東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょい高めだけど、食べれば納得の焼き鳥

 友人のマサトと「久しぶりに飲もうか」ということになり、「どうせなら、まだ行ったことのないお店の取材を兼ねるか」と思い、向かったのは……。

千串屋 久米川店

 久米川駅南口のモザーク通りに7月にオープンした焼き鳥店「千串屋 久米川店」。私は知らなかったんだけど、このお店は初台に本店があり、10店舗以上チェーン展開しているお店らしい。

 店内は入ってすぐ左手にカウンター席がズラリと並び、その奥にテーブル席がある。入ったのは午後7時過ぎだったと思うけど、客席はほとんど埋まり、賑わっていた。

生ビールで乾杯

 まずは生ビールで乾杯。このお店の生ビールはプレミアムモルツ。お通しはしらすおろし。
 さて、それでは焼き鳥をとメニューを見ると……。


*はつ(1本95円)
*砂肝(1本95円)
*ぼんじり(1本95円)
*皮(1本158円)
*ささみ(1本189円)
*つくね(1本189円)
*レバー(1本210円)
*せせり(1本210円)
*ねぎ肉(1本210円)
*手羽先(1本210円)
*ひな肉(1本210円)
*白レバー(1本368円)



 うーん、チェーン店は通常、安さがウリだったりするんだけど、このお店はどうやら違うらしい。それだけ、こだわりがあるということか。
 とりあえず焼き鳥を数本とツマミを頼んでみた。

むね肉たたき

 まず運ばれて来たのは、刺身代わりに頼んだ「むね肉たたき」。おろしニンニクを乗せ、醤油を付けて食べると、旨い! 

ねぎ肉<br />

 と、ここで焼き鳥が登場。まずは「ねぎ肉」(1本210円)。このお店、塩かタレかを聞いてこなかったので、お任せしてみたんだけど、これはどうやら塩らしい。食べてみると……おっ、旨いじゃないの。薄味好きの私には、ちょっと塩気がキツいけど、お酒を飲むことを考えれば、これくらいの方がいいのかもしれない。

レバー

 続いて運ばれて来たのは、「レバー」。これはタレなんだね。見るからに柔らかそうだ。では、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 こりゃ旨いわ。口の中でトロけるよ。タレもサラリとした甘みでいい。

つくね

 こちらは「つくね」。これもタレなんだね。食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 刻んだナンコツが入っていて、コリッとした食感がまたいいんだなぁ。

炙りカマンベール

 これは「炙りカマンベール」。どんなものだろう?と思って頼んだんだけど、なかなか旨かった。

せせり

 焼き鳥第4弾は「せせり」。こんなにたっぷりネギが乗ってくると思わなかったよ。ネギをこぼさないようにソーッと口に運び、パクッ……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、これも旨いなぁ。どの焼き鳥も1本の値段が高いから、ちょっとためらっちゃうけど、これは食べれば納得だね。旨いよ。

もずく もつ煮込

 こちらは軽いツマミとして頼んだ「もずく」(410円)と「もつ煮込」(441円)。「もつ煮込」は、すごく煮込まれていて味はいいんだけど、もう少しモツが入っているとうれしかったなぁ。

きゅうりの梅肉あえ にんにく丸揚げ

 これは「きゅうりの梅肉あえ」(410円)と「にんにく丸揚げ」(515円)。まずまずの味なんだけど、もう少し安いとうれしいかな。

はつ

 焼き鳥メニューの中で一番安い95円の「はつ」。これは塩で出してくれた。
 このお店、塩が違うのかなぁ。何だか肉とよく合っていて旨いんだよね。

砂肝

 こちらも95円の焼き鳥で「砂肝」。これも旨かったなぁ。焼き鳥全品が、これくらいの値段だとうれしいんだけど、こだわりがあるのだろうから仕方がない。

チーズピー

 最後に頼んだのは、「チーズピー」(1本294円)。ピーマンの中にチーズを詰め、それをベーコンで巻いて焼いたモノ。食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これはいいねぇ。食べればホント納得するんだけど、1本294円って頼むのにちょっとためらっちゃうよね。
 でも繁盛しているってことは、みんな食べてみて味に納得したからなんだろうな。「焼き鳥をガッツリ食って飲む」というより「旨い焼き鳥で軽く一杯」という感じの焼き鳥店なんだと思うよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-22-8
電話:042-313-3117
営業時間:午後5時~深夜0時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





スポンサーサイト
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。