東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


海鮮メインの居酒屋で見つけた絶品の肉料理

 2013年12月中旬、児童クラブの役員会が夕方からあり、その流れで「忘年会、やりますか」となった。行ったのは、久米川駅北口の海鮮居酒屋「義(よし) 久米川店」

生ビールで乾杯

「まあ、お疲れ様でした」と生ビールで乾杯。地元の仲間と飲むのも楽しいけど、児童クラブで知り合ったパパ友・ママ友と飲むのも楽しい。
 お通しはマグロの角煮。さすが海鮮料理を得意とするお店。旨いなぁ。

海鮮サラダ

 まず頼んだのは「海鮮サラダ」(780円)。海鮮たっぷりで旨いものだから、取り分けたらアッと言う間になくなってしまった。

ローストビーフ

 続いては私が気になって頼んだ「ローストビーフ」(730円)。このお店は海鮮メインだから、肉料理は期待していなかったんだけど、メニューに「人気!」とわざわざ書いてあったから、「ホンマかいな」と思いつつ頼んだんだよね。
 でも、運ばれて来たモノを見てビックリ。だってこの色だよ! 見るからに旨そうじゃないの!
 ひと切れ食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 決して柔らかくはないが、その歯応えが程良くて、噛むほどに肉の旨味がジュワッ、ジュワッと口に溢れる。いやいや、「人気!」の文字に偽りなしだ。

串焼き五種盛り合わせ たれ

 次に運ばれて来たのは、「串焼き五種盛り合わせ」(650円)。このメニュー、たれと塩の2種類があり、店員さんに「どちらにしますか?」と聞かれたのだが、人数が多いので……。

串焼き五種盛り合わせ 塩

 たれと塩の両方、頼んじゃいました(笑)。ちなみにこの写真は塩で、前の写真がたれ。どちらもなかなか旨かった。

塩ポテトフライ

 これは子ども用に頼んだ「塩フライポテト」(370円)。子連れ参加アリというところも、パパ友・ママ友との飲み会の醍醐味だ。時々会話に入ってくる子どもたちがかわいいんだな。

黒豚の塩麹炙り焼き

 で、これは「黒豚の塩麹炙り焼き」(780円)。これもひと切れ食べて驚いた。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやいや、このお店の肉料理、侮れない。というか今回食べた「ローストビーフ」と「黒豚の塩麹炙り焼き」は旨過ぎ。これだけを食べるためにもう1回お店に行ってもいいくらい。刺身や寿司などの海鮮料理もいいけど、この2つの肉料理は超オススメだね。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-24-28 第3荒野ビルB1
電話:042-392-8891
営業時間:午後5時~深夜0時
駐車場:5台分あり
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







驚異の全品半額

 先月末だったかなぁ、久米川駅北口にある寿司ダイニング「義(よし) 久米川店」の前を通ったら、こんな張り紙がしてあった。

全品半額の張り紙

 エッ、全品半額だって! こりゃ行かなきゃ……と脳内メモに記録しておいて、行ってきましたよ、友人を誘って。

瓶ビールはなぜか「秋味」 お通し

 まずは「瓶ビールを」と頼んだら、ナントキリンの「秋味」が出てきた。これにはちょっとビックリ。でも今シーズンは飲み逃していたから、ちょっとうれしかったりして。で、お通しをつまんでいると……。

本日の特選盛り

「本日の特選盛り」の登場だ。まあ最初は刺身だよね。
 飲み物も半額だから、最初から日本酒でガンガン攻める人、焼酎のボトルを頼んで飲み始める人と、いろいろ。でも1つ言えるのは、何だかみんな飲むペースが速い。

 実はツマミを注文するペースも速くて、いろんな料理がテーブルに並んだ。

白子ポン酢 エビのエスニック炒め

「白子ポン酢」(750円)に「エビのエスニック炒め」(650円)。

海鮮サラダ クリームチーズの春巻き

「海鮮サラダ」(640円)に「クリームチーズの春巻き」(450円)。

げそ唐揚げ えいひれ炙り

「げそ唐揚げ」(420円)に「えいひれ炙り」(530円)。
 もう次々と食べては飲み、飲んでは食べ、しゃべりまくり、騒ぎまくり。

和牛ハラミたたき

 そんな中、「おっ、これは旨いね」とみんなが注目したのが、「和牛ハラミたたき」(680円)。というか、ここまではちゃんと舌の記憶もあったんだよね。
 問題はここから。

クリームチーズの味噌漬け 芝海老唐揚げ

「クリームチーズの味噌漬け」(550円)と「芝海老唐揚げ」(550円)なんだけど、舌の記憶は全くナシ。

白子天ぷら ころポテ

「白子天ぷら」(750円)と「ころポテ」(460円)。この辺になると、舌の記憶どころか、「こんなモノ、食べたっけ」とツマミそのものの記憶がない。かろうじて「写真は撮ったかも」と微かな記憶が残るだけ。

串焼き 天然ししゃも

 で、ここからは完全に念写状態。自分の中には撮った記憶すらない。
 串焼きは左から2本ずつ「ねぎま串」「砂肝串」「鳥もも串」「豚串」。そして「天然ししゃも」(680円)。

スルメイカ沖漬け カニ味噌

 これは「スルメイカ沖漬け」(580円)と「カニ味噌」(510円)。うーん、全く記憶にない。

 この日は途中で帰った人も含めて、総勢8人で飲み食いしたんだけど、1人3000円もいかなかった。半額って凄いよね。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-24-28 第3荒野ビルB1
電話:042-392-8891
営業時間:午後5時~深夜3時(日~木曜・祝日)
      午後5時~翌朝5時(金曜・土曜・祝前日)





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
焼酎飲み比べお試しセット
・鹿児島の本格焼酎買うならココ!焼酎どっとねっと






アッサリ系のツマミでまったり

 友人と久米川駅北口の串焼き店「和楽」に行った後、「もう1軒行こうか」ということで向かったのが、同じく久米川駅北口にある鮨ダイニング「義(よし) 久米川店」

 このお店に関しても何しろ1カ月前に行った話なので、料理名や料金の記憶がない。平にご容赦を。

お通しとともに食前酒が来た

 乾杯の前に食前酒とお通しが出て来た。これにはちょっとサプライズ。
 友人は私と年が近いので、ちょっとしたツマミでチビチビやろうということで合意。軽いツマミを頼むことにした。

マグロのユッケ クリームチーズの味噌漬け

 第1弾は「マグロのユッケ」と「クリームチーズの味噌漬け」。見た目はコッテリ風なんだけど、どっちもアッサリしていてお酒のツマミにちょうどいい感じ。

焼きホッキ貝

 続いては友人が頼んだ「焼きホッキ貝」。寿司をメインとしているお店だけに、海鮮モノはなかなか旨い。

野菜スティック

 2人して締めに選んだのは「野菜スティック」。4種類のディップがあるのがうれしい。まったりしながら、久しぶりの友人と落ち着いて話すことができたよ。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-24-28 第3荒野ビルB1
電話:042-392-8891
営業時間:午後5時~深夜3時(日~木曜・祝日)
      午後5時~翌朝6時(金曜・土曜・祝前日)



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






オシャレで便利、しかも安い寿司ダイニング

 このところ久米川駅周辺では、立て続けに新店がオープンしている。今回紹介する「義(よし)」も今月オープンしたばかりのお店だ。場所は久米川駅北口を左に出て交差点を右折。次の大きな交差点を渡ると左角にセブンイレブンがあるのだが、その隣の建物の地下にある。

義・看板

 これは地下へ行く階段の踊り場にある看板。表にも置き看板が出ているのだが、何とも怪しい雰囲気を醸し出している。降りるとお店は2つに別れている。左側が座敷になっているのだろうか、つい立てで仕切られた和風スペースで、普通の寿司屋という感じ。右側はカウンターとテーブル席がある洋風スペース。一見するとショットバーのような雰囲気。私は右側に入り、カウンターに座った。
 改めて店内を見回すと、天井が高く、テーブルの配置もゆったりとしている。プロジェクターを使って壁一面に映像が流されていた。この日はジョン・レノンのミュージックビデオが流れていて、「イマジン」や「マザー」など懐かしい曲とともに映像が映し出されていた。
 メニューを見ると、105円から寿司がある。一番高いのがウニで525円。すべて2貫の値段だから回転寿司並みの値段設定だ。置いてある紙に食べたいモノの個数を書いて注文するスタイルになっている。回転寿司にはない、にぎりもあり、普通のにぎりが840円、上にぎりが1365円、特上にぎりが1680円、極上にぎりが2100円となっている。これも普通の寿司屋と比べればかなり安い。
 メニューは寿司以外も豊富だ。刺身はもちろんのこと、サラダや焼き物、ちょっとした肉料理まである。
 私は先日読んだ「ひらRINとみぃ~ちゃんのラブラブログ」の日記に書かれていた「ドラゴンロール寿司」(682円)がとても美味しそうだったので、それと上にぎりを注文した。
 まずやってきたのは「ドラゴンロール寿司」。

ドラゴンロール寿司

 要するに穴子巻きなのであるが、玉子とニンジン、かい割れが一緒に巻かれていて、見た目はキレイで美味しそう。ツメがオシャレにかかっているので、そのままいただきま~す。うん、旨い! 穴子が好きな人にはオススメだね。
 続いて上にぎりが登場。

上にぎり

 なかなか迫力のある10貫だと思いませんか? ネタもバラエティーに富んでいるし。食べてみると、意外にネタが大きいことに気づく。これで1365円ならお得と言えるだろう。個人的にはヒカリ物が1つ欲しかったけど、普通の人なら十分満足のいく10貫だろう。

 このお店、ほかでもお店を出しているようなので、「データはネットで調べればいいだろう」と思い、聞かなかったのだが、残念ながらネットでは見つからなかった。だからこれは私の記憶によるものだが、確かこのお店、オープンが午後5時で、閉店がナント翌朝6時だったと思う。不確かな情報で申し訳ないが、もしそうなら私のような夜遅くに帰宅する人間にとって非常にありがたい存在になる。
 近いうちに再訪してデータ収集をしたいと思っていますが、もしご存知の方がいれば、コメントで教えてください。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-24
電話:042-392-8891




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR