇ。博多系の豚骨ラーメンを筆頭に、醤油ラーメン、味噌ラーメン、煮干しラーメン、油麺、ラージャン麺につけ麺まである。「麺工房」と店名の横に銘打っているのは、これだけいろいろなラーメンをつくれるからということだろうか?
 一番下に「一品物」として「自家製から揚げ」や「手羽先」、「ポテトフライ」に「レバー焼き」なんてモノまである。店名の右横にある「酒場」の文字は、「飲めるラーメン店」であることを示しているのかもしれない。

ウリは一番上にある博多豚骨ラーメンなのかなぁ

 それにしても、これだけラーメンメニューがあると何を食べるか迷っちゃうね。
 でもたぶん一番上にある博多系の豚骨ラーメンがウリなんだと思う。
「豚骨らーめん」が640円か。都心にある博多系豚骨ラーメンのお店と比べると、ちょっと高めかなぁ。うーん、どうしよう……と迷っていると、その横にこんな看板が……。

おっ、ワインコインで食べられるのか

 おっ、8月いっぱいまで「豚骨らーめん」が500円で食べられるのか。それなら「豚骨らーめん」で決まりだね(笑)。

 お店に入ると、私はカウンター席に座った。店内は以前の「太陽のトマト麺 クロスコート秋津支店」とほとんど変わりない。

麺の固さが選べるんだ

 どうやら麺の固さが選べるようだ。私は「はりがね」でお願いしてみた。

卓上の調味料

 卓上の調味料はこんな感じ。あれ? 博多系の豚骨ラーメンを出すなら大抵、卓上に紅生姜と高菜、そしてゴマがあるもんだけどなぁ。このお店は全くない。最初から入っているってことなのかな?

豚骨ラーメン

 などと思っていると、すぐに「豚骨らーめん」が出てきた。そりゃそうだよね。固さが「はりがね」だから、麺茹ではアッと言う間だ。
 見ると、具材はチャーシューにメンマ、刻みネギにゴマ。紅生姜と高菜は入っていない。うーん、ちょっと物足りないなぁ。

スープはこんな感じ

 スープは白濁していてクリーミー。うん、博多系の豚骨スープだ。

麺のアップ

 麺は極細。ボキボキッとした食感を期待したのだが、ボギボギッという感じ。乾いた麺が折れる感じではなく、湿気た麺が折れるような感じ。でもスープには合っていて旨い。

 食べ進むと、やっぱり高菜や紅生姜による味の変化が欲しくなる。

しょっぱいから残してしまった

 スープを飲み干すつもりだったけど、食べ進むにつれ、しょっぱく感じてきたのでね申し訳ないけど残してしまった。
 だけど紅生姜と高菜があったら、これくらいのしょっぱさも気にせずに飲めたんじゃないかなぁ。そう思いながら、ふと頭の上を見ると……。

ふと頭を上げると、こんな貼り紙が…

マジ (゚д゚lll) ですか!!

 いやいや、こういう情報は目につきやすいカウンターに置くべきでしょう。いやあ、失敗しちゃったなぁ。
 このお店で「豚骨らーめん」を食べる人は、ちゃんとお店の人に言って、紅生姜と高菜を入れてもらってくださいね。きっとその方が旨いから。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-5 クロスコート秋津1階
電話:042-313-3707
営業時間:月~金曜は午前11時~午後2時30分、午後5時~11時30分/土・日・祝日は午前11時~午後11時30分
定休日:なし




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



[ 2017/09/11 12:43 ] 【ラーメン】 来良哲(秋津町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR