東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


黒焼そば食べ歩き2010 エントリーNO.20

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年04月03日「ますも庵」
2010年04月04日「竜苑」
2010年04月05日「まごころ亭」
2010年04月06日「まるみ」
2010年04月09日「美・ちゅら」
2010年04月11日「上海酒家 好(はお)」
2010年04月13日「しげ老鮨」
2010年04月13日「illuminazione(イッルミナツィオーネ)」
2010年04月15日「ダイヤ寿司」
2010年04月22日「氣ごころ」
2010年04月23日「笑顔(にこ)」
2010年04月30日「レストランメープル」
2010年05月03日「たつごろう」
2010年05月08日「茶香(ちゃこ)」
2010年05月10日「KAI」
2010年05月12日「も暖亭」
2010年05月14日「石庭こまち」
2010年06月06日「エベレスト&富士」
2010年06月07日「ボン」




 さて今回、私が行ってきたのは、以前からずっと気になっていた新秋津駅近くの沖縄料理店「とぅばらま家」

とぅばらま家

 新秋津駅を出て右側をロータリー沿いに進み、パン屋「サントアン」手前の道に入り、60メートルほど先の左側にある。
 店名の「とぅばらま家」とは、ホームページよると、「愛しい人」のことを言う「とぅばらーま」が由来なのだとか。

 初めて行くお店なので、友人とともに杯ってみた。

ビールで乾杯

 まずはビールで乾杯。お通しとして出てきたのは、ボイルしたイカの上に挽き肉たっぷりのあんをかけたモノ。これが旨くて、おかわりしたいぐらいだった。

豆腐よう スク豆腐

 最初に頼んだツマミは「豆腐よう」(500円)と「スク豆腐」(500円)。「豆腐よう」は爪楊枝で少しずつ食べるんだけど、これって旨いよねぇ。チーズのような食感だけど、塩辛のようなウニのような味わい。泡盛が飲みたくなるねぇ。
「スク豆腐」は島豆腐の上に、スクガラスが乗っている。このスクガラスがまた、魚なのに塩辛みたいな味がして旨いんだよね。島豆腐と一緒に食べると、さらに旨い。欲を言えば、もっとスクガラスが乗っているとうれしいなぁ。

スーチカー

 こちらは「スーチカー」(600円)。豚の塩漬けなんだけど、軽く焼いたのか、温かくて柔らかかった。しょっぱさはそれほどなく、とても食べやすかったけど、個人的にはもう少ししょっぱい方がスーチカーらしくて好きだなぁ。

黒焼そば

 と、ここでメインの「黒焼そば」(750円)が登場。これ、すごくキレイだと思いませんか? キャベツ、パプリカ、モヤシといった野菜がキラキラ輝いている。その下に黒焼そばがあるんだよね。いやあ、このビジュアルは素晴らしいなぁ。
 野菜の間にチラチラと見えるハムみたいなモノは、沖縄料理に欠かせないスパムだ。

沖縄そばの麺が使われている

 麺は沖縄そばで使っている、平打ちの太麺。ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 黒焼そばソースだけでなく、これはバターだろうか? 濃厚な旨味を感じる。シャキシャキした野菜と食べると、なお一層、旨い。
 しかもボリュームがハンパない。友人と2人でシェアしてもお腹いっぱいという感じ。3~4人で1皿頼めば、十分なツマミになると思うなぁ。
 それにしても黒焼そばソースと沖縄そばの相性は抜群だね。



【DATA】
住所:東村山市秋津町5-25-94
電話:042-396-3918
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:日曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR