東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


程よい辛さの中華そば

 ある日の昼下がり。何となくラーメンを食べたい気分になった私は「久しぶりにあのお店に行ってみようかな」と久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」に向かった。
 このお店のメインは濃厚スープのつけ麺なんだけど、この日の私が食べたかったのは「中華そば」(680円)の方。つけ麺ほどスープが濃厚じゃなく、割とスッキリとしていて旨かった記憶があるんだよね。

 ということで、お店に入り、券売機の前に立った私。「中華そば」のボタンをポチッと押したあと、「特製辛味」という文字が目に入った。
「中華そば」に「特製辛味」をトッピングしたらどうなるんだろう? このお店の「特製辛味」は激辛じゃないから、いい感じの辛さになるのでは?……そう思った私は「特製辛味」(100円)のボタンもポチッ。

 しばらく待ったあと、来た、来た。

特製辛味をプラスした「中華そば」

 これが「特製辛味」をプラスした「中華そば」だ。
 ん? 「中華そば」には味付玉子って乗っていたっけ? 少し不思議に思っていると、出してくれた店長さんが、


「味玉は退院祝いです」


と、ひと言。エッ、私が入院してたこと知ってるんだ。まあ、このブログを読んでいれば、バレバレなんだけどね(笑)。だけど、何だかうれしいやら恥ずかしいやら。

退院祝いの味玉

 見てくださいよ、この味玉! 黄身の色がもうたまんない!

ありがとう (゚д゚lll)ございます!!

スープには赤い物体が浮かんでいる

 スープには辛そうな赤い小さな物体が無数に浮いている。では、レンゲでスープをひと口……おっ、それほど辛くない。いいんじゃないの、この辛さの度合い。スープがより旨く感じるよ。

麺のアップ

 麺が太いせいか、食べると辛さはさらにマイルドになる感じ。退院祝いということでいただいた味玉も抜群に旨かったし、アッと言う間にスープまで飲み干して完食。
 いやあ、激辛だったらスープを残しただろうけど、これくらいの辛さだと、私には本当にちょうどいいという感じ。旨かったなぁ。
 ごちそうさまでした。そして店長、改めて「退院祝い」、ありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
電話番号:042-393-3755
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後6時~11時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:日曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






あつもりの季節だね

 2カ月ほど前から、久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」は、昼間だけの営業で夜は休んでいた。「どうしたんだろう?」と気になっていたものの、なかなか行けなかったのだが、先日、昼間にポコッと時間が空いたのでお店に行ってみた。

「寒いときは、あつもりがいいよね」ということで、私は券売機で「あつもりつけ麺 中盛」(800円)のボタンをポチッ。さらに「豚めし」(200円)なるメニューを見つけたので、こちらも合わせて押してみた。計1000円のガッツリランチだ(笑)。

「あつもりつけ麺 中盛」と「豚めし」

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。いやあ、このお店のつけ麺、器が渋い色のせいもあるかもしれないけど、ビジュアルが旨そうなんだよね。

麺からは湯気が立っている

 極太麺からはモワッと湯気が立っている。これならつけ汁も冷めずに、最後まで温かく食べられそうだ。

つけ汁

 つけ汁は魚介系の味がやや強めに感じるけど、すこしドロッとした感じは獣系によるモノだろう。底にはメンマや細切りにされたチャーシューが沈んでいる。

麺のアップ

 では麺をザップンと浸し、たっぷりつけ汁を絡ませてから、いただきま~す。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、あつもりなんだけど、麺はシッカリとモチモチした弾力があり、つけ汁と絡んで旨いこと、旨いこと。
 それにしても中盛のくせして、ボリュームあるなぁ。麺を食べ終えたら、かなりお腹がいっぱいになってしまった。しかし、まだ「豚めし」が残っているんだよなぁ。

豚めし

 いやいや、最初見た時は「豚めしって小さいなぁ」と思ったけど、麺を食べ終えた状態で見ると、「この量で本当によかった」としみじみ思ったよ。
 スープ割りしたつけ汁を飲みながら、「豚めし」を完食。うーん、お腹いっぱい。もう入りません(笑)。


 食べ終えたものの、すぐに動くのは危険と思い、ゆっくりと水を飲んでいたら、いつの間にかお客は私1人だけになっていた。そこで店長さんに、どうしてお昼だけの営業になってしまったのかを尋ねてみた。

「実は妻が入院しまして……」

 入院と聞いてドキッとしたけど、よくよく話を聞くと、どうやら奥さんの出産が早まって入院することになり、現在は子どもも生まれて、奥さんも無事に退院しているのだという。

「だから2週間ぐらい前から通常通りの営業に戻しました。まあ、もっとも定休日は木曜から日曜に変えましたれど」

 なるほど、そういうことでしたか。お昼だけの営業になった時は「ひょっとしたら経営が厳しいのかなぁ」と不安に思っていたけど、話を聞いてホッとしたよ。これで安心して夜もつけ麺が食べられるというものだ。よかった、よかった。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
電話番号:042-393-3755
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後6時~11時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:日曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
有名ラーメン店多数!店舗直送ラーメン通販【ベストマート】
飲みものにまぜるだけ!1日わずか140円のカンタンダイエット「じゃがいもdeダイエット ポテイン」




つけ麺の季節だね

 今でこそ通年メニューとなったつけ麺だが、以前はつけ麺専門店以外は、冷やし中華と同じように季節メニュー扱いだった。その名残なのかどうかはわからないが、暑くなってくると普通のラーメンより、私はつけ麺の方が食べたくなってくる。冷やしラーメンは別だけど、熱々のスープから引っ張り出した熱々の麺をすすることが、暑くなるとちょっと嫌になってくるのだ。

 ということで、つけ麺が食べたくなった私は、久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」へ向かった。頼んだのは「つけ麺 中盛」(800円)。あわせてチャーシュー(100円)と玉子(100円)をトッピングでお願いした。

 このお店は麺が太いから茹で上がるまでに時間がかかるんだよね。ボーッとテレビを見ながら待っていると、来ました、来ました。

「つけ麺 中盛」にチャシューと玉子をトッピング

 これが「つけ麺 中盛」&チャシューと玉子のトッピング。なるほど、トッピングは麺の方に乗るのね。いやあ、玉子の黄身の“ちょいトロ”加減がたまんないね。

ゴワッと太い麺が旨そう

 このお店の麺は太くてゴワッとしたうどんのような歯応えがあるんだよね。それがテカテカ光っちゃったりなんかして、もう旨そう!

つけ汁の中にはメンマや細切りのチャーシューがたっぷり入っている

 表面からはわからないけど、つけ汁の中にはメンマや細切りのチャーシューがたっぷり入っている。
 それでは麺をザブンとつけ汁につけて、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、冷水で麺が〆られているから、温かいつけ汁につけて食べるものの、ノド越しが気持ちいい。何よりつけ汁のスープが旨い。たまたま私がそう感じただけなのかもしれないけど、以前よりマイルドになった気がする。
 麺が冷たいからつけ汁は徐々に冷めていくのだが、やっぱり暑い季節だからだろうか、そんなことは全然気にならない。

 途中、玉子をザブンと付けてパックンチョ。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 そのままでも旨いんだろうけど、つけ汁に付けると旨さがさらに増すって感じ。黄身のトロけ具合がたまんないよ。
 チャーシューも旨いし、大満足で完食。残ったつけ汁に、卓上にあるポットでスープを注ぎ、スープ割り。最後は胃を優しく温めて、ごちそうさま。いやあ、夏はつけ麺だね。冷麺とともにこの夏は食いまくってみようかな。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
電話番号:042-393-3755
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

辛旨のつけめん

 私が大好きな地元ブログ「人間のクズ!」で、この記事を読んで以来、ずーっと気になっていた久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」の辛い「濃厚つけ麺」。何でも、プラス100円で辛くできるのだそうな。

「行かなきゃ」と思いつつ、なかなか行けなかったのだが、先日ようやくお店に行き、食べることができた。
「濃厚つけ麺」(750円)に「特製辛味」(100円)というトッピングを付ければ、ぽ子さんが食べた辛い「濃厚つけ麺」になる。麺の量は並(200グラム)も中盛(300グラム)も大盛(400グラム)も同じ値段。「それならば」と私は大盛を注文。
 しばらくして、ようやく出てきたた辛い「濃厚つけ麺」。早速、写真を撮ろうと思い、デジカメを取り出そうとしたら……。

デジカメ (゚д゚lll) 忘れてきたよ!!

 マジっすか? やっとお店に来て、念願の辛い「濃厚つけ麺」を頼んだというのに、写真が撮れないなんて……。しばし呆然としちゃったけど、忘れてしまったモノは仕方がない。財布を忘れるよりはいいか、と思い直して食べると、これが旨いんだ。
「これは写真を付けて紹介しなきゃ」と思った私は、後日改めてお店に行った。


 頼んだのはもちろん「濃厚つけ麺」に「特製辛味」をトッピングした辛い「濃厚つけ麺」だけど、実は前回の反省から少し変えてみた。
 確かに旨いんだけど、冷水で〆た麺だと、せっかくの旨いつけ汁がすぐに冷めてしまうので、あつもりに変更。また量も、大盛だと少し胃がもたれてしまったので、今回は中盛に変えてみた。

特製辛味を加えた「濃厚つけめん」の中盛のあつもり

 これが「濃厚つけ麺」に「特製辛味」をトッピングした辛い「濃厚つけ麺」の中盛&あつもり。

あつもりだから湯気が立っている

 あつもりだから麺からは湯気が出ている。それにしても中盛でもボリュームがあるなぁ。

特製辛味を加えたつけ汁

 つけ汁は辛そうな赤いラー油が浮いていて、一瞬、「やっちまったか」と思ったけど、ひと口飲んでみると、ぽ子さんが書いているように、穏やかな辛さだ。後からジワッと来るタイプで、最初からガツンではない。

麺のアップ

 極太の麺をつけ汁に浸してから、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 おおっ、これはいいね。麺が太い分、口に入れた時、辛さは低くなるんだけど、その分、「旨い!」とシミジミ思える。さらに言えば、あつもりとベストマッチ。熱い方が辛さが増す感じがするけど、その増し加減がちょうどいいという感じ。

最後はスープ割り

 麺を食べ終えたら、卓上にあるポットからスープを入れて、スープ割り。辛さがマイルドになり、これも旨い。スープを全部飲んだらお腹パンパン、体はポッカポカ。いやあ、満足。寒いこの時期には特にオススメだね。ぜひ、あつもりで食べてみて。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
電話番号:042-393-3755
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

とってもイタリアンなラーメン

 私が参考にさせていただいている地元ブログ「人間のクズ!」で、久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」の「濃厚つけ麺」がプラス100円で辛い「濃厚つけ麺」にできることが書いてあった(記事はこちら)。
「へぇ、それはちょっと食べてみたいなぁ」と思っていたのだが、なかなか食べに行く機会がなく、また風邪を引いてしまって、「あんまりノドに刺激を与えるのもどうだろう」と思ってためらっていたのだが、先日、思い切って入ってみることにした。
 もちろん目的は「濃厚つけ麺」の辛いバージョンなのだが、券売機の横をふと見ると、こんな張り紙が目に入った。

券売機の横にこんな張り紙が…

「トマトラーメン」(750円)だって!? しかも「数量限定」と書いてある。となればもう、あとは皆さんの想像通りです。「限定」の言葉に弱い私は、「トマトラーメン」のボタンをポチッと押してしまいました。
 合わせて、チーズのトッピング(100円)も頼んじゃったりして(笑)。

チーズをトッピングしたトマトラーメン

 しばらくして、来ました、来ました!
 これが「トマトラーメン」。見た目は濃厚なトマトケチャップの中に麺が入っているって感じ。
 でもコレ、レンゲがあるからラーメンに見えるけど、なかったら「スープパスタ」と言ってもわからないんじゃないだろうか?
 そう言えば、以前、久米川駅南口のイタリアンファミレス「ポポラマーマ久米川店」が、ラーメンみたいなスープパスタを出していたなぁ。

タバスコとバルサミコ酢

「トマトラーメン」と一緒にタバスコとバルサミコ酢を出された。「お好みで」ということなのだが、ますますイタリアンって感じだよね。

麺のアップ

 麺はいつもの極太麺なんだけど、赤いトマトのスープをまとうと、何だか本当にスープパスタみたいに見えてくる。
 では、チーズを溶かすためにも全体的に混ぜ混ぜしてから、いただきま~す……へぇ、色は赤くても豚骨や魚介系の味がすると思っていたんだけど、トマトの圧勝。濃厚で旨い。

チーズがとろけて旨そう

 底の方から麺を引き上げると……おおっ、とろけたチーズが麺に絡んでいい感じ。それでは今度はコレをいただきますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 トマト&チーズがマズいワケがない。モッチリとした麺がまた、いいアシストをしているんだよね。

バルサミコ酢を少し垂らして…

 ここで気になっていたバルサミコ酢を少量垂らして食べてみることに。すると……。

これも旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 なるほど、こういう味になるのね。酸っぱさはほのかで、コクが増すって感じ。これもいいねぇ。

 麺を食べ終えると、丼に結構、スープが残るんだよね。これにご飯を入れたら、リゾットっぽくなって旨いだろうなぁ……と想像するものの、「いかん、いかん。そんなことしたらメタボ度が上がってしまう!」と思い直し、グッとこらえてそのまま飲み干した(結局、飲んだんかい! 笑)。
 いやあ、でもコレはいいねぇ。ただ、カレーうどんと同じく、あわてて食べるとスープが服に飛び散るから、特に女性は要注意ね。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
電話番号:042-393-3755
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

太い!旨い!腹いっぱい!

 久米川駅南口にオープンしたばかりのラーメン店「麺屋 清琉」。このお店の一番のウリは「濃厚つけ麺」(750円)なのだが、前回はつけ麺気分じゃなかったので、「中華そば」(680円)を食べてしまった私。
「やっぱりそれじゃあダメだろう」ということで、先日、「濃厚つけ麺」を食べるため再びお店に行ってみた。

「濃厚つけ麺」は並が200グラム、中盛が300グラム、大盛が400グラムなのだが、ナントこのお店では同じ750円で大盛まで頼める。さらにもっと食べたい人のために600グラムの特盛というモノがあるのだが、こちらはプラス100円となる。
 私はどうしたかというと、一応フードファイターじゃないですからね、当然ながら特盛は避けて大盛にしましたよ(単純に100円ケチッただけ)。

 このお店は麺が極太だから、出来上がるまで結構待たされる。しばらくして出てきたのがコレだ。

濃厚つけ麺 大盛

 いやあ、待った甲斐のあるビジュアルだねぇ。

この極太麺! 旨そう!

 見てくださいよ、この極太麺! 旨そうじゃないですか。麺がツヤツヤ光っているのがたまんないよね……って、ちょっ、コレ、量が異様に多くない?

量もたっぷり

 エエッ、400グラムでこの山なの? 600グラムの特盛って、どうなのよ?
 まあ、お腹空いてるから、これくらい大丈夫だとは思うけどね。

つけ汁

 これがつけ汁。まずはレンゲでひと口飲んでみると……うわっ、濃いッ! でもあの極太麺に味を付けるには、これくらい濃いつけ汁じゃないとダメなんだろうなぁ。

これが旨いんだ

 ではでは、極太麺をつけ汁に泳がせてから、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやいや、これはたまんないね。「中華そば」より魚が強くて、麺にしっかりそのスープが絡む。これはいいなぁ。
 メンマや細切りにされたチャーシューと一緒に食べると、さらに旨い、旨い。
 ワシワシと食べ続けて、アッと言う間に麺を完食してしまった。

 ふぅ~ッと息をついていると、店員さんが「こちらでスープ割りができます」とカウンターの上にあるポットを差し出してくれた。

食べた後はスープ割り

 ポットの中のスープは白濁していて、それを入れてつけ汁を飲むと、しょっぱいくらい濃かった魚の味がマイルドに変化し、今度は豚骨の味がしてきた。いやあ、旨いし、温まるよ。

 さすがお店がウリとしているラーメンだけあるよ。いやあ、旨かったし、もうお腹パンパン。これはまた食べたくなるラーメンだね。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




極太麺が旨いラーメン

 2009年11月30日、久米川にラーメン店がオープンした……そんな情報を耳にした私は、早速お店に向かった。
 場所は久米川駅南口の「西友」の横を入った商店街で、以前「モスバーガー久米川店」があった所だという。行ってみると……。

麺屋 清琉

 あった、あった、ありました。「麺屋 清琉」という店名ですか。今どきのラーメン店らしいキリッとした店名だね。

 券売機のメニューを見ると、真っ先に「特濃つけ麺」(750円)の文字。これは「並200g」「中盛300g」「大盛400g」とあるのだが、大盛まではナント無料なのだとか。さらに100円プラスすれば「特盛600g」になる。うーん、チャレンジ魂をくすぐるなぁ(笑)。

 でも、この日の気分はつけ麺ではなくラーメンだったので、私は「中華そば」(680円)のボタンをポチッと押した。

中華そば

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。「中華そば」というから、透明でスッキリした醤油スープかと思ったら、さにあらず。いきなり鼻腔を魚系の香りがくすぐる。
 レンゲでスープをひと口飲むと……うん、確かに魚系の味がする。でも同時に獣系の味もする。Wスープってヤツですか。秋津のラーメン店「良人」のスープをもっとスッキリまろやかにした感じだ。

麺のアップ

 でもこのお店の特徴はこの極太の麺じゃないかなぁ。食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 モチッとしていて歯応えといい、麺そのものの味といい、もろ私好み。確かにこの麺ならつけ麺の方がいいかも。

 だけどこのスープ、旨いなぁ。飲むほどに魚系の香りと味が消え、まるで久米川駅南口のラーメン店「らーめん たつ」のようなスッキリした豚骨スープの味わいになっていく。この変化が面白くてスープを全部飲んじゃったよ。
 いやあ、旨かったなぁ。今度は「特濃つけ麺 大盛400g」を食べてみるかな。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR