東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

絶品新メニューが加わり、さらにパワーアップ

 イケメン店長とイケメンシェフという、イケメン兄弟が切り盛りする久米川駅南口の沖縄料理店「美・ちゅら」
 時々、イケメン店長が三線を弾きながら沖縄の唄を歌ったりして店内を盛り上げたりするこのお店。兄弟の役割が決まっていて、ずっとこのスタイルでやっていくんだろうなと思っていた。
 しかし、今年2月、イケメン店長がお店を辞めることになり、2月末にお店の奥にあった厨房をカウンターの方に移動させ、テーブル数も減らすなど店内をリニューアル。3月からイケメンシェフだけで営業する新生「美・ちゅら」がスタートした。

 どんな感じになったのか、すごく気になっていて「早く行かなきゃ」と思いつつ、なかなか行けないでいた私。そんな時、友人が企画したライブが「美・ちゅら」で行われると知り、ちょうど休みのタイミングと合ったので、行ってみることにした。8月末のことだ。

美・ちゅら

 一見すると、以前と変わらない感じがするが、壁の色が変わっていたり、提灯が新しくなっていたりと、手が加えられている。

ライブがあるので貸切営業

 この日はライブがあるので貸切営業。ちなみにこの日のミュージシャンは、川原光貴さんというシンガー・ソングライター。

 さて、店内に入ると……あれ? ほとんど変わってないじゃん。

「今日はライブをやるので、テーブルをいつもより多く出しているんです」

と、カウンター向こうからイケメンシェフ兼店長となった隼人クンが説明してくれた。いつもは奥の厨房にいた隼人クンがカウンター向こうにいるなんて、ちょっと新鮮だなぁ。

 カウンター席に座った私は、ライブ開始まで時間があるので、お酒とツマミを頼むことにした。

本日のおすすめ

 おっ、メニューのほかに「本日のおすすめ」があるんだ。いいねぇ。いやいや、どれも魅力的だなぁ。

瓶ビールでお疲れさん

 泡盛を飲みたいところだけど、仕事明けでちょっと睡眠不足なので、軽めに瓶ビールを注文。おおっ、食べたかったもずくがお通しで出てきた。これはうれしいなぁ。

島らっきょうのアジなめろう

 最初に頼んだツマミは「本日のおすすめ」で一番気になった「島らっきょうのアジなめろう」(680円)。薬味として刻んだ島らっきょうが入っているんだけど、これが旨い。いやあ、この組み合わせ、よく思いついたねぇ。抜群だよ。

自家製ジーマーミー豆腐の揚げ出し

 続いて頼んだのは、「自家製ジーマーミー豆腐の揚げ出し」(550円)。ジーマーミー豆腐が自家製というだけでも驚きなのに、それを揚げ出しにしちゃってるって、どういうこと。そりゃ旨いに決まってるでしょ。

とろっとろ!

 レンゲでひと口分をすくい取って、パクッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 何コレ! 濃厚なジーマーミー豆腐がとろっとろ! これは絶品だね。このお店に来たら食べるべきマストメニューだよ。

ミミガー(和風)

 このお店の「ミミガー」(480円)は、「塩ダレ」、「ゴマだれ」、「和風」の3つの味から選べるんだけど、私は「和風」をチョイス。これはサッパリしていていくらでも食べられそうだ。肉なんだけど、これはサラダ感覚で食べられるね。

ギター1本で店内を盛り上げる川原光貴さん

 私は川原光貴さんの歌を聴いたことなかったんだけど、ギター1本で歌いながら、しゃべりながら、お客さんや隼人クンを巻き込み、アッと言う間に場を盛り上げていった。ビールを飲み、旨いツマミを食べつつ、「凄いなぁ」と私は圧倒されてしまった。

ネギ甘酢とりから

 2時間ほどのライブが終わり、余韻を味わいつつ、〆に頼んだのは「ネギ甘酢とりから」(580円)。「本日のおすすめ」に「沖縄関係ないけどウマい!」と書いてあったので、きっと隼人クンの自信作なんだろうなと思ったんだよね。
 食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 唐揚げそのものが、まず旨いんだけど、それに油淋鶏みたいな味付けがされているから、旨くないワケがない。これも新たな看板メニューになりそうだなぁ。沖縄には関係ないけど(笑)。

 新生「美・ちゅら」お店のフェイスブックページを見ると、新作メニューが続々出ているようで、以前よりパワーアップした感じがする。
 今度は体調を整えて、ジックリと泡盛を飲みながら、いろいろ食べてみるとするかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時30分~深夜0時(ラストオーダーは午後11時)
定休日:日曜
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





[ 2019/09/24 05:00 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)

久しぶりに沖縄料理で一杯

 深夜近くに友人と「久米川で飲もう」ということになったんだけど、深夜0時を回ってもやっているお店って、最近は少ないんだよね。
 つい最近、久米川駅南口にオープンしたチェーン系の中華料理店「日高屋 久米川店」は深夜2時まで営業しているんだけど、ちょっと騒がしいのは嫌だし、ラストオーダーの時間を気にしながら飲むのもなぁと思った私。そこで、友人とともに向かったのは……。

海人

 久米川駅南口はモザーク通りにある沖縄料理店「海人(うんみちゅ)久米川店」だ。何と言ってもこのお店は、朝8時まで営業しているからラストオーダーを気にする必要はまずない(笑)。

選べるお通し

 テーブル席に座ると、店員さんが数種類のお通しの乗ったトレーを持って来た。1つ200円+税。無理に取らなくてもいいし、逆に何個取ってもいいシステム。私も友人もとりあえずのツマミが欲しいから1つずつ取って……。

瓶ビールで乾杯

 瓶ビールで乾杯。サッポロの黒ラベル、安定した旨さだね。

人参しりしり

 最初に頼んだツマミは「人参しりしり」(580円+税)。たっぷりと花カツオを刻みネギが乗っていて、旨い。いかにも「体にいい」って感じ。深夜に飲んで「体にいい」もヘッタクレもないんだけどね(笑)。

豚ミノから揚げ

 こちらは「豚ミノから揚げ」(680円+税)。ミノの唐揚げなんて初めて見るメニューだから頼んでみたんだけど、ミノって揚げると、サクッと噛み切れるほど柔らかくなるんだね。意外な食感にビックリ。

ハムチーズカツ

 そしてコレは「ハムチーズカツ」(480円+税)。深夜にこんなモノを食べちゃいけないんだけど、茶色ラバーの私はどうしても頼んじゃうんだよね(笑)。

トロッとしたチーズがたまらない

 このトロッとしたチーズ! たまらないビジュアルだね。文句ナシに旨いです、ハイ。

ふーちゃんぷるー

 とはいえ、野菜もたっぷり食べなきゃと頼んだのが、「ふーちゃんぷるー」(550円+税)。お麩に味がシッカリ染みていて旨いんだなぁ。

スーチカ葱メンマ

「ふーちゃんぷるー」で〆るつもりだったけど、何となくもう少し食べたくて頼んだのが「スーチカ葱メンマ」(380円+税)。写真ではネギとネンマしか見えないけど、その下にちゃんとスーチカがたっぷりとある。これは軽い、いいツマミだね。

豚肉と島らっきょうの味噌炒め

 〆は「豚肉と島らっきょうの味噌炒め」(550円+税)。島らっきょうって炒めると凄く旨くなるんだね。これにはちょっとビックリ。いつも生で食べているから、この食感と味は新鮮だったなぁ。

 深夜だから「軽く一杯」のつもりだったけど、ついつい沖縄料理を堪能してしまったよ。こういうお店が夜遅くまで開いているって、ありがたいね。いやあ、旨かった。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-5
電話:042-313-0933
営業時間:午後5時~深朝8時
定休日:なし
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/10/17 06:16 ] 【沖縄料理】 海人(栄町) | TB(-) | CM(0)

夜明け前の一杯&朝食

 仕事を終えて、夜明け前の午前5時12分に久米川駅南口の改札を出た私。いつもなら真っすぐ家に帰るのだが、またしてもお酒が飲みたい気分になってしまった。前回、お酒が飲みたい気分になった時は、久米川駅北口の居酒屋「義 久米川店」に行ったのだが、この日は完全な平日。「義 久米川店」の営業は午前4時までで、すでに閉店してしまっている。

 さて、それではどうしようか……改札口前で考え込んでいると、ふとあるお店が思い浮かんだ。そのお店とは……。

海人 久米川店

 久米川駅南口はモザーク通りにある沖縄料理店「海人(うんみちゅ)久米川店」だ。思った通り、お店の灯りはついていた。
 というのもこのお店、看板にも書いてあるけど、ナント……。

ナント、翌朝8時まで営業しているのだ

 朝8時まで営業しているんだよね。早速、お店に入ってみると、奥の座敷席に数組のお客さんがいる。電車はもう動いている時間なんだけど、まだ飲んでいる人っているんだね。
 というか、このお店が開いてるから飲み続けているのかな(笑)。

 私は誰もいないカウンター席に座った。

熱燗でお疲れさん

 結構、暖かくなってきたけど、熱燗で頑張った自分に「お疲れさん」。いやあ、やっぱり熱燗はいいねぇ。

クルミ小女子とホタルイカの沖漬け

 このお店はお通しを数種類の小鉢から選ぶことができる。小鉢は1つ200円+税で、「選ばない」という選択もできる。
「逆に2つ取ってもいいの?」と聞くと、「いいですよ」と店員さんが言うので、私は「クルミ小女子」と「ホタルイカの醤油漬け」をいただいた。
 あとから思ったけど、お通しの小鉢を複数取っていいなら、それをいくつか取って飲んだ方が、安くあがるんじやないかな(笑)。200円+税だしね。

炙りスーチカー塩キャベツ

 沖縄料理店に来たらやっぱりスーチカは個人的に外せないので、「炙りスーチカー塩キャベツ」(380円+税)を頼んでしまった。キャベツと一緒に食べるスーチカは旨いねぇ。

ゴーヤのわさび和え

 こちらは「ゴーヤのわさび和え」(380円+税)。ゴーヤの苦さとわさびの辛さが全然調和せず、それぞれ独自に主張している感じ。苦さと甘さ、辛さと甘さは調和するけど、苦さと辛さは合わないんだね。でもコレ、食べ慣れるとクセになりそうな気がする。

沖縄そば

 〆というか、時間的に朝食代わりに頼んだのが、「沖縄そば」(580円+税)。

スープは透き通っている

 透き通ったスープは、カツオだしが効いていてジワッと優しく体に染みていく感じ。旨いなぁ。

麺のアップ

 麺は緩く縮れた平打ち麺。沖縄そば特有の麺だ。「そば」とは言うけど、どちらかと言うと、ラーメンやうどんの麺に近いかな。
 箸で持ち上げズズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 乗っている細切りの生姜と一緒に食べると、これがまた旨いんだなぁ。あっさり、さっぱりしていて朝食にぴったりだ。

コーレーグースを入れなきゃね

「沖縄そば」に欠かせないのが、このコーレーグース。島唐辛子を泡盛に付け込んだモノだ。ほんの少し入れるだけで、優しく丸いカツオだしのスープが、シャープにとがった味に変化する。間違っても回し入れしないように。元は泡盛だから、結構効きますよ(笑)。

完食

 スープを飲み干して完食。
 お店を出ると、すでに外は明るくなり、出勤のために駅へと急ぐ人がチラホラと見える。
「朝食も食べたことだし、家に帰ったら寝たりせずに、そのままグルメ日記の原稿書きでもしようかな」……そう思いつつ家路についた私だった。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-5
電話:042-313-0933
営業時間:午後5時~深朝8時
定休日:なし
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





[ 2018/03/28 09:46 ] 【沖縄料理】 海人(栄町) | TB(-) | CM(4)

沖縄料理で菜食飲み

 肉、魚、乳製品、玉子はなるべく食べないようにする「なんちゃって菜食生活」を始めた私。幸いなことに、ビール、日本酒、ウイスキー、焼酎などアルコール類のほとんどは植物由来なので、お酒は存分に飲める(笑)。問題はツマミだ。肉、魚、乳製品、玉子がなるべく入っていないツマミで一杯やる“菜食飲み”って、どこまで可能なのか?

 ということで、今回は沖縄料理で試してみることにした。友人とともに向かったのは、久米川駅南口の沖縄料理店「美・ちゅら」

シークワサービールで乾杯

 お店に入ると、テーブル席はお客さんでいっぱい。繁盛してるねぇ。
 私は友人とともにカウンター席に座り、まずはシークワサービールで乾杯。お通しは枝豆。野菜メニューでうれしいよ。

 このお店に来ると、必ず「スーシカー」や「ミミガー」、「ラフティー」、「スクガラス」などを頼んでいたけど、菜食飲みとなると、これらは頼めなくなってしまう。

島らっきょ

 ということで最初に頼んだのは、「島らっきょ」(580円)。カツオ節がいっぱい乗っているが、これは調味料ということで(笑)。
 久しぶりに食べたけど、旨いなぁ。

オニオンゴーヤサラダ

 これは「オニオンゴーヤサラダ」(580円)。これにも大量のカツオ節が乗っている。でもコレがあるから旨いんだよね。

冷しトマト

 個人的にはあまり頼まないんだけど、今回は頼んだ「冷しトマト」(480円)。なぜ頼んだかというと、メニューにこう書いてあったからだ。

(沖縄流の食べ方してみます?)

「沖縄流の食べ方」って何だろう?と思って頼んだんだけど、「冷しトマト」と一緒に調味料が2つ出てきた。右は塩。左の小皿に入ったモノは……砂糖なんですよね。
 昔のトマトはクセがあったから、私も砂糖をかけて食べていたけど、いつの間にかかけなくても平気になったんだよなぁ。「沖縄流の食べ方」ってことは今も、砂糖をかけて食べる人がいるってことなのかな?
 久しぶりに砂糖をかけて食べてみたけど、懐かしさも相まって意外と旨く、塩を使うことなく最後まで砂糖で食べてしまった。

もずくの天ぷら

 〆は友人が頼んだ「もずくの天ぷら」(680円)。コレ、このお店で何度も食べてるけど、旨いよねぇ。

見た目はちょっとグロいけど、食べるとメチャ旨!

 見た目はちょっとグロいけど、食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これはハマる味だよね。まだ食べたことないという人は、ぜひ食べてみて欲しいな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:月曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/08/18 04:53 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)

沖縄の雰囲気と料理を堪能

 沖縄料理のお店は東村山市にもいくつかあるけど、料理だけでなく店内の雰囲気も「沖縄」って感じがするお店と言えば、私の中ではやっぱり久米川駅南口の「美・ちゅら」なんだよなぁ。

久しぶりの「美・ちゅら」

 店内のモニターには沖縄のキレイな海や牛車がのんびりと進む映像が流れ、BGMはもちろん沖縄ミュージック。時々、イケメンマスターが三線で弾き語りをしてくれるし、いつも思うけど、この雰囲気って癒されるんだよなぁ。

 そんないいお店なのに、気がつけば5年もご無沙汰していた。
 ということで、友人とともに久しぶりに行ってみたよ。

 店内はほぼ満席。賑やかなんだけど、流れている空気が普通の居酒屋と違う感じがする。賑やかさの中に、何となくのんびりしたムードがある。BGMのせいかもしれないけど、「ああ、落ち着くなぁ」という感じがする。賑やかなのに落ち着くって、変な感じなんだけど、このお店にはそんな独特な雰囲気があるんだよね。

シークワサービールで乾杯

 私が頼んだのはシークワサービール。サッパリとして飲みやすい。

お通しは枝豆

 お通しは枝豆。かかっているのは何だろう? クレイジーソルトなのかな?

ミミガー 塩ダレ和え

 頼んだツマミのうち、最初に運ばれて来たのは、「ミミガー 塩ダレ和え」(480円)。「和風和え」もあるんだけど、私は「塩ダレ和え」の方が好きかな。久しぶりに食べたけど、やっぱり旨いなぁ。

スーシカー

 そして次に運ばれて来たのは、私の大好きな「スーシカー」(550円)。オニオンスライスがてんこ盛りで、一見ヘルシーなんだけど……。

分厚い豚肉がたまらない

 オニオンスライスの下にはこんな分厚い塩漬けされた豚肉が潜んでいる。これをオニオンスライスと一緒にに食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ここ数年、スーシカーを炙ったり焼いたりして出すお店が増えているけど(このお店にも「焼きスーシカー」というメニューがあった)、私はそのままのスーシカーの方が好きだなぁ。

