東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


立ち食いそば屋のラーメン

「この間、記事にしたばかりだし、チェーン店だしなぁ。でも気になるんだよなぁ」ということで来てしまったのが……。

秩父そば東村山駅店

「秩父そば東村山駅店」前回から気になっていたのが、このメニュー。

この「鶏天中華そば」が気になったのだ

「鶏天中華そば」(450円)だ。
 そば屋のラーメンが意外と旨いことはこのブログでも何度か書いたことがあるし、グルメサイトに私はこんな記事を書いたこともある。

「中高年が喜ぶ懐かし系のラーメンが“まちのそば屋”で生き残っている件」

 だから、そば屋のラーメン自体は驚かないのだが、立ち食いそば屋でラーメンを出すのはあまり聞いたことがないので、気になって仕方なかったんだよね。

 てなワケで、お店に入り、券売機で「鶏天中華そば」をポチッと押してカウンターに出し、待つことしばし。

これが「鶏天中華そば」

 これが「鶏天中華そば」だ。何だか凄くいいビジュアルじゃないの。特に……。

このスープ!

 このスープの色! 脂の浮き具合! たまらないね。美し過ぎる。
 飲むと、やや甘めの鶏ガラ醤油味。この甘めな感じが実は私、好きなんだなぁ。そう言えば、超好みだった久米川駅北口にあったラーメン店「まいど」の「中華そば」も、ちょい甘めだったなぁ。

麺のアップ

 麺は中太の緩い縮れ麺。少し柔らかいけど、それがまた郷愁を誘っていい感じ。

鶏天

「鶏天」は2つ。ポスターの写真ほど大きくないのは、まあ、ご愛敬ということで(笑)。

胸肉のようだ

 鶏肉は柔らかい。たぶん胸肉なんだろうな。ヘルシーでいいんじゃないかな。

コショウを出されたので…

 そう言えば、「鶏天中華そば」と一緒にコショウも出してくれたんだよね。そばやうどんにコショウは使わないから、これは「鶏天中華そば」の時だけに出しているんだろうね。
 せっかく出してくれたのだから……。

かけちゃいました

かけちゃいましたッO(≧∇≦)O!!

 スープを飲んでみると……ほぉ、やや甘めのスープがキリッとシャープな味わいになったよ。こりゃいいね。
 しっかりとスープも飲み干して完食。いやあ、立ち食いそば屋のラーメン、意外とイケるねぇ。ただ450円という値段がちょっと気になるかな。
「鶏天」にしたのは、チャーシューをつくる手間を省きたかったからだと思う。だったらいっそ「鶏天」も外して、「素ラーメン」にすればいいと思うんだよね。350円、いや、できれば300円くらいで。物足りないと思う人は、「素ラーメン」にかき揚げやコロッケをトッピングすればいいんだよ。意外とウケると思うんだけど、どうだろう?

こんな無料券をもらっちゃった

 帰り際にこんな無料券をもらっちゃった。かき揚げやきつねが無料になるって、うれしいねぇ。

「ごちそうさま」とお店を出て、ふと振り返ると……。

こんなメニューもあったんだね

 あれ? こんなポスター、あったっけ? 「もつ入りつけめん」だって。730円で特盛(2玉)までOKか。また気になるメニューを出してくるなぁ。無料券ももらったことだし、また近々行ってみようかな(笑)。

 そうそう、書き忘れていた。この「鶏天中華そば」、販売は午後5時からだから、お昼時に食べに行ってもないからね(笑)。食べたい人は夕方に行くように。




【DATA】
住所:東村山市本町2-3-32 東村山駅構内
電話:042-392-0485
営業時間:午前7時~午後9時
無休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/01/28 05:00 ] 【そば】 秩父そば(本町) | TB(-) | CM(0)

駅そばの満足&満腹セット

 その日、私はとにかくお腹が空いていた。そしてとにかく時間がなかった。「こういう時に頼りになるのは、やっぱ駅そばでしょう」ということで、私が飛び込んだのは……。

秩父そば東村山駅店

 東村山駅構内にある「秩父そば東村山駅店」だ。この「秩父そば」、西武線沿線にたくさんあるのかと思ったら、東村山駅のほかは、清瀬駅、上石神井駅、武蔵関駅の3カ所にしかない。面白いのは所沢駅から秩父駅に向かうまでの駅にはないということ。「秩父そば」なのにね(笑)。
 まあ、そんなことはともかく、問題はサクッと何を食べるかだ。

コレ、気になるなぁ

 入り口にはこんなポスターが。「鶏天中華そば」(450円)ねぇ。そば屋で中華そばって、気になるメニューを出してくるなぁ。

 半分、「鶏天中華そば」の気分でお店に入り、券売機に向かった私は「かけ・もりセット ハーフわらじカツ丼」(690円)というボタンを発見。「これならお腹いっぱいになるかも」とポチッと押し、「もりでお願いします」と券を出すと、「カツは今から揚げるから4分いただきますけど、いいですか?」と店員さん。まあ、その間にもりそばを食べればいいワケだから……と思った私は、「あっ、いいですよ」と答えて、そばが出てくるのを待った。

 カウンター越しに店員さんの動きを見ていると、何やら丼を手にしている。どうやら「かけそば」と勘違いしているようだ。「もりそば」が欲しかった私は思わず、「あっ、そば冷たいのでお願いします」と言ってしまった。そうしたら……。

冷たいかけそば

こんなん (゚д゚lll) 出ました!

 うーん、ちゃんと「もりそば」と言わなかった私が悪いんだろうな。まあ、「もりそば」だったらワカメは付かないワケで、得したと思って食べましょうか。
 寒いから、本当は温かい「かけそば」を食べるべきだと思うんだけど、実はこのお店の温かいそばを以前食べて、「このそば、冷水で〆たらプリップリで旨いんじゃないかなぁ」と思い、試してみたかったんだよね。そういう意味では、「もりそば」でも「冷たいかけそば」でもOKだったワケ。ただ、「もりそば」だったら、後でそば湯割りができて、体をあっためることができたかなぁと思っただけなんだよね。

 食べてみると、思った通り、そばがプリップリで旨いこと、旨いこと。歯ごたえが気持ちいい。

 で、「冷たいかけそば」を食べ終わったころに、来ました、来ました。

ハーフわらじカツ丼

 これが「ハーフわらじカツ丼」。なかなかのボリュームだ。パッと見た感じは、青葉町のそば屋「滝乃家」「ソースカツ丼」に似ている。
 では、いただいてみますか……へぇ、甘いんだね。ソースというよりタレがかかっている感じ。この味は東村山駅西口の飲める定食屋「八海食堂」で食べた「新潟タレカツ丼」に似てるかも。
 いやあ、旨い、旨い。速攻で完食し、お腹いっぱい。
 ということで、お店に入ってから15分もかからないうちに食べ終えて、次の場所へと移動しましたとさ(笑)

※早食いは「生活習慣病のもと」だから、賢い中高年はマネしないようにね。




【DATA】
住所:東村山市本町2-3-32 東村山駅構内
電話:042-392-0485
営業時間:午前7時~午後9時
無休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/01/09 05:45 ] 【そば】 秩父そば(本町) | TB(-) | CM(0)

安定の“ザ・駅そば”

 東村山駅構内にあった立ち食いそば屋「狭山そば」が2015年7月28日に閉店。その1カ月後の8月27日にオープンしたのが、今回紹介する「秩父そば」だ。

秩父そば

「たい焼きがなくなるのでは?」と「狭山そば」のファンが心配していたが、たい焼きも同じ場所で販売しているし、店内レイアウトもほとんど変わっていないので、見た目は本当に単純に店名についている地名が「狭山」から「秩父」に変わっただけという感じ。
「狭山」と言うと、どうしても「お茶」のイメージが強いから、「秩父」の方が旨そうに感じたりなんかして(笑)

「武蔵野肉そば・うどん」なんてあるんだ

 何気なく入り口前に置いてあるボードを見ると、「武蔵野肉そば・うどん」(500円)なんてメニューがあるようだ。なかなか魅力的ではあるが、今回は初めての訪問なので、私がいつも駅の立ち食いそば屋で食べるメニューである「天ぷらそば」(450円)を頼んでみた。

天ぷらそば

 立ち食いそば屋だからね、パパッとすぐに出てきたのが、コチラ。
 つゆが黒くて、うんうん、“駅そば”だ(笑)。

駅そばだねぇ

 広島から上京して、初めて駅の立ち食いそばを食べた時は、このつゆの黒さに「何だこりゃ」とゲンナリしたモノだが、今はこのビジュアルがそれなりに旨そうに見える。都会の色に染まってしまったということですかね、太田裕美さん(笑)。

そばのアップ

 そばは柔らかいけど、ブツブツと切れたりせず、ズズッとしっかりすすれる。つゆに合っていて旨い。天ぷらの油がつゆになじんでいくのが旨いんだよね。
 かき揚げ天は普通かな。
 これと言って大きな特徴はないけど、店名に関係なく「駅のそば屋で、天ぷらそばでもサクッと食べていくか」と思って飛び込むお客にしてみれば、「安定のクオリティー」と言えるだろう。

つゆを飲んでごちそうさま

 以前は残していたそばのつゆも、今は飲み干すことができる。というか、つゆを飲まないとお腹いっぱいにならないんだよね(笑)。
 もう少し安いとうれしいんだけど、まあ、1コインで収まるからいいか。

「くるみそば・うどん」は気になるなぁ

 食べ終えたあと、何気に壁のメニューを見ると、「くるみそば・うどん」(450円)の文字が! へぇ、そんなモノも出すんだ。今度はコレを食べてみるかな。




【DATA】
住所:東村山市本町2-3-32 東村山駅構内
電話:042-491-6815
営業時間:午前6時~午後9時
無休




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/12/21 16:39 ] 【そば】 秩父そば(本町) | TB(-) | CM(2)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR