東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ まるき家東村山店(野口町) ]


面白い組み合わせの二毛作店がオープン

 久米川駅南口にあったラーメン店「ラーメンショップ久米川店」が、東村山駅西口にに移転して7月1日から営業している話は聞いていた。しかも今回は、昼はラーメン店、夜はホルモン焼き店として営業するという情報が耳に入っていた。
 とてもユニークな組み合わせの二毛作営業だけど、考えてみれば久米川駅南口の「ラーメンショップ久米川店」は、久米川駅北口すぐのところにあるホルモン焼き店「まるき家久米川店」が経営していたから、あり得ない組み合わせではない。

 オープンから1カ月経ち、そろそろ落ち着いてきただろうと思い、私はお店に行ってみた。

まるき家東村山店

 いやあ、わかりやすい看板だね。夜は「大阪ホルモン まるき家」で昼は「まるき家ラーメン」というワケね。名前が2つというのはちょっと紛らわしいから、このブログでは便宜上、「まるき家東村山店」と表記することにする。

壁にはこんな張り紙が

 壁にはこんな張り紙が。なるほど、昼はラーメン店で、夜はホルモン焼き店となっている。で、昼には「とんこつラーメン」か「支那そば」に3つの丼(マーボー丼、チャーシュー丼、納豆・シラス・大根おろしかけ丼)から1つ選べるランチセット(750円)があるのだという。

 お店に入ると、そこはまさにホルモン焼き店。6人がけのテーブルが6卓あり、それぞれにホルモン焼き用のコンロが置いてある。壁にはホルモン焼きのメニューが大きく張られているし、どう見てもラーメン店という雰囲気ではない。
 お店の雰囲気にちょっとたじろいでいると、店員さんが「いらっしゃいませ。奥に券売機がありますので、そちらでメニューを選んでください」と声をかけてくれた。券売機を見ると、確かにそこにはラーメンのメニューがある。
「ランチセット」もいいけど、私は冷たい麺類が食べたかったので「冷しタンタン麺」(700円)をお願いした。

冷しタンタン麺

 冷やし系は時間がかかるだろうと思っていたら、すぐに出てきてビックリ。
 ドーンとボール状に固められた肉味噌が麺の上に乗っていて、周りに水菜、メンマ、ワカメが散らされている。

下に少しスープがある

 よく見ると、お皿の底にスープだれがある。

この挽き肉の塊が旨かった

 肉味噌を崩し、底のスープだれとともに麺に絡めるようによく混ぜて食べると……うん、旨い。私はちょうどいい感じだったけど、もう少しピリ辛が好みという人には、卓上に置いてあるラー油やコチュジャンを入れるといいかもしれない。

 今度は友人を誘って夜のホルモン焼きを食べに行くとするかな。



【DATA】
住所:東村山市野口町1-11
電話:042-313-0210
営業時間:ラーメン店として午前11時30分~午後3時/ホルモン焼き店として午後5時~深夜0時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
有名ラーメン店の味をそのままご自宅にお届け

行者にんにく



料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR