東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立ち飲みの雰囲気で飲めるお店

 散々飲み食いしたのに、「もう1杯だけ飲みたい」と思うこと、たまにあるでしょ。もう2カ月前になっちゃうけど、そんな気分になっちゃったんですよね、私。
 友人は「えーっ、まだ飲むの?」という顔をしてたけど、「1杯だけ」と懇願して、久米川駅北口の居酒屋「らんらん」に付き合ってもらった。
 このお店、

立ち飲み屋の料金で座って飲める店

というコンセプトなんだけど、ちょっとザワついた雰囲気が立ち飲みっぽくていいんだよね。

レモンサワーで乾杯

 散々飲んでるから、ここはレモンサワーで乾杯。お通しはつみれの入った温かいモノ。寒かったからありがたいね。
 もうシッカリ飲んだし、食べたハズなんだけど、このお店に来たら、やっぱりコレを食べないとね。

この「焼餃子」が旨いんだ

「焼餃子」(400円)ですよ。旨いんだなぁ。
 あとはお新香でも頼んで、サクッと帰ろうかと思っていたら、友人が意外なモノを注文した。

カキフライ

 エエッ! 「カキフライ」(400円)なの? そりゃ好きだけど、ここで頼むとは思わなかったなぁ。
 でもコレ、ジューシーで旨かったです。予想外の“茶色〆”だけど、「もう飲めません、食べられません」という状態になったから、いい〆になったかもね(笑)。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-11-60
電話:042-308-1888
営業時間:午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時)
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





スポンサーサイト

安く飲める家庭料理系の居酒屋

「軽く飲もうか」と友人にメールし、夕方5時に久米川駅北口で待ち合わせた私。安く飲みたかったから居酒屋「一本槍」に行こうと思っていたのだが、待っているうちに「そうだ、久しぶりにあのお店に行ってみよう」と、居酒屋「ながしま」へ。
 ところが、お店の前に行くと、暖簾が出ていない。それでも中が明るいので、入り口を少し開けて中をのぞくと、「ごめんなさい。6時からなんだよね」と大将。うーん、そうだったか。
 じゃあ、「一本槍」にしようかなと思ったけど、ここであるお店が思い浮かんだ。それはパン屋「ラザレ」の向かいにある「らんらん」という居酒屋だ。

らんらん

 以前、「DELICA323」という弁当屋があったんだけど、2010年10月に閉店。そのあとにオープンしたのが「らんらん」だ。
 お店には、

立ち飲み屋の料金で座って飲める店

という貼り紙があり、前からずっと気になっていたんだよね。

メニューはどれも安い

 表に出ているメニューを見ると、確かに安い。ということで、友人とともにお店に入ってみた。
 入ってまずビックリしたのは、切り盛りしているのが女性2人だったこと。何となく大将がいる“親父系”のお店と思っていたんだけど、実は“お袋系”のお店だったんだね。

瓶ビールで乾杯。お通しは味噌ちゃんこ

 まずは瓶ビールで乾杯。サッポロの黒ラベルとはうれしいね。お通しは温かい味噌ちゃんこ。具だくさんで旨いなぁ。

オニオンスライス ぬか漬(自家製)

 お客さんが多くて忙しそうなので、すぐに出るツマミを最初に頼もうということで選んだのが、「オニオンスライス」(200円)と「ぬか漬(自家製)」(350円)。
「オニオンスライス」にはたっぷりとカツオ節が乗っていて、その上から醤油をかけて食べると……旨いッ! シンプルだけど、体にもいいし、旨いメニューだよね。
「ぬか漬(自家製)」は、よく見るとキラキラとした結晶のようなモノがかかっている。まあ、これはご愛敬ということで(笑)。

ぎんなん

 続いては私のリクエストで「ぎんなん」(200円)。気のせいかもしれないけど、銀杏を食べると元気が出るんだよね。

焼ぎょうざ

 ちょっとビックリしたのが「焼ぎょうざ」(380円)。ちゃんとキレイに包んであり、中もギッシリ。しかもジューシーで旨い。
 お皿に「蘭蘭」という文字が書いてあるのが、ちょっと気になる。たまたま、「蘭蘭」というお店のお皿をもらい受けたのか、それとも以前に「蘭蘭」というお店をやっていたのか……この日は忙しそうだったので聞けなかったけど、今度行ったら聞いてみよう。

ホルモン炒め

 この「ホルモン炒め」(300円)も旨かったんだよなぁ。これで300円は安いよ。

玉子焼(ねぎ入)

 個人的にうれしかったのは、この「玉子焼(ねぎ入)」(380円)。言い方は悪いけど、全然プロっぽくなくて、“お母さんが急いでつくってくれた”という感じがして、妙にノスタルジーを抱かせる。味も、何かこう、シミジミさせる味なんですよ。
 お店の雰囲気もアットホームで、妙に居心地がいい。料理が安いのもうれしい。これはきっとまた来ちゃうね。もっと早くに来ればよかったよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-11-60
電話:042-308-1888
営業時間:午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時)
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。