東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


贅沢なあんかけうどん

 すでにご存知の人もいると思うけど、西武線沿線のうどん屋さん6店が共同で「西武線沿線うどんラリー」という企画を2015年2月1日から実施している。詳しくは以下のチラシを見て欲しい。

「西武線沿線うどんラリー」のチラシ

裏はこんな感じ

 今回が6店共同の初企画で、テーマは「あんかけうどん」。企画の開催期間中(2月1日~2月28日まで)、各店がオリジナルのあんかけうどんを出すワケだ。
 東村山市からは富士見町の讃岐うどん店「こげら」と、野口町の「正福寺」裏にある讃岐うどん店「野口製麺所」が参加している。
 何とも面白そうで、美味しそうな企画ではないか。

 ということで、早速、私も参戦してみることにした。まず最初に向かったのは……。

こげら

「こげら」だ。ちょうどお昼時だったせいもあるけど、店内をのぞくと満席。最寄り駅である小川駅から結構離れた場所にあるんだけど、繁盛しているんだね。やっぱり旨いお店には、人は集まるんだね。
 しばらく外で待ち、カウンター席へ。もちろん頼んだのは、「西武線沿線うどんラリー」の期間限定メニュー「W海老天卵あんかけ」(600円)だ。

W海老天卵あんかけ

 しばらくして、来ました、来ました! これが「W海老天卵あんかけ」だ。大きな海老天がドーンと2本乗っかっている。
 あれ? 今回のテーマは確か「あんかけうどん」じゃなかったっけ? 何となく「あんかけうどん」っぽく見えないけど……と思いつつ、よく見ていくと……。

玉子のトロッとした感じが旨そう

 おおっ、溶き玉子がトロッとしたあんとともに、真っ白なうどんにまとわり付いてツヤツヤと光っているではないか。これは旨そうだわ。

うどんのアップ

 それでは、いただきま~す……。

ふぅ~ッ(´ ▽`).。o♪♪ 旨さが染みるねぇ

 じんわりと温かさが体に染み渡っていく感じ。

海老天は大きくて食べ応え満点

 海老天は大きくて、食べ応え満天。これだけ大きい海老天だと、そのままサクサクッとした食感を楽しむべきか、つゆに浸して食べるべきか、食べ方に迷っちゃうけど、2本あるからどっちの食べ方もできる。そういう意味でも満足感が高い。

つゆも全部飲んで完食

 つゆも全部飲んで完食。いやあ、体がホカホカと温まったよ。
 ご主人、ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市富士見町2-6-72
電話:042-391-6717
営業時間:午前11時分~午後3時/午後5時30分~7時30分(火曜は夜の営業は休み)
定休日:水曜
駐車場:2台分あり
お店について詳しくはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2015/02/10 11:43 ] 【うどん】 こげら(富士見町) | TB(-) | CM(4)

目も舌も満足させてくれるうどん屋がオープン

 私が愛読しているグルメブログ「ぐーたりの舌」。このブログに2013年12月、東村山市に新しい讃岐うどんのお店がオープンしたという記事が掲載されたので、「行きたい」と思っていたんだよね。ただ、住所を調べると、私の家からすごく遠い。ほとんど東大和市との境界にある。
 たからなかなか行けなかったんだけど、先日、ようやく行くことができた。それが今回紹介する讃岐うどん店「こげら」だ。

こげら

 立川行きのバスが通る江戸街道をひたすら東大和市方面に向かって歩くと、右側にスーパー「サミット」、左側に「つぼみ保育園」が見えてくる。その「つぼみ保育園」の先の路地を左に入り、そのまま真っすぐ300メートルほど歩くと、左側に「うどん」の幟が見えてくる。そこが「こげら」だ。
 本当に東村山市と東大和市の境界線上にあり、道を挟んで向かい側は東大和市。3軒先の路地から東大和市という微妙な位置にある。

手打ちうどんが300円で食べられるってうれしい

 表にはこんな看板が置いてあった。手打ちうどんが300円で食べられるって、考えたら凄くうれしいことだと思う。

へぇ、持ち帰りもできるんだ

 入り口横の窓にはこんな貼り紙が。
 へぇ、持ち帰りもできるんだ。ますますうれしいよね。
 お店に入ると、入って右側にカウンターが4席、左側に4人がけのテーブル席が2卓。こぢんまりとした小さなお店だ。
 カウンターの中が厨房になっていてご主人と奥さんの2人がキビキビと動いている。

メニューはシンプル

 メニューは至ってシンプル。いいねぇ。

こんなお得なセットもある

 メニューの裏を見ると、こんなお得なセットまである。さて、何を頼もうかなぁ……と考えていると、ご主人が壁に貼ってあるメニューをすすめてくれた。

こんな貼り紙を発見

 へぇ、「肉汁うどん」があるんだ。しかも「限定7食」か。これはちょっと食べなきゃダメかな(笑)。でも、ほかのメニューも食べたいしなぁ……。
 ということで、「しょうゆ」の並(300円)と「肉汁うどん」の並(500円)、そして「ちくわ天」(100円)を頼むことにした。

 茹で時間が長いのだが、その間、目の前でうどん玉を伸ばして麺打ちをしてくれたので、全然退屈することがなかった。リズミカルに麺棒で伸ばし、打ち粉を振り、また麺棒で伸ばし、最後にトントントンと包丁で切ってうどん麺にしていく。テレビでも見たことのある光景なんだけど、目の前で見ると、ホント見入ってしまう。

しょうゆの並にちくわ天

 そうやって目で楽しんだあと、来ました、来ました。これは「しょうゆ」の並と「ちくわ天」。旨そうじゃないですか。

温かいうどんに大根おろし、その上から醤油がかかっている

「肉汁うどん」のうどんは冷たいから、「しょうゆ」の方は温かいモノにしてもらった。その温かいうどんの上に大根おろしを乗せ、醤油をかけてネギを散らしている。これをガーッとかき混ぜて……。

うどんのアップ

 うどんを箸で持ち上げる。いやあ、この太さ、そしてほんのりと醤油で染まったこの色! 旨そうじゃないの。では、いただきま~す。ズルルルルッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 モチッとした弾力、心地よいノド越し、いやあ、見た目通りの旨さだよ。
「ちくわ天」も揚げたてで旨かったなぁ。

肉汁うどんの並

 すぐに「肉汁うどん」も運ばれて来た。こちらもまた旨そうだなぁ。

こちらは冷水で〆てある

 こっちは冷水で〆てあるんだけど、この艶やかさ、たまんないね。

肉汁

 こちらは肉汁。やはり讃岐うどんからのアプローチだから、つゆは真っ黒ではなく澄んでいる。

うどんは弾力があって旨い!

 この肉汁にザブンとうどんを浸してから、ズリュリュリュ……。

これも旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 冷水で〆た分、弾力が増して旨い。肉汁は少し薄く感じるけど、うどんが旨いから物足りなさはない。
「肉汁うどん」は始めたばかりなので、これから味が変わっていくかも。それはそれで楽しみだ。

 場所的には遠いし、オープンして間もないんだけど、早くもお客さんが付いていて、私が入ったあと、すぐにお店は満席になってしまい、外で待つ人もいた。お店が小さいせいもあるかもしれないけど、この旨さなら納得。
 ちょっと遠いけど、「うどんが好き」という人には、ぜひ食べに行って欲しいうどん屋さんだ。




【DATA】
住所:東村山市富士見町2-6-72
電話:042-391-6717
営業時間:午前11時分~午後3時/午後4時~7時
定休日:水曜
駐車場:2台分あり
お店について詳しくはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/01/27 10:20 ] 【うどん】 こげら(富士見町) | TB(-) | CM(2)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR