東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

焼き鳥の英才教育はこのお店から

 今年から中学生になった我が息子。まだまだ一緒にお酒を飲むことはできないが、なぜか焼き鳥が大好き。たまに家族の食事を居酒屋で済ませたり、スーパーで焼き鳥を買って帰ったりしたせいだと思うが、そういう焼き鳥を「美味しい」と思うのは教育上、よくないのではと思ったりなんかして(笑)。
 中学生になったことだし、「世の中にはもっと美味しい焼き鳥がある」ということを教えてやらなくては……そんな使命感に燃えた私は、「私が旨いと思う焼き鳥屋に息子を連れて行こう」と決意。先日、「お父さんの焼き鳥講座」の第1回目を行ったのだが、その場所は……。

斉藤商店

 久米川駅南口の焼き鳥店「斉藤商店」。このお店の焼き鳥の味をスタンダードとして覚えれば、かなり高いレベルで焼き鳥の美味しさがわかると思うんだよね。


 お店に入り、カウンター席に息子と並んで座る……何気ないことだけど、これねぇ、思っていた以上に痺れた(笑)。いいよ、このシチュエーション。たぶん、私の親父も高校生の私を居酒屋に連れて行き、初めてカウンターに並んで座った時、同じことを思ったんじゃないかなぁ。

ホッピーで乾杯

 ということで、私はホッピー、息子はウーロン茶で乾杯。
 早速、焼き鳥を注文。まず最初に出て来たのは……。

とりレバー

「とりレバー」(1本140円)。今回は実はコレを一番食べさせたかったんだよね。
 以前、チェーン系の居酒屋で鶏レバーを食べたら、ちょっと臭みがあって「パパ、コレ苦手かも」と息子はひと口でやめちゃったからね。だけど、レバーの旨さを知らずして焼き鳥は語れないでしょ(笑)。あと、レバー嫌いになって欲しくなかったから、とにかく旨いレバーを食べさせたかったんだよね。

 塩もあるけど、今回はタレで。ひと口食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 臭みは全くなく、噛むとトロッと口の中で溶けて、タレの味と合わさった甘みが口に広がる。
「どうよ?」と息子に聞くと、「レバーはこんな味じゃないってパパが言ってた意味がわかった。これなら食べられるし、美味しい」だって。よしよし(笑)。

石焼きもつ煮

 次に運ばれて来たのは「石焼きもつ煮」(480円)。カミさんは、レバーをはじめとしたホルモン全般が苦手なんだけど、子どもたちには苦手になって欲しくないんだよね。だから、コレを頼んだってワケ。

 相変わらずの旨さに舌鼓を打っていると、「パパ、コレ、美味しい」と息子も喜んでいる。ふふふ、いいぞ、いいぞ(笑)。

ももとせせり

 続いては「もも」(=左2本 1本160円)と「せせり」(1本160円)。「美味しい」を連発しながら食べる息子に、「せせりってのはなぁ、鶏の首の部分なんだぞ。鶏って首がよく動くだろ。そこの部分だから身が締まってるんだよ」なんてウンチクを語りながらホッピーを飲む。うむ、幸せだ(笑)。

タン

 こちらは「タン」(1本140円)。牛のタンは食べたことのある息子だが、豚のタンは初めてのハズ。気になる反応は……。

コレ、美味しいね(´ ▽`).。o♪♪

 そうだろ、そうだろ。「コショウがいいよね」って、お前、調子に乗るんじゃないよ(笑)。

もつ煮にうどんを投入

 と、ここで先ほどの「石焼きもつ煮」を食べ終えて残った汁にうどんを入れて、再度グツグツ煮込んだモノが登場。まさか焼き鳥屋でうどんを食べるとは思わなかったのだろう。「エッ、コレって?」という表情の息子がかわいい。「お鍋の〆に食べる雑炊みたいなもんだよ」と説明すると、納得したようで、これも「美味しい、美味しい」と食べていた。

豚レバー

 そして、その次に出て来たのが「豚レバー」(1本140円)。旨いんだけど、食べた瞬間、「ああ、頼む順番を間違えたかな」と思った。鶏と違って、豚の場合はゴリッとした食感のあとにトロッとするんだよね。最初からトロッととろける鶏レバーのあとに食べたら、当然、こんな反応になるよね。

「パパ、コレはちょっと苦手かも」

 うーん……旨いんだけどなぁ。豚レバーは別のお店で再教育かな(笑)。

何だったっけ?

 で、〆に食べたのは……アレ? コレって何だっけ? 確か「ハツ元」だったような……。塩で食べたんだけど、これは息子も気に入ったみたいだった。

 本当はもう少し食べさせたかったんだけど、息子は私に似ず、意外と少食なのでこれで第1回目の「お父さんの焼き鳥講座」は終了。さて、第2回目はどこに連れて行こうかな。結構、私の方が楽しんでいたりして(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-16-1
電話:042-394-7915
営業時間:平日は午後5時~深夜1時/日曜は午後3時~10時
年中無休
フェイスブックはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





スポンサーサイト

デカ旨焼き鳥を堪能

 1カ月前くらいかな、珍しく東村山市外で友人と飲むことになり、何となく焼き鳥が食べたかったからチェーン系のお店に入ったんだよね。お店の雰囲気は悪くなかったんだけど、焼き鳥が値段の割りに小さくて、今ひとつ満足できなかったんだよね。
 友人もそう感じていたみたいで、数日後、久米川駅南口周辺で飲もうとなった時、お互いに「旨い焼き鳥が食べたい」ということになった。ここからの選択が悩ましいんだよね。久米川駅周辺はここ数年で旨い焼き鳥屋が増えたからねぇ。
 いろいろ悩んだ末に友人とともに向かったのは、久米川駅南口の「斉藤商店」

 お店に行くと、カウンターは満席。そこには知った顔がチラホラ。中には職場の後輩女性に仕事について熱く語っている友人もいたりなんかして。「ああ、いっぱいかぁ」とガッカリしていたら、「奥の座敷にどうぞ」と店長さん。ラッキー(笑)。

 早速、ホッピーで乾杯。焼き鳥にはホッピーが合うんだよね。
 で、焼き鳥を頼んだんだけど、当然ながら時間がかかるから、簡単にサッと出てくるツマミも合わせて注文。

斉藤漬け

 まず運ばれて来たのは、「斉藤漬け」(300円)。メニューを見て「何、コレ?」と思って頼んだんだけど、どうやらニンジンをメインにした松前漬けっぽいモノで、旨い。

ももとかしら

 と、ここで来ました、来ました。左2本が「もも」(1本160円)で、右2本が「かしら」(1本160円)。どちらも塩でお願いした。
「もも」は見るからにジューシー。食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 皮はパリッ、中はジュワッ。これは旨いよ。通常の焼き鳥屋のメニューにある「正肉」とか「ひな」というメニューより遥かに旨い。
「かしら」も間違いのない旨さで、噛むほどに肉の旨味がジュンジュン染み出してくる。
 塊の1つ1つが大きくて食べ応えはあるし、いやあ、焼き鳥はこうでなくちゃね。

春雨サラダ

 これは箸休め的に頼んだ「春雨サラダ」。ゴマがいっぱいで体に良さそうだ。

とりレバーのたれ

 これは私の頼んだ「とりレバー」(1本140円)のたれ。ビジュアルがいいよね。柔らかそうで、噛んだら口の中でとろけそうだ。
 食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 もう、見た目のまんま。口の中でとろけていく。ほんのり甘いたれもよく合ってる。

とりレバーの塩

 こちらは友人の頼んだ「とりレバー」の塩。こうやって1本でもたれと塩を焼き分けてくれるのもうれしいよね。
 これはごま油と塩の入った付けだれでいただく。以前に食べたことあるけど、これも旨いんだよね。

つくねバーグ

 これは「つくねバーグ」(350円)。たっぷりのネギの下に丸いハンバーグ状のつくねがある。卵黄を崩してネギと一緒に食べると旨いんだなぁ。

豚レバーのたれ

 私が頼んだ次なる串は、「豚レバー」(1本140円)のたれ。このビジュアルもいいでしょ。ちょっと硬そうに見えるけど、食べると……。

柔らかくて旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、満足度が高いなぁ。先日行ったチェーン系の焼き鳥との差があり過ぎ。

豚レバーの塩

 こちらは友人が頼んだ「豚レバー」の塩。これも旨いに決まってるじゃないの(笑)。

榎本豆腐店の濃厚豆腐

 これは黒板メニューにあった濃厚な豆腐。醤油ではなく、そのままか、塩を付けて食べるようにと店長さんに言われた。
 それではと、まずはそのまま食べてみる……おおっ、味が濃くて甘い。塩を付けると、甘みがさらに引き立ち、ネギと一緒に食べると何とも言えない旨味に変化していく。これはいいね。

ささみわさび

 〆に頼んだのは「ささみわさび」(1本160円)。わさびがたっぷり塗られているけど、食べるとちょうどいい感じ。ささみも全くパサパサしてなくてジューシー。
 いやいや、このお店は何を頼んでも旨いね。
 2時間くらい友人といたと思うけど、帰る時もカウンターはいっぱいだった。お店の場所的には駅から少し離れていて、決して便利なところにあるワケじゃないけど、こんなに旨かったら繁盛するよね。
 店長さん、ごちそうさまでした。また来ますね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-16-1
電話:042-394-7915
営業時間:平日は午後5時~深夜1時/日曜は午後3時~10時
年中無休
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






やっぱり旨過ぎる焼き鳥

 前回行って大満足だった久米川駅南口の焼き鳥店「斉藤商店」。別の友人が「行きたい」と言うので、前回行ってからあまり間がないけど、また食べに行くことに。

ホッピーで乾杯

 まずはホッピーで乾杯。焼き鳥にはビールも合うけど、私はホッピーの方が好きかな。

石焼きもつ煮

 まず最初に頼んだのは、前回食べて絶品だった「石焼きもつ煮」(450円)。このグツグツ煮立った状態で出てくるのがいいんだよね。写真だと何が何やらサッパリわからなくなっちゃうんだけどね(笑)。

塩味で旨い

 熱々の「石焼きもつ煮」を器に取って、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これはこのお店に来たら必ず頼む定番メニューになりそうだなぁ。

とりレバーの塩

 これは前回食べられなかった「とりレバー」(1本120円)の塩。お皿には塩の入ったゴマ油が添えられている。これを付けて食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 タレも旨かったけど、この塩も絶品だね。トロッと口の中でとろける柔らかさ。もうたまんないね。

タン

 こちらは前回も食べた「タン」(1本120円)。いやいや、旨いねぇ。前回も書いたけど、コショウがいいんだよね。

豚レバーの塩

「とりレバー」に続いて「豚レバー」(1本120円)も塩で頼んじゃいました。私は間違いのない味だということは知っているけど、友人は初めて食べるからね。しっかり堪能してもらわないと(笑)。
 それにしてもこの焼き色と塩のかかり具合が、旨そうで見ているだけでよだれが出てくる(笑)。

もも

 こちらは「もも」(1本150円)。皮はパリッ、肉はジューシー。言うことないねぇ。前回も今回も塩で食べたけど、次回はタレで食べてみたいなぁ。

ささみめんたい

 これは今回初めて頼んだ「ささみめんたい」(1本150円)。ささみは上手く焼かないとパサつくんだけど、これはしっとりと柔らかくジューシー。明太子とよく合っている。

残ったもつ煮の汁にうどんを投入

 ここで、残った「石焼きもつ煮」の汁にうどん(プラス100円)を入れてもらったモノが登場。前回はお腹いっぱいで食べられなかったんだよね。

これがバカ旨

 小皿に取って、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 これはいいよ。というか、うどんは入れるべきだね。ここまでやらなきゃ、このお店の「石焼きもつ煮」を食べたとは言えないじゃないの(笑)。

おでんも旨かった

 〆に頼んだのは、「おでん」。これがまた旨かったんだよなぁ。このお店は本当にメニューにハズレがないねぇ。いやいや、また食べすぎちゃったよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-16-1
電話:042-394-7915
営業時間:午後5時~深夜1時
定休日:日曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







絶品!大・大・大満足の焼き鳥屋

 久しぶりに友人のマサトから電話があり、「飲もうか」ということになった。
 向かったのは久米川駅南口のディスカウントショップ「カネヒロ」の手前の道を空堀川に向かって進んだところにある、このお店。

斉藤商店

 以前、韓国料理店「チョアヨ」があった場所で、2013年10月にオープンした焼き鳥店「斉藤商店」だ。
 店内レイアウトは「チョアヨ」のころとあまり変わってないかな。入ってすぐカウンター席があり、奥に座敷がある。
 カウンターの中にいる若いご主人がキビキビとしていて気持ちいい。

ホッピーで乾杯

 まずはホッピーで乾杯。「やっぱり焼き鳥でしょう」といろいろと頼んだものの、焼き鳥はすぐにはできないから、メニューにある「スピードメニュー」からも少し選ぶことに。

ポテサラ

 ということで、最初にポンと出て来たのは「ポテサラ」(250円)。まあ、これは取り立ててどうこう言うモノじゃないよね。

豚レバー、とりレバー

 と、そこへ「豚レバー」(写真の左2本、1本120円)と「とりレバー」(1本120円)が出て来た。タレで頼んだのだが、まずは「とりレバー」をひと口……。

ん!旨いッO(≧∇≦)O!!!

 口どけのいいチョコレートのようにメッチャ柔らかく、甘すぎないタレがまた旨い。
 続いて「豚レバー」を……。

これも旨いッO(≧∇≦)O!!!

「とりレバー」ほど柔らかくはないが、「豚レバー」にしては十分に柔らかく、しかも臭みがない。旨味が口の中で溶けて広がる。いやあ、参ったなぁ。串焼きの鶏のレバーは東村山駅西口にある「かちかち山」が、豚のレバーは青葉商店街にある「とり慎」が一番だと心密かに思っていたのだが、このお店、全然負けてない。

タン

 続いて来たのは「タン」(1本120円)。「豚レバー」と「とりレバー」以外は塩で頼んだのだが、ナントこの「タン」、塩だけでなくコショウが軽く振られている。食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 塩加減だけでなく、コショウの加減も絶妙。そうだよなぁ、タンにコショウは合うよね。どうして今までそのまま、塩だけで食べてたんだろう。

ニンニク丸揚げ

 ここでスピードメニューとして頼んでいた「ニンニク丸揚げ」(200円)が登場。これがほっくりしていて、味噌を付けて食べると、旨い、旨い。ホッピーがどんどん進んじゃうよ(笑)。

ハツと砂肝

 これは「ハツ」(写真の左2本、1本120円)と「砂肝」(1本120円)。これも「タン」同様、軽くコショウが振られている。
 私は「ハツ」を、マサトは「砂肝」をパクッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪ (私)

旨いですねぇ(´ ▽`).。o♪♪ (マサト)

 2人して感嘆。参ったなぁ。串物、何食べても旨いじゃん。

石焼きもつ煮

 そこへご主人が勧めてくれた「石焼きもつ煮」(450円)が出て来た。グツグツしている鍋の中は、普通のモツ煮と違い、何となく白っぽい。味噌ではなく、塩モツ煮のようだ。

もつは柔らかいし、もうバカ旨

 取り皿にすくって食べてみると……。

こりゃ旨いわッO(≧∇≦)O!!!

 モツは柔らかいし、これもコショウがいい感じに効いていて、汁が旨い。食べ終わったあと、残った汁にうどん(プラス100円)を入れることもできるのだとか。いやあ、確かにコレにうどんを入れると、旨いと思うな。

もも

 これは「もも」(1本150円)。おや、これは塩だけなんだ。では、いただいてみますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、「旨い」を連発し過ぎているなぁと自分でもわかっているんだけど、本当に旨いから仕方ないよね。皮はパリッとしていて、中はジューシー。コレ、ウチの子どもたちに食べさせたら大喜びするだろうなぁ。

豚バラ

 こちらは「豚バラ」(1本150円)。ほぉ、コレにはコショウが振られている。内臓系と豚モノにはコショウを振るってことかな? 食べると、これも旨いなぁ。噛むと脂がジュワッと染みだして、たまんない。

豚レバーの塩

 今度は「豚レバー」を塩で頼んだんだけど、驚いたことにゴマ油が付いてきたよ。コレに付けて食べるのか。どれどれ、やってみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、参ったなぁ。「旨い」しか、言葉が出ないよ。

かしら

 これは「かしら」(1本150円)。あれ? これにはコショウは振ってないんだ。エッ、どういう法則なんだろうか? と首をひねっていると、「すみません。コショウをかけ忘れました」とご主人。あっ、やっぱりね(笑)。塩だけでも旨いけど、コショウが加わるとさらに旨味が増すね。

なんこつ

「まだ食べるんかい」というツッコミの声が聞こえそうだけど、旨いからついつい頼んじゃうんだよね。
 これは「なんこつ」(1本150円)。これは塩だけ。シッカリ焼けているのに、全然、肉の部分がパサついてない。旨いなぁ。

せせり

 こちらは「せせり」(1本150円)。これも塩だけ。鶏は内臓以外、塩を頼んだらコショウを振らず、塩だけなんだね。豚のように脂がない分、その方が肉の味がストレートにわかっていいかもね。これも旨かったよ。

アジフライ

 ここでマサトが、まさかまさかの揚げモノ攻撃を開始。頼んだのは「アジフライ」(1枚120円)と、

フライドポテト

「フライドポテト」(280円)。「この期に及んで、揚げモノかよ。よく食べるなぁ」と言いつつ、私もシッカリ食べましたけどね(笑)。

つくねバーグ

 〆に頼んだのは、「つくねバーグ」(300円)。これは串じゃないんだね。ハンバーグ状のつくねの上にたっぷりの刻みネギと卵黄、その上からタレがかけられている。

たっぷりのネギと一緒に食べると

 卵黄を崩し、刻みネギをかきわけてつくねを箸で切り、卵黄まみれの刻みネギをたっぷり乗せて食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 写真がピンボケで申し訳ないけど、これは旨かった。絶品だね。

食べすぎました

 いやいや、よく食べたねぇ。こんなに何食べても旨い焼き鳥屋は久しぶりだね。しかも値段はリーズナブル。場所が悪いにもかかわらず、お客さんが結構入っているのもうなずける。これはいいお店だわ。
 私もマサトも大・大・大満足! でも2軒目に行っちゃうんだよなぁ。ということで、続く(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-16-1
電話:042-394-7915
営業時間:午後5時~深夜1時
定休日:日曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。