東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


黒焼そば食べ歩き2010 エントリーNO.22

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年04月03日「ますも庵」
2010年04月04日「竜苑」
2010年04月05日「まごころ亭」
2010年04月06日「まるみ」
2010年04月09日「美・ちゅら」
2010年04月11日「上海酒家 好(はお)」
2010年04月13日「しげ老鮨」
2010年04月13日「illuminazione(イッルミナツィオーネ)」
2010年04月15日「ダイヤ寿司」
2010年04月22日「氣ごころ」
2010年04月23日「笑顔(にこ)」
2010年04月30日「レストランメープル」
2010年05月03日「たつごろう」
2010年05月08日「茶香(ちゃこ)」
2010年05月10日「KAI」
2010年05月12日「も暖亭」
2010年05月14日「石庭こまち」
2010年06月06日「エベレスト&富士」
2010年06月07日「ボン」
2010年06月18日「とぅばらま家」
2010年06月19日「のんちゃん」




 秋津地域にはなぜか沖縄料理店が多いんだよね。今回行ったのも、「友利屋(ともりや)」という沖縄料理店。

友利屋

 場所は新秋津駅を出て左に進み、ロータリーを回って、武蔵野線沿いに真っ直ぐ120メートルほど歩いたところにある。
 お店に入ると、右側にカウンター席と厨房、左側に掘りごたつ式の座敷がある。友人と一緒に入った私は、座敷に上がった。

泡盛とお通し

 友人はオリオンビール、私は「残波(白)」という泡盛を注文。泡盛は「カラカラ」と呼ばれる酒器に入れられて出てきた。今までいろんな沖縄料理店に行ったけど、こうやって泡盛を出されたのは初めてかも。自分で泡盛の量を調整できるから、いいよね。

島らっきょう ミミガー和え

 まず頼んだツマミは、「島らっきょう」(550円)と「ミミガー和え」(550円)。
 友人も私もすでに夕食を食べていたので、「軽く」ということで頼んだんだよね。どっちも酒のツマミにちょうどいい感じ。

海ぶどう

 続いて頼んだのは、「海ぶどう」(600円)。久しぶりに食べたけど、旨いよねぇ、コレ。プチプチとした食感と、弾け出た汁の少しネトッとした、でも旨味たっぷりの味わいが何とも言えない。いくらでも食べられるよ。

黒焼そば

 さてさて、ここでメインの「黒焼そば」(750円)の登場だ。具材は豚肉、キャベツ、タマネギ、ニンジンと、とってもシンプル。
 でも、見てわかるように、具材はあくまでも脇役。しかもチョイ役。圧倒的な主役は麺だ。

麺が旨いんだよね

 この沖縄そばで使う、太くて平たい麺。これが主役。食べると、黒焼そばソースの味わいを押しのけて、麺の旨味が口の中に広がってくる。沖縄そばの麺を使った黒焼そばをいろいろ食べてきたけど、ここまで麺の主張が効いているのは初めてかも。ちょっと好みが分かれるかもしれないけど、私は好きだなぁ。
 今度は普通の「焼きそば」(750円)を食べてみようかな。ここの「焼きそば」は塩味とケチャップ味の2種類。面白いでしょ。まずは塩味を食べてみたいな。



【DATA】
住所:東村山市秋津町5-15-43
電話:042-398-5108
営業時間:午後5時~11時
定休日:日曜
ホームページはこちら
ブログはこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/06/20 22:41 ] 【沖縄料理】 友利屋(秋津町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR