東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


九州系豚骨ラーメンの冷やし中華

 九州系の豚骨ラーメンが食べたいと思った私。向かったのは、恩多辻近くにある「哲麺 三十八代目 東村山店」
 九州系の豚骨ラーメンは、ほかにも久米川駅南口の「しょういん」、新秋津駅前の「味彩」があるんだけど、「しょういん」は昼間の営業をしていないし、「味彩」は自宅から遠いということで、「哲麺 三十八代目 東村山店」になったんだよね。
 前回は「豚骨醤油」を食べたから、今回は「豚骨味噌」か「豚骨塩」だなと思いつつ、お店の前に行くと……。

こんなポスターを発見

 エッ、「冷やし中華」なんてやってるの!?
 これには驚きだね。しかも「醤油」と「胡麻」の2種類ある(どちらも700円)。よく見ると、「醤油」の方には明太子、「胡麻」の方には豚にんにく辛味醤がトッピングとして添えられている。
 当然、期間限定メニューだよね……ということで、私は「冷やし中華(胡麻)」を注文することに。
 カウンター席に座り、券を差し出すと、「プラス50円で大盛りにできますよ」と大将。そうか、「冷やし中華」は替え玉できないもんね。じゃあ、大盛りにするかなと思った私は「お願いします」と50円玉を手渡した。

「冷やし中華(胡麻)」の大盛り

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。ポスターの写真だと、丼の縁にスープが見えて、一見、「冷やし中華」というより「冷やしラーメン」って感じなんだけど、大盛りにしたせいか、スープが全く見えない。

豚にんにく辛味醤

 これがトッピングの「豚にんにく辛味醤」。辛めに味付けしたひき肉だ。少し食べてみると、ピリッと辛くて旨い。

麺の下には胡麻の効いたスープが

 麺を箸でよけると、丼の底にスープがあるのがわかる。

麺のアップ

 麺は極細のストレート。スープに浸っている麺を底からすくい上げて、ズズズッ……おおっ、胡麻が効いていて旨いじゃん。

豚にんにく辛味醤をかき混ぜてからいただきま~す

 少し食べた後、豚にんにく辛味醤をかき混ぜて、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 おおっ、いい感じに味が変わったよ。冷やし担々麺っぽい味だ。
 これにさらに卓上の辛子高菜を入れると、辛味がアップして旨さもアップ。これはなかなか楽しめるラーメンだね。
 大盛りにしたからお腹もいっぱい。いつまでやっているかわからないけど、食べたい人は早めに行った方がいいと思うよ。




【DATA】
住所:東村山市恩多町3-13-1
電話:042-315-5599
営業時間:午前11時~午後11時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






安くて旨い九州系の豚骨ラーメン

 久米川駅南口にあったラーメン店「らーめん たつ」が2010年10月に閉店して以来、久米川駅周辺では九州系の豚骨ラーメンは食べられなくなってしまった。
 九州系の豚骨ラーメンは替え玉システムがあり、中高年にはとても“危険な食べ物”なんだけど(笑)、たまに無性に食べたくなるんだよね。特に飲んだ後とか(笑)。そういう時にお世話になったのが、「らーめん たつ」だったんだよね。
「食べたい」と思った時に食べられないのはすごく寂しい。「どこか近くに九州系の豚骨ラーメン店がオープンしないかなぁ」と思っていたら、恩多町の商業施設「イーストビレッジ」の近くにいつの間にか、こんなお店がオープンしていた。

哲麺 三十八代目 東村山店

 多摩地域を中心にチェーン展開している「哲麺」で、こちらの店名は「哲麺 三十八代目 東村山店」

 券売機で食券を買うシステムなんだけど、トッピングが多いせいか、とにかくメニューが多い。でも基本は「豚骨醤油」と「豚骨味噌」、「豚骨塩」の3つ。そこで私はこのお店で一番基本のラーメンだと思われる「豚骨醤油ラーメン」(500円)を注文。
 九州系の豚骨ラーメンは麺の固さを注文できるから、私は「ばりかた」でお願いした。
 普通は固くする注文しかないんだけど、このお店には「ちょいやわ」と「やわらかめ」があって、ちょっとビックリ。

麺の固さだけでなく、脂と味も変えられる

 よく見ると、このお店、麺の固さだけでなく、「脂」と「味」も変えられるようだ。そこで私は「脂」を「こってり」に、「味」を「こいめ」でお願いした。

卓上には辛子高菜と紅生姜が置いてある

 卓上には辛子高菜と紅生姜が置いてある。ラーメンに紅生姜を入れるのは個人的に好きじゃないけど、辛子高菜は大好き。これがあるのはポイントが高いねぇ。

豚骨醤油ラーメン

 固さを「ばりかた」にしたから、出てくるのが早い、早い。
 これが「豚骨醤油ラーメン」の脂こってり&味濃いめだ。丼そのものは小さいんたけど、500円でこの内容なら納得。

うん、こってりっぽいぞ

 スープにはマー油が入っているのか、表面がやや茶色がかっているけど、合間に見える白っぽいスープはまさしく九州系の豚骨スープ。ひと口飲んでみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 脂こってり&味濃いめにして大正解かも。これは、もろに私好みの味だ。脂こってりと言っても、背脂チャッチャ系じゃないから、そんなにしつこくなく、むしろマイルドですらある。

麺のアップ

 麺はストレートの極細麺。芯が少し残ったようなポキポキ感がたまんない。旨いなぁ。
 あっと言う間に食べちゃったよ。

替え玉

 ということで、替え玉(50円)を注文。今度は「ばりかた」のもう1つ上の固さである「はりがね」でお願いした。(このお店にはさらにもう1つ上の固さ「こなおとし」がある)

辛子高菜をたっぷり投入

 替え玉を入れたあと、今度は卓上の辛子高菜をたっぷり投入。少しかき混ぜて食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、たまんないねぇ。これは旨いよ。辛さと高菜の触感、そして「はりがね」にした極細麺のポキポキ感。久しぶりに九州系の豚骨ラーメンを食べたせいもあるかもしれないけど、これは旨すぎ。

スープを飲み干して完食

 あやうくもう1回、替え玉しそうになったけど、グッと我慢し、スープを飲み干して完食。いやあ、旨かったなぁ。しかもこれで550円だもんね。コストパフォーマンスもかなりいいと思うなぁ。

 麺1玉のボリュームは少なめだから、ガッツリ君なら3回くらい替え玉をしないと物足りないだろうなぁ。それでも650円だからね。安いと思うよ。

「替え玉無料券」をもらっちゃった

 お店を出る際に、「替え玉無料券」をもらっちゃった。そうでなくても旨かったから「再訪必至」と思っていた私。こりゃ絶対行くね。しかも「替え玉無料券」を使った上で、もう1回替え玉すると思うな(笑)。まんまとお店のワナにはまっているよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市恩多町3-13-1
電話:042-315-5599
営業時間:午前11時~午後11時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR