東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


定番の混ぜそばも超旨い!

 あまり同じお店に行くのはどうなんだろうなぁと思いつつも、秋津に来ると、どうしても行きたくなってしまうのが……。

麺、丼Dining夢者

 混ぜそばがウリのラーメン店「麺、丼Dining夢者」だ。フェイスブックツイッターでほぼ毎日、限定メニューを写真付きで発信しているんだけど、どれも旨そうなんだよね。
 で、最近気になっていたのが、

「冷やし梅紫蘇汁なし」(850円)

 このお店の限定メニューってサイクルが早いから、早く食べに行かないといけないんだよね。

 いつもならバッチリ、情報をチェックしてから行くんだけど、この日は「こんなに暑いから、冷やし系はやっているだろう」と思ってチェックせずに行ったんだけど、ナント、食べたかった「冷やし梅紫蘇汁なし」は限定メニューに入ってなかった。
 うーん、困った。どうしよう。
 そうだ、こういう時は、定番メニューを食べよう……そう思った私は券売機の中から油そばである「鶏油SOBA」(850円)のボタンを選択。カウンターに座ると、大盛りでお願いした。

鶏油SOBA

 これが「鶏油SOBA」。丼が大きいから大盛りに見えないけど、コレがかなりのボリュームなんですよ。

柚子胡椒

 これは味変用の柚子胡椒。

ビジュアルがいいんだよね

 いつも思うんだけど、このお店のラーメンはビジュアルがいいんだよね。美しい! 
 中心に刻みネギを散らした白髪ネギを置き、その周りに海苔、角切り肉にメンマ、そして鶏そぼろ。
 キレイだなぁ。でも混ぜそばだから、シッカリと混ぜて、このビジュアルを壊さないといけない。

しっかりと混ぜ混ぜ

 丼の底から麺を引き出し、天地返しをすると、途端に湯気が立つ。そして鶏油にまみれて、テラテラと光る旨そうな太麺が現れる。
 うーん、具材をキレイに配したビジュアルもいいけど、この鶏油でテカッた麺のビジュアルも魅惑的だ。

麺のアップ

 では早速、いただきますかね。麺を箸で引っ張り上げて、ズズッ……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 鶏油だからなのか、それほどコッテリと重たい感じはなく、スルッと食べられる。

柚子胡椒を投入

 そして柚子胡椒を投入。軽く混ぜてから食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 少しサッパリ感が出ていいねぇ。
 海苔や白髪ネギ、メンマやチャーシューなどと一緒に食べると、そのたびに味が変わって旨い。大盛りでかなりのボリュームにもかかわらず、アッと言う間に麺がなくなってしまった。

鶏油まみれの具材が残ったので…

 残るは鶏油まみれの具材。ここからもう1つ楽しみがあるのが、このお店。

追いめしをIN!

追いめしをO(≧∇≦)O丼にIN!!!

よく混ぜてからいただきま~す

 レンゲでよ~く混ぜ混ぜしてから、お口にIN!

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 最高だね。追いめしの量がまた絶妙なんだよね。

完食!

 ということで、完食。あれだけ食べたのに、まだ食べたい感じ。このお店なら2杯ぐらいペロッといっちゃうんじゃないかなぁ。気になるメニューがいっぱいあるから、今度来た時は2杯食べてみようかなぁ(笑)……イカン、イカン。そんなことをしたら、またメタボ体型に逆戻りだ。うーん、危険なお店だ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:日曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





ラーメン店が試験的に始めた1コインモーニング

 新秋津駅近くにあるラーメン店「麺.丼Dining夢者」は、「混ぜそば」というユニークなスタイルのラーメンを出しているお店。しかも店長さんが、「お客さんを喜ばそう」といろいろと斬新なオリジナル混ぜそばを出すから、お店のツイッターフェイスブックページから目が離せないんだよね。
 で、ツイッターをいつものようにチェックしていたら、ナント、7月3日から週末の7月7日まで試験的にモーニングを開始するというではないか。出すのは「かまたま」で、値段はナント、1コインの500円。
「試験的」ということは、反響がなければ、7月7日で終了してしまうということ。

「こんな面白い企画、行かなきゃダメでしょ」ということで、仕事明けで眠たい体をムチ打ち、バスで新秋津駅へ。
 時刻は朝8時。いやあ、これから通勤という人がいっぱいだ。お店の前に行くと……。

通勤の人がいっぱい

 うわっ、いっぱいの人の流れで、お店がやっているかどうか、わからないよ。

ホントにやっているみたいだ

 おっ、看板は出ている。やっているみたいだ。
 トントントンと、階段を上がると……。

お店も開いている

 ちゃんとお店が開いている。一応、お店のツイッターで営業していることは確認済みなんだけど、実際に開いているのを見て、ホッとしたよ(笑)。

トッピングもできるようだ

 入り口にはこんな貼り紙が。「かまたま」にいろいろとトッピングができるようだ。モーニングは「かまたま」の1種類だけだから、毎日食べても飽きないようにという、店長さんの配慮なのだろう。

 お店に入ると、先客が2人。券売機で「かまたま」のボタンをポチッと押し、カウンター席へ。1コインなんだけど、麺の量を選べるのが、またうれしいねぇ。ということで、遠慮なく「大」をお願いした。

「かまたま」の大

 しばらく待って、出て来たのが、こちら。これが「かまたま」の大盛り。丼が大きくて深いから、量が少なく見えるけど、これが凄いボリュームなんですよ。
 それにしても、いいビジュアルだなぁ。

まずはそのままいただきま~す

 すでに「三河屋製麺」製の極太麺には、タレが絡められているから、まずはそのままでいただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、朝からこんな旨いモノが食べられるなんて、たまんないね。

卵黄を崩すと…

 そのままでも十分旨いけど、やっぱりメインの「調味料」を使わないとね……と卵黄に箸をグサリ。トロッと流れ出す黄身がまた旨そうなんだなぁ。

卵黄まみれの麺をズズズッ

 黄身にまみれた麺を引っ張り出して、ズッ、ズズズッ……。

超旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 うんうん、毎朝コレでもいいなぁ(笑)。だって旨いから。バターやラー油のトッピングをすれば、全然飽きないと思う。

麺を食べ終えると、少し汁が残る

 麺を食べ終えると、丼の底に少し汁が残る。ここからさらにお楽しみがあるのが、このお店。

追い飯をIN!

 追いめしをIN! レンゲでよく混ぜ混ぜして、パクッ!

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 何て贅沢な朝食なんだろう。これが500円だよ。至福だね、至福。

完食

 いやあ、旨かった。大盛りでしかも追いめしまでしたんだけど、まだ食べたいって感じ。


 店長さんに試験的に始めたこのモーニングを続けるかどうかを聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「みんなを喜ばそうと思って始めたんだけど、逆に常連さんたちがオレを喜ばそうと無理して毎朝来てくれたり、朝行けないことを負い目に思ったりする人もいて、もう少し考えないと…ってところですかね」

 うーん、口ぶりからだと、どうやら7月7日で、いったん終了となりそうかな。だけど、朝からこんな旨いラーメンを食べられるのは、凄く幸せな気持ちになれていいよ。気になる人は、ぜひ食べに行ってみて。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:月曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




パスタ風の混ぜそば

 秋津に来ると、どうも気になってフラッと立ち寄ってしまうのが、このお店。

麺.丼Dining夢者

「混ぜそば」という、ちょっと変わったラーメンを出す「麺.丼Dining夢者」だ。
 フェイスブックツイッターで、連日、午前と午後の2回、限定メニューを写真付きで紹介しているんだけど、これがどれも旨そうなんだよね。もう、全部制覇したいくらい(笑)。だから秋津に来ると、引き寄せられちゃうんだよね。

2号店がオープンしたらしい

 2階に上がると、こんな貼り紙が。そうなんだよね。このお店、2号店を三郷駅近くに出したんだよね。頑張ってるなぁ。


 お店に入り、券売機の前に。私は「台湾混ぜそば」の汁ありバージョンである「台湾ら~めん」を食べたいと思っていたのだが、残念ながらこの日の限定メニューにはなかった。でも、最近出てなかった「ジェノベーゼ汁なし」(850円)があったので、今回はコレにしてみた。もちろん、麺の量は「大」だ(笑)。

ジェノベーゼ汁なし

 しばらくして、来ましたよ!
 これが「ジェノベーゼ汁なし」。毎回、思うけど、このお店の混ぜそばはビジュアルがいいんだよね。食べるときは混ぜてグチャグチャにしちゃうんだけど、ちゃんと最初に目で味わえるように出してくれる。
 乗っているのは、大きなチャーシューと味付け玉子、フレッシュバジルに白髪ネギ、そしてメンマ。うーん、旨そう!

バジルたっぷり

 出された瞬間にバジルの香りがフワッとするんだけど、それもそのハズ、こんなにバジルはたっぷり。

少なそうに見えるけど、丼はこんなに深い

 上から写真を撮ると、量が少ないように見えるけど、横から見ると、丼はこんなに深い。これを見れば、少ないように見えるけど、丼に麺がギッシリと詰まっていることがわかると思う。

しっかり混ぜて、いただきま~す

 存分にビジュアルを堪能したあと、箸で底から麺を引き上げ、かき混ぜていく。底に旨味の詰まった脂があり、混ぜると麺が脂とバジルにまみれてテラテラと艶っぽく光っていく。ひとしきり混ぜたあと、箸で麺を引き上げてズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 パスタでもジェノベーゼが好きな私だけど、この「ジェノベーゼ汁なし」はパスタより好きかも。個人的にはもっとバジルたっぷりだとうれしいかな。

底からレモンが出てきた

 旨い、旨いと食べ進んでいくと、ナント、底からレモンが出てきた。すかさず取り出して、ギュッと搾り、麺をズズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、本当にいいタイミングで出てきてくれたよ。少しサッパリした味わいがまたいいんだよね。

完食

 余裕で食べ切って、完食。「大」でも足りないくらい。もう少し味わいたい感じ。
 それにしてもこのお店の混ぜそばはどれも旨いなぁ。夏場は冷たい混ぜそばもあるみたい。まだまだ食べたいメニューがいっぱいあるし、近いうちにきっとまた行っちゃうな(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:月曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




山椒の香りと痺れがたまらない混ぜそば

 どうもハマッてしまったみたいだ。気が付けば、バスに乗って新秋津駅に降り立ち、気が付けば、このお店の前に……

麺.丼Dining夢者

 混ぜそばをウリにする独特なスタイルのラーメン店「麺.丼Dining夢者」だ。前回食べた「台湾混ぜそば」の汁ありバージョンの「台湾ら~めん」(850円)目当てで来たのだが、券売機の上にある限定メニューの貼り紙を見ると……。

手揉み山椒SOBA

という文字が! このメニューもフェイスブックで見て気になっていたんだよね。何しろ私、山椒の香りと痺れが大好きですから。
 ということで、予定変更。今回は「手揉み山椒SOBA」(850円)を頼むことにした。もちろん、麺の量は「大」だ(笑)。

手揉み山椒SOBA

 しばらくしてカウンター越しに現れたのがコチラ。丼を置いた瞬間、山椒の香りがフワ~ッと漂い鼻孔を刺激する。
「台湾混ぜそば」もそうだったけど、ビジュアルがいいよね。かき混ぜるのがもったいない感じだ。

「追いめしもできますから、言ってくださいね」と店員さん。そうか、この混ぜそばも前回の「台湾混ぜそば」同様、あとからライスを入れることができるんだね。それは楽しみだ。

山椒の香りが凄い

 いやあ、このビジュアル、本当にたまらないなぁ。山椒がこんなにかけられているなんて、うれしいなぁ。刻んだ生ニラもたっぷり。真ん中にあるのはひき肉かな。ちょっと担々麺っぽいよね。
 このビジュアルを崩すのは何だかもったいないけど、混ぜるとしますか。

しっかり混ぜていただきま~す

 ガシガシと混ぜたあと、麺を引っ張り出す。ヌラヌラと脂でテカる太く縮れた麺。しっかりと山椒もまとわりついているハズだ。
 ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もう、超私好みの味。最初のビジュアルではわからなかったけど、砕いたナッツも入っていたりして、味がいろいろと変化して楽しい。山椒の痺れも、もちろんたまらない。これならいくらでも食べられるなぁ。

残ったニラと角切りチャーシュー

 でも、必ず終わりは来るワケで(笑)。麺を食べ終えると、脂まみれの大量のニラと、ひき肉、角切りチャーシューなどの具材が残った。

追いめし

 当然、「追いめし」をお願い。これをご飯の1粒1粒に脂がコーティングされるよう、ワシワシとレンゲでしっかりと混ぜていく。

旨いに決まってる

 そして、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、幸せな〆だなぁ。ニラがいっぱい残っているので、ニラの味が強いんだけど、かすかに山椒の香りも残っている。

完食

 で、完食。「もう終わりなの」という感じ。「いやあ、旨かったなぁ」と余韻を楽しみつつ、「次は何を食べようかなぁ」と早くも次に来ることを考えてしまっている私。もう完全にこのお店にハマッてしまったみたいだ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:月曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




旨過ぎて箸が止まらない混ぜそば

 前回食べに行ってから、いつも「また行きたい」と思いつつ、早1年も経ってしまった。「今日こそは食べに行くぞ」と私はバスに乗り新秋津駅に向かった。
 目指すお店は……。

麺.丼Dining夢者

 混ぜそばをウリにする独特なスタイルのラーメン店「麺.丼Dining夢者」だ。
 まあ、このお店のフェイスブックツイッターを見てくださいな。ヒゲの店長さんが連日、写真付きで旨そうなラーメンを紹介するんですよ。しかも次々と新しいメニューを生み出している。これが本当にどれも旨そうなんですよ。
 で、実際にどれも旨いらしい。
 秋津駅近くにある「あきつ駅前接骨院」では院長さんをはじめスタッフ全員がこのお店の常連で、ブログにそれぞれが食べたラーメンのTPO3を乗せた記事があるのだが、全員のTOP3が全くバラバラ。1つとしてダブッていない。これって凄いことだと思いませんか?


 ということで、階段をトントントンと上がって2階にあるお店へ。

限定メニューはTwitterで確認を、だって

 置き看板に何やら貼り紙がある。

「お手数をお掛け致しますが、限定メニューはTwitterを確認の上で注文お願いします」

 ハイハイ、わかってますよ。ちゃんとチェックしてますって(笑)。この日の限定メニューは、

*台湾混ぜそば
*コリアン混ぜそば
*混ぜそば豚ゴリラ
*汁あり濃いSIO
*汁あり山椒SOBA


 ここまではちゃんとチェックしており、私は「台湾混ぜそば」を食べる気マンマンでいたのだが、いざお店に入り券売機の前に立つと、どのボタンを押していいかわからない。お店の人に「台湾混ぜそばはどれを押せばいいんですか?」と聞くと、「限定メニューのボタンを押してください」という答えが返ってきた。なるほど、連日変わるから、「限定メニュー」(850円)の券を買って、席に着いてから何を食べたいのか言うシステムなのね。

 私は「限定メニュー」の券を持って、空いているカウンター席に座り、「台湾混ぜそばを」とお願いした。「麺の量はどうしますか?」と聞かれたので、私は「大」でお願いした。「大」と言っても300gだから余裕でしょ。何せ、武蔵野うどんの「なつ丸」で1kgのメガ盛を食べたことがある私ですから(笑)。

台湾混ぜそば

 しばらくして、来ました、来ました! これが「台湾混ぜそば」。何となく「本当にこれで『大』なの?」と思うかもしれないけど、この丼、横から見ると、かなり深いんだよね。

美しいビジュアルだ

 それにしてもこのビジュアル! 美しいねぇ。混ぜるのがもったいない感じ。

まずは麺を引き出して…

 まずは混ぜずに具材の下から麺を引っ張り出してズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 この太麺、そのまんまでもかなり旨い。この麺に、乗っている具材を絡めて食べるワケだ。旨くないワケないよね。

混ぜるとこんな感じに

 ワシワシと箸で混ぜると、こんな感じになった。せっかくビジュアルが台無しだが、これをズズズッといただくと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もうね、箸が止まらない。旨過ぎるよ。玉ねぎ、ニンニク、魚粉、チャーシュー、ニラ、卵黄などなど、いろんな味が、いろんなパターンで麺に絡んで口の中に飛び込んで来て、広がっていく。いやあ、幸せ。このままずっと食べ続けたい感じ。

麺を食べ終えると具材が残った

 でも終わりは必ず来る(笑)。麺を食べ終えると、麺に絡み損ねた具材が丼の底に残っている。「台湾混ぜそば」はここから、もう1つの楽しみ方がある。

ライスを入れてもらい、かき混ぜる

 ライスを少し、入れてもらうのだ。「台湾混ぜそば」の場合、このライスは無料で入れてもらえる。
 このライスをレンゲでかき混ぜて……。

旨いに決まってるじゃないですか

 こんな感じになりました(笑)。では、いただきま~す。

旨いに (゚д゚lll) 決まってるじゃないッスカ!!

 いやいや、幸せ過ぎるよ。

完食

 当然の完食。お腹一杯になったし、満腹感もハンパない。この「台湾混ぜそば」、いろいろと内容が入れ替わるこのお店の「限定メニュー」の中で、常にラインナップにあるから気になって食べたんだけど、これは人気になるよね。私以外にも「台湾混ぜそば」を注文する人、結構いたもんね。


 このお店、食べたいメニューがほかにもいっぱいあるし、たぶん今後もヒゲの店長さんがドンドン新しいメニューを開発するだろうから、早い機会に再訪しちゃうだろうなぁ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:月曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




超旨い汁なしラーメン

 2015年5月に、秋津に「汁なしラーメン専門」という、ちょっと変わったコンセプトのラーメン店がオープンしたのは知っていた。でもちょうど2015年から1016年にかけて、個人的にとってもキツい時期で、取材に行けなかったんだよねぇ。

 で、ようやく先日、行くことができた。そのお店とは、「麺.丼Dining夢者」。店名からわかるように、ラーメンだけでなく、オリジナルの丼モノもウリのようだ。

階段入り口にこんな置き看板が

 お店は「グルマンやま」「たつごろう」「しば田」などの飲食店が入っているビルの2階にある。
 階段入り口前にはこんな置き看板がある。

2階の左奥にある

 2階に上がると、手前にガールズバーがあり、左奥にお店がある。

雑誌にもいろいろと紹介されているようだ

 入り口横の壁には、紹介された雑誌記事が貼ってある。いろんな雑誌に紹介されているようだ。

「昼の部」ということは、夜は違うのかな?

 メニューはこんな感じ。「昼の部」ということは、夜はまた違うメニューなのかな?
 お店に入ると、私は券売機の「汁なし醤油」(650円)をポチッ。同じ値段で麺の量を「中」と「大」に変えることができるので、私は「大」でお願いしてみた。

卓上の調味料

 待っている間、卓上の調味料を見ると……へぇ、メニューに「油そば」があったけど、ラー油がないんだね。酢にはレモンが入っている。これはいいかもね。

「汁なし醤油」の大

 さてさて、来ましたよ。これが「汁なし醤油」の大。エッ、「大」に見えないって? 確かにこの角度の写真だと「大」どころか小盛りに見えちゃうよね。でもこの丼……。

底がこんなに深い

 こんなに底が深いんですよ(笑)。「何じゃコリャ!」って感じでしょ。これは結構ボリュームあるよ。

旨そう!

 改めて「汁なし醤油」を見ると、ビジュアルがすごく旨そうだよね。白い丼に入っているせいか、スッキリして、ヘルシーにさえ見えてくる。
 でも、底にある醤油だれを麺全体に絡むようにかき混ぜると……。

麺のアップ

 箸のテカりを見てもわかるように、かなりオイリー。引き上げた太麺も脂をまとい、ツヤツヤと輝いている。
 それでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 確かにこってり感はあるけど、魚粉が入っているせいか旨味たっぷりでスルスルッと入っていく。メッチャ旨い。
 3分の2ほど食べたところで、レモン酢をひと回し。こってりしてズドーンという感じの味が、途端にスッキリしてシャープになった。いやあ、これも旨いなぁ。

醤油だれも飲んで完食

 途中でスープ割りを頼んで、ラーメン風に食べることもできるらしいんだけど、私は汁なしのまま麺を食べ切り、残った醤油だれもそのままズズッと飲み干した。

ああ、旨かったぁ(´ ▽`).。o♪♪

 自然とこの言葉が口をついて出て来た。
 こんなに旨いと、このお店の「汁なし味噌」や「油そば」、汁ありのラーメンも気になってくる。これは再訪必至だね。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17-2階
電話:080-4732-0014
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後6時~11時(日曜は午後9時まで)
定休日:月曜
店内禁煙
フェイスブックはこちら
ツイッターはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR