東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ こころ(秋津町) ]


住宅街にあるアットホームな居酒屋

 友人である“秋津の帝王”ことラットマンと、秋津駅北口の居酒屋「奴」で気持ちよく飲んだ私(詳しくはこちらの記事を参照)。すでにもう1人の友人は所用で一足先に帰り、2人でお店を出て、「じゃあ、もう1軒行きますか」ということになった。

 ということで向かったのが、今回紹介する居酒屋「こころ」だ。

こころ

 場所は「奴」を背にして目の前の道路を右に進むとすぐの所。ほんの70メートルほど先にお店がある。周りは都営住宅や一軒家など住宅街だ。
 入ると、右側がカウンターで、左側は小上がりになっている。
 壁にメニューが貼ってあるんだけど、「250円」「350円」「400円」……と値段ごとに分けて貼られてあり、とってもわかりやすい。多いのは「350円」と「400円」のメニュー。庶民にはありがたいよね。ちなみに一番高いメニューは「銀だら焼き」で800円ナリ。

ハイボールとお通し

 居酒屋「奴」でしたたか日本酒を飲み過ぎた私は、ハイボールで2回目の乾杯! お通しに出て来たキンピラごぼうが何気に旨くてビックリ。

 ツマミを何にしようかなぁと壁を見ていると、ラットマンが「マグロ刺身」(600円)を頼んでいてまたもビックリ。刺身は「奴」で堪能したし、このお店は普通の居酒屋っぽいから、「奴」以上のモノが出てくるとは思えないんだけど……。

マグロ刺身

 でも出されたモノを見て、またまたビックリ。ラットマンいわく、「このお店、ちょっと刺身にはこだわりがあるんですよね」。いやあ、とろけるし、旨いし、驚いたなぁ。

チヂミ

 次に頼んだのは「チヂミ」(400円)。薄く焼いたタイプだけど、ちゃんと外はサクッ、中はしっとりという感じで旨い。

皿うどん

 〆に頼んだのは、「皿うどん」(600円)。いやあ、これも旨かったんだよなぁ。

 このお店、カラオケがあり、ラットマンが「歌いませんか?」と言うので、普段はカラオケが苦手なんだけど、調子に乗って3曲も歌ってしまった。
 ラットマンはこのお店の常連で、マスターはもちろんのこと、入ってくるお客さんのほとんどと顔見知り。おかげで、初めて入るお店なんだけど、すぐに馴染めてしまった。
 とっても居心地がよく、何だかんだと2時間くらいいたんじゃないだろうか? 時刻は午後11時近く。

「じゃあ、もう1軒行きますか」とラットマンとともに、お店を出たのであった……(続く 笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-1-2
電話:042-395-5576




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR