東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


あっさりした魚系の中華そば

 ちょっと気になるラーメンがあったので、先日フラッと食べに行ってみた。

めん屋 れお

 行ったのは、久米川駅南口にあるラーメン店「めん屋 れお」。鶏白湯がウリのお店で見つけた気になるラーメンとは……。

気になっていたのは焼きあごだしの「中華そば」

 焼きあごだしの「中華そば」(650円)。私みたいな中高年が慣れ親しんでいる「中華そば」は鶏ガラ醤油スープなんだけど、あご(トビウオ)を、しかも焼いてダシを取っているというのが気になったんだよね。
 ということで、店内に入ると、券売機の「中華そば」をポチッとな。
 カウンターに座り、お冷を飲みながら待つことしばし。

これが「中華そば」

 来た、来た! これが焼きあごだしの「中華そば」。おおっ、煮干と違う、魚の香りだ。

旨そうなスープの色だ

 いいねぇ、スープも旨そうな色だ。煮干もそうなんだけど、魚系のダシだと、鶏ガラとちがって少し明るい色になるんだね。

スープは熱々

「スープが熱いので気をつけてください」とご主人に言われたのに、レンゲですくって、クイッと飲んだものだから、熱い、熱い(笑)。でも旨い! あっさりしていてスーッと染みこんでいくんだけど、あとからジワーッと魚の旨味が広がっていく感じ。

麺のアップ

 麺は中太のストレート。ちょっと固めの茹で加減で、麺自体が旨い。もちろんスープともよく合っている。

このメンマ、好きだなぁ

 そうそう、このお店のメンマは長いんだよね。これがまた旨いんだ。

スープを飲み干して完食

 スープを飲み干して完食。いやあ、旨かった。家系ラーメンみたいなこってりスープもいいけど、50代の体には魚系のあっさりしたスープの方が合ってるかも。それにしてもこの焼きあごだし、醤油を入れない、もともとのスープを味わってみたいなぁ……と思ったら、このお店、すでにやってたんだね。

*焼きあごだし塩ラーメン

 後乗せトッピングに焦がしネギと岩海苔が添えられて、1杯で3回の変化が楽しめ、さらに「ライスを投入してもお茶漬け感覚も楽しめます」だって。数量限定みたいだけど、これは食べてみたいなぁ。気になるラーメンを解決したつもりが、また増えちゃったよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
営業時間:午前11時30分~午後3時30分/午後5時30分~11時
定休日:水曜
お店について詳しくはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




つい替え玉したくなる魅惑のスープ

 またしても古い話で申し訳ない。
 夏休み最後の日、息子が暇そうに家でゴロゴロしていたので、「ご飯でも食べに行くか」と一緒に久米川駅へと向かった。
「何が食べたい?」と聞くと、「ラーメン」と言うので、「こいつが食べたことのないタイプのラーメンを食べさせてやるか」と思った私。で、いろいろ考えて向かったのは、久米川駅南口のラーメン店「めん屋 れお」
 醤油、味噌、塩、豚骨ラーメンは食べたことがあると思うけど、鶏白湯ラーメンはたぶんまだ食べたことがないハズ。息子の反応が楽しみだ。

 お店の前に行くと、こんな看板が。

えび塩白湯は魅力的だなぁ

 へぇ、「えび塩白湯」(850円)に「岩のりラーメン」(850円)か。どっちも旨そうだなぁ。
 しかし私は個人的に「魚介鶏白湯」が気になっていたので、初志貫徹で券売機の「魚介鶏白湯(正油)」(830円)のボタンをポチッ。息子には「鶏白湯(塩)」(780円)食べさせることにした。

 席に座り、券を出すとご主人が「小ライスを付けられますが、どうしますか?」と聞いてきた。残ったスープに入れると旨いのはわかっているんだけど、体のことを考えると、ここはやっぱり我慢かなと思い、「あ、いいです」と断ってしまった。

 そうこうするうちに息子の「鶏白湯(塩)」が運ばれて来た。ご主人がサービスで味玉を乗せてくれたみたいで、豪華な見た目に息子は大喜び。スープを飲んで「パパ、美味しい!」とひと言。そして「意外とサッパリしてるね」と生意気なことを言う。まあ、気に入ってくれたならよかったよ。

 と、ここで私の頼んだ「魚介鶏白湯(正油)」が運ばれて来た。

魚介鶏白湯の醤油

 これが「魚介鶏白湯(正油)」。これもいいビジュアルだね。

コクのあるスープ

 スープは醤油味だから茶色がかっているが、見た目ほどこってりした感じはなく、滋味あふれる鶏白湯に魚介のコクが加わり、さらに醤油によって味がクッキリとシャープな感じになっている。旨いなぁ。

麺のアップ

 細麺を箸ですくい上げ、ズズッとすする……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

「鶏白湯(塩)」は優しくまろやかな味わいだったが、こちらはキリリとした味わい。そのスープをやや固めの細麺がシッカリと受け止めている。いいねぇ。

鶏チャーシューと豚のチャーシューが乗っている

 おや、チャーシューはよく見ると、鶏チャーシューだけじゃないみたい。豚のチャーシューも乗ってる。少し変えたのかな。でもこの方が食べ比べることができていいかも。

 旨いモノだから、早々に麺を食べ終えてしまった私。目の前の丼にはスープがまだたっぷりと残っている。うーん、やはり小ライスを付けてもらうべきだったか……そう思いつつ、ふとカウンターの前を見ると……。

替え玉が60円とは安いねぇ

 何だって! 「替え玉」だって! 
 これには不意を突かれたなぁ。だってそもそも「替え玉」があるなんて、思ってもみなかったから。しかも60円って、メチャ安!
 小ライスは我慢できたけど、これは我慢できなかったね(笑)。

替え玉しちゃいました

 ということで、麺固めで「替え玉」しちゃいました(笑)。

替え玉を入れて、いただきま~す

「替え玉」投入! スープに馴染ませてからズッ、ズズズ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 アッと言う間に食べ終わってしまったのだが、まだ目の前の丼にはスープが残っている。
 もう1回「替え玉」をするか、それとも小ライスをお願いするか、どうしようか迷っていると、食べ終えた息子の視線に気づいた。ハイハイ、お父さんもすぐに食べ終えますよ。

スープを飲み干して完食

 残ったスープを飲み干して完食。いやあ、このスープは旨かったなぁ。それだけにもう少し、麺かライスで食べたかったかな(笑)。お父さんはツラいよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
営業時間:午前11時30分~午後3時30分/午後5時30分~11時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




濃厚で滋味あふれる鶏白湯ラーメン

 2015年1月中旬、久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」が閉店したという話を聞きガッカリしていると、すぐに「同じ場所に新しくラーメン屋がオープンした」という情報が飛び込んで来た。
 ということで、オープンから3週間ほど経って、お店が落ち着いた頃合に行ってみた。それが今回紹介する「めん屋 れお」だ。

めん屋れお

 オープンしたのは2015年1月15日のこと。看板には「麺専門店 れお」と書いてあるんだけど、お店の前にある置き看板を見ると……。

ランチ限定のサービスがあるようだ

「めん屋 れお」と書いてあるので、まあこっちの方が親しみやすいかなと思って、このブログでは「めん屋 れお」と表記することにします。

 置き看板を見ると、ランチ限定のサービスをしているみたいだ。男性はライスのサービスか。うれしいサービスだけど、今の私には多すぎるかな。

券売機

 店内の券売機を見ると、左上がいきなり「鶏白湯(塩)」(780円)となっている。あれ? 表には何も書いてなかったけど、このお店って、鶏白湯がウリなのね。
 大体、券売機の左上にはそのお店で一番ウリのメニューが置いてあるということなので、私は「鶏白湯(塩)」のボタンをポチッと押した。
 カウンターに座って、待つことしばし。いかにも「鶏!」という匂いを漂わせながら、来ました、来ましたッ!

鶏白湯(塩)

 これが「鶏白湯(塩)」。いやあ、刻んだ小ネギの緑が鮮やかで、全体がキレイ。
 一般的なラーメンなら、チャーシューやメンマが濃い茶色で、それぞれが「ここにいるぜ!」と存在を主張しているハズなんだけど、これはチャーシューもメンマも鶏白湯スープの色と言った以下している。だから余計に緑が鮮やかに浮き立つんだな。
 そして香り! 丼全体からふわっと鶏の旨そうな匂いがする。これがたまらない。

鶏チャーシュー

 チャーシューはよく見ると、鶏チャーシューだった。いい色だ。

濁っているけど、サラッとしている

 スープは濃厚そうな色合いだけど、どうなんだろう? ひと口レンゲですくって飲んでみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ああ、染みるぅ~ッ! 少しドロッとしているかなと思ったけど、全然そんなことはない。むしろサラッとしている。それでいて鶏の濃厚な旨味が凄く口に広がる。これは旨いわ。

麺のアップ

 麺は中太よりやや細めなのかな。柔らかそうに見えるけど、しなやかな固さがあり、スープによく合っている。

スープを飲み干し、完食

 スープを飲み干して完食したワケど、「旨い、旨い」とレンゲですくいながら「この味、何かに似てるよなぁ」と思っていた私。気づいたのは、完食してからだった。

「そうだ! コレは参鶏湯に似てるんだ。ああ、失敗した。やっぱりライスをもらってアイランドをしておけばよかった。絶対に旨いし、体にいいと思うわ」

 次回は必ずランチサービスのライスは付けようと決心した私なのであった(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
営業時間:午前11時30分~午後3時30分/午後5時30分~11時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR