東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


シニア喰ライマーの挑戦 その1

 フードファイターほどではないけど、かつては大食いに自信があった私。しかし40代後半あたりから徐々に食べられなくなってきた。これまで数々の大盛りメニューにチャレンジしてきたが、これからは「50代の割にはやるじゃない」と言われる程度の大食い、“シニア喰ライマー”を目指していこうと思う。
 ということで、不定期ではあるが、ちょっとシリーズ化してみようかなと思ったりなんかして(笑)。
 一応、自分なりの“山”の基準としては、「20代の若い人ならペロリといけちゃうかもしれないけど、50代の人だと半数近くはギブアップしちゃうんじゃないかな」と思う程度の大盛りメニューを、と考えている。そういうメニューを見つけたら、随時、挑戦していこと思う。


 第1回目のチャレンジをするべく向かったのは、恩多町のバス通り沿いにあるラーメン店「麺屋 心元」。このお店の「心元みそラーメン」(1050円)を、無料トッピングの「やさい」を「大盛り」にしたモノが今回挑戦する“山”だ。何しろ通常250gの野菜が「大盛り」にすると倍の500gになるんだから、これはもう“山”でしょう。

 お店に入ると、券売機で「心元みそラーメン」をポチッ通し、カウンターに座った私。「やさい」のほかにも無料トッピングがあるのでチェックすると……。

無料トッピングに「背脂」の文字を発見

 エッ、「背脂」のトッピングがあるんだ。通常は入ってないけど、頼むと入るワケか。
 ということで、私の「無料トッピング」はこんな風になった。

*やさい……大盛り
*にんにく……少なめ
*からめ
*背脂


 翌日が仕事だから、「にんにく」はちょっと控えたけど、あとはフルトッピングという感じ。
 しばらく待って、来た、来た、来たーーー!!!

これが「心元みそ」野菜大盛り、ニンニク少なめ、味辛め、背脂トッピングだ

何じゃ (゚д゚lll) こりゃーッ!!

 左にチラッと写っているお皿は、店員さんが「野菜用の取り皿に使ってください」と出してくれたモノ。「どんだけ野菜が多いんじゃい」って思うでしょ。上からの写真じゃよくわからないと思うから、ハイ、横からドン!

横から見ると、まさに山

山じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ちょっとクラクラするビジュアルだね。ひょっとして、やっちまったか、オレ。

野菜の上には背脂がたっぷり

 野菜の上には背脂がたっぷり。普通の50代には「超こってり」に見えて、このビジュアルだけでお腹いっぱいになっちゃうかもしれない。でも、私にはこれがカキ氷の練乳みたいに見えて、「超旨そう」と思っちゃったんだなぁ(笑)。これならイケるかも。
 それにしてもチャーシューは分厚いし、ニンニクは「少なめ」にしたんだけど、たっぷり入ってるなぁ。「多め」にしたらどうなっちゃうんだろう?

麺のアップ

 さてさて、外観からは全く見えなかった麺。箸を突き入れ、野菜の下から引っ張り出してズズズッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 やや太めの麺は、しっかりスープに浸っていたせいか、味が染みていて旨いんだよね。
 麺を食べては、野菜をスープに浸すように沈めていき、やがて麺と一緒にワシワシと野菜を食べていく。スープに次第にニンニクと岩海苔、そして野菜にかかっている背脂が溶けこんでいき、濃厚な味へと変化していく。でも、濃厚ではあるけど、胸やけするほどこってりギトギトではない。たっぷりの野菜のおかげで、いい感じのサッパリ感が口に残る。

麺も野菜も食べ切ったぜ

 麺と野菜、チャーシューや味玉などの具材を食べ終えると、スープは半分以下になっていた。もともとあれだけのボリュームだから、そんなにスープの量は多くないとは思うけど、でもこんなに少なくなるということは、それだけ麺と野菜に染みていったということだろう。
 あれだけのボリュームを食べたのだから、スープを残しても文句は言われないと思うけど……。

スープも飲み干し、制覇したぜ!

飲み干して (゚д゚lll) 制覇だぜ!!

 初戦からギブアップしなくてよかったよ。でも、賢い中高年はマネしちゃダメだそ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市恩多町3-13-1
電話:042-306-3297
営業時間:午前11時30分~午後2時30分(ラストオーダーは午後2時15分)/午後6時~9時30分(ラストオーダーは午後9時15分)
定休日:なし(ただし、月曜のディナータイムは休み)
駐車場:5台分あり
お店について詳しくはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






新たな“山”の登場!挑戦は続く…

 恩多町の商業施設「イーストビレッジ」の近くにあったラーメン店「哲麺 三十八代目 東村山店」が昨年秋に突然閉店し、そのあとに「麺屋 心元」というラーメン店がオープンした。早速、ブログ「人間のクズ!」を書いているぽ子さんリポートしているのだが、それによると、どうやら二郎インスパイア系らしい。
 こういう情報が事前に入ると、私としてはありがたい。二郎インスパイア系ということは、ボリュームはかなりあるとみていいだろう。ちょっと気合を入れて、お店に行ってみると……。

開店前に並んでるよ!

マジですか!! (゚д゚lll)

 おいおい、まだ開店前だというのに、並んでいるよ。確かお店がオープンしたのは2013年12月12日のハズ。それから1カ月ちょっとでこんなに人気のあるお店になっちゃったの? 場所もそんなにいいとは思えないし、ちょっとビックリだなぁ。
 でもひょっとしたら、開店前だから行列ができているだけで、開店すれば行列がなくなって、案外すんなり入れるかも……私はそう思って少し近所を散歩することにした。

麺屋 心元

 15分後、お店に来てみると、行列はなくなっていた。ちょっとホッとしつつ、お店に入り、券売機の前に。オーソドックスに「ラーメン」(750円)にしようかと思ったけど、お店の名前を冠している「心元ラーメン」(950円)を頼むことにした。
 二郎インスパイア系らしく、野菜とニンニクの量が無料で選べ、さらに「背脂」の追加と「カラメ(味濃いめ)」ができるようになっている。
 私は野菜とニンニクは普通で、味は「カラメ」でお願いした。

 しばらくして来た、来た、来たーーーッ!

心元ラーメン

 これが「心元ラーメン」。なかなかのビジュアルだと思いませんか?
 モヤシとキャベツがてんこ盛り。これで野菜の量が「普通」だからね。確かメニューには、


普通:約250g
大盛り:約500g



と書いてあったなぁ。「大盛り」はこの倍かぁ。すげぇな、おい(笑)。

ニンニクはこれで「普通」

 刻みニンニクがたっぷり入っているんだけど、これで「普通」なんだよね。「多め」にしたらどんなことになることやら。

チャーシューの分厚いこと

 チャーシューがまた分厚いこと! これが2枚も乗っている。

海苔とモヤシの間に岩海苔が乗っている

 全体を俯瞰した時には気づかなかったけど、海苔とモヤシの間に岩海苔が乗っているんだね。さらに玉子も丸ごと1個乗っている。
「心元ラーメン」って要するに「全部乗せ」なんだね。
 さてさて、この「心元ラーメン」、横から見ると……。

見事な“山”じゃないっスカ!

見事な“山”じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 何か久しぶりに私の“喰ライマー魂”に火がついたよ。2年前に食べた「ラーメン専門店 和(かず)の「ネギチャーシューメン」+「もやし」トッピング以来かな。

 では、スープからいただいてみますか……おっ、旨いじゃん。それほどこってりという感じではないけど、旨い豚骨醤油だ。ニンニクを少し溶けこますと、味が急に濃く感じられるようになった。

麺のアップ

 麺は少し太めで平打ち。そのままでも結構旨い。持ち上がったスープとともに食べると、さらに旨い。モヤシもシャキシャキだし食べ応えは十分すぎるほどある。
 溶けこんだニンニクに、さらに岩海苔の旨味が加わり、味が時間経過とともに微妙に変化していくのが、すごく楽しい。
 チャーシューもあんなに分厚いのにホロホロと崩れるほど柔らかい。いやいや、これは旨いラーメンだわ。

玉子は中がトロ~リ

 野菜と麺をほとんど食べてから玉子をガブリ。
 玉子を最後に残したのは、別に好きだからというワケではない。むしろ私は好きなモノは先に食べる人間だ。最後にしたのは、もし固茹でだったら、口の中がボソボソするし、お腹が張ってしまう可能性があったからだ。半分に割ってあって中身の状態がわかっていればいいんだけど、丸ごと1個だから後回しにしたんだよね。

 でも心配は杞憂だったね。こんなにトロ~リとしていて感激。

汁も飲み干し、食ったどーッ!

 かなりの量だったと思うけど、スープも全部飲み干して、

食ったどーーーーッ!!!

 まあ、でもこれで喜んじゃダメだよね。次は野菜を「多め」にして「心元みそラーメン」(1050円)にチャレンジしなきゃね。次なる“山”よ、待ってろよ。




【DATA】
住所:東村山市恩多町3-13-1
電話:042-306-3297
営業時間:午前11時30分~午後2時30分(ラストオーダーは午後2時15分)/午後6時~9時30分(ラストオーダーは午後9時15分)
定休日:なし(ただし、月曜のディナータイムは休み)
駐車場:5台分あり
お店について詳しくはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR