東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ ふぃっしゅ(青葉町) ]


絶品のアジフライ

「東村山市商工会」が地元を盛り上げるために立ち上げた食品ブランド「里に八国」。これに認定されている「すぐりゆば」「たぐりゆば」を製造しているのが、青葉町にある「大豆工房むさしの庵」というところ。「市民産業まつり」にも毎年参加しているので、ご存知の人も多いと思う。
 しかし、この「大豆工房むさしの庵」は会社ではなく、「ふぃっしゅいんてりあ」という活魚の流通事業を専門とする会社がつくった1つの事業ブランドであることは、あまり知られていない。
 この「ふぃっしゅいんてりあ」が、今年から本業である活魚の流通事業を生かして直営の海鮮専門の食堂を始めたというので、私は行ってみることにした。

 久米川駅北口から「全生園」へと延びるバス通りを進み、「多摩北部医療センター」の北側を通る道に入って歩くと……。

住宅街に突如出てくるランチ幟

 住宅街の中に「営業中」と「ランチ」と書かれた幟が見えてきた。どうやらココが「ふぃっしゅいんてりあ」らしい。

どうやら奥の建物がお店らしい

 敷地に入って行くと、奥に暖簾と看板が出ているある建物が……。でもよく見ると、それは「大豆工房むさしの庵」の店舗のようだ。
 建物の壁に「ふぃっしゅ」と書かれた看板があり、矢印が付いている。それに従って進むと……。

入り口はこっちか

 どうやらこの階段を上がった2階にお店はあるようだ。

入り口はこんな感じ

 トントントンと上がって行って、現れた入り口はこんな感じ。ココが「ふぃっしゅいんてりあ」が手がけた海鮮専門の食堂「ふぃっしゅ」だ。

 では、いざ店内へ……。
 意外と広く、カウンターが10席、2人がけのテーブルが6卓、4人がけのテーブルが2卓置いてある。

 注文は、お店に入ってすぐ左側にある券売機でチケットを買うシステム。メニューがいろいろあって本当に迷ってしまう。主なメニューを挙げると……。

*アジフライ定食(680円)
*刺身3点定食(680円)
*焼きアジ定食(680円)
*マグロメンチ定食(680円)
*ネギトロ丼(680円)
*カキフライ定食(780円)
*日替り焼き魚定食(780円)
*日替り煮魚定食(780円)
*漬け丼(880円)
*海鮮丼(880円)
*浜めし定食(950円)
*刺身5点定食(980円)
*本格マグロ丼(1200円)
*上海鮮丼(1200円)


 ねっ、これだけでも迷っちゃうでしょ。さらに丼モノは他にもいろいろあるんだから、凄いよね。
「アジフライ定食」も「カキフライ定食」も魅力だけど、活魚が専門なんだから刺身も食べなきゃ、だよね。
 ということで、私が迷いに迷って選んだのは……。

浜めし定食

「浜めし定食」だ。ちょっと値段は張るけど、刺身3点盛りが付くし、アジフライも付くし、この会社自慢の湯葉も付くからね。

刺身3点盛り

 刺身の3点盛りはマグロの鮮やかな色にビックリ。コレ、形は悪いけど、いい部分だと思うなぁ。私は青魚が好きだから、アジの刺身があるのもうれしい。

アジフライ

 驚いたのはこのアジフライ。普通、アジフライって、開いたアジを揚げるから三角形の状態で出てくるんだけど、このお店は開いてないんだね。こういうアジフライって珍しいなぁ。一緒に骨とヒレを揚げたモノも添えられている。こんなスタイルで出すアジフライって、初めてだなぁ。

湯葉

 そして湯葉。隣にある器は、湯葉にかけるモノなのかなと思って一緒に写真に撮ったんだけど、何か液体のテカりが怪しいので、ちょっと指で舐めてみたら、中濃ソースだった。危ない、危ない。あやうく湯葉にかけるところだった(笑)。これはたぶん、アジフライ用のソースだね。

あら汁

 味噌汁はあら汁。大きなお椀なのがうれしい。

 では、あら汁からいただきますかね……うーん、いいねぇ。いきなり「魚」って感じ。
 刺身がまた旨いこと。予想通り、マグロはトロッととろける食感。アジもプリプリだし、こりゃ、お酒が欲しくなってくるね(笑)。

アジフライは開きじゃない

 で、いよいよ開いてないアジフライをいただくことに。まずは何もかけずにガブッとな……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、これはいいねぇ。中がフワフワ!

中はフワフワ

 断面はこんな感じ。これって、アジを3枚におろして、身の2枚をくっつけて揚げているんだね。もともとは小振りのアジなんだけど、こうすることで肉厚でフワフワ食感のアジフライになるというワケ。いやあ、考えたなぁ。
 私はアジフライはソースではなく、醤油派なので、醤油をかけて再度ガブリ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これはご飯もいいけど、お酒ですよ。日本酒ですよ。いやあ、旨すぎてたまんない。

骨を揚げてくれている

 骨もカリカリで旨い、旨い。
 でもこうなると、気になるのはアジの頭の行方。私は頭も揚げて出してくれたらうれしいんだけど、そこまでやると、嫌がる人がいるってことなのかな? それとも別の理由なのかな?

意外にも店内は禁煙

 このお店は食券を買うと、厨房にいるお店の人に手渡し、番号札を引き換えにもらう。で、番号を呼ばれたら、注文した品物を取りに行き、食べ終わったら食器を返却口に置くシステム。学食や社員食堂みたいな感じだ。
 意外なのは、店内が禁煙だということ。「へぇ」と思いつつ、会計を済ませて外に出ると……。

でも外に喫煙スペースがある

 入る時には気づかなかったけど、入り口の近くに喫煙スペースが設けてあるんだね。店外だし、いいんじゃないかな。

 このお店、メニューを見ると、瓶ビールや日本酒などのアルコールが置いてあり、料理の単品メニューもある。次回は単品でアジフライとカキフライ、そして刺身を頼んで日本酒で一杯だね(笑)。




【DATA】
住所:東村山市青葉町1-10-15
電話:070-3868-5867
営業時間:平日は午前11時30分~午後3時30分/土・日・祝日は午前11時30分~午後8時30分(午後4時~5時30分まで休憩)
定休日:水曜(臨時休あり)
駐車場10台
店内禁煙(喫煙スペースあり)
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR