東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


黒焼そば食べ歩き2010 エントリーNO.19

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年04月03日「ますも庵」
2010年04月04日「竜苑」
2010年04月05日「まごころ亭」
2010年04月06日「まるみ」
2010年04月09日「美・ちゅら」
2010年04月11日「上海酒家 好(はお)」
2010年04月13日「しげ老鮨」
2010年04月13日「illuminazione(イッルミナツィオーネ)」
2010年04月15日「ダイヤ寿司」
2010年04月22日「氣ごころ」
2010年04月23日「笑顔(にこ)」
2010年04月30日「レストランメープル」
2010年05月03日「たつごろう」
2010年05月08日「茶香(ちゃこ)」
2010年05月10日「KAI」
2010年05月12日「も暖亭」
2010年05月14日「石庭こまち」
2010年06月06日「エベレスト&富士」




 今回行ってきたのは、新秋津駅近くにある昭和の雰囲気を持つ喫茶店「ボン」
 メニューにはなかったが、「黒焼そば、ありますか?」と聞くと、「はい、あります」ということで、注文した。

黒焼そばセット

 これが「黒焼そばセット」(750円)。サラダと味噌汁が付くのはうれしい。

黒焼そば

 黒焼そばの上には、ツヤツヤと光る半熟の目玉焼き。うーん、旨そう。
 でも、まずは目玉焼きに手を付けず、いただきま~す。具材は豚肉、モヤシ、タマネギ、と、すごくシンプル。紅生姜が添えられている。麺は細め。
 黒焼そばソースが多めに使われていて旨い。

黄身を崩して…

 それでは黄身を崩してみますか……いいねぇ、このビジュアル。タマラーにはたまんないね。
 食べてみると、ややマイルドな味になり、これも旨い。というか、個人的にはやっぱりこっちの方が好き。
 サラダを食べ、味噌汁を飲みつつ完食。

食後にコーヒーが付く

 食後にはコーヒーが付く。これで750円ならリーズナブルだろう。
 相変わらずのんびりできる雰囲気で、しばらくまったりとさせてもらった。
 ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-20
電話:042-394-4349
営業時間:午前6時~午後11時
定休日:不定休




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/06/07 22:58 ] 【閉店したお店】 ボン(秋津町) | TB(-) | CM(0)

ザ・昭和の喫茶店

 先日、用事があって秋津に行った時のこと。用事が終わり、少し時間があったので、秋津周辺を歩いてみた。
 新秋津駅のロータリーを左に回り、、秋津駅に向かう路地に入ったら……。

ん? シャッターが下りてるのに「営業中」だって?

 お店のシャッターが下りているのに「営業中」の看板が出ているのを発見。不思議に思いつつ近づくと、シャッターの前に「豚生姜焼ライス」(750円)と書いた置き看板があった。
 不思議に思いつつも、そのまま通り過ぎ、ラーメン店「良人」の角を左に曲がると……。

あれ? こっちにも「豚生姜焼」の文字が…

 あれれ? こっちにも「豚生姜焼」の文字があるよ。どういうことだろう?
 そう思って、少し建物を見上げると……。

ああ、2階部分の同じお店のことだったのか

 はあ、なるほどね。2階が喫茶店になっていて、ここも先ほど見た場所も入り口になっていたのね。
「ボン」という店名なのか……時間もあるし、ちょっと入ってみるかな。

 2階に上がりお店に入ると、細長いスペースに2人掛けのテーブルが11卓並んでいた。
 新聞を読んでいたマスターと思しきおじさんが立ち上がって「いらっしゃいませ。お好きな席にどうぞ」と言うので、私はちょうど「良人」の入り口の真上に当たる一番奥のテーブル席に座った。
 お昼時だったせいもあるが、日当たりがよく、ぽっかぽかで気持ちよかった。
 改めて店内を見回すと、壁にはポスターなのか雑誌のグラビアなのか、いろんな写真が張られている。奥には漫画の並んだ本棚がある。そんなに古めかしくは感じないのだけど、何だかここだけ時代からポッカリ取り残されたような雰囲気が漂っていた。


 アジア系の女性が片言の日本語で注文を取りにきたので、私は「豚生姜焼ライス」を頼んだ。プラス100円でコーヒーを付けることができるというので、食後にホットコーヒーもお願いした。

豚生姜焼ライス

 これが「豚生姜焼ライス」。メインの生姜焼きにご飯と味噌汁、そしてタクアン。

生姜焼きのアップ

 生姜焼きは普通に旨かった。でも、このお店は決してランチがウリではないと思う。最近はランチをウリにしている喫茶店が多いから、美味しいランチを期待してこのお店に入ると、少しガッカリしてしまうかもしれない。

コーヒー

 食後に運ばれて来たコーヒーを飲んでまったりしていると、余計に「このお店のウリは食事じゃないよなぁ」という気がした。
 若い人はどう思うかわからないけど、40代以上の人がこのお店に来たら、すごく落ち着く感じを抱くと思う。

 最近よく居酒屋などで、古い昭和の看板やポスターを壁に張ってレトロ感を出しているお店があるけど、このお店はそんなことを一切していないのに、レトロな雰囲気が出ている。この雰囲気が一番のウリじゃないだろうか。こういう雰囲気って、出そうと思っても出せないと思うなぁ。
 コーヒーを飲みながら、のんびり本を読みたい気分になったよ。


 自宅に戻り、パソコンでこのお店のことを調べると、1件の口コミ情報が見つかった。ランチを食べて「二度と行かない」と書いてあった。書き込んだのは20代前半の女性……20代の、しかも女性ならやっぱりそう思うかもしれないなぁと読みながら私は思った。
 だってこのお店は文字通り「喫茶店」なのだから。しかも独特な雰囲気が漂う「昭和の喫茶店」なのだから。コーヒー飲んでまったりする場所なんだよね。
 私としては、このお店と出合えてすごくうれしい。これからは秋津で時間を潰す時は、「ドトールコーヒー秋津店」ではなく、このお店でコーヒーを飲みながら読書をしようと思う。



【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-20
電話:042-394-4349



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/02/10 17:23 ] 【閉店したお店】 ボン(秋津町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR