東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こだわりの魚料理が食べられる居酒屋

 青葉町商店街に来るたびに気になっていたお店があった。それが今回紹介する居酒屋「くる里」だ。店名は「くるり」と読む。

くる里

 場所はバス通りから青葉町商店街に入って割とすぐの左側にある。
 落ち着いた雰囲気のお店の構えが、ちょっと寂しい青葉町商店街(失礼!)の中で浮いていて、何となく1人では入りづらかったんだよね。
 ということで、いつも付き合ってくれる友人を伴って行ってみることにした。

入り口に乱雑に貼り紙がしてあったりする

 入り口にガムテープで乱雑に貼り紙がしてあるんだけど、この乱雑さが逆に「どういうお店なんだろうなぁ」と私の中で敷居がグンと高くなっていたりしてたんだよね(笑)。

 入ると、L字のカウンターがあり、左奥に座敷がある。全体の造りを見ると、居酒屋というより寿司屋っぽい。

瓶ビールで乾杯

 友人とカウンター席に座った私。まずは瓶ビールで乾杯。

お通し

 お通しはキュウリと蒸し鶏のマヨ和え。居酒屋っぽいお通しだ。

 さて、ツマミは何にしようかなと周りを見ると、おすすめ料理が書いてあり、そのほとんどが魚料理だった。こだわりがあるのかな?
 じゃあ、魚料理を頼んでみよう。

本マグロのど刺身

 まず頼んだのは、「本マグロのど刺身」(500円)。普通のマグロの刺身ではなく「のど」って何だろう?と思って頼んだんだよね。
 見ると、赤身よりもう少し濃い赤色をしている。で、その横に、2切れほどピンクっぽい刺身がある。
 大将に「これ、何ですか?」と聞くと、マグロの脳天だという。
 食べてみると……おおっ、旨い! のど刺身も赤身より濃厚な味わいで旨い。

マグロの脳天をサービスで付けてくれた

「脳天、旨いですね」というと、「じゃあ、コレ、サービス」と大将は追加で脳天をお皿に入れてくれた。
 こんな希少部位、普通に手に入るのかなぁと思っていると、「昼は所沢で魚屋をやってるから、こういうところが入るんだよ」と大将。このお店は基本的には女将さんが切り盛りしていて、魚屋の仕事を終えた大将が後からお店に入って腕を振るうらしい。

 なるほどね。それなら、おすすめ料理に魚料理が多いのも納得だ。

しめさば

 続いて頼んだのは「しめさば」(600円)。酢の入り具合がいい感じで旨かったなぁ。

マグロほほ焼き

 個人的にイチ押しなのが、「マグロほほ焼き」(500円)。マグロのほほ肉が、魚といよりむしろお肉っぽいことは、ほかのお店で食べてわかっていたけど、こうやって塊で出されると、余計に「肉!」って感じがする。
 実際、この写真だけを見て、「魚」と思う人はまずいないんじゃないかなぁ。
 食べてみると……。

肉じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これ、抜群に旨いよ。ビールが進むなぁ。

いわしつみれ鍋

 これは大将が勧めてくれた「いわしつみれ鍋」(800円)。とってもシンプルな料理なんだけど、これも旨かったなぁ。

生姜の効いたつみれが旨い

 出汁もいいけど、何よりもイワシのつみれだよね。生姜が効いていて旨い。いい〆になったよ。
 大将、ごちそうさま。




【DATA】
住所:東村山市青葉町2-1-69
電話:042-395-4452
営業時間:午後5時30分~11時
定休日:日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






スポンサーサイト
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。