東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

個人的にちょっと後悔の満腹セット

 中華料理店なんだけど、いわゆる“まちの中華料理屋さん”とは一線を画していると思われるのが、久米川駅南口にある「清香屋」。何しろ本場・中国の人が調理しているからね。
 じゃあ本格中華メニューばかりで料金高めかというと、そうでもなかったりする(笑)。例えばお店の入り口横にある黒板には「ラーメンセット」と書かれたメニューがズラリと並んでいる。


*鶏スープ塩味さっぱり麺+半炒飯(790円)
*海鮮麺+半炒飯(880円)
*麻婆麺+半炒飯(800円)
*五目野菜麺+半高菜炒飯(850円)
*野菜煮込麺+半高菜炒飯(800円)
*雲呑(ワンタン)+半高菜炒飯(850円)
*豚肉角煮麺+半高菜炒飯(900円)
*天津丼+ラーメン(750円)
*麻婆丼+ラーメン(800円)
*八宝丼+ラーメン(850円)
*海鮮丼+ラーメン(850円)



 さらにこの黒板の上には「激安定食」という貼り紙があったりして、リーズナブルな定食メニューが結構ある。
 ということで、私はお店に入ると、「ラーメンセット」の中から「海鮮麺+半炒飯」をお願いした。

海鮮麺

 しばらくして、まず最初に運ばれて来たのは、海鮮麺。たっぷりの麺の上に、トロッとした塩味の海鮮あんがかかっている。
 レンゲでスープをひと口飲んでみると……ほど良い塩味で旨い。人によっては薄く感じるかもしれないが、私にはこれくらいでちょうどいい。
 具材は海老、イカ、小柱、白菜、ニンジン、キクラゲ、フクロダケ、マッシュルームなどなどいっぱい入っている。

麺のアップ

 麺はほぼストレートの細麺で柔らかい。一気にすすりたいところなのだが、海鮮あんがフタのような役割を果たしていて、その下にある麺は超熱々。ハフハフしながら少しずつ食べなきゃいけない。
 でもって、麺の量がかなり多いモノだから、減らない、減らない。
 途中でラー油を少し垂らしたら、辛さで味が締まり、優しい味わいが一気にシャープになった。これは旨いなぁ。

半炒飯

 麺と格闘していると、半炒飯が到着。「半」とは付いているものの、普通のご飯茶碗1杯分は余裕であるボリュームだ。

 何とか麺を食べ終えて、ようやく半炒飯をいただくことに。
 以前に食べた「炒飯」と比べると、味が薄い感じがしたけど、たっぷりと麺を食べたあとだから、これくらいの味付けの方がホッとした味わいで、私としては良かったかな。
 半炒飯を食べたあと、残った海鮮麺のスープを飲み干して完食。気が付くと額から汗が噴き出していた。


 いやあ、「食った、食った」と満足してお店を出た私だが、しばらくして「あっ!」と思い、立ち止まった。

「しまったよ。残った海鮮麺のスープに炒飯を入れて食べれば、あんかけ炒飯みたいになって、かなり旨かったんじゃないだろうか?」

 私としたことが、これはちょっと痛恨のミスかも。たぶん半炒飯をスープに入れたら、旨かったと思うなぁ。
 まあ、あくまでも個人的な好みの問題なんだけどね(笑)。満腹になってうれしかったけど、「もっと旨い食べ方があったのでは」と、ちょっとだけ後悔した私なのでした(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-4-14
電話:080-1321-3458
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後6時~翌朝5時
定休日:火曜のランチのみ休み。夜は休まず営業




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





スポンサーサイト
[ 2012/06/23 03:53 ] 【中華料理】 清香屋(栄町) | TB(-) | CM(2)

意表を突く炒飯

 久米川駅南口を出て左に進み、「西友」「丸山書房」の間の通りを真っ直ぐ進むと、ちょうどラーメン店「もみじ」の斜向かいに中華料理店がある。
 ここはもともと、「栄華」という中華料理店だったのだが、その後、「そらまめらぁめん本舗」が去年まで営業していたのだが閉店。短期間のうちに2つの中華料理店がオープンしては消えていき、今は別の中華料理店ができている。

清香屋

 それが今回紹介する「清香屋」だ。店内は「そらまめらぁめん本舗」の時とほとんど変わっていない。
 メニューがかなり豊富にあるのだが、私は「炒飯」(680円)を頼んでみた。
 しばらくして運ばれて来た「炒飯」を見て、私は「エッ!」と驚いてしまった。

炒飯

 だってコレですよ。普通はこんもりと丸く盛るじゃないですが、それがなぜか平らになっているんですから。

なぜか平らになっている

 ほらほら、真っ平ら。ほかにもこうやって出すお店があるのかもしれないけど、私は初体験だよ。
 食べてみると……おっ、なかなかイケるじゃない。一緒に出てきたスープも具だくさんで旨いし、よく見ると、この「炒飯」、結構なボリュームだ。
 食べ終えると、お腹いっぱい。今度は担々麺でも食べてみようかなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-4-14
電話:042-313-3866
営業時間:午前11時30分~午後2時、午後6時~翌朝5時
定休日:火曜のランチのみ。夜は休まず営業
お店について詳しくはこちらを参照



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/03/20 21:48 ] 【中華料理】 清香屋(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。