東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


和食で菜食飲み

 以前、ブログで報告したこともあるが、私は2011年12月に胆のうを、2012年3月に左の腎臓を摘出した。胆のうは胆石症によるもので、腎臓は初期の腎臓がんが見つかったからだ。
 退院してしばらくは節制したものの、すぐに私は2つの臓器を摘出する以前と同じような食生活に戻った。しかし、腎臓が1つなくなったワケなのだから、同じ食生活をすれば、腎臓に負担がかかることは明らかだ。健康診断をすると、腎臓関連の数値が必ず悪い。「ちゃんと考えなきゃいけないなぁ」と思いつつ、何もせずに過ごしてきたのだが、年とともにだんだんと“食べ疲れ”をするようになってきた。食べてる時は「旨い、旨い」といっぱい食べるのだけど、翌朝になると、体が重く、ダルく感じる。飲み過ぎとは違うダルさなんだよね。

 考えてみれば、胆石症も腎臓がんも生活習慣病。以前と同じ食生活をしていては、きっとまた別の生活習慣病を引き起こすに違いない……そう考えた私は、2017年7月14日から思い切って「なんちゃって菜食生活」を始めることにした。
 どういうモノかというと、野菜と穀物、果物、豆類を中心にした食生活にして、肉、魚、乳製品、玉子はできるだけ食べないようにすることだ。
 ここで、重要なのは「できるだけ食べないようにする」という緩い設定。というのも、麺つゆなどダシには必ずカツオ節が入ってるし、キムチにはアミが入ってるし、厳密に肉、魚、乳製品、玉子を食べないようにするなんて無理だ。それをいちいち目くじら立てて排除すれば、ストレスがたまる一方だ。
 だから「なんちゃって菜食生活」なんだよね(笑)。

 もうそろそろ1カ月になるけど、凄く体調はいい。野菜は消化がいいせいか、“食べ疲れ”はなくなったし、食物繊維がよく働いてくれてるのか、お通じもいい。寝つきも寝起きも良くなった。
 まだ1カ月も経ってないのにこの変化だ。これは続けた方がいいだろうと思っている。

 ただ、ここで問題になってくるのは、この「東村山グルメ日記2」の取材をどうするかだ。厳密な菜食生活を適用すれば、ラーメンもカツ丼も食べられなくなってしまう。
 でもまあ、そこは「なんちゃって菜食生活」だから月に何回と決めて、菜食じゃないモノを食べていこうかなと思っている。だけど、できるだけ菜食を通していくということで、今後は取材でも野菜料理が増えてくると思う。
 ちょっとだけヘルシーなグルメブログになったと思って、ひとつ生温かい目で見守ってやってください(笑)。



 前置きがかな~り長くなってしまったが、そんなワケで「なんちゃって菜食生活」を始めた私は、事情を友人に話し、野菜系のツマミをメインにした“菜食飲み”に付き合ってもらうことにした。向かったお店は……。

ひら川

 東村山駅西口にある和食店「ひら川」だ。おばん菜など野菜を使ったツマミが多いと思ったからなんだよね。

瓶ビールが乾杯

 まずは瓶ビールで乾杯。
 と、ここで困った事態が発生。お通しが「かつおの角煮」なんだよね。別に私は魚アレルギーがあるワケでもないし、食べたところで、どうってことはないんだけど、「菜食飲みをするぞ!」と意気込んで、最初から魚を食べちゃうのはちょっとバツが悪いので(笑)、お通しは友人に食べてもらうことにした。

切り干し大根、かぼちゃ煮、蓮根金平、芋ひじき

 最初のツマミはやっぱり「おばん菜」だよね……ということで、4品を注文。左奥から時計回りで「切り干し大根」、「かぼちゃ煮」、「蓮根金平」、「芋ひじき」。どれも1品390円。
 普段はお通しとか、箸休めの小鉢みたいな形でしか出てこない料理だけど、改めてこうやって並べて食べると、十分ツマミになる。旨いねぇ。

揚げ出し豆腐

 続いて頼んだのは「揚げ出し豆腐」(490円)。熱々で旨い!

日本酒の冷やにチェンジ

 こうなるとやっぱり日本酒だよね。それも冷やがいいよね。

冷し冬瓜煮

 こちらは「冷し冬瓜煮」(530円)。関東の人には物足りない味付けかもしれないけど、優しい薄味がジワッと染みて旨い。私好みの一品だ。

生麩田楽

 〆は友人が頼んだ「生麩田楽」(860円)。生麩がお餅みたいにモチモチで濃厚。それに味噌が乗っているんだから、「冷し冬瓜煮」とは真逆のかなり濃い味わい。たぶんコレ、ひと口でパクッと食べるんじゃなくて、チビチビと少しずつ味わうといいんだろうな。

 いやあ、和食のお店だからやっぱり野菜系のツマミは充実してるよね。満足、満足。
 さて次はどこで“菜食飲み”をしようかな。




【DATA】
住所:東村山市野口町1-16-1
電話:042-306-4818
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時30分~10時
ランチタイムは禁煙
定休日:日曜・祝日
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/08/14 13:05 ] 【和食全般】 ひら川(野口町) | TB(-) | CM(0)

和食で一杯

 東村山駅西口にある和食店「ひら川」前回、ランチで「おばん菜プレートご膳」(950円)を食べた時、「このおばん菜で一杯やりたい!」と思った私。先日、友人を誘って実行しちゃいました。

おすすめ料理、旨そう

 おっ、お店の前にはランチタイムとは違い、ツマミのおすすめメニューが書かれたボードが出ている。いやあ、どれも旨そうだなぁ。

熱燗で乾杯。お通しはホタルイカの醤油漬け

 まずは熱燗を注文。一緒に出て来たお通しは、ナント、ホタルイカの醤油漬けではないか。日本酒を頼んで大正解(笑)。いやいや、これだけで、メッチャ幸せな気分。

鰯なめろう

 ツマミとして最初に頼んだのが「鰯なめろう」(570円)。すでに味がついているので、そのままいただいてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 アジのなめろうも旨いけど、脂の乗ったイワシのなめろうも抜群に旨いね。チビチビと熱燗を飲むつもりが、グビグビとイッちゃうよ(笑)。

枝豆

 軽いツマミをと「枝豆」(450円)を頼んだんだけど、茹でたてで、しかも茹で加減も塩加減も絶妙。旨いなぁ。

おばん菜プレートご膳

 ここで「お腹が空いている」という友人が、ツマミを兼ねて「おばん菜プレートご膳」を注文。

おばん菜プレート

 これ、これ! このおばん菜で一杯やりたかったのよ。1つ1つ、キッチリ手間をかけてつくったモノだから、旨い、旨い。
 若い人には物足りないかもしれないけど、50代の私には“体が喜ぶごちそう”だね。

からみ鶏

 これは「からみ鶏」(380円)。メニューによると「蒸し鶏と大根おろしを淡口醤油で味付けしたもの」らしい。食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 サッパリしていて旨いよ。大根おろしたっぷりだから、サラダみたいな感覚で食べられるよ。

かつお角煮

 ここで本当は「鯵たたき」(570円)が食べたかったんだけど、売り切れてしまったということなので、「かつお角煮」(550円)を注文。これがバカ旨だった。
 汁気はないけど、全然パサついてなく、しっとりとした食感で、噛めば噛むほど旨味が出る感じ。ヤバいなぁ、お酒が進んで仕方ないよ。

キンキ粕漬け

 続いて頼んだのは、「キンキ粕漬け」(800円)。これもいい味付けで旨い、旨い。

切り干し大根と魚南蛮漬け

「〆はやっぱりおばん菜がいいな」ということで、単品で「切り干し大根」(390円)と「魚南蛮漬け」(390円)を注文。どちらも私好みの、やや薄めの味付けで旨いんだなぁ。

 鶏唐揚げやポテトフライといった居酒屋のこってりメニューも好きだけど、50代の私にはやっぱりこのお店のような優しい味付けの和食メニューがいいなぁ。
 いやあ、ごちそうさまでした。絶対にまた来ます。




【DATA】
住所:東村山市野口町1-16-1
電話:042-306-4818
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時30分~10時
定休日:日曜・祝日
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/08/22 06:56 ] 【和食全般】 ひら川(野口町) | TB(-) | CM(0)

お酒が飲みたくなる定食

※注意 今回の記事は3月に取材したものであり、4月からの消費税アップに伴い、値段が変わっている可能性があります。詳しくはお店に確認してください。



 東村山駅西口にあった家庭的な喫茶店「八国cafe」が閉店し、そのあとにオープンしたのが今回紹介する和食のお店「ひら川」だ。

ひら川

「八国cafe」のパステルカラーの壁は残しつつ、窓や入り口のドアの色を明るい茶色にして和食っぽい雰囲気を出している。

 このお店、お酒も出すから「和食中心の居酒屋かな?」と思ったら、ちょっと違うみたい。

ランチメニューではなく「ご膳メニュー」と書いてある

 表に出ている置き看板を見ると、「ランチメニュー」ではなく、「ご膳メニュー」と書いてあるでしょ。つまり、ランチタイムだけでなく、夜も定食があるということ。じゃあ、定食屋かというと、夜のメニューは一品料理も充実していて、飲む人にも対応している。だからジャンルとしては「和食全般」に入れることにした。

「ご膳メニュー」はこんな感じ。

*特選ちらし(1380円)
*刺身ご膳(980円)
*サーモンいくら丼ご膳(1100円)
*おばん菜プレートご膳(950円)
*からあげご膳(850円)
*とんかつご膳(880円)
*鯖の味噌煮ご膳(830円)
*焼魚ご膳 塩鯖(800円)
*焼魚ご膳 さわに西京(850円)
*焼魚ご膳 銀だら西京(950円)


 このほかに「お子様ランチ」(ドリンク付、650円)なんてモノまである。
 この中で私が気になったのは「おばん菜プレートご膳」。というのも、カウンターに座ると、目の前に……。

おばん菜プレートに乗る本日の6種類のおばん菜

 おばん菜プレートに乗る「本日の6種」が貼り出されていたからだ。1つ1つは、どちらかと言うと脇役的なおかずなんだけど、6種類ものおかずが一緒に出てくれば、十分にメインを張れる。
 ヘルシーだし、今の私にはピッタリじゃないかと思い、「おばん菜プレートご膳」を頼むことにした。

これが「おばん菜プレートご膳」

 しばらくして、来ました、来ました。これが「おばん菜プレートご膳」。ご飯とお味噌汁のフタを開けると……。

ご飯と味噌汁のフタを取ると…

いいじゃないですか(´ ▽`).。o♪♪

 6種類のおかずのほかに、サラダと小鉢、そしてお新香が付く。見た目はすごく豪華。ガッツリ君には野菜ばかりで魅力的に見えないかもしれないけど、50代の私にはこの見るからにヘルシーな定食は超魅力的だ。

6種類のおばん菜

 しかも6種類のおかずがそれぞれ丁寧につくられている。うーん、旨そう……あれ? 焼なすがないぞ。代わりにアジの南蛮漬けが入っている。ひょっとして売り切れて、違うモノになったのかな?

 ではでは、いただきま~す……どれから食べようかなぁ。大好きな切り干し大根からいただくかな……おおっ、私好みの薄味でいい感じに染みている。旨いなぁ。
 ほかのおかずも全般的に薄味。いくらでも食べられる感じ。
 ご飯が進むんだけど、このおかずを見ていたら、何だかご飯よりお酒が飲みたくなって仕方ない(笑)。お店の人に聞くと、夜はツマミとしておばん菜プレートを頼むことができるのだという。こういうおかずをツマミに日本酒をチビチビやると旨いだろうなぁ。

食後にはコーヒーが付く

 ランチタイムには食後にコーヒーが付くのだという。いやあ、満足。これはいいランチだなぁ。
 ただ、今回のおばん菜になかった焼なす、食べたかったなぁ……そんなことをボソッとお店の人に話したら……。

後から出してくれた焼なす

 ナント、焼なすが出て来た。エッ、どういうこと?

「おばん菜は一応、なくなってもほかのモノで対応できるように8種類くらいつくるんですけど、ちょっと本日の6種が何だったか忘れてしまって……」

 つまり間違えてアジの南蛮漬けが入ったのだとか。いやあ、そんなつもりで言ったワケじゃないだけど、ちょっとうれしかったりして(笑)。
 では、遠慮なくいただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、これこそお酒が飲みたいよ。次回来る時は夜だね。おばん菜で一杯やるぞ!




【DATA】
住所:東村山市野口町1-16-1
電話:042-306-4818
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時30分~10時
定休日:日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/04/14 16:41 ] 【和食全般】 ひら川(野口町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR