東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


残念…でもお元気そうで良かった!

 私の記憶では、2014年6月ごろから「臨時休業」の貼り紙が出ていた東村山市役所の裏手にあるランチ専門の喫茶店「B」。いつしか「臨時休業」の貼り紙も消え、ずっとシャッターが降りたままだった。

「お父さん、お母さんに何かあったのかな?」とお店の前を通るたびに気になっていた私。
 2015年11月16日、この日もたまたまお店の前を通ったのだが、すると……。

おっ、シャッターが開いてる!

 シャッターが開いてる!
 私はすぐに近づいてお店の中をのぞき込んだ。するとそこには懐かしいお父さんの顔が!

「お久しぶりです」と声をかけると、覚えていてくれて「どうぞどうぞ」と招き入れてくれた。
 店内を片付けていたようで、お店の中はいろんな荷物で雑然としていた。
「お元気そうで何よりです」と私が言うと、「私は元気なんだけどね、向こうが病気しちゃって」とお父さん。「向こう」とはお母さんのことだ。
 そんな話をしていたら、「あら、お久しぶり」とお母さんが現れた。たった今、お父さんから「病気」と聞いたけど、すごく元気そうだ。そう思っていると、私の心を見透かしたかのように、「ようやくここまで元気になったんですよ」とお父さん。
 詳しいことは書かないし、書けないけど、昨年から相当大変だったようだ。

 調理担当のお母さんが病気し、元気に歩けるようになったとはいえ、以前ほどの体力がないことから、お店は閉店することにしたのだという。

「本当は85歳までやりたかったけどねぇ」

 お父さんは今84歳。目標まであと1年だったんだね。だけど、お店よりもお父さんとお母さんの健康の方が大事だよ。

「お2人の写真を撮らせてください」……そうお願いして撮ったのが、この写真だ。

記念にお父さんとお母さんをパチリ

 本当は並んで欲しかったけど、お店の片づけで疲れているようだったから、こういう構図になったけど、お父さんとお母さんのこの笑顔にはずいぶん癒されたし、救われたなぁ。

 2007年から2011年まで、個人的にハードだった4年間に、職場近くにこのお店があってどれだけ助かったことか。
 あとで自分のブログを読み返すと、このお店は2006年にオープンしたんだね。来年が10周年だったんだ……そう思った時にハッと気づいた。お父さんが85歳の時に10周年を迎えるハズだったんだ。だから「85歳までやりたかった」のか。お父さん、笑って話していたけど、本当は無念だろうなぁ。お母さんと元気に10周年を迎えたかったろうなぁ。


 ランチ専門だったし、営業していた期間は本当に短かったけど、私はこの場所に「B」というお店があったことを忘れないよ。これまで美味しいランチをありがとうございました。
 お父さん、お母さん、末永く元気でいてくださいね。




【DATA】
住所:東村山市本町4-6
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:土・日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/11/16 17:09 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(6)

ご夫婦の気遣いに感謝、感謝

 お昼時に市役所通りを歩いていると、ランチ専門の喫茶店「B」が見えて来た。

「B」を通りかかると…

「今日のランチは何かなぁ」と思いつつホワイトボードを見ると、「かれい煮付コース」と書いてあるではないか。
「カレイの煮付けか……そう言えば、最近、煮魚を食べてないよなぁ」と思いながらも一度は通り過ぎて行った私。交差点まで歩いて行って「やっぱり食べよう」と引き返した。煮魚も魅力だけど、久しぶりにお店のご夫婦に会いたいと思ったんだよね。

 お店に入ると、ご夫婦は覚えていてくれて「久しぶりですね。元気でしたか?」と声をかけてくれた。何気ないことだけど、うれしいねぇ。
 しばらくすると、「かれい煮付コース」が運ばれて来た。

かれい煮付コース

 これが「かれい煮付コース」。毎回来るたびに思うけど、このお店のランチは品数が多くて豪華だよね。
 ご飯と味噌汁、野菜ジュース……

カレイの煮付け

 そしてメインのカレイの煮付け。これだけでもランチとしては十分成り立つのに、さらに……。

ほかにもおかずがこんなに付き、フルーツまである

 カボチャの煮物に冷奴、大根の梅肉和え、サラダ、そしてデザートとしてフルーツまで付く。これで700円なんだから、本当に驚きだよ。
 カレイの煮付けは優しい味付けで、手術後の今の私にはとてもありがたい。どうも濃い味付けだとその時は「旨い」と思っても、あとで体がダルくなっちゃうんだよね。

 ほかのおかずもヘルシーなモノばかりで、モリモリ食べられる。
 と、ここでお母さんから驚きの言葉が!

「そのカレイ、ちょっと小さいから、もう1つ出しますね。食べられるでしょ」

勧められてもう1皿食べてしまった

 ということで、もう1つカレイの煮付けがドーン!
 うれしいなぁ。「ご飯もお代わり、ありますからね」と、今度はお父さんがひと言。

 旨いカレイの煮付けが2つも食べられたこともうれしいけど、ご夫婦の気遣いが本当にうれしい。引き返して食べに来て良かったなぁとシミジミ思ったよ。

食後にはコーヒーが付く

 食後にはコーヒーが付くんだけど、コーヒーとともにお父さんがスッと「お茶請けにどうぞ」とお菓子の入った箱を出してくれる。こういうちょっとしたことが、何だか今の私にはすごく染みるんだよね。

 コーヒーを飲みつつ、ご夫婦と話していると、ナントお2人とも昭和6年生まれで今年81歳になることがわかってビックリ。「81歳」という年齢にも驚きだけど、私が驚いたのは「昭和6年生まれ」ということ。実は亡くなった私の親父も昭和6年生まれなんだよね。偶然とはいえ、何となく縁を感じるなぁ。

「このお店を始めて、もう6年になります。『あと何年できるかな』って思いながらやってますよ」

と笑うお父さんとお母さん。いやいや、大丈夫ですよ。体を大切にして、いつまでも続けてください。また食べに来ますから。




【DATA】
住所:東村山市本町4-6
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:土・日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
子供に食べさせたい安心野菜





[ 2012/04/28 07:46 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(2)

ヘルシーなカキフライ定食

「メタボが気になるけど、揚げ物が食べたい」と思っているアナタ、いいお店がありますよ。それは、市役所の裏手にあるランチ専門の喫茶店「B」
 揚げ物などの茶色系メニューは控えた方がいいとわかっていながらも、ついつい食べてしまう私。先日も「B」の前を通ったら、ホワイトボードの本日のコースに「カキフライ」の文字があり、ついフラフラッと入ってしまった。

カキフライコース

 これが「カキフライコース」(700円)。豆ご飯に具だくさんの豚汁、そして野菜ジュースにデザートのフルーツ。で、メインのカキフライなんだけど……アレレ?

カキフライ3個とコロッケ

 メインの割にはカキフライが3個しかない。うーん、せめて5個くらい欲しかったなぁ……と思いつつ、カキフライを食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 結構カキ汁があふれて旨い。レタスがたっぷり添えられているんだけど、このレタスと一緒に食べると旨いんだよね。付け合せのスパゲッティも旨いし、茹でたオクラもいいアクセントになっている。
 何より豆ご飯と豚汁が旨いんだよね。

「ご飯も豚汁もおかわりがありますから、言ってくださいね」

というお母さんの気遣いもうれしい。体型的によっぽど大食いと見られているんだね、私って(笑)。

 でもよく考えたら、この「カキフライコース」、野菜ジュースはあるし、レタスがいっぱいだし、豚汁は根菜がいっぱいだし、トータルで見ると、かなりヘルシーなんじゃないかなぁ。この構成もお母さんの気遣いなのかもしれない。

食後はコーヒーとお菓子を出してくれた

 食後にコーヒーが付くのもうれしいよね。今回はさらにお父さんが「どうぞ」とお菓子の入った箱を出してくれた。
 これで700円だからね。凄いよね。

 お父さん、お母さん、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町4-6
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:土・日曜・祝日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/03/05 16:37 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)

ご夫婦の優しさを感じるランチ

 市役所の裏手にあるランチ専門の喫茶店「B」は、ちょいとお年を召されたご夫婦2人で切り盛りしているお店。このお父さんとお母さんが本当に優しくて、私はこのお店に来ると、いつもお腹も心も満たされる。

 市民産業まつりの時は、定休日にもかかわらずオープンしていたので、家族で来ていた私は思わず立ち寄って、お父さんとお母さんに「これ、僕の家族です」と紹介。自分だけ立ち寄ってあいさつすればいいハズで、別に家族を紹介する必要はないと思うけど、何となくそうしたくなったんだよね。たぶん私は、このお店のお父さんとお母さんに、自分の両親をダブらせているのかもしれない。年齢的に近いからね。

 で、このお店が市民産業まつりの翌日、休んだんですよね。最初は「休日営業したからその振り替えだろうなぁ」と思っていたのだが、その次の日も、そのまた次の日も休んでいたので、だんだん心配になってきた。
 お店が再開したのは、1週間後ぐらいだろうか。ホッとした私は、忙しい時間帯を避け、午後2時ごろ、お店に入った。この日のランチは「オムライス」(700円)。

サラダと野菜ジュース、そしてフルーツがまず運ばれてきた

 サラダと野菜ジュース、そしてフルーツを運んでくれたお父さんに、「どうしてお店、休んでたの?」と聞いてみた。
 お母さんも加わっての話によると、どうやらお父さんが風邪でダウンしたらしい。ただの風邪だと思っていたのになかなか治らないから病院に行ったら、「肺炎寸前です」と言われて、お店を休むことにしたのだとか。
 そりゃ、シッカリ休まないとね。大事に至らなくて本当に良かったと思う。

オムライスとスープ

 これがメインのオムライスとスープ。「お腹が空いているだろうから多めにしておくね」と言ってお母さんがつくってくれたオムライスは、確かに大きくてボリューム満点だ。

オムライスの玉子はふんわりトロトロ

 しかも玉子はふんわりトロトロ。たまんないねぇ。彩りもキレイだし、言うことないよ。

しっかり味の付いたライスがまた旨いのだ

 スプーンを突き入れて口に運ぶと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 中のライスもシッカリ味が付いているし、反対側にかかっているデミグラスソースも旨い。
 でも何よりも、元気なお父さん、お母さんと話しながら食べるから旨いんだろうなぁ。
 これでしかも食後にコーヒーが付くんですよ。700円はお得だと思うなぁ。

 お父さん、お母さん、ごちそうさま。いつまでも元気でいてね。



【DATA】
住所:東村山市本町4-6
定休日:土・日曜・祝日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/12/01 22:56 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)

ひと手間加えた家庭的な野菜カレー

 午前11時から午後2時までの一般的なランチタイムを逃した時によくお世話になるのが、市役所の裏手にあるランチ専門の喫茶店「B」
 先日もランチタイムを逃して、「B」に行った私。この日のランチは「野菜の素揚げカレー」(700円)。
 まあ、普通のお店でランチのカレーと言ったら、よくてサラダとコーヒーが付いてくるぐらいだろうね。値段も700円だしね。
 だけど、このお店は違う。

野菜の素揚げカレーのセット

 これだもんね。メインの「野菜の素揚げカレー」にサラダ、そしてスープ、フルーツ、さらには野菜ジュースも付いてくる。これだけで驚いてはいけない。ナント食後にはコーヒーも付くのだ。これで700円なんだから、超お得と言ってもいいかも。

野菜の素揚げカレー

 カレーには料理名通り、オクラ、獅子唐、ナス、カボチャ、さやいんげん、ジャガイモ、ニンジンといった野菜の素揚げが乗っている。付け合せとして用意されている福神漬けとラッキョウをお皿の縁に乗せてから、いただきま~す。
 カレーはそれほどスパイシーではなく、優しい味わい。素揚げした野菜と一緒に食べると、旨い!
 サラダを食べ、スープを飲みながらカレーを完食。フルーツを食べ、野菜ジュースを飲み干し、「フーッ」とひと息ついていると、店内を切り盛りしているお父さんがコーヒーが持ってきてくれた。厨房のお母さんは「足りましたか? 足りなかったら言ってくださいね」とひと言。
 うれしいなぁ。お店に行く回数は少ないと思うけど、行く時間帯が遅いせいか、顔を覚えてもらい、何かと気遣ってくれる。このお店に来ると、お腹もいっぱいになるけど、心も優しい気持ちで満たされる気がする。いいお店だと思うなぁ。



【DATA】
住所:東村山市本町4-6
定休日:土・日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/06/10 17:23 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)

久々にすき焼きを堪能

 市役所の裏手にあるランチ専門の喫茶店「B」。日替わりでランチメニューが変わるのだが、以前からすごく気になっていたメニューがあったんだよね。それは……。

「スキヤキ丼」(700円)

 何度もこのブログでも書いているけど、私はすき焼きが「大」の字をいくつ重ねてもいいくらい好きなんですよ。でも、あんまりメニューとして出しているお店はないし、あったとしても高かったりするから、なかなか食べられないんですよね。
 その大好きなすき焼きが、丼モノになって、しかも700円で食べられるっていうのだから、気にならないワケがない。
 でも、他のお店でランチを食べて「ああ、お腹いっぱい」と思いながらこのお店の前を通るとそんな日に限ってランチが「スキヤキ丼」だったりして、なかなか食べるタイミングが合わなかったんだよね。

 で、先日、ようやく「スキヤキ丼」の日に行くことができた。
 席に座ると、お母さんが「ご飯は多めがいい? 普通にする?」と聞いてきた。多めにしても値段は変わらない。本当に良心的なお店だ。
 一瞬、多めにしてもらうことを考えたが、自分のちょっと突き出たお腹を見て、「普通でお願いします」と頼んでしまった。

まず運ばれて来たのは、野菜ジュースとサラダ、小鉢

 まず出て来たのは、野菜ジュースとサラダ、そしてモヤシを茹でてカレー風味に味付けした小鉢。このお店のランチは、不足しがちな野菜類がたっぷりとれるからいいんだよね。

続いてスキヤキ丼と味噌汁、フルーツが登場

 と、そこに来ました、来ました。「スキヤキ丼」と味噌汁、そしてデザートのフルーツ。

これが「スキヤキ丼」

「スキヤキ丼」はこんな感じ。真ん中に鎮座する目玉焼きは当然ながら半熟。この黄身を牛肉に絡ませてパックン!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いい味付けだねぇ。まさに私好みのすき焼きの味だ。ご飯にもたっぷりとすき焼きのツユが染みてるから、旨い、旨い。
 貪るようにかき込んで、アッと言う間に完食。ご飯、多めにすればよかつたかなぁ(笑)。
 これだけでも十分だというのに……。

食後にはコーヒーが付く

 食後にはちゃんとコーヒーまで付く。お客としてはうれしいけど、このランチ構成で採算が取れるのだろうか?
 コーヒーを飲みながら、お父さん、お母さんと談笑。このひと時がホッとできていいんだよね。
 お父さん、お母さん、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町4-6
定休日:土・日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/02/05 17:31 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)

愛情たっぷり!日本のスパゲッティー

 昼食を食べ損なった時、“最後の砦”として私が頼みにしているお店が、市役所の裏手にあるランチ専門の喫茶店「B」だ。先日もずっと仕事にかかりきりで、一段落した時にはすでに午後3時を少し回っていた。
「さすがに3時を過ぎると、閉めちゃってるよなぁ」と思いつつ、かすかな望みを託してお店に行くと、まだ「OPEN」のプレートがかかっている。でもこれは単に、裏返して「CLOSE」にするのを忘れただけなのかもしれない。

 私はそーっとドアを開けて、「まだいいですか?」と尋ねた。すると、切り盛りしている老夫婦は、2人ともちょっと困惑の表情を見せたが、「あっ、いいですよ。どうぞお入りください」とすぐにニッコリ。ありがたいなぁ。

 この日のランチは「ミートソーススパゲッティー」(700円)。

サラダとアイスコーヒー、野菜ジュース スープ

「飲み物、先にお出ししましょうか?」とお父さんが言うので、アイスコーヒーを頼んだ私。「しばらく待つのかなぁ」と思っていたら、ドドッとサラダと野菜ジュース、そしてスープが運ばれて来た。

ミートソーススパゲッティー

 そしてメインのミートソーススパゲッティーが登場。「お腹空いてるだろうから、多めにしておきましたよ」というお母さんのひと言が泣かせる。
 フォークとスプーンを両手に持って、軽くかき混ぜてからいただきま~す。
 久しぶりにミートソーススパゲッティーを食べたけど、旨いなぁ。
 パスタはイタリア料理なんだけど、ナポリタンとミートソーススパゲッティーに関しては、私は日本料理って感じがするんだよね。アルデンテとは程遠い、柔らかめの麺がまたいいんだ。

パン フルーツ

 この後、さらにシナモンのかかったバケットとフルーツも出て来た。相変わらず、このお店のランチはボリュームたっぷりだね。
 食べ終えると、お父さん、お母さんとしばし談笑。2人と話していると、本当に癒されるし、自分も頑張ろうという気になる。

 お腹も気力もすっかり満たされて、私はお店を後にした。
 お父さん、お母さん、ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市本町4-6
定休日:土・日曜・祝日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/09/26 17:44 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)

ホッとする家庭のとんかつ

 昼食を食いっぱぐれた時にお世話になっているのが、市役所の裏手にあるランチ専門のちょっと変わった喫茶店「B」。先日も午後3時近くにようやく仕事が一段落し、「腹減ったぁ」と思いつつお店に入った。
 お客さんはいないし、お店のお父さんもお母さんもちょっと片付けに入っていたんだけど、「すみません」と無理言って本日のランチ「カツライス」(700円)を注文した。

カツライスのセット

 これが「カツライス」。要するに、とんかつ定食なんだけど、とんかつにご飯と味噌汁、小鉢、そして野菜ジュースが付いてるなんて、お得じゃないですか。

とんかつのアップ

 とんかつはカラッとしたコロモで、なかなか旨い。そりゃ専門店のとんかつには負けるけど、家でおふくろがつくってくれたとんかつって感じでいいんだよね。厨房からお母さんが顔をのぞかせ、「ご飯、お代わりしてもいいですよ」なんて声をかけてくれるあたり、ホントに家庭的。ホッとする味なんだよね。

デザートのフルーツ コーヒー

 食後にはフルーツとコーヒーまでつく。コーヒーを飲みながらお父さんと話をすると、昔は体操の選手だったのだとか。どおりで上半身がシッカリしていると思った。
 そんな話をして和めるのもこのお店の魅力。仕事の関係で殺伐した気分になった時は、このお店にくると本当に癒される。
 私にとってはオアシス的なお店だよ。


【DATA】
住所:東村山市本町4-6
定休日:土・日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/09/02 17:45 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)

思いやりたっぷりのカツカレー

 市役所の裏手にあるランチ専門のちょっと変わった喫茶店「B」。老夫婦2人で切り盛りしているお店で、お昼時ともなれば市役所の職員でいっぱいになる。

B

 先日、私は午後2時前にこのお店の前を通りかかった。さすがにこの時間にはお客さんは誰もいなかった。この日、昼食を食べ損ねていた私は「今日は昼飯抜きで夕方まで頑張ろう」と思っていたのだが、この日の「B」のランチが「かつカレー」なのを見て、方針変更。「まだ大丈夫ですか?」と言いながら、お店に入った。

 老夫婦はテーブルに座り、自分たちの昼食をとっていたところだったが、「大丈夫ですよ。どうぞお掛けください」と温かく迎え入れてくれた。私はこの日のランチである「かつカレー」(700円)を注文。

かつカレーランチ

 これが「かつカレー」ランチ。凄いねぇ。カツカレーに味噌汁、サラダ、野菜ジュース、そしてデザートフルーツとしてスイカまで付いている。いいじゃないですか。

かつカレー

 何がうれしいって、このカツカレーですよ。カレーがてんこ盛り。その下のご飯もたっぷりだ。

小さいけどたっぷりのカツ

 カツも小ぶりだけどたっぷり入っている。早速食べてみると、スパイシーのほとんどない家庭のカレー。優しい味わいに、スプーンをひとすくいして食べるほどに少年時代に気持ちが帰っていく。
 遊び疲れ、家に帰ってきてから食べた、おふくろのカレー……そんな感じだ。旨いなぁ。
 ちょっと感傷に浸りながら食べていると、お母さんから泣かせるひと言が飛んできた。

「ご飯もカレーもお代わりできますからね」

 いやいや思わず少年の気分に戻って、「じゃあ、お代わり」と勢いよくお皿を突き出しそうになっちゃったよ。さすがに今の私がそれをやったら本格的なメタボ親父になってしまうから、ここはグッと我慢。
 でも、お代わりのサービスなんてやって採算が合うのだろうか?

「カレーとオムレツの時だけお代わりOKにしているんです。お客さん全員がお代わりしたら、それは困りますけど(笑)、そうじゃないですから」

 のんびりと話すお母さん。料理からはお客の健康を気遣う思いやりを感じるし、何だかいい雰囲気で落ち着いちゃうなぁ。

食後のコーヒー

 食後はセルフでコーヒーや紅茶が飲めるようになっている。これで700円なら大いに満足、納得ですよ。平日しか営業していないけど、近くに来た時は寄ってみてはどうだろうか?


【DATA】
住所:東村山市本町4-6
定休日:土・日曜・祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/08/01 17:52 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)

ほのぼの系の喫茶店がオープン

 先日、たまたま市役所の裏手を歩いていたら、こんなお店を見つけた。

B

 確かココには以前、「浜鳥」という居酒屋があったと思ったのだが、いつの間に変わったんだろう。看板を見て「カフェ Bランチ」が店名なのだろうと思ったが、よく見ると入り口には「B」としか書いてない。だとしたら「B」が店名なのだろうか? たぶん喫茶店なんだろうけど、何だか不思議なお店だなぁ。

ランチメニュー

 近づいてみると、ランチメニューが表に出ていた。
「ちょうどお昼時だし、入ってみるか」
 店内はカウンター席が4つに、2人がけのテーブルが1つ、奥に4人がけのテーブルが1つ。とっても小ぢんまりとしている。店内にお客さんは誰もいなかったが、私は1人だったのでカウンターに座ろうとした。すると初老のご主人が、「空いてる席へどうぞ」と4人がけのテーブルを勧めてきた。
「後からお客さんが来るかもしれませんし、私はココでいいです」とカウンターに座ったのだが、何となくご主人は不満そう。というか、申し訳なさそうにしている。「1人客なんだから、むしろカウンターに座らせるように仕向けなきゃ」と思ったのだが、話を聞いて納得した。
 このお店、オープンしたのは11月15日で、初老のご夫婦が初めて手がけたお店なのだとか。
「本当は普通の喫茶店をやろうと思ったんですけど、ランチをやった方がいいって言われて……」と話すのは、厨房にいる奥さん。ご主人が接客、奥さんが料理担当のようだ。
 初めて手がけるお店なら、そりゃ儲けることより、単純にお客さんを大切にしようという気持ちの方が強いかもしれない。

 私はランチの「お粥コース」(500円)にも惹かれたが、「本日のコースメニュー」(700円)を頼んでみることにした。

コーヒー しそジュース

「ランチはコーヒーと紅茶が無料ですので、こちらからご自由にどうぞ」とご主人に言われ、私はコーヒーをカップに注いだ。しばらくすると、「しそのジュースです」とご主人がグラスを運んできた。
「一応、体にいいモノを出そうってことで、いろいろ考えてやっているんです」と厨房から奥さんがひと言。へぇ、なるほどね。しそジュースはサッパリした甘さで旨かった。

 と、そこにメインの料理がドーンと到着。

ランチ

 ポトフにイングリッシュマフィンを使ったポークサンド、ロールパンを使った玉子サンド、そしてフルーツ&サラダ。確かにこのラインナップ、ヘルシーかも。

マフィンと玉子サンド

 パンを食べていると、「今日はご飯じゃなくて、パンにしたんですけど、足りますかねぇ?」と奥さん。
「私はこれくらいで十分ですけど、若い人にはちょっと物足りないかなぁ」と答えると、「そうですか……」と何やら考え込んでいる奥さん。何だか悪いこと言っちゃったかなぁ。

サラダ&フルーツ

 サラダはレタスとプチトマト、フルーツは柿とメロン。旨いです。

ポトフ

 メインのポトフはジックリ煮込んであり、優しい味わい。一応、味を調整するために黒胡椒を出してくれたけど、私は使わなかった。十分いい味だったから。鶏肉もホロホロの柔らかさだったしね。

抹茶ケーキ

 なぜか最後にメニューにはない抹茶ケーキを出してくれた。おまけのサービスって感じかな。市販のモノだとは思うけど、ケーキの下の抹茶部分がアイスになっていて、なかなか旨かった。
 ご夫婦2人とものんびりしていて、それが小さなお店をいい雰囲気にしている。また行きたいと思うんだけど、どうやらこのお店、平日しか営業しないようだ。まあ、メインのお客さんは間違いなく市役所の職員だろうから、市役所に合わせるのは賢明な判断だろう。

「なかなか良かったなぁ」と思いつつ家に帰って、ハッと気づいた。
「そうだ、店名が何なのか、聞くのを忘れちゃったよ」

「B」なのか「Bランチ」なのか? そもそもなぜ「B」が付くのか? 知りたいけど、平日営業じゃあ、当分行けないなぁ。もし知っている人がいれば、ぜひ教えてください。


【DATA】
住所:東村山市本町4-6
定休日:土・日曜・祝日
[ 2006/11/25 16:12 ] 【閉店したお店】 B(本町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR