東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


何となく落ち着く、定食屋での一杯

 久しぶりに友人と「軽く飲もう」という話になり、友人が用事の関係で東村山駅近くにいることから、東村山駅周辺で飲もうということになった。
 さて、どこで飲むか?

 いろいろ考えた末、友人と2人して向かったのは……。

八海食堂

 東村山駅西口の定食屋「八海食堂」。ちょっとざわついた居酒屋より、落ち着いて飲めるんじゃないかと思ったんだよね。というのも、定食屋だから、食べることを目的に来る人もいる。そういう人は、定食を食べながらついでに飲むというパターンだから、基本的には静かに飲んでいるんだよね。
 1人飲みをするなら、案外、こういう定食屋っていいかもしれない。

瓶ビールで乾杯

 最初の一杯を何にしようか……とメニューを見ると、瓶ビールにナント、サッポロのラガー、通称「赤星」があるではないか。これは珍しいということで、瓶ビールで乾杯。このお店、居酒屋じゃないのでお通し(チャージ)はないのだが、「サービスです」とザーサイを出してくれた。うれしいなぁ。

ポテトサラダ

 まず最初に頼んだツマミは「ポテトサラダ」(340円)。アイスクリームディッシャーを使って盛り付けてあるせいか、ちょっとデザートっぽく見えるけど、味は間違いなくポテサラだ(笑)。

ゴーヤと玉ねぎスライスおかか和え

 続いて運ばれて来たのは、「ゴーヤと玉ねぎスライスおかか和え」(390円)。ゴーヤの苦味というかエグみが残っている感じが私は好きなんだけど、それが苦手という人もいるだろうなぁ。

日本酒にチェンジ

 ここで日本酒にチェンジ。ビールをプハーッとしたあと、日本酒をチビチビやるのが最近は好きなんだよね。

淡竹(はちく)と鶏つくねあっさり煮

 これは「淡竹(はちく)と鶏つくねあっさり煮」(680円)。写真ではデーンと車麩が写っていて淡竹はつくねの下に隠れているけど、この淡竹が柔らかいけど歯応えがあって旨かった。タケノコとは全然違う味わい。

豚肉とナスのにんにく味噌炒め

 こちらは「豚肉とナスのにんにく味噌炒め」(580円)。ご飯が欲しくなるメニューだ。

アマランサスの葉おひたし

 箸休めに頼んだのは「アマランサスの葉おひたし」(290円)。アマランサスは実は、キアヌと並ぶほどの高栄養価。知る人ぞ知るスーパーフードらしい。その葉もたんぱく質が多く、「熱帯のホウレンソウ」と呼ばれているらしい。
 確かに味もホウレンソウに近いかも。

鶏の唐揚げ

 前回も食べたんだけど、旨かったので注文してしまった「鶏の唐揚げ」(390円)。このボリュームで390円は安いと思うなぁ。

〆は「塩むすび(味噌汁付)」

 〆も前回と同じ「塩むすび(味噌汁付)」(230円)。この塩むすびが旨いんだなぁ。

 居酒屋ほどツマミの種類はないけど、食べるついでに一杯と考えれば、これで十分。定食屋だから店内は明るいし、ホント、何となく落ち着いて飲める。食べ過ぎなければ、懐に優しいのもうれしい。
 今度は1人でフラツと入って一杯やってみようかな。




【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-35
電話:042-313-3064
営業時間:月~土曜は午前11時30分~午後2時、午後5時30分~10時30分(ラストオーダーは午後10時)/日曜・祝日は午後3時30分~午後9時30分(ラストオーダーは午後9時)
定休日:火曜
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。






定食屋で一杯

 定食屋なんだけど、新潟を中心とした旨い日本酒を取り揃えている東村山駅西口の「八海食堂」前回はランチを食べに行ったけど、今回は「一杯やろう」ということで、友人とともにやってきた。

八海食堂

 おっ、緑提灯が出ているよ。これって、国産食材を使って頑張ってるってことだよね。いいじゃないの。

 お店に入ると、友人は生ビールと小鉢3品がセットになった「晩酌1000円セット」を注文。

「晩酌1000円セット」の生ビールと小鉢3品の1つ

 すぐに生ビールと、小鉢3品の1つとしてポテトサラダが運ばれてきた。

私は日本酒

 私は日本酒を注文。まずは今日1日を頑張ったお互いに乾杯。

「晩酌1000円セット」の小鉢3品

 そこへ「晩酌1000円セット」の残りの小鉢が運ばれてきた。これで小鉢3品が勢ぞろいだ。ポテトサラダのほかに運ばれて来たのは……。

わかさぎフライ タルタルソース

「わかさぎフライ タルタルソース」。タルタルソースがたっぷりかかっていて旨そうだ。

牛すじ煮込み

 そして「牛すじ煮込み」。
 この3品と生ビールで1000円ならお得じゃないの。十分に一杯やれるよ。
 とは言っても、2人で飲むにはちょいと寂しいので、当然ながらツマミを注文。

新さんま刺

 最初に来たのは、「新さんま刺」(680円)。旨そうだし、ボリュームもあっていいね。食べると、日本酒にピッタリ。うーん、幸せ。

ぎんなん塩炒り

 次に来たのは、私の大好きな「ぎんなん塩炒り」(390円)。今シーズンの初銀杏かな。旨いなぁ。

サンマのわたをホイル焼きにしたモノ

 と、そこに「よかったらどうぞ」とこんなモノが運ばれて来た。「新さんま刺」で使ったサンマの頭とわたをホイル焼きにしたモノだ。エーッ、いいんですか? すごくうれしいよ。
 生ビールを飲んでいた友人もすかさず日本酒にチェンジ。そりゃそうだよね。これは日本酒だよね。
 添えられた大根おろしとともにわたを食べると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 合うよね、日本酒。これはうれしいサプライズだったなぁ。

小松菜おひたし

 軽いツマミということで、「小松菜おひたし」(290円)。こういうツマミは定食屋ならではって感じだよね。

するめいか丸干し

 そして日本酒に合うツマミとして「するめいか丸干し」(390円)。日本酒にドンピシャだね(笑)。飲み過ぎちゃうよ。

鶏の唐揚げ

 ここで友人が「鶏の唐揚げ」(390円)を注文。これが値段の割りにボリュームたっぷりでビックリ。しかも旨い。そりゃ定食で出しているメニューだもんね。ご飯が進む、いい味付けになってるよね。


 さて、そろそろ〆になるワケだけど、何で〆ようかということでメニューを見て、友人と2人して「コレだね!」と選んだのが……。

塩むすび

「塩むすび(みそ汁付)」(220円)。
 普通に塩むすびが出るのかと思ったら、海苔が添えられている。

海苔を巻いていただきま~す

 ということで、海苔で塩むすびをくるんで、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ふっくらと炊かれた米が旨いこと、旨いこと。いやあ、このお店で飲んだら、〆はコレで決まりじゃないの。
 何だかすごく幸せで満足感いっぱい。「また飲みに来たいね」と友人と話しながらお店を後にしたのだった。




【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-35
電話:042-313-3064
営業時間:月~土曜は午前11時30分~午後2時、午後5時30分~10時30分(ラストオーダーは午後10時)/日曜・祝日は午後3時30分~午後9時30分(ラストオーダーは午後9時)
定休日:火曜
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





ニュータイプのカツ丼

 鷹の道の大踏切近くにある焼き鳥店「かちかち山」の角を曲がって少し歩いたところに、西洋家庭料理のお店「ビストロ ガルボ」があったのだが、残念ながら2014年に閉店してしまった。そのあとにオープンしたのが、今回紹介するお酒も飲める定食屋「八海食堂」だ。

八海食堂

 オープンしたのは、2014年12月25日。「めし 酒」という看板は出ているものの、肝心の店名はパッと見た感じわからない。

店名は暖簾に書いてある

 よく見ると、暖簾に書いてある。普通はバーンと店名を掲げると思うんだけど、何とも奥ゆかしいお店だ。

おっ、本日の日替りは「カキフライ定食」か

 入り口近くにある置き看板を見ると……おっ、「本日の日替り」は「新潟産カキフライ定食」(780円)か。これはいいね。これで決まりかな。
 そんなことを思いつつ、お店へ。店内は2人掛けのテーブルが12卓ある。それをくっつけたりして3人連れとか5人連れのお客さんに対応していこうというワケか。いいねぇ。

 メニューを見ると、「ランチ」ではなく「お食事」と書かれている。夜も出すということだろう。看板に「めし 酒」と書いてあったけど、メインはきっと「めし」なんだね。一品料理もあって、お酒も飲めるけど、基本は定食屋というワケだ。
 さて、その「お食事」メニューはというと、こんな感じだ。


*鶏から揚げ定食(580円)
*チキンカツ定食(580円)
*豚しょうが焼き定食(680円)
*野菜炒め定食(680円)
*牛焼肉定食(880円)
*焼き魚定食(680円~)
*五目チャーハンセット(780円)
*新潟タレカツ丼セット(680円)
*海老と豆腐のトロトロあんかけ丼セット(680円)
*親子丼セット(780円)
*カツ丼セット(780円)
*牛すじトマトカレーセット(780円)



 これに「本日の日替り」が加わるワケだ。「新潟産カキフライ定食」にしようとしていた私だったが、ここで「マサさん」と声をかけられた。見ると、ガイドボランティアをやっている知人だった。知人の話によると、このお店は新潟出身のご夫婦が切り盛りしているのだという。ああ、なるほどね。だから店名に「八海」が入っているし、メニューにもやたら「新潟」の文字があり、お酒も新潟の地酒が多いワケなんだ。

「マサさん、これ、美味しかったよ」とメニューを見ている私に知人が薦めてくれたのは、「新潟タレカツ丼セット」。確かにコレ、気にはなっていたんだよね。大体、「タレカツ丼」って何だろう? 
 知人からのオススメということもあり、私は予定を変更して、「新潟タレカツ丼セット」をお願いした。

新潟タレカツ丼セット

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。これが「新潟タレカツ丼セット」だ。
 タレカツ丼に味噌汁、小鉢に香の物。これで680円はリーズナブルなんじゃないの。

見た感じはソースカツ丼っぽい

 これが新潟タレカツ丼か。確かに普通のカツ丼とは違うけど、見た目は何だかソースカツ丼っぽいなぁ。

ひと口サイズより大きなトンカツが3つも入っている

 ひと口サイズよりかなり大きなトンカツがゴロゴロッと3つも入っている。その1切れを箸で持つと結構ズシッと重みがある。
 では、いただいてみますかね……ガブリンチョ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ソースカツ丼と違い、確かにソースじゃなくて、タレだ。でもタレの味はちょっと控えめって感じ。なぜなら……。

厚さもこんなに分厚く、しかもジューシー

 肉がこんなに分厚くてジューシーだから。肉の旨さをちょい甘めのタレが引き立てている。
 でも、これだけだと「ソースカツ丼と何が違うの?」と思うでしょ。これがね、全く違う点があるんですよ。
 それはご飯。
 ソースカツ丼はトンカツを特製ソースにザブンと浸してからご飯の上に乗せるから、ご飯は白いまま。でも、この「新潟タレカツ丼」はトンカツだけでなく、ご飯にもタレがかかっている。そうなんですよ、天丼のトンカツバージョンなんですよ。
 いやあ、それにしてもこんな分厚いトンカツが3切れも乗っていて680円は、リーズナブルどころか、超お得だと思うなぁ。これはオススメですよ。




【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-35
電話:042-313-3064
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時30分~10時30分(ラストオーダーは午後10時)
定休日:不定休




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR