東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飲み屋なの?酒屋なの?…ユニークな居酒屋

 友人から「美住町に面白いお店があるよ」と聞いた私は、早速行ってみることにした。
 情報を頼りに、八坂小学校横の道に入り、西武国分寺線の踏切を渡る。そのまま真っ直ぐ100メートルほど進むと、左側にお店らしき看板が……。

川島屋

「川島屋」って言うのか。看板に「酒肴」と書いてあるから、居酒屋だろうな。でも「山賊焼」とか「かつ煮」の文字もあるなぁ。
 情報によると、「ランチをやっている」ということなんだけど……おおっ、もう暖簾が出ている。じゃあ、入ってみますかね。

 入ると、すぐ右手にカウンター席があり、カウンターの向こうが厨房。左手にはお酒の並んだ棚と、お酒の入った冷蔵ケースがある。厨房の中には若い店長さんと、そのお母さんと思われる女性が忙しく仕込み作業をしていた。テーブル席はなく、奥に座敷が見える。
 私はカウンターに座り、ランチメニューを見た。

ランチメニュー

 これがランチメニュー。「山賊焼定食」(780円)も気になるけど、「ソース煮玉子とじ」という「カツ丼」(780円)も気になる。
 でも、どちらかというと「山賊焼定食」の方が気になるかな。そもそも「山賊焼」って何なんだ?
 調べてみると、長野県の松本市を中心とした地域に伝わる料理らしい。鶏肉をニンニクなどの入った汁に漬け込み、片栗粉をまぶして揚げたモノなのだが、なぜこの料理を「山賊焼」と呼ぶのかについては諸説があるらしい。
 その中でも有力なのが、「山賊は人から物を取り上げる」→「取り上げる」→「鶏揚げる」→「だから『山賊焼』」なのだとか。何だか大喜利みたいだなぁ(笑)。

 ということで、「山賊焼定食」を注文した私。待っている間、何気なく後ろのお酒の入った冷蔵ケースを見て、「あれ?」と思った。

冷蔵ケースに妙な貼り紙が

 よく見ると、冷蔵ケースの上に「店内用」と「お持ち帰り用」という貼り紙がある。どういうことなんだ? そう思いつつ、隣の棚を見ると……。

こっちの棚にも「お持ち帰り用」という貼り紙が

 あれ? こっちにも「店内用」と「お持ち帰り用」という貼り紙があるよ。一体どういうことなんだろう? 不思議に思い、店長さんに聞いてみると……。

「ウチ、元々は酒屋だったんですよ、『川島屋』っていう。それからコンビニを始めて……そう、グリーンタウン美住のあの閉店したコンビニ。あれ、ウチだったんですよ。ちょうど契約更新の時期で、『もうコンビニを続けるのは大変かな』ということで、また酒屋をやろうということになったんですよ」

 なるほど。じゃあ「お持ち帰り用」というのは、酒屋としての売り物ってことなのね。友人が言ってた「面白いお店」というのは、こういうことだったのね。確かにユニークだ。

「豊島屋酒造」の大吟醸「美意延年」

 おっ、「豊島屋酒造」の大吟醸「美意延年」が置いてあるよ。「豊島屋酒造」のホームページで、一番高いお酒だというのは知っていたけど、お店に置いてあるのを見たのは初めてかも。
 ウイスキーも置いてあるし、確かに酒屋だ。

 で、ただ酒屋をやるより、何か料理を出して、店内でも飲めるようにしたいと考えた店長さん。どうせやるなら何かお店のウリになるような料理を、と考えた時、親戚のいる松本市の山賊焼を思い出したのだという。たまたま親戚の人がお店をやっていて山賊焼を出していたから、店長はそのお店で修行をしたのだという。そして2014年12月25日にこのお店をオープンしたのだとか。

 そんなことを話していると、来ました、来ました!

山賊焼定食

 これが「山賊焼定食」。ご飯茶碗や味噌汁のお椀との比較でわかると思うけど、とにかくデカい!

とにかくデカい

 アップで撮ると、コレだよ! 何、このデカさ!

厚さもある

 端の方でこの厚さ。中央部分は余裕で1.5センチを超える厚さだ。
 それでは、まずはそのままいただきますか。1切れ取って、パクッ……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ニンニクの香りがして旨い。ただ、これだけの量だから、味の変化が欲しくなる。お皿にはレモンが添えられており、卓上には塩と醤油、ウスターソースが置いてある。
 いろいろ試しながら食べていると、店長さんがこんなモノを出してくれた。

タバスコが意外と合うのだとか

 エッ、タバスコ?

「邪道なんですけど、レモンを搾ってからタバスコをかけると、結構イケますよ」

 言われた通りにやってみると……。

これも旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 そのままでも旨いけど、いろんな食べ方ができるっていうのは面白いね。
 何とか全部食べきったけど、このボリュームだからお腹パンパン(笑)。この「山賊焼」、ツマミとしても人気なのだとか。わかる気がする。これはお酒に合うよ。
 いやあ、それにしてもユニークなお店だなぁ。次は夜に行ってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市美住町1-6-14
電話:042-391-1683
営業時間:午前11時~午後2時/午後4時30分~10時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





スポンサーサイト
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。