東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

茶色ラバーのための1コイン弁当

 このところ揚げモノを控え気味にしている私。でも、カレーとか揚げモノとか、茶色系の食べ物が根っから好きだから、控えると余計に食べたくなってくる。
 本当はガッツリと揚げモノを食べたいところなんだけど、こういう日に限って懐具合が寂しかったりするんですよね。さて、どうしたモノか……と、その時、思い浮かんだのが、久米川駅北口の肉屋「肉のかわの」。ここのお弁当なら1コインで済むハズ。

 早速行ってみると、あった、あった。

*チキンみそカツ弁当
*カキフライ弁当
*コロッケ・メンチ弁当
*コロッケ・串カツ弁当


 1コイン弁当が4つもある。もう150円プラスして650円なら「ハンバーグ・エビフライ弁当」や「カキフライ・エビフライ弁当」、「焼肉・カキフライ弁当」が食べられるんだけど、情けないことにこの日の私の懐具合は1コインが限界だったので、私は「コロッケ・串カツ弁当」をお願いした。

 ご主人はコロッケが陳列ケースにまだあるにも関わらず、串カツとともに新たに1個をドブンとフライヤーの中に入れた。揚げたてを食べさせてくれるなんて、うれしいなぁ。

コロッケ・串カツ弁当

 これが「コロッケ・串カツ弁当」。見事な茶色だ(笑)。

揚げたてのコロッケと串カツ

 揚げたてだから、コロモがケバ立っていて旨そう。

串カツの中の肉が柔らかくて旨いんだ

 では、串カツから……熱ッ、アチチ……でも柔らかくて旨いなぁ。
 この写真、実は5枚も取り直したんですよ。なぜかというと、串カツの熱気でカメラのレンズが曇っちゃうから。
 コロッケも串カツも、そのままでも十分旨いんだけど、ソースをかけるとまた旨さがアップ。いやいや、久々に揚げモノを堪能したよ。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町4-3-41
電話:042-391-5105
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト
[ 2010/10/28 03:37 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)

揚げたてがマジ旨の1コイン弁当

 のんびりランチを食べる余裕がない時に利用するのが、久米川駅北口の肉屋「肉のかわの」のお弁当。
 この日はちょっと急いでいたので、総菜が並んでいるショーケースにメンチカツとコロッケがあるのを確認して、私は「メンチ・コロッケ弁当」(500円)を注文した。これならササッとつくれると思ったからだ。
 するとお店のご主人は、おもむろに冷蔵庫から料理バットを取り出してコロッケをフライヤーに入れ、さらにメンチカツのタネにパン粉を付けてこれもフライヤーへ。ナント新たに揚げ始めるではないか。これには少しビックリしてしまった。

 でもよく考えたら、うれしい話だよね。揚げたてが食べられるのだから。
 少し時間がかかったけど、お弁当を持って職場へ。

メンチ・コロッケ弁当

 これが「メンチ・コロッケ弁当」。見た目ではわからないだろうけど、ご飯もメインのおかずも温かくて旨そう。メインのおかず以外にもポテトサラダや玉子焼きなどがあり、500円でこの内容なら文句ない。

左がメンチカツで右がコロッケ

 左がメンチカツで右がコロッケ。揚げたてなのでメンチカツとコロッケからは、ラードの香りがフワッと漂う。これがもう、たまらないって感じ。

コロッケはホクホク

 ソースをかけて、まずはコロッケからいただきますか……中のジャガイモがほくほくして旨いなぁ。

メンチカツは食べ応え満点

 続いてメンチカツ……うーん、揚げたて最高! サクッとしたコロモに続いて、ジュワッと噛み締めるほどに肉の旨味が広がる中身。やはり揚げ物は揚げたてが一番旨いんだね。そんな当たり前のことを再認識しちゃったよ。

 それにしてもこれで1コインとは……このお弁当はオススメだね。



【DATA】
住所:東村山市本町4-3-41
電話:042-391-5105




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/09/29 17:30 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)

意外と旨かったハンバーグ弁当

 自宅から近いせいもあって、よく久米川駅北口の肉屋「肉のかわの」の弁当を利用している私。いろいろある中で気になっていながらも、注文をためらってしまうのが「ハンバーグ弁当」(550円)だ。キチンとお店の手作りハンバーグをジックリ焼いて出してくれるのならいいが、レトルトのハンバーグを温めて出すパターンも考えられなくはない。
 私は一度「焼肉弁当」(550円)を頼んだものの、すぐに「今日、食べてみよう」と思い直し、「ハンバーグ弁当」を注文した。

 フライパンを温めているから、これはちゃんと焼くのかなぁ……と思いつつ見ていたら、何やら袋からハンバーグを出してフライパンに入れ、2分ほど両面を焼いて弁当に入れた。
 うーん、これはどう考えればいいんだろうか? まあ、私の場合、食べて旨ければどっちでもいいんだけどね(笑)。

ハンバーグ弁当

 これが「ハンバーグ弁当」。おかずがチョコチョコといっぱいあるのはいいけど、メインのハンバーグがちょっと小さく見える。

ハンバーグはやや小ぶりに見えるが…

 アップで見ても、やや小ぶりな感じは否めない。でも、かかっているソースは香りからして旨そうだ。

結構、分厚くて食べ応え十分

 思い切って真ん中から箸を入れ、真っ二つにすると……おおっ、意外と分厚いじゃないの。しかもギッシリと肉が詰まっている。
 では、食べてみますか……おおっ、旨いじゃないの。ソースが旨いし、食べ応え十分。
 フライパンで軽く表面を焼いただけなのに、中までシッカリ温かい。これって予め作ってあって、レンジやお湯で温め、仕上げにフライパンで焼いたということなのだろうか?
 本当のところはわからないけど、まぁ、旨いからいいや。

プチ贅沢でコロッケを買っちゃいました

 一応、ハンバーグがハズレだったケースを想定してコロッケ(90円)を1個買ったんだけど、杞憂だったみたい。このコロッケにハンバーグのソースを付けて食べると、旨かったよ。コロッケをプラスしたお陰で、ちょっと贅沢なお昼ご飯になった。うーん、満足。



【DATA】
住所:東村山市本町4-3-41
電話:042-391-5105




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/04/10 17:37 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)

東村山カキフライ選手権エントリーNO.26

【過去のエントリーはこちら】
*エントリーNO.01「かつ秀」
*エントリーNO.02「新々飯店」
*エントリーNO.03「若松」
*エントリーNO.04「ひの食堂」
*エントリーNO.05「じゃがいも」
*エントリーNO.06「たけくらべ」
*エントリーNO.07「野島うどん」
*エントリーNO.08「あさひ」
*エントリーNO.09「中華洋食 一番」
*エントリーNO.10「巴屋」
*エントリーNO.11「寿楽」
*エントリーNO.12「味っ子」
*エントリーNO.13「とんとん」
*エントリーNO.14「扇屋」
*エントリーNO.15「まごころ亭」
*エントリーNO.16「和楽」
*エントリーNO.17「味よし」
*エントリーNO.18「Big Orbit(ビッグ・オービット)」
*エントリーNO.19「磯久亭」
*エントリーNO.20「CAFE ROSE(カフェ・ロゼ)」
*エントリーNO.21「つくし」
*エントリーNO.22「とん八」
*エントリーNO.23「ごはん家さくら木」
*エントリーNO.24「長めん」
*エントリーNO.25「レパスト」



 何気に続いているこのシリーズ。今回紹介するのは、久米川駅北口の肉屋「肉のかわの」の「カキフライ弁当」(500円)。カキフライがメインの弁当が500円で食べられるなんて、ナイスじゃないか……ということで買ってみることにしたのだ。
 カキフライは注文してから揚げ始めた。ジックリ時間をかけて揚げ、出来上がった「カキフライ弁当」を持って、速攻で自宅に戻った私。

カキフライ弁当

 これが「カキフライ弁当」だ。ご飯もカキフライもまだ温かい。

カキフライ

 カキフライは3個。割と大きめかな。数的にちょっと寂しさを感じるけど、500円という値段を考えれば仕方ないかも。
 では、いただきま~す。


【コロモ】★★★★
 こんがりといいキツネ色で旨そう。見た目の印象通り、サクッとした食感。これはかなり旨い。

【カキ】★★★★
 お肉屋さんの総菜だからと、少しナメていたけど、噛んだ瞬間、認識が変わった。熱いカキ汁がブワッと口に飛び込んで来たんですよ。ここまでジューシーなカキフライは、今はもう閉店してしまった新秋津駅近くの「野島うどん」以来じゃないだろうか。
 でも、たまたま食べた1個がそうだったというケースもあるので、今度は慎重に2個目を食べると……おおっ、これもカキ汁が出るではないか。3個目もそうだった。いやあ、これはビックリ。味もマジで旨い。

【ソース】★★☆
 小さい袋のソースが添えてあり、カキフライの下にある千切りキャベツ用にマヨネーズが付いているだけ。でもカキフライそのものが旨いから、マヨネーズを付けて食べても、ソースを付けて食べても旨かった。一応、弁当ということで、添えられている調味料のみで食べてみたけど、このカキフライ、タルタルソースやレモン、醤油などで食べたら、さらに旨くなると思う。

【値段】★★★★
 カキフライ3個は物足りない気がしたけど、実際に食べてみると、このカキフライで3個なら安いと思う。ご飯が足りないくらい、十分おかずになったからね。

【総合評価】★★★★
 いやあ、今回はビックリした。久しぶりに旨いカキフライを食べたって感じ。「500円で3個は高い」と思う人がいるかもしれないけど、このお店では総菜としてカキフライを1個85円で販売している。あと2個追加して5個にしたところで670円であることを考えれば、コストパフォーマンスはかなりいいと思う。
 それにホント、このカキフライ1個でかなりご飯が進むんですよね。私は3個目のカキフライを食べてる途中でご飯がなくなり、あとは黙々とおかずを食べてましたから。
 このカキフライをツマミにビールを飲んだら最高だろうなぁ。
 それにしてもお肉屋さんのカキフライがこんなに旨いとは思わなかった。これは他のお肉屋さんもチェックしないといけないかもね。



【DATA】
住所:東村山市本町4-3-41
電話:042-391-5105





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/03/13 17:40 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)

超柔らかで旨いチキンカツ

 お肉屋さんで弁当と総菜1品買って、贅沢弁当にカスタマイズするのが気に入ってしまった私。またしても家の近くにある、久米川駅北口の肉屋「肉のかわの」へ行ってしまった。
 今回頼んだのは「チキンみそカツ弁当」(500円)。注文を聞いたご主人は、チキンカツを2枚、揚げ始めた。

 まさか2枚も入るってことはないよなぁ。500円なんだしね。他にも注文が入っているのかな……と思いながら、ご主人が弁当をつくるのをジーッと眺めていると……。

 エエッ! チキンカツが2枚も入るの!

 これにはもうビックリ。その上に特製の味噌だれをかけて出来上がり。私は総菜を1品買って家に戻った。

チキンみそカツ弁当

 これが「チキンみそカツ弁当」。どうです、この迫力。チキンカツだけさらにアップでドン!

チキンみそカツはナント2枚も入っている

 いくら鶏肉が安いからといって、この大きさのチキンカツが2枚も入っているなんて、これだけでもう贅沢弁当と言ってもいいんじゃないかなぁ。
 でも、総菜を1品買って来ているから、それを乗せて……。

アジフライを加えて贅沢弁当の完成

 ジャジャ~ン! 贅沢弁当の完成!
 今回買った総菜はアジフライ(150円)。このアジフライが「どうして?」と言うほど分厚いんだよね。

 ではでは、いただきま~す。まずはチキンカツから……おほっ! 何、この食感。揚げたてだからということもあるだろうけど、超柔らかい。こんなチキンカツ、初めてだよ。
 かかっている味噌だれは、ちょっと好みが分かれるかも。私にはちょっと味が濃いかな。

 今度はアジフライを食べてみますか。まずは何も付けずにカブリ……おおっ、これもふっくらして柔らかい。私は魚系のフライには醤油をかけるのが好きなので、醤油をかけてガブッ……うーん、旨い。

 これでトータル650円だからね。抜群のコストパフォーマンスだ。
 それにしてもあのチキンカツの柔らかさと言ったら、もう感動的だったなぁ。今度は味噌だれをかけない、ただの「チキンカツ弁当」にしてもらおうかなぁ。そのままでも旨いだろうし、ソースでも醤油でも塩でも旨そう。2枚あるからいろんな食べ方が楽しめる。記事を書いてたらまた食べたくなっちゃったよ。


【DATA】
住所:東村山市本町4-3-41
電話:042-391-5105





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/05/26 18:02 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)

プラス1品の贅沢が楽しめるお肉屋さんの弁当

 久米川駅北口から歩いて5分くらいのところにあるお肉屋さん「肉のかわの」は、自宅から近いせいもあって、私はよく利用している。と言っても、買うのはお肉ではなく、もっぱら総菜の方。ビールのツマミとして「メンチカツ」(150円)や鶏の唐揚げを買ったり、子どもたちのためにコーンがギッシリ入った「コーンコロッケ」(90円)を買ったりしているのだが、行くたびに気になっているモノがある。

 それは弁当だ。

 一番安い「から揚げ弁当」が480円、一番高い「ハンバーグ・エビフライ弁当」でも650円。リーズナブルな値段設定じゃないですか。いつか買って食べたいと思っていたのだが、先日ようやくその機会が巡ってきた。

 私は「焼肉弁当」(550円)を注文。待っている間、総菜のショーケースを眺めていたらメンチカツがどうにも食べたくなり、追加で買ってしまった。

焼肉弁当

 これが「焼肉弁当」。ちゃんと焼肉以外のおかずがもう1品あり、ポテトサラダと玉子焼きまで付いている。これってお得かも。

これがメインの焼肉

 メインの焼肉はタレに漬け込んだ豚肉を焼いたモノで、見るからにシッカリと味が付いている感じ。

 と、ここでメンチカツを取り出し……。

メンチカツを乗せ、贅沢弁当の完成

 ご飯の上に乗せれば、贅沢弁当の完成! いやあ、メタボを気にする中年オヤジのやることじゃないなぁ(笑)。でも旨そうでしょ。
 焼肉は見た目通り、シッカリと味が付いていて、しかも柔らかい。メンチカツはまだ温かく、これがまた旨いんだ。
 気が付けば完食。いやあ、お肉屋さんの弁当、いいじゃないですか。プラス1品の楽しみもあるしね。
 今度は「チキンみそカツ弁当」(500円)を食べてみようかな。


【DATA】
住所:東村山市本町4-3-41
電話:042-391-5105





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/05/08 18:07 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)

こくがあって旨い金曜限定カレー

 自動車教習所「コヤマドライビングスクール秋津校」の先、東村山市と所沢市の境界線沿いにある自宅系の総菜屋さん「惣菜みずの」……と紹介したものの、知らない人が読んだら「自宅系の総菜屋さん? 何それ?」ときっと思うことだろう。
 でもまあ、この写真を見れば納得してもらえると思う。

惣菜みずの

 お店というより、自宅のガレージって感じでしょ? でも、このガレージの奥がお店なんですよね。

 今回、このお店に行ったのは、以前に紹介した記事のコメントに「金曜日限定のカレーが美味しい」という情報が寄せられたからだ。情報そのものはもう1年以上も前のモノなのだが、私の自宅からお店が遠いので、なかなか行けなかったんだよね。
 でも最近また金曜日限定カレーについてのコメントが寄せられたから、「こりゃ行かねば」と、先日の金曜日に自転車で行ってきたんですよ。

金曜のランチメニューはカレーなのだ

 今日のランチはカレーだ。情報通り、金曜はカレーの日なんだね。

山形牛使用なのだとか

 お店に入ると、壁にズラリとメニューが書いてある。「金曜日特製ビーフカレー」(650円)のところには朱文字で「山形牛使用」と書いてあるではないか。贅沢だねぇ。
 じゃあ、これを頼んでみますか。

肉入りカレーコロッケも魅力

 と、ショーケースを見ると、「肉入りカレーコロッケ」(130円)があるではないか。これは見本らしいが、ちょっと気になる……というワケで、「肉入りカレーコロッケ」を2個、追加注文した。

 注文を受けてから揚げるので10分ぐらい待っただろうか。「金曜日特製ビーフカレー」と熱々の「肉入りカレーコロッケ」を手にした私は、すぐ近くの上川原公園に行き、ベンチに座った。

これが「金曜日特製ビーフカレー」

 ほぉ、これが「金曜日特製ビーフカレー」ですか。パッと見は、普通のカレー弁当って感じ。というか、普通のより貧相な感じがしなくもない。
 というワケで……。

肉入りカレーコロッケを乗せてみました

 ドーンと「肉入りカレーコロッケ」を乗せてみた。
 おおっ、一気に豪華な弁当になったなぁ。
 ではまずは「肉入りカレーコロッケ」を何も付けずに食べてみますか。

何も付けずにコロッケをパクッ

「カレーコロッケが130円って、高いんじゃないの」と思った人もひょっとしたらいるかもしれないけど、このボリュームを見れば納得でしょ。小判型ではなく、俵型で中までホクホク。
 カレーコロッケと言いつつ、カレーは風味づけ程度。でもそれが旨い。

 続いてカレーをパクッ! いやいや、これはこれは、出さざるを得ないでしょう。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 辛さはそれほどないんだけど、じっくりと時間をかけてつくった感じの旨味がいつ旬にして口に広がる。繊維状に解けるほど煮込まれた牛肉がまた旨いこと。
 こんな弁当の容器に入っているから安っぽく見えるけど、本来はそれなりのお皿と器で出すべき高級カレーじゃないの。いやあ、ビックリだよ。

2個目にはたっぷりソースをかけてみた

「肉入りカレーコロッケ」の2個目は添えられていたソースをかけて食べてみた。
 ちょっとソースをかけ過ぎたかな。ソースは今ひとつかなぁ。実は私が個人的に旨いと思ったのは、カレーを付けて食べることだ。カレーコロッケにわざわざカレーを付けるのは邪道な感じがしないでもないけど、これは旨かったなぁ。
 今度はカツカレーの大盛りを頼んでみるかな。


【DATA】
住所:東村山市秋津町3-17-74
電話:042-395-8845
営業時間:午前11時~午後6時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/02/27 18:08 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)

東村山メンチカツ選手権エントリーNO.9

【過去のエントリーはこちら】

*エントリーNO.1「河野屋」
*エントリーNO.2「荒川」
*エントリーNO.3「肉の村田」
*エントリーNO.4「コロちゃんのコロッケ屋! 八坂店」
*エントリーNO.5「肉の河野屋秋津店」
*エントリーNO.6「コロッケ本舗『コロまる』」
*エントリーNO.7「グレイン」
*エントリーNO.8「中村屋」


 第9回目に取り上げるのは、久米川駅北口を左に出て、久米川通りを越え、新青梅街道の高架をくぐって天王橋を渡ってすぐのところにある肉屋「肉のかわの」の「メンチかつ」(120円)。

中村屋

 お店の看板は「肉のかわの」なんだけど、レシートに書かれている店名は「肉の河野屋」。さらに電話帳では「河野屋本店」となっている。どれにしようか迷ったが、お店を探す際に一番わかりやすい看板の店名を使うことにする。

 さて、この日私がこのお店に来たのは、夕食のおかずというか、ツマミを買うのが目的。もちろんメインは「メンチカツ」。

メンチカツ

 でもまあ、これだけじゃ物足りないのでいろいろと買っちゃいました。

とり唐揚げ コーンコロッケ

根菜ひじき 切干大根

「とり唐揚げ」300グラムに「コーンコロッケ」5個、「根菜ひじき」と「切干大根」を200グラムずつ……いやあ、買っちゃったねぇ。量が多かったからか、揚げ物はすべて新しく揚げてくれた。

 揚げ物が出来上がるまでの間、お店の人と話をしたのだが、どうやら東村山市には「河野」と名のつく肉屋は5店あるらしい。もともとは豚肉の問屋をやっていたらしく、その8人の子供たちのうち5人が肉屋を始めたのだという。一応、このお店が“本家筋”ということで本店らしいのだが、別に系列でも何でもなく、それぞれが独立しているのだとか。


 家に帰ると、買ったモノをお皿に適当に盛りつけ、私は缶ビールをプシュッと開けてグラスに注ぎ、いただきま~す。

購入したメンチかつ

 揚げ物はどれもまだ温かくて旨そう。というワケで早速メインである「メンチカツ」をガブッ。

かじった断面

 おおっ、肉ギッシリ派ですか。肉汁が出てくるほどではないが、ジューシーな感じで旨いじゃないの。というワケで、評価に移りま~す。


【コロモ】★★★
 パン粉は普通かな。温かいせいもあるが、サクッとした食感。ラードの甘い香りが口に広がる。コロモは薄い方だと思う。やや油こさを感じるが、重たくはない。とは言っても何も付けずに食べられるのは1個目までで、2個目からはソースか何かを付けないと辛いかも。

【中身】★★★☆
 とにかく肉がギッシリという感じ。野菜も入っているのかもしれないが、食べると野菜の甘みよりも肉の甘みというか旨味の方を強く感じる。肉自体の脂のせいか、中は全然パサついてなく、むしろジューシー。ビールが進んで困ります。

【値段】★★☆
 肉がギッシリだし、割と大きいし、120円は決して高くはない。妥当な額だと思う。でもこれが100円だともっとうれしいんだけどなぁ。わがままかな。

【総合評価】★★★☆
 個人的にはタマネギなど野菜もたっぷり入ったメンチカツが好きなんだけど、肉の旨さがちゃんと感じられるし、これはこれでイケる味だ。ご飯のおかずでメインを張ることもできる。引っ越した家の近くということもあるが、また食べたいメンチカツだ。



 ほかに買ったモノも旨かったよ。特に「根菜ひじき」はピリ辛の味付けで、ビールのツマミにピッタリだった。子供には「コーンコロッケ」、カミさんには「とり唐揚げ」が好評だった。


【DATA】
住所:東村山市本町4-3-41
電話:042-391-5105
[ 2006/04/06 18:22 ] 【総菜系】 肉のかわの(本町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。