トーフチャンプル 

 そして〆は友人のリクエストで「トーフチャンプル」(740円)。これも野菜がいっぱいでヘルシー感たっぷり。健康が気になるお年頃の私と友人には、いい〆になったよ(笑)。
 沖縄料理って、豚肉とかスパムが注目されるけど、どの料理も野菜が多いんだよね。さすが長寿県・沖縄の料理。年を重ねるにつれて、沖縄料理の良さをしみじみと感じるよ。
 そんな沖縄料理をゆったりとした雰囲気の中で食べる……いいねぇ。このお店、本当にいいわ。

 ごちそうさまでした。また食べに行きますね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:月曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/10/05 18:43 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)

朝まで飲める沖縄料理の居酒屋

 割と旨くて居心地の良かった久米川駅南口の沖縄料理店「ろかーる久米川店」が閉店した後、「今度は何ができるのかな?」と思っていたら、また沖縄料理店だった。それが今回紹介する「海人(うんみちゅ)久米川店」だ。
 オープンしたのは、2015年5月19日。田無やひばりが丘にもお店があるチェーン系のようだ。

海人 久米川店

 何気なく看板を見て、「ん?」と2度見してしまった。それは「年中無休」の横に書いてある文字だ。

朝8時まで営業中

「朝8時」ってことは余裕で朝飲みができるし、沖縄料理店だから当然、沖縄そばがあるハズ。モーニング感覚で出勤前にちょいと立ち寄って食べることもできるハズ。久米川駅周辺は24時間営業のファミレスがないから、こういうお店ってあると重宝すると思うなぁ。

 友人とともにお店に入ったのだが、店内のレイアウトはほぼ「ろかーる久米川店」の時と変わらないんじゃないかな。
 私と友人は、掘りごたつ式の座敷に上がった。

お通しは5種類の中から2つ選べる

 このお店、ナントお通しはこの5種類の中から1つ選べるのだとか。

私が選んだお通し

 私が選んだのはクルミ小女子、友人が選んだのは湯葉巻きだったかな? すみません、何しろ行ったのが1カ月以上前のことなので。

瓶ビールで乾杯

 まずは瓶ビールで乾杯。オリオンビールという選択もあったけど、黒ラベルがあるというので、こっちにしちゃいました。

スクガラス豆腐

 最初に運ばれてきたツマミは「スクガラス豆腐」(380円+税)。島豆腐の上に乗っている小さな魚がスクガラス。沖縄の方言で、「スク」はアイゴという魚、「ガラス」は塩漬けという意味。スクガラスはアイゴの稚魚の塩漬けのことだ。
 これねぇ、本当に不思議なんだよね。見た目は魚なのに、食べるとイカの塩辛なの。
 で、これを島豆腐と一緒に食べると、スクガラスの塩辛さが程よくマイルドになって旨いんだなぁ。もちろん、スクガラスそのまんまでも旨いよ。

炙りスーチカー塩キャベツ

 続いて運ばれてきたのは、「炙りスーチカー塩キャベツ」(380円+税)。
 蒸し豚っぽく見えるけど、スーチカーは豚の塩漬け。そのまま食べるのが一般的なんだけど、このお店ではスーチカーを炙って、さらに塩だれのかかったキャベツの上に乗せてある。

炙られたところが香ばしい

 スーチカーはそのままでも旨いんだけど、炙ることで香ばしさが加わってさらに旨い。キャベツとの相性も抜群だ。

ミミガーチップ

 メニューの中で「ん? こりゃ何だ?」と気になって頼んだのが、この「ミミガーチップ」(480円+税)。沖縄料理店では定番メニューである「ミミガー」をどうやら揚げたモノらしい。

よく見ると、確かにミミガーだ

 よく見ると、確かにミミガーだ。食べてみると……うーん、悪くないけど、これなら普通のミミガーの方がいいかな(笑)。

豆腐容

 泡盛が飲みたくなったので、つまみとして頼んだのが、「豆腐容」(380円+税)。
 これは豆腐を紅麹と泡盛などで発酵・熟成させたモノ。ウニのような、チーズのような何とも言えない、泡盛に抜群に合う味わいのするツマミだ。写真だと大きさはわからないかもしれないが、実物はとても小さく、ペットボトルのキャップぐらいの大きさだ。これを爪楊枝で少しずつ削り取り、舐めるように食べていく。
 泡盛好きの人なら、これ1つで軽く3杯は飲めるんじゃないの?

軟骨ソーキそば

 〆に頼んだのは「軟骨ソーキそば」(680円+税)。
 ビックリしたのは、出し方。普通は沖縄そばの上に乗って出てくるのに、なぜか軟骨ソーキが別皿で出てきた。店員さんに話を聞いたら、「せっかくの旨い出汁が濁る」と言われて、別皿にしたのだとか。
 なるほど、これなら乗せた方が好きな人ならそのままドバッと乗せることができるし、澄んだ沖縄そばの出汁を味わいたい人はそのまま味わうことができる。いい出し方かもしれないね。

別皿の軟骨ソーキ

 軟骨ソーキは肉はもちろん、軟骨部分も柔らかくて旨い、旨い。

澄んだ出汁で旨そう

 さらに旨かったのが、沖縄そば。いやあ、この出汁は確かにそのままの方がいいかも。軟骨ソーキを別皿にするのは正解かもね。
 これは優しい味わいで、〆にピッタリ。
 このお店、朝8時までやっているから、出勤前にこれを食べる手もアリだね。
 値段もリーズナブルだし、このお店、何かと使えそうな気がするよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-5
電話:042-313-0933
営業時間:月~金曜は午後5時~翌朝8時/土・日・祝日は午後3時~翌朝8時
無休
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/09/07 12:56 ] 【沖縄料理】 海人(栄町) | TB(-) | CM(2)

黒焼そば食べ歩き2010 エントリーNO.5

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年04月03日「ますも庵」
2010年04月04日「竜苑」
2010年04月05日「まごころ亭」
2010年04月06日「まるみ」



 今回行ったのは久米川駅南口にある沖縄料理店「美・ちゅら」。たまたま飲み会が終わったあと、「軽くもう一杯」ということで入ったんだよね。
 でも私としては願ってもない機会。というのも、このお店の「黒焼きそば」(980円)はかなり旨いんじゃないかと思っていたからだ。
 その理由は、普段、定番メニューとして出している「焼きそば」(780円)が、沖縄そばの麺を使っていてメチャクチャ旨いからだ。

島らっきょ

 とはいえ、このお店に入った目的は「軽くもう一杯」。当然、軽いツマミも必要ということで、「島らっきょ」(530円)を注文。

このお店の「黒焼そば」

 続いて、来ました、来ました。これがこのお店の「黒焼きそば」。いやいや、いい感じじゃないの。

麺が太くて旨いんだなぁ

 ほらほら、麺は予想通り、太くて平たい沖縄そばの麺。では、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、旨い。これはお酒のツマミに十分なるよ。
 そう思いながら食べていると、壁に面白い名前のメニューが書いてあるではないか。その名は、

「にんじんしりしり」

 何だろう、コレ? 頼んでみるか。

にんじんしりしり

 で、運ばれて来たのが、こちら。千切りしたニンジンをツナやニラと一緒に炒めたモノらしい。
「しりしり」とは沖縄の言葉で、「すりおろす」ことで、千切りにするスライサーを沖縄では「しりしり器」と言うそうな。

 では、食べてみますか……おっ、これは旨いじゃない。ニンジンの持つ自然な甘みが噛むほどにジュワッと口に広がる。これは体にもいいツマミだね。

スーシカー

 1次会では肉料理が少なかったので、最後は私が大好きな「スーシカー」(530円)を注文。軽くのつもりが、ちょっと食べ過ぎたかなぁ(笑)。




 ここで「美・ちゅら」からお知らせ。お店のブログ記事にも書いてあるけど、3月21日からナント、昼カラオケの営業を始めたのだとか。
 時間は正午~午後5時まで。歌い放題で沖縄そば、またはトーストがセットで付き、さらに緑茶とさんぴん茶がフリードリンクで1000円だという。軽食が付いているから、ランチを食べに行くつもりで昼カラオケを楽しんでみては。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:正午~午後5時までは昼カラオケ、通常営業は午後5時~深夜0時
定休日:月曜
ホームページはこちら
ブログ「美・ちゅら日記」



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/04/09 21:04 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)

食べて飲んで歌って…大いに盛り上がった忘年会

 仕事関係で知り合った人たちを集めて忘年会をやろうということになり、幹事に指名されてしまった私。人数は20人ちょっと。条件は「危ない話が出てくるかもしれないから、できれば座敷か貸切」。うーん、ちょっとむずかしいよね。
 いろいろ考えた結果、久米川駅南口にある沖縄料理店「美・ちゅら」にお願いして3時間だけ借り切ることにした。

島らっきょ 豚舌

 まずは軽いおつまみとして出てきた「島らっきょ」と「豚舌」を前にして、乾杯!

もずく天ぷら

 続いて「もずく天ぷら」。これは「沖縄料理は初めて」という人にとっては、かなりのインパクトがあったと思う。私も初めて見た時にはビックリしたからね。

ゴーヤーチャンプル ラフティー

 沖縄料理の定番である「ゴーヤーチャンプル」と「ラフティー」が出たところで、余興タイム。今回、私が企画したのはビンゴ大会。
 でも普通に景品を出したんじゃつまらない……というワケで、地元・東村山にこだわったモノを景品として出した。ザッと挙げてると……。

*豊島屋酒造「吟醸ひがしむらやま」「純米吟醸 金婚」「ワンカップ 金婚」
*竹田商店「朝どれ野菜の新鮮ソース」「東村山ソース」
*玉弘「玉弘の厚焼」
*栄光堂製菓「半端もの徳用お菓子」
*春一番「レモンどら焼き」
*保谷納豆「ナットウそのまんま」
*マドレーヌ自販機「フルーツ」「プレーン」
*ポールスタア「黒焼そばソース」「炎の赤焼そばソース」「二段仕込ソース」
*おせんべいやさん本舗「黒胡椒せんべい」
*グレイン「ラスク」


 なかなかいいでしょ。で、最後の景品を「美・ちゅら」のマスター・秀人君が参加していた「獅士楽」というバンドのCDにして、その景品の紹介のあと、続けて秀人君が三線を、もう1人がギターを手に現れて沖縄の曲を演奏。これはもう本当に盛り上がった。最後はみんなで踊りながらの大合唱。

鶏の唐揚げ

 ビンゴ大会の合間にも料理は出てきていて、これは「鶏の唐揚げ」。別に沖縄料理というワケじゃないんだけど、これに添えられているシークワーサーをかけると、「何コレ!」というくらい旨い。

肉みそおにぎり

 でも今回出てきた料理の中で、私が一番旨いと思ったのは、この「肉みそおにぎり」だ。
 一見すると、普通の塩むすびみたいなんだけど、中はというと……。

肉味噌が旨い!

 こんな感じで肉味噌が入っている。これがもうねぇ、食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 変な話、この「肉みそおにぎり」でお酒が飲める。まあ、そんなことしたらメタボ一直線だけどね(笑)。

 いやあ、それにしてもこの日は飲んで食って盛り上がったなぁ。それもこれもマスターの秀人君をはじめ、お店の人たちのお陰だよ。
 本当にお店の皆さん、ありがとうございました。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/12/16 19:15 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)

軽く一杯のつもりが、三線の音に乗せられて…

 仕事の関係で膨大な書類・資料を読み込まないといけなくなった私。もともとデータ解析能力の低い私は、友人に応援を頼み、2人してファミレスに書類や資料を広げ、ああだこうだ、なんだかんだ……その作業は5時間にも及んだが、結局は終わらなかった。

「今日はお疲れ様。軽く一杯やって帰ろう」ということで、友人とともにやって来たのは、久米川駅南口にある沖縄料理店「美・ちゅら」

生ビールでお疲れさん

 まずは生ビールで……というか、この生ビール1杯で帰ろうと思っていたんだよね。
 だからツマミもガッツリ系ではなく……。

スクガラス

「スクガラス」(420円)を注文。この小魚、見た目は間違いなく魚なんだけど、味は塩辛なんだよね。旨いなぁ。泡盛を飲みながらだと最高だろうなぁ……と思うけど、明日も書類と格闘しなければならないから、泡盛はNG。

スーシカー

 続いて頼んだのは、私がこのお店で大好きなメニューの「スーシカー」(530円)。パッと見た感じ、オニオンスライスがてんこ盛りだから、「オニオンサラダ?」と思うかもしれないけど、その下にはちゃんと……。

これが豚肉の塩漬け

 塩漬けした豚肉が入っているんですよね。この豚肉がビールとの相性、抜群なんですよ。泡盛との相性もいいんだよなぁ……と思うけど、今日はダメダメ。

 でもねぇ、イケメンマスターの三線弾き語りが始まっちゃってさぁ……これがいいんですよ。さっきまでの「仕事やらなきゃ」モードがスーッと消えて、「まあ、何とかなるよなぁ」モードに変わっちゃうんだよね。
 沖縄の言葉で言えば、「なんくるないさー」って感じかな。

 三線の音に合わせて、手拍子を打ち、ビールを飲んでいたら、すぐにビールがなくなってしまい、いつの間にか「お代わり」を頼んでしまっていた私。となると、ツマミも、もう少し頼もうかね。

島らっきょ

 ということで、頼んだのが「島らっきょ」(530円)。軽くつまむのにピッタリなんたよね。

ミミガー 塩だれ

 そして次に頼んだのは、「ミミガー 塩だれ」(480円)。確か「ミミガー」は和風和えとピーナッツ和えの2種類だったと思ってたけど、いつの間にか新種ができていたのね。
 これがまたサッパリして旨いこと。

 結局もう1杯、サワーを飲んでお店を出た。1杯だけのつもりが3杯も飲むなんて……ちょっぴり後悔の思いがよぎったが、すぐに「なんくるないさー、元気になったから明日頑張ればいいさー」という前向き気分になった。これもイケメンマスターの三線弾き語りのお陰だね。
 ありがとう、マスター。そしてお店の皆さん、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/08/30 19:23 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)

東村山のバンドがCDデビュー

 皆さんは東村山に「獅士楽」というバンドがあるのをご存知ですか? 5人組で、ギター、ベース、ドラムになぜか沖縄の三線が入ったユニークな構成のバンドだ。
 なぜ私がこのバンドのことを知っているかというと、メンバーの1人が久米川駅南口にある沖縄料理店「美・ちゅら」のマスターだからだ。

 で、この「獅士楽」、実は2007年の11月25日にインディーズながら、CDデビューしちゃったんですよ。パチパチパチ~!
 というワケで、マスターのシュウト君にCDを持ってもらってパチリ。

マスターと発売されたCD

「WAVE FOR ONE」というタイトルのこのCDは、7曲入ったミニアルバム。価格は2000円で、こちらのサイトから購入できる。もちろんお店にも置いてあるので、「欲しい方は気軽に声をかけてください」(マスター)とのこと。
 知っているお店のマスターがメンバーだからというワケではないが、メジャーになって欲しいなぁ。

キープしていた泡盛とお通しのミミガー

 以前にキープしていた泡盛のボトルがあったので、それを出してもらって友人と乾杯。お通しはサッパリ味付けのミミガー。旨いなぁ。
 このところ飲みが続いていたので、ヘルシーな料理を食べようということになった。

島らっきょ

 で、まず頼んだのが「島らっきょ」(530円)。花かつおたっぷりで、シャキッとした食感もよく、まさに酒のツマミという感じ。旨いなぁ。

オニオンゴーヤーサラダ

 続いて頼んだのは、「オニオンゴーヤーサラダ」(530円)。こちらも花かつおがたっぷり。旨いし、「体にいい」って感じがする。

ラフティー

「ヘルシー路線じゃなかったんかい!」と突っ込まれそうだが、せっかく沖縄料理のお店に来たのだから「ラフティー」(630円)は食べておかないとね。トロトロに柔らかくて旨いんだなぁ。

豆腐よう

 今回注文した料理の中で一番インパクトがあったのが、コレだ。「豆腐よう」(420円)という料理なのだが、この写真の大きさがほぼ原寸だ。
「豆腐よう」とは、島豆腐を泡盛などを使って発酵させたモノで、「東洋のチーズ」と呼ばれているのだとか。
「爪楊枝でちょっとずつ取って食べてください」と言われ、食べてみると……これ、豆腐じゃないよ。チーズだよ。しかも臭いのキツいハード系のチーズに近い味わいだ。でも泡盛によく合うんだよね。
 爪楊枝でチビチビと崩し取って舐めるように食べては、泡盛をグビグビ。こりゃいいねぇ。
 だけどよく考えると、これ自体はヘルシーな料理なんだけど、結局お酒が進んじゃうからヘルシーじゃないかも……まっ、いいか、美味しければ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-48
電話:042-395-7151
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:月曜






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/01/06 19:28 ] 【沖縄料理】 美・ちゅら(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR