東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小さくてもインパクト大きい大福

 東村山市には本当に和菓子屋が多い。読者の方からもいろんな和菓子屋を紹介してもらっているが、私が個人的に気になっていたのは、久米川駅北口にある「亀屋」である。なぜ気になっていたかと言うと、このお店の和菓子が市役所内にある郷土物産の展示コーナーに陳列されていたからだ(ちなみに「ポールスタア」のソースも並んでいた)。
 場所は久米川駅北口を左に出てひたすら真っ直ぐ進み、新青梅街道の高架をくぐり、天王橋を渡ってすぐ左の角にある。

亀屋

 中に入ると、陳列ケースにいろんな和菓子がズラリ。目移りしてしまうが、ジックリ見ていくと、地元にちなんだ和菓子を発見。「多摩の栗」(1個190円)だ。まずはこれを買ってと……もう1つ買いたいと思うのだが、なかなか決まらない。こんな時は、お店の人に聞くのが一番だ。
「どれが人気ですか?」と聞くと、お店の人は少し考えて「これですかね」と「豆大福」(105円)を指差した。というワケで、私はこの2種類を2つずつ購入した。

多摩の栗 豆大福

 家に帰ると、早速、「多摩の栗」の方を開けてみた。

「多摩の栗」の中身

 普通のお饅頭という感じ。甘いモノが大好きな私としてはすぐにでも食べたいところだが、一応、このブログのために半分に切ってみることにした。

「多摩の栗」の断面。栗が丸ごと1個入っている

 おおっ、栗が丸ごと1個入っているではないか。その周りには白あん。旨そうだ。では、いただきま~す。いやあ、見た目通り、旨い。甘さもしつこくなくていい。お茶がなくても食べられる甘さだ。栗もほどよい固さで旨い。

 続いてお店推薦の「豆大福」。豆が入っているから「豆大福」なのだろうが、これは大きさがピンポン玉くらいで小さく、ひょっとしたら“マメ大福”という意味も込められているのかもしれない(そんなワケないよね。お店の方、いい加減なことを言ってすみません)。

包みから出した「豆大福」

 こちらも同じように半分に切ってみた。

「豆大福」の断面。あんこがギッシリ!

「うわっ、すっげぇ!」
 思わず口に出してしまうほど、皮が薄く、あんこがギッシリ。あんこは粒あんだ。これまた旨そう!
 ではでは、いただきますか……旨い! 甘さ控えめなんだけど、シッカリ粒あんの旨さが伝わってくる。皮も薄いくせして、よく伸びてモチモチっとして存在を主張。あんまり美味しいモノだから、調子に乗ってカミさん用に買ったモノも食べちゃったのだが、あとが大変だった。
 コレ、1個でかなりお腹いっぱいになります。2個食べたせいで、私は夕食が少ししか食べられませんでした。腹もちの良さだけを考えると、おにぎりよりいいかも。小さいから携帯に便利だしね。これは小さな爆弾だね。でも美味しいから一度食べてみて欲しいなぁ。マジでオススメです。


【DATA】
住所:東村山市本町4-2-3
電話:042-394-1776
スポンサーサイト
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。