東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 麺.丼Dining夢者(秋津町) ]


超旨い汁なしラーメン

 2015年5月に、秋津に「汁なしラーメン専門」という、ちょっと変わったコンセプトのラーメン店がオープンしたのは知っていた。でもちょうど2015年から1016年にかけて、個人的にとってもキツい時期で、取材に行けなかったんだよねぇ。

 で、ようやく先日、行くことができた。そのお店とは、「麺.丼Dining夢者」。店名からわかるように、ラーメンだけでなく、オリジナルの丼モノもウリのようだ。

階段入り口にこんな置き看板が

 お店は「グルマンやま」「たつごろう」「しば田」などの飲食店が入っているビルの2階にある。
 階段入り口前にはこんな置き看板がある。

2階の左奥にある

 2階に上がると、手前にガールズバーがあり、左奥にお店がある。

雑誌にもいろいろと紹介されているようだ

 入り口横の壁には、紹介された雑誌記事が貼ってある。いろんな雑誌に紹介されているようだ。

「昼の部」ということは、夜は違うのかな?

 メニューはこんな感じ。「昼の部」ということは、夜はまた違うメニューなのかな?
 お店に入ると、私は券売機の「汁なし醤油」(650円)をポチッ。同じ値段で麺の量を「中」と「大」に変えることができるので、私は「大」でお願いしてみた。

卓上の調味料

 待っている間、卓上の調味料を見ると……へぇ、メニューに「油そば」があったけど、ラー油がないんだね。酢にはレモンが入っている。これはいいかもね。

「汁なし醤油」の大

 さてさて、来ましたよ。これが「汁なし醤油」の大。エッ、「大」に見えないって? 確かにこの角度の写真だと「大」どころか小盛りに見えちゃうよね。でもこの丼……。

底がこんなに深い

 こんなに底が深いんですよ(笑)。「何じゃコリャ!」って感じでしょ。これは結構ボリュームあるよ。

旨そう!

 改めて「汁なし醤油」を見ると、ビジュアルがすごく旨そうだよね。白い丼に入っているせいか、スッキリして、ヘルシーにさえ見えてくる。
 でも、底にある醤油だれを麺全体に絡むようにかき混ぜると……。

麺のアップ

 箸のテカりを見てもわかるように、かなりオイリー。引き上げた太麺も脂をまとい、ツヤツヤと輝いている。
 それでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 確かにこってり感はあるけど、魚粉が入っているせいか旨味たっぷりでスルスルッと入っていく。メッチャ旨い。
 3分の2ほど食べたところで、レモン酢をひと回し。こってりしてズドーンという感じの味が、途端にスッキリしてシャープになった。いやあ、これも旨いなぁ。

醤油だれも飲んで完食

 途中でスープ割りを頼んで、ラーメン風に食べることもできるらしいんだけど、私は汁なしのまま麺を食べ切り、残った醤油だれもそのままズズッと飲み干した。

ああ、旨かったぁ(´ ▽`).。o♪♪

 自然とこの言葉が口をついて出て来た。
 こんなに旨いと、このお店の「汁なし味噌」や「油そば」、汁ありのラーメンも気になってくる。これは再訪必至だね。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:月曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR