東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シンプルだけど旨い中華丼

 萩山駅南口の住宅街にポツンとある中華料理店「新華」。久しぶりに行ってみたのだが、メニューを見ていると、どれも気になって迷うこと、迷うこと。だってコレですよ。


【麺の部】
*ラーメン(400円)
*もやしそば(450円)
*ニラ玉そば(500円)
*ワンタン(500円)
*ねぎそば(500円)
*タンメン(500円)
*青菜ラーメン(500円)
*肉つゆそば(550円)
*レバーメン(550円)
*みそラーメン(550円)
*とりつゆそば(550円)
*ワンタンメン(600円)
*五目そば(700円)
*五目かけそば(700円)
*カニ玉そば(700円)
*チャーシューメン(700円)
*えびつゆそば(800円)

【飯の部】
*にらと玉子かけご飯(500円)
*麻婆豆腐飯(500円)
*チャーファン(550円)
*肉ともやしかけ飯(550円)
*中華飯(550円)
*ケチャップ肉飯(550円)
*レバーかけ飯(550円)
*五目中華飯(700円)
*カキ油入り肉飯(700円)
*カキ油入り鳥飯(700円)
*天津飯(700円)
*えびチャーファン(800円)
*えびと玉子かけ飯(800円)



 安いし、「肉つゆそば」とか「レバーメン」とか「ケチャップ肉飯」とか、聞いたことのないメニューもあったりして、私はもう迷いまくり。
 そんな中、メニューの中に「おや?」と思うモノを発見。それはこの2つだ。


*中華飯(550円)
*五目中華飯(700円)



「中華飯」とは「中華丼」のことだろうけど、なぜ2種類あるんだろうか? おそらく「五目中華飯」がいわゆる「中華丼」のことだと思うんだけど、だとしたら「中華飯」ってどういうモノなんだろうか?
 気になってしまった私は、確かめてみるべく「中華飯」を注文した。

中華飯

 しばらくして運ばれて来たのが、コチラ。なるほど、本来の「中華丼」に入っているニンジンやキクラゲ、タケノコなどの具材はなく、チンゲン菜と白菜、タマネギ、豚肉というシンプル具材の中華あんだ。それにスープと小鉢が付く。これで550円とは、相変わらずコストパフォーマンスがいいねぇ。

チンゲン菜がたっぷり

 味の方はというと、塩味が「しょっぱい」と思う手前まで効いていて、ご飯のおかずに最高。普通の「中華丼」のようにいろんな具材が入っていない分、1つ1つの素材の味がストレートに伝わってくる。
 この「中華飯」では特にチンゲン菜の存在感が凄い。しゃくしゃくという噛み応えが心地いいんだよね。この食感の良さもいいんだけど、味がまたいいんだよ。
 シンプル過ぎて彩り的にはちょっと寂しいけど、これは旨い中華丼だと思うなぁ。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市萩山町1-39-12
電話:042-342-0334
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






スポンサーサイト
[ 2012/06/08 05:52 ] 【閉店したお店】 新華(萩山町) | TB(-) | CM(2)

充実の1コインメニュー

 萩山駅南口の住宅街にある中華料理店「新華」は、オープンして46年という歴史の長さもさることながら、さらに驚くのはそのメニューの安さだ。1コイン、500円以下のメニューだけでも、ザッとこれだけある。

*ラーメン(400円)
*もやしそば(450円)
*ニラ玉そば(500円)
*ワンタン(500円)
*ねぎそば(500円)
*タンメン(500円)
*青菜ラーメン(500円)
*もやしやきそば(500円)
*ソースやきそば(500円)
*にらと玉子かけご飯(500円)
*麻婆豆腐飯(500円)


 もう50円プラスするだけで……。

*肉つゆそば(550円)
*レバーメン(550円)
*みそラーメン(550円)
*とりつゆそば(550円)
*チャーファン(550円)
*肉ともやしかけ飯(550円)
*中華飯(550円)
*ケチャップ肉飯(550円)
*レバーかけ飯(550円)
*肉やきそば(550円)


 こんなにも選択肢が増える。ちょっとどう思います? 今どき、あり得ないでしょ?

 ということで、懐も寂しいことだし、1コインを握り締めて先日、「新華」に行ってきた私。頼んだのは「麻婆豆腐飯」。

麻婆豆腐飯

 丼ではなくお皿の上にライスを盛って、カレーライスのごとくドバトバッと麻婆豆腐がかけられている。そして、ちゃんとスープが付いている。

麻婆豆腐飯のアップ

 花椒は使っていない感じで、街の中華料理店らしいファミリー向けの麻婆豆腐の味。でも、ご飯のおかずには十分なるから、モリモリといただけちゃう。
「もうちょっと食べたいかな」というところで完食。メタボが気になる中高年にはちょうどいい量と言えるかもしれない。ボリュームを求めるガッツリ君は、もう1コインで別メニューを頼めばいいだろう。それでも合計で1000円だ。「ラーメン」や「もやしそば」との組み合わせならば、550円のメニューを頼んでも1000円を超えない。
 庶民には本当にありがたい中華料理店だね。



【DATA】
住所:東村山市萩山町1-39-12
電話:042-342-0334
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/01/23 03:43 ] 【閉店したお店】 新華(萩山町) | TB(-) | CM(0)

地元に46年も愛されてきた路地裏の中華料理店

 先日、久米川駅北口のラーメン店「まいど」の記事を書いた際、こんなコメントが寄せられた。

 萩山駅のロータリー側から踏切を渡ってすぐ右に入る道があり、100m位進んだところに「新華」という決してきれいではなく小さな中華屋さんがあるのですが、東村山界隈ではここのラーメンが一番『中華そば』なんではないかと思っています。萩山実務学校のすぐそばです。もし機会があればお尋ねください。

 このブログを始めて7年。まだまだ行ってないお店はいっぱいあると思ってはいるが、中華料理店はひと通りすべて行ったと思っていただけに、この情報は驚きだったなぁ。

 コメント通り、萩山駅南口を出て、ロータリーを左に進み、踏み切りを渡る。少し歩くと、右側に入る路地がある。「この道は以前にも歩いたことがあるんだけど、お店があった記憶はないんだよなぁ」なんて思いつつ100メートルほど進むと……。

新華

エッ! (゚д゚lll) あったよ!!

 きっと以前歩いた時は「こんなところにお店はない」と決め付けていて、気づかなかったんだろうなぁ。
 それにしてもビックリだよ。だって周りは完全に住宅街なんだもん。
 入ると、客席でくつろいでいた老夫婦が立ち上がり、「いらっしゃいませ」と笑顔で出迎えてくれた。店内は奥行きはあるものの、こぢんまりとしている。

 テーブルにあるメニューを見て、私は驚いた。だってコレだよ。

*ラーメン(400円)
*もやしそば(450円)
*ニラ玉そば(500円)
*ワンタン(500円)
*ねぎそば(500円)
*タンメン(500円)
*青菜ラーメン(500円)
*肉つゆそば(550円)
*レバーメン(550円)
*みそラーメン(550円)
*とりつゆそば(550円)
*ワンタンメン(600円)
*五目そば(700円)
*五目かけそば(700円)
*カニ玉そば(700円)
*チャーシューメン(700円)
*えびつゆそば(800円)


 ラーメンだけでこれだけの種類があり、しかも安い! 「ラーメン」が400円は泣けるねぇ。
 驚くのはまだ早いよ。ご飯メニューも凄いのだ。

*にらと玉子かけご飯(500円)
*麻婆豆腐飯(500円)
*チャーファン(550円)
*肉ともやしかけ飯(550円)
*中華飯(550円)
*ケチャップ肉飯(550円)
*レバーかけ飯(550円)
*五目中華飯(700円)
*カキ油入り肉飯(700円)
*カキ油入り鳥飯(700円)
*天津飯(700円)
*えびチャーファン(800円)
*えびと玉子かけ飯(800円)


 どうです! こちらもまた安いこと。ラーメン系もそうだけど、気になるメニューがいっぱい。例えば「レバーメン」とか「えびつゆそば」とか「ケチャップ肉飯」とか「カキ油入り鳥飯」とか……。
 いやあ、迷うなぁ……でも今回はオーソドックスに「ラーメン」と「チャーファン」を頼むことにした。この2つを頼んでも1000円でお釣りが来るって、凄いよね。
 ちなみに「チャーファン」は「炒飯」のこと。考えているモノと違う料理が出てくると嫌なので、一応ご主人に確認しました(笑)。

「ラーメン」と「チャーファン」

 これが「ラーメン」と「チャーファン」。うんうん、真っ当な茶色だ(笑)。もう見た目で茶色ラバーの私の心は鷲づかみされてしまった。

ラーメン

「ラーメン」のスープは中華そばの王道である鶏がら醤油スープ。ひと口飲むと……よく言えば優しい味、悪く言うと少しボヤけた感じ。でもこういうスープは卓上にあるホワイトペッパーを入れると、大変身するんだよね。
 パラパラッと振ってから再び飲むと……旨い! 優しい味がキリッとシャープに締まって、私好みのいい味になった。

麺のアップ

 麺は少し縮れた中太麺。柔らかめの感じが何とも言えない懐かしさを感じさせる。昔食べた中華そばの麺って、こんな感じだったよなぁ。

チャーシューは分厚いのだ

 チャーシューは上から見ると、普通っぽいけど、この通り、結構、分厚い。少し固いけど、スープに浸しながら食べると旨いんだなぁ。この手のチャーシューにもすごく懐かしさを感じる。

「ラーメン」の麺を食べたら、いよいよ「チャーファン」だ。

チャーファン

 この色もいいんだけど、よく見ると、この肉は「ラーメン」で使っているチューシューだね。
 ではでは、レンゲですくってパックン!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これは参ったなぁ。旨いです。パラパラ加減といい、味付けといい、もろ私好みです。
 残っている「ラーメン」のスープを飲みながら食べると、また格別な旨さ! たまんないなぁ。

全部食べてごちそうさまでした!

 気がつくと、スープもキレイに飲み干して完食! 東村山にまだこんな中華料理店があったなんて本当に驚きだよ。
 帰り際、ご主人にお店を構えてどれくらいなのかを聞くと、「この路地裏でもう46年もやってますよ」とニッコリ。46年ですか! いやあ、驚きの連続だね。
 気になるメニューがいっぱいあるから、こりゃ再訪必至だな。

 コメントを書いてくださったこじまかずやさん、いいお店を紹介してくださり、本当にありがとうございました。



【DATA】
住所:東村山市萩山町1-39-12
電話:042-342-0334
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/01/12 05:16 ] 【閉店したお店】 新華(萩山町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。