東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


超感激の激安飲み放題

 昨年10月の話で恐縮なのですが……。

 この頃の私はまあ、とにかく懐が寂しくて寂しくて、それでも酔うほど飲みたいと思っていて、安く飲めるお店はないかと情報収集していた。で、「おおっ、これは!」といい情報を見つけて、友人とともにあるお店に向かった。

安太郎

 そのお店とは、久米川駅南口にある、おでんをウリにしている居酒屋「安太郎」。どんな「いい情報」かというと、コレなんですよ。

やって来た理由はコレ

 お店のフェイスブックページに「いいね!」をすれば、たったの990円で2時間飲み放題になるって言うんですよ。「2人以上の来店」という条件はあるけど、コレってお得だと思いませんか?
 大抵の飲み放題はどんなに安くても1000円を切ることはないと思うんだよね。大体、1500~2000円が相場じゃないかな。それが990円なんだからね。これはもう行くしかないでしょ(笑)。

瓶ビールで乾杯

 まずは瓶ビールで乾杯。この「一番搾り」の期間限定商品「とれたてホップ」が出てくるところがまたうれしいね。

 このお店、ツマミがほとんど500円以下ってのもうれしいんだよね。
 てことで、早速、ジャンジャカとツマミを注文。

なめろう

 まず運ばれて来たのは、「なめろう」(420円)。しっかり味がついていて、このままで十分旨い。

なすのお浸し

 続いて来たのは、「なすのお浸し」(290円)。醤油をかけ回してパクリ。いいねぇ、こういうツマミ。

殻付き蒸し牡蠣

 お次は「殻付き蒸し牡蠣」(2個480円)。蒸したせいで少し縮んでいるけど、小さいながらプリップリ。
 いやあ、もう我慢できない! ビールもいいけど、やっぱ日本酒でしょ。

熱燗、頼んじゃいました

 ということで、熱燗を頼んじゃいました(笑)。ビールも合わせて注文。チェイサーということで(酔う気マンマンです 笑)。

新秋刀魚の塩焼き

「せっかく熱燗を頼んだから」というワケじゃないけど、友人が「新秋刀魚の塩焼き」(420円)を頼んだ。「魚をキレイに食べるのが得意」と言うだけあって、箸で瞬く間に骨と身を分けていく。感心しつつ、私はせっせとムシャムシャ&グビリ。いやあ、熱燗に秋刀魚の塩焼き、最高だね。

鶏レバーの甘露煮

 これは「鶏レバーの甘露煮」(380円)。イメージしていたモノとはちょっと違ったけど、食べてみると、旨い。何となく元気が出そうな味だ。

まぐろほほ肉スタミナ焼き

 コレ、何だと思います?
 どこからどう見ても肉だと思うんだけど、肉は肉でも動物ではなく、マグロなんですよ。「まぐろほほ肉スタミナ焼き」(480円)。食べても「お肉!」って感じなんだよね。

 酔っ払ってきたせいもあるけど、だんだん元気が出てきて、体が肉を欲してきたみたい。

たっぷりねぎのユーリンチー

 次に頼んだのは「たっぷりねぎのユーリンチー」(420円)。たっぷりのネギに隠れてるけど、下にはたっぷりの鶏肉。いやあ、旨い、旨い……と食べてるのは、実は私だけだったりして。
 友人は「新秋刀魚の塩焼き」の時点でお腹いっぱいになったみたいで、まったりとお酒を飲んでいる。
「じゃあ、そろそろ〆ようか」ということで、私が頼んだのは……。

パリパリ鶏皮

「パリパリ鶏皮」(380円)。口に入れて噛み締めると鶏皮の脂がジュワッと広がる。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 でも、コレ、〆に頼むモノじゃないよね(笑)。ひょっとしたら今回は頼み方が逆だったかもね。

「あーッ!」……ここであることに気付いてしまった私。

「おてん、1つも食べてないよ」

 おでんがウリの居酒屋なのに、おでんを頼まなかったとは……不覚。少し頼もうかとも思ったけど、さすがに「パリパリ鶏皮」を1人で食べ切って私もお腹がいっぱい。
 おでんはまた今度と言うことで……お店の皆さん、申し訳ない。


 それにしてもいっぱい食べたなぁ。でも990円で飲み放題だったから、安く済んだ。
 この企画、今はやっていないけど、時々思い出したようにやるから、お店のフェイスブックページに「いいね!」をして情報をチェックしておくといいと思うよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-8
電話:042-306-2728
営業時間:午後3時~11時
定休日:なし
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。






リピート決定!安いだけじゃなく、丁寧で旨い料理

 ちょっと懐事情は寂しいけど、友人と「軽く飲もうか」ということになった。
 さて、安く飲むにはどこがいいかなぁ……と考えていると、友人が「行きたいお店がある」と言うので、ついていくことに。
 向かった場所は……。

安太郎

 久米川駅南口にある居酒屋「安太郎」。喫茶店の「珈琲館 久米川店」の向かいで、以前は立ち飲み屋があった場所だ。「おでん」と書かれた赤提灯と暖簾があるところを見ると、おでんをウリにしているようだ。
 夏におでんねぇ……。まあ、最近はコンビニでも売ってるし、夏におでんを食べることに、抵抗を感じる人は少ないんだろうな。でもこんなに堂々とおでんをウリにしている居酒屋って、東村山では珍しいなぁ。

 店内はこぢんまりとしていて、テーブル席が4つほどあり、奥にカウンター席がある。

瓶ビールで乾杯

 私と友人はテーブル席に座ると、まずは瓶ビールで乾杯。このお店はキリンの「一番搾り」を置いてるんだね。瓶の「一番搾り」、久しぶりに見たなぁ。キリンは「クラシックラガー」や「ラガー」も旨いけども、「一番搾り」もいいねぇ。

 さて、ツマミは何を頼もうかなぁ……メニューを見ると、ほとんどが500円以下。おでんは1つ120円からあるし、ほかの一品料理も280円~380円が中心価格帯。ダテに店名に「安」という文字が入っているワケじゃないんだね。

ガツポン酢

 ということで、最初に頼んだのは「ガツポン酢」(380円)。ネギたっぷりで、ポン酢でサッパリとした味付け、そしてコリッとしたガツの食感。旨いなぁ。ビールにバッチリ合う。

おまかせ5点盛り

 おでんがウリのお店だから、「おまかせ5点盛り(600円)を頼んでみた。お皿が黒いのでわかりにくいかもしれないが、おでんのつゆはほぼ透明。関西風なのかな? 私はこういうおでんの方が好きだけど、物足りなく感じる人もいるかもね。

鶏レバー塩ごま油

 続いて頼んだのは、「鶏レバー塩ごま油」(420円)。コレ、レバーの臭みがなく、柔らかくて旨い。散らしてある白ゴマとネギがまたいいんだよね。

とうもろこしかき揚げ

 こちらは「とうもろこしかき揚げ」(380円)。揚げたては旨いねぇ。塩をつけると、とうもろこしの甘みがいい感じで口の中に広がっていく。

黒パリからあげ

 このお店、「東村山黒焼そば食べ歩きキャンペーン」に参加しているんだけど、こちらが出すメニューは焼そばではなく、コレ。「黒パリからあげ」(380円)。
 鶏の唐揚げの上に、皿うどんの麺を乗せて「東村山黒焼そばソース」をかけ、さらにネギを散らしている。最初見た時は、皿うどんの麺とは思わず、ベビースターラーメンと思ってしまったよ(笑)。早速、皿うどんの麺とともに唐揚げを食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、ここれはビックリ。パリッとした皿うどんの麺の食感と、ジューシーな唐揚げ、スパイシーの黒焼そばソースが絡み合って何とも言えず旨い! これはぜひ定番メニューにして欲しいなぁ。このお店に来たら、必ず頼むべきメニューだと思うな。

いぶりがっこクリームチーズ

 〆に頼んだのはね「いぶりがっこクリームチーズ」(420円)。酒盗や塩辛とクリームチーズってよく合うから、これもバッチリだろうと思ったら、意外や意外、いぶりがっこの方が味が強いんだね。でも、おかげでサッパリと〆ることができてよかったよ。

 銘柄モノの日本酒以外は飲み物も安いし、安く飲むことができた。メニューは安いけど、よく考えられていて丁寧かつ旨かった。これはリピート決定だね。
 こちそうさまでした。また来ますね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-8
電話:042-306-2728
営業時間:午後3時~11時
定休日:なし
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